2017年 10月 の投稿一覧

【Hidden city】「運命の部屋」を攻略する【コレクターランクⅤ】

こんにちは。
ここ最近ずっとハマっている「Hidden City」。

前回、市役所の攻略記事を書かせて頂きました。


今回は運命の部屋の攻略記事です。

プレイ動画はこちらから。

シルエットモードの攻略動画(音声付き)はこちらから。

夜モードの攻略動画(音声付き)はこちらから。

大体の定位置が決まっているアイテム

「蹄鉄」がある事が多い場所

蹄鉄は、上記の4箇所の定位置があります。

私はいつも、画面左下から時計回りに、左下→地球儀→花瓶→引き出しの取手の順に見ていくようにしています。

ごく稀に時計のガラス扉に引っかかっていることもあります。

また、椅子の裏に張り付いていることもあります。(追加)

「コウモリ」がある事が多い場所

コウモリも定位置は5箇所。
私はこの5箇所以外で見たことがありません。

画面左端、画面左の棚の右上の布?と同化、カーテンの脇にぶら下がっている、カーテンの裏、カーテンの右上です。

「ハート」がある事が多い場所

ハートは比較的分かりやすいです。

ハートのアクセサリーとしてぶら下がっている場合は、主に左上か、右のキャンドル。

ハートの模様が掘られている場合は、左の棚の手前、もしくは、右の棚の引き出し。

割とわかりにくいのが、椅子の背もたれと同化しているときです。

「トランプ」がある事が多い場所

トランプは基本的に同化していて見えにくいので、拡大をして探すことをおすすめします。

5枚が扇形になった状態で、上記の写真の位置にあります。

今のところではありますが、私は写真以外の場所で見たことはありません。

「キノコ」がある事が多い場所

キノコは主にテーブルの上にあることが多いです。

棚の中、左右のチェストの上にあることもあります。

比較的、キノコは見つかりやすいですが、わかりにくいのは、左下の傘立ての中です。

「蝶」がある事が多い場所

蝶を探すときは、まず画面中央に青い蝶が居ないか、私は確認しています。

居なかった場合は、右側の鏡。

それでも居ない場合は、上記画像丸の、棚に引っかかった布、椅子の背もたれ、花に同化していることが多いです。

同化している蝶は茶色なので、とてもわかりにくいです。

「南京錠」がある事が多い場所

南京錠は、ほぼほぼ「時計の下」もしくは「画面左のチェストの側面」の2箇所で決め打ちして間違いないと思います。

「ヘビ」がある事が多い場所

蛇は割と大きくて見つかりやすいです。

床や、階段状の棚?にあるときは簡単に見つかります。

左チェストの角、赤い椅子の縁に居るときがちょっと見にくいです。

「手袋」がある事が多い場所

手袋には正直、苦戦させられました。

私は、棚の骨がある段の上→真ん中カーテンとの同化→右チェストの引き出しと側面を確認した上で、それでも無い場合は、テーブルの下を探すようにしています。

これで見つからない場合は、手袋が見つからずクリア出来ないパターンになります。

「小枝の球」がある事が多い場所

小枝の球は、最初なんのことかわかりませんでしたが、木で出来たボールみたいなものです。

上記画面の丸印の部分にあります。

案外見落としてしまいがちなのが、右キャンドルの隙間や先端に乗っかっているときです。

「巻き物」がある事が多い場所

巻き物は、ほぼほぼ「テーブルの上」「テーブルの下」「右手前階段状部分の段差の部分」で間違いないと思います。

「ベル」がある事が多い場所

私のイメージだと、ベルは割と棚の上においてあることが多いように感じます。

そうでない場合は、テーブルの上やチェストの上で見かけます。

「乳棒と乳鉢」がある事が多い場所とエリア

乳棒と乳鉢は比較的見つかりやすいです。

テーブルの左右においてあるか、テーブルかチェストの上にあります。

テーブル下のごちゃごちゃした部分で見かけたことはないです。

「ライト」がある事が多い場所

ライトは3種類あるので気をつけてください。

画面中央の大きなライトは、そこ1箇所で確定だと思います。

丸いグリーンのライトの場合、左上に小さく、もしくは右上に大きくあることが多いです。
左上のライトはとても小さいので見落としに注意です。

置型のライトは、ロープの上か、右チェストの上にある事が多いです。

「ナイフ」がある事が多い場所

ナイフは割と見つけにくいですが、場所を覚えてしまえば、簡単に見つかります。

「椅子の柱に沿って」「棚の上に突き刺さっている」「テーブルに突き刺さっている」「右チェストの一番上の縁と同化している」といった感じです。

「小銭入れ」がある事が多い場所

小銭入れも3種類あるので注意が必要になります。

長サイフなら、テーブルの上か、左チェストの扉と同化。

がま口財布なら、棚の上。

巾着なら、テーブルの下。

ほぼほぼこの位置で確定かと思います。

「塩」がある事が多い場所

塩と言われて、ピンと来ない方もいらっしゃるかと思いますが、塩は麻袋に詰め込まれています。

画面内において、そんなに小さく存在しているわけではないので、上記画像位置で簡単に見つけられます。

「煙草パイプ」がある事が多い場所

煙草パイプは、場所を覚えてしまえば簡単です。

基本的に何かと同化していることが多いので、気をつけて探してください。

傘立てに刺さっているときは、かなり細長いパイプになっています。

テーブルや棚の上で主に発見できるアイテム

「毒」がある事が多いエリア

毒はテーブル下にはほとんど無いといって間違いないと思います。

テーブル上かチェストの上をぐるっと見渡すと、だいたい見つかります。

それでも見つからない場合は、棚の一番上にちょこんと置かれていることがあります。

「コーヒーグラインダー」がある事が多いエリア

コーヒーグラインダーは大きくて目立ちます。

テーブルの上か棚の上をぐるっと見渡せばだいたい見つかります。

テーブルの下で主に発見できるアイテム

「ルーン」「ネズミ取り」「木靴」がある事が多い場所とエリア

ルーン、ねずみ取り、木靴、は、テーブル下にあることがほとんどです。

ルーンは稀に、右チェストの引き出しの側面に張り付いています。

また、ルーンは石ころ状のものだけでなく、紙の上に象形文字のような模様がついているパターンもあるので注意してください。

テーブル付近または特定の場所にあるアイテム

「スプーン」がある事が多い場所とエリア

スプーンは、基本的に茶色のスプーンが、テーブルの下に転がっています。

テーブルの下を見渡してもない場合は、手前の椅子の背もたれと同化している場合があります。

あとは金のスプーンが地球儀の枠の上に乗っています。

「くるみ割り器」がある事が多い場所とエリア

ほとんどの場合、テーブルの下に転がっています。

もしくは時計台の扉に引っかかっているか、左チェストの上部引き出しに張り付いています。

「ぱちんこ」がある事が多い場所とエリア

ぱちんこも、テーブルの下に転がっている事がほとんどです。

あとは奥の棚の骨と同化しているパターンも多いです。

「天秤」がある事が多い場所とエリア

天秤はわかりにくくて厄介です。

基本的に私は、左側の棚の手前の帽子掛け?のところに引っかかっているかをまず確認します。

それでも無い場合は、右チェスト上のキャンドルに引っかかっているか見ます。

それでも無い場合は、テーブル付近に大きめに目立つようにおいてあります。

その他のアイテムのエリアと場所

「リンゴ」がある事が多い場所とエリア

りんごは赤いので割見つかりやすいです。

ほとんどはテーブルやチェストの上、棚の中においてあります。

見つかりにくく厄介なのが、奥の椅子の背もたれの赤い部分に同化しているときです。

「フラスコ」がある事が多い場所とエリア

フラスコは、緑色をしているので、ぐるっと見渡せばだいたい見つかります。

見つからないなーなんてときは、キャンドルの先端にあることがあります。

「眼鏡」がある事が多い場所とエリア

眼鏡には何度か苦労させられました。

実は今でも、眼鏡だけ見つからないことがあります。

でも、基本的には上記丸印の辺りに転がっています。

テーブルの上のお茶の葉の上にある場合は見つけにくいです。

「手」がある事が多い場所とエリア

手は2パターン種類があるので気をつけてください。

単純に上を向いた手の場合、時計台の中やロープの上で見つける事がほとんどです。

まれに、キャンドルの先端に乗っていることがあります。

そして気づきにくいのが、ビン詰めになっている手です。

一度覚えてしまえばなんてことはないのですが、ビンに手が詰められた状態で棚の中においてあります。

「砂時計」がある事が多い場所とエリア

砂時計は、基本的にテーブル付近にあります。

変に同化したりしていないので、テーブル付近を見渡せば、見つける事ができるはずです。

「幽霊」「コップ」がある事が多い場所とエリア

幽霊とコップですが、形が特徴的なので、探すことにあまり苦労はしません。

が、この2つは何処という場所が決まっているわけではないような気がします。

全体をよく見渡して、探せば見つかります。

別にタイムアタックをしているわけではないのですが、上記をよく覚えておくと、早くて1分程度でクリアできることもあります。

ランクⅤになってくると、なかなかクリア出来ないこともあるので、当記事が参考になれば幸いです。

それでは、今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

【Hidden city】イベント「ジャックの仮面の舞踏会」攻略【発見家 Ⅱ】

こんにちは。
先日、Hidden cityのイベントについての記事を書かせていただきましたが、今回は、イベントの場面「ジャックの仮面舞踏会」の攻略記事となります。

イベントになると、通常に比べ、物探しが難しくなる印象があります。

今私はランクⅢで格闘しているのですが(もしかしたら攻略のコツが掴めないまま終わるかも・・・)、今回の記事は、「ランクⅡ 発見家」についての攻略となります。

その時のランクによって、探す物や配置が変わってくるので気をつけてくださいね。

ランクⅡは試行回数があまりこなせない(割とすぐランクアップしてしまう)ため、データが不十分な場合があります。

あくまで参考程度にしてください。

Hidden City®

Hidden City®
開発元:G5 Entertainment
無料
posted with アプリーチ

大きくて目立つアイテム

ランクⅡでは、パッと見渡せば目に付くような、大きくて目立つアイテムがいくつかあります。

それを早い段階で見つけることで、残り時間が稼げます。

と言っても、本当に目立つので、そんなに探し回るということも無いのですが、どんな物なのかという見た目を知る意味も込めて、大体の置かれている位置をそれぞれ載せました。

大きくて目立つアイテムは以下の4つ。

ミイラ
ろうそく立て
大鍋
水晶玉

それぞれの位置と大体のエリアを確認していきましょう。

ミイラがある位置とエリア


最初、ミイラこれかい?!と思うくらい、Theミイラでした。

大き過ぎて、逆にスルーしそうになりそうですが、そのまんまミイラですね。

目立つので、探すのは簡単です。

ろうそく立てがある位置とエリア

ロウソク立ても大きくて目立ちます。

階段より上にあることは滅多にないです。

手前過ぎてスルーしかけそうになることはあります。

Ⅲとのプレイで記憶が曖昧なのですが、ろうそくの火が消えてる場合もあったような気がします。

大鍋がある位置とエリア


大鍋は、黄緑の液体が入ってるので目立ちます。

上記画面の他にも、階段真上の空間にぶら下がっている場合があります。

水晶玉がある位置とエリア

水晶玉はキラキラした真ん丸なので、目立ちます。

水晶玉に限らず、↑3点も含め、大きくて逆に目に入らないという場合があります。

2種類の形を持つアイテム

ジャックの仮面舞踏会に限ったことではないのですが、Hidden cityでは、同じアイテムでも、形が複数種類あるものが存在します。

「これだ」と決めつけて探すと見つからないことがあるので、気をつけてくださいね。

2種類形があるアイテムはこちらの3つ。

ヘビ

コウモリ

それぞれの位置とエリアを確認していきましょう。

ヘビがある位置とエリア


ヘビは単純に蛇の形をしている時と、ロープのようになってる場合があります。

階段より上にあることは見たことがありません。

冠がある位置とエリア

冠も王冠のような形の場合と、模様の形になってる場合があります。

模様の場合、骸骨の隣の石版に彫られていることが多いです。

コウモリがある位置とエリア


コウモリも普通の生きてるコウモリと、模様のコウモリがあります。

コウモリは分かりにくく、生きてるコウモリは階段真上に長ーくぶら下がっている場合が多いです。

模様は階段真上のアーチの壁に彫られていることが多いです。

大体の位置が決まっている事が多いアイテム

大体の位置が決まっていることが多いアイテムは下記の7つ。

本・フクロウ・カラス
バラ
キノコ
仮面

位置が大体決まっているものに関しては、その場所を覚えておくのも、場面クリアのコツになります。

本、ふくろう、カラスがある事が多い場所

大体の目安にはなりますが、それぞれ2箇所ずつ見つかる可能性が高い場所があります。

本は画面右上か、画面下のやや右に、開かれた状態である事が多いです。

ふくろうは、上で飛んでいるか、上記画面の本の下で飛んでいることが多いです。

カラスは、木に止まっているか、画面中央やや下にさりげなくいる事が多いです。
まれにふくろうと同じように飛んでいます。

バラがある事が多い場所

バラは基本的に骸骨の腕の上に乗っかっていることが多いです。

もしくは階段手すりにもあったりします。

キノコがある事が多い場所

キノコは赤いキノコが画面下に大きく落っこちている場合と、左のカボチャのヘタに同化している場合が多いです。

また、左上の電飾の中に紛れていることもあります。

仮面がある事が多い場所

仮面は目立つ形をしているのですが、場所が転々としていて、仮面そのものの顔が複数種類あります。

私なりの探し方ですが、骸骨の顔から右回りに、階段上アーチの上、画面右のアーチ左部分、更に右のおばけ?の顔、画面中央左の草むらを見ていっています。

傘がある事が多い場所

骸骨の右側らへんに閉じておいてあるか、画面上部の壁面と同化しています。

少し覚えればランクⅡはクリア出来る

ランクⅡに関しては、ちょっと慣れてくると、簡単にクリア出来ます。

ランクⅢまでに経験値が割と早く溜まってしまうため、本当に参考程度にはなってしまいましたが、お力になれれば幸いです。

それでは、今回も閲覧して頂き、ありがとうございました。

続きを読む

【Hidden City】を探索!市役所を攻略する!

こんにちは。
先日もお話した通り、相変わらずHidden Cityにハマっています。

何度も探索を行っていると、「あれ、これ毎回この辺りにあるよなぁ」と思うアイテムってありますよね。

今回は市役所の「Ⅴランク、コレクターレベル」の探索の攻略を記事にしていきます。

攻略動画では無いのですが、慣れてくると1分半位でクリア出来るよ〜という、プレイ動画を撮ってみました。

プレイ動画なので、参考になるかは微妙な所ですが、もし宜しかったら、ご覧になってください。

あくまで私の検証で得た場所なので、参考程度にお読みください。

ほとんど場所が決まっている事が多いアイテム

ランクがⅤに上がってから、市役所の探索が難しいと思い始めたのですが、ほとんど変わらず固定で「ここにある」というアイテムがあります。

※ランクⅤのコレクターレベルの場合です。
他のランクだと、探すものもアイテムの位置も変わってきます。

結構多いのですが、固定で配置されている位置がほぼほぼ決まっているものは、下記の14点。




ライオン
頭蓋骨
チェスボード
トランペット
ネコ
蝶結び
ひし形
ミイラ
ぶどう
煙草パイプ
ボトル

それでは、それぞれの位置を確認していきましょう。

「牙」がある事が多い場所

「牙」は、写真の通り、アーチ・銅像・階段の手すりに同化している事が多いです。

多いというか、この6ヶ所のどこかしらにあります。

幾度と試しましたが、ここ以外で牙を見たことは、私はありません。

「象」がある事が多い場所

「象」は基本的には画面上部の2箇所のどちらかにある事が多いです。

それでも無い場合は、画面真ん中の棚の中。

まれに階段にある時があります。

「銃」がある事が多い場所

「銃」ですが、私は左階段の下(ピンク丸)の部分で99%見つけています。

ただ、1度だけ画面右側で見つけました。

怪奇現象で、上下左右がバラバラになった時には、画面右側にありました。

「ライオン」がある事が多い場所

「ライオン」と言われたら、画面上部を探せば、ほぼ間違いないです。

顔が壁に埋まっているか、銅像と同化しています。

私は銅像と同化しているパターンを見かけることが確率的に高いです。

「頭蓋骨」がある事が多い場所

「頭蓋骨」はかなりの可能性で、左階段の中央部分に転がっています。

それでも見つからないときは、画面上部の壁のどこかに埋まっています。

「チェスボード」がある事が多い場所

「チェスボード」は画面中央の本の手前、もしくは棚の中。

私はこの2箇所でしか、チェスボードを見たことがないので、かなりの高確率でこの2箇所だと思って間違いないと思います。

「トランペット」がある事が多い場所

「トランペット」は主に、左階段の下段に高確率で転がっています。

極稀に、右階段の下段や下で見かけることもあります。

「ネコ」がある事が多い場所

「ネコ」はほぼ確定的に、左階段上の犬の隣のフェンスと同化しているか、魔道士の持っている本の中にいます。

これもかなりの高確率で、私は確定的にこの2箇所のどちらかにあると踏んでいます。

「蝶結び」がある事が多い場所

「蝶結び」についてですが、基本的には画面中央の赤い本と同化しているパターンが多いです。

稀に、左階段上の丸部分に青いリボンとして同化しているか、画面中央の階段の柱部分に張り付いていることがあります。

「ひし形」がある事が多い場所

「ひし形」と言われたら、まずは画面右上を見るようにしています。

それでもない場合は、ほとんどが、左階段下の柱にひし形の模様があります。

更にない場合は、置き時計に同化していることがあります。

「ミイラ」がある事が多い場所

「ミイラ」は大体が、左階段下のフェンスと同化しているか、魔道士の上のフェンスと同化しています。

画像には載っていませんが、右上のステンドグラスの位置におさまっていることがあります。

「ぶどう」がある事が多い場所

「ぶどう」は魔道士が左手で持っているか、画面上部の左の銅像と同化しているか、の2パターンでほぼ間違いないと思います。

「煙草パイプ」がある事が多い場所

「煙草パイプ」と言われたら、まずは画面右上を探すようにしています。
大体、そこにあります。

そこにない場合は、画面中央の下部分に、割りと目立つ形で転がっていることがあります。

「ボトル」がある事が多い場所

「ボトル」ですが、一番多いのは、左階段の下に転がっているパターンです。

次に、画面中央の左の方の棚の中、そして稀に、階段の上の方にポツンと小さく立っています。

階段の内側中央部分に多くあるアイテム

画面中央にあるものは、必ずここにあるというよりも、エリアとしてこの辺りに存在するというアイテムが多いです。

画面中央にある事が多いアイテムは下記の13点。

宝石箱
ゴブレット
リンゴ
エペ
目覚まし時計
砂時計・船・カメラ・ランプ・虫眼鏡
灰皿・方位磁石・双眼鏡・望遠鏡・帽子

それぞれの位置を確認していきましょう。

「宝石箱」がある事が多いエリア

「宝石箱」は画面中央の中でも、更に中央の四角で囲まれたエリアに存在していることが多いです。

「ゴブレット」がある事が多いエリアと場所

「ゴブレット」は画面中央に転がっているか、極稀に、画面左上にポツンとおいてあることあります。

「リンゴ」がある事が多いエリアと場所

「リンゴ」は画面中央にあることが多いですが、私の中で探す順番があります。

まずは、魔道士の右手に握られていないか。

そして魔道士の上か下。

それから画面中央部分を見渡します。

「エペ」がある事が多い場所

「エペ」は剣のことなのですが(知らなかった)、基本的には画面中央から下部分に存在することが多いです。

床に転がっているか、階段下の柱に立てかけられている事が多いです。

「目覚まし時計」がある事が多い場所

「目覚まし時計」は画面中央に存在していますが、主に階段左下の床で見かける事が多いです。

次に、棚の中で見かけます。

「砂時計」「船」「カメラ」「ランプ」「虫眼鏡」がある事が多いエリア

上記5つのものは画面中央の魔道士のそばにあることが多いのですが、その中でもなんとなくこの辺りで見かけるという私なりの目安はあります。

「砂時計」は魔道士の左側。
「船」は魔道士の右側か、手前の方。
「カメラ」はどちらかというと画面下に近い中央。
「ランプ」は画面中央右側の机?の上。
「虫眼鏡」は画面中央を全体的に点々と・・・。

といったイメージです。

「灰皿」「方位磁石」「双眼鏡」「望遠鏡」「帽子」がある事が多いエリア

「灰皿」「方位磁石」「双眼鏡」「望遠鏡」「帽子」はほぼほぼ、画面中央下部分に存在しています。

灰皿に関しては、棚の中で見かけることもあります。

階段部分にある事が多いアイテム

階段部分にあるものは、大きく見やすいので、比較的簡単に見つかります。

階段部分にある事が多いアイテムは下記の4点。


ライフル
花瓶・水差し

それぞれの位置を確認していきましょう。

「傘」がある事が多い場所

「傘」は左階段に閉じた状態で横たわっているか、右階段に開いた状態でおいてある事が多いです。

まれに、画面下部分に横たわっておいてあります。

「ライフル」がある事が多い場所

「ライフル」は階段の柱に立てかけてあるパターン、階段上部に立てかけてあるパターンをよく目にします。

主に階段左上にあるイメージです。

「花瓶」「水差し」がある事が多いエリア

「花瓶」「水差し」は大きいので目立ちます。

どちらも階段中央あたりで見つかることが多いです。

画面上部にある事が多いアイテム

画面上部にあるものは、割と見にくくなっている事が多いので、拡大をした方が見つけやすいです。

画面上部にある事が多いアイテムは下記の4点。

レコード
扇子

ベル

それぞれの位置を確認していきましょう。

「レコード」がある事が多い場所

「レコード」はさりげなく、画面上部の壁に埋まっている事が多いです。

ただ、画面下側床に、堂々と転がっている事も多いです。

「扇子」がある事が多い場所


「扇子」を探す順番ですが、画面上部の窓の模様部分。

魔導師のお腹部分。

魔導師上のフェンス。

魔導師右の棚。

という順番で、私は探しています。

※堅琴の左側にある柱時計の上にもあります。(追加)

「冠」がある事が多い場所

「冠」は画面上部の銅像が抱えているか、画面上部右側の何でもない場所にポツンとある事が多いです。

たまに左階段下の人の顔の像が被っていることもあります。

冠には2パターン形があります。

小さい王冠の方は、甲冑にくっついていると思って間違いないと思います。

「ベル」がある事が多い場所とエリア

「ベル」は画面上部の左側の銅像の上に、ぶら下がっていることが多いです。

稀に、画面真ん中の棚の中、もしくは画面真ん中のどこかに転がっています。

暗記力も問われてくるゲーム?

上記の位置をなんとなく頭に入れておくと、調子のいい時で1分半位残してクリア出来ます。

大体は残り30秒前後でのクリアになりますが。

何も知らない旦那にやらせてみた所、3個残しでクリアならず・・・という展開に。

純粋に探して、パッと見つかれば良いのですが、Ⅴランクにもなると、「えっ?!それ?」って目を凝らして確認することも割とあります。

Hidden Cityで遊んでる方なら感じている事だと思うのですが、自分自身のレベルが上がってから解放された建物の方が、新人レベルでも難しいですよね。

何度も繰り返しやって、まずは名前とアイテムが一致すること、そしてアイテムの位置をある程度暗記することもクリアへの近道なのかなと感じます。

それではHidden City楽しんで遊んでいきましょう。

今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

Hidden Cityという探索ゲームを攻略する!

こんにちは。
最近ブログをあげることもしないで、ゲームに没頭していました。

暇さえあれば遊んでいるのですが、そのゲームというのが「Hidden City」。

世界で一番遊ばれている、物探しゲームなんだそうです。

という事で今回は、Hidden Cityを紹介します。

Hidden City®

Hidden City®
開発元:G5 Entertainment
無料
posted with アプリーチ

Hidden Cityってどんなゲーム?

簡潔に言ってしまえば、Hidden Cityは物探しゲームです。

ストーリー型になっていて、その中で探してほしいと言われたアイテムを見つける事で、物語が進んでいきます。

ゲームを開始すると、既に出来上がった街並みが用意されています。

左上の数字がレベル、バーが経験値を表しています。

私は24レベルなので、建物がいくつか解放されていますが、基本的にはレベルが上がっていくことで、新しい建物を探索することが出来るようになります。

レベルは、建物の探索クリアや、ストーリークリアで上がっていきます。

単純と言えば単純ですが、これがかなり面白いです。

ストーリーは街の画面の左側の四角をタップすると、表示されます。

建物によって探すアイテムは変わってきますが、建物の探索では、表示されたアイテムを探していきます。

お助けアイテムも存在しますが、そちらについては、別の記事で触れていきたいと思います。

上記のモードは、シンプルな「ワード」のモードですが、シルエットモードや、夜モード、怪奇現象などのモードも存在します。

〇夜モード

〇怪奇現象で文字が欠けてしまっているモード

〇シルエットモード

建物にもレベルがあり、レベルが上がるにつれ、難易度も上がっていきます。

探すアイテムの数も多くなりますし、探し物も見つかりにくくなります。

各建物の特徴や、建物攻略のコツなどもそれなりに見つけられたので、それも後ほど記事にする予定です。

アイテムを集めると、コレクションを揃えることが出来ます。

基本的には物を探して、コレクションを揃え、ストーリーを攻略していくという形になります。

探し物じゃないミニゲームも楽しい!

Hidden Cityでは、探し物以外のミニゲームも存在します。

まずは運命のカード。

これは神経衰弱みたいなものです。

通常はタイムカウンターでプレイしますが、上記の画像は、怪奇現象が起きているため、何回開けるかという回数制限になっています。

そしてクリスタル。

3つ同じアイテムが揃うと消えるパズルゲームです。

4個、5個消したら・・・というオプションもあるのですが、これもまた別記事で。

それから、探検。

これは旗の置けないマインスイーパです。

光っているところには爆弾がありません。
爆弾を踏まないように岩をめくっていきます。

まだミニゲームはあるのかもしれませんが、24レベルの時点では、ミニゲームはこの3つしか解放されていません。

友達を作ることも出来る

世界中のプレイヤーと友達になることが出来ます。

友達の街を訪れたり、ギフトを贈ったり、貰ったり、チャットもできます。

コレクションを揃える時に、欲しいアイテムをねだることも出来ます。

ミッションとして、「友達を訪問する」「友達にギフトを贈る」というものもあるので、友達は作っておいて損はありません。

モンスターの出現や、宝の落下もある!

Hidden Cityの街では、狼男やガーゴイル、幽霊などのモンスターが出現します。

モンスターはスタミナ(左から2番目の青いバー)を使わずに闘うことが出来るので、私はスタミナが切れたタイミングでモンスターと闘いに行きます。

ただ、モンスターと闘うためにも、それぞれに応じたアイテムを持っている必要があるので、上記のようにアイテム不足だと闘えません。

モンスターを倒すと、報酬が貰えます。

ちなみに、このモンスター達との闘いは、オマケなのかと思うくらい簡単で、ただ画面に現れたモンスターをタッチするだけになっています。

ちょっとした息抜きにもなりますよ。

そしてもう一つ、地味に楽しみなのが宝物の落下です。

突然街に宝が降ってくることがあります。

ゲームで集められる鍵が必要だったり、コインが必要だったりしますが、スタミナやお助けアイテムなどが手に入ります。
(ミッションで落ちてくる宝物は、タップするだけで手に入ります。)

以上がHidden Cityの紹介になります。

画像もとても綺麗で、街並みも幻想的ですよね。

ぜひ皆さんも遊んでみてください。

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む