2019年 4月 の投稿一覧

【統合版マイクラ】染料全16種類!7色あれば全色作れる!

こんにちは。Sachaです。

今回は統合版マイクラにて、様々なブロックをカラフルにしてくれる「染料」についての記事です。

染料は全部で16種類!どうやって手に入れるの?

そもそも染料とは、ウールやガラスなど、特定のブロックやアイテムに色を付けられる素材です。

各色と、入手方法は以下の通りです。

「黒」の染料

黒の染料は、「墨袋」をクラフトする事で入手出来ます。

墨袋は、水中を泳いでるイカを倒すとドロップします。

「赤」の染料

赤の染料は、「赤いチューリップ」「バラの低木」「ビートルート」「ポピー」をクラフトすると入手できます。

赤の染料の材料は4種類あるので、比較的集めやすくなっています。

「白」の染料

白の染料は、「骨」と「谷間に咲く百合」をクラフトすることで入手できます。

スケルトンスポナーを見つけている場合は、骨から作成する方がコスパが良いです。

「緑」の染料

緑の染料は「サボテン」をかまどで精錬することで入手できます。

サボテンは育てて増やす事が出来るので、見かけたらGETしておくと良いでしょう。

「茶色」の染料

茶色の染料は「ココアビーンズ(カカオ豆)」をクラフトすることで入手できます。

ココアビーンズはジャングルバイオームでしか入手出来ないので、レアな染料となっています。

「青」の染料

青の染料は「ラピスラズリ」か「ヤグルマギク」をクラフトすることで入手出来ます。

ラピスラズリはエンチャントにも必要な鉱石ではありますが、地下へ潜れば比較的入手しやすいアイテムなので、私はラピスラズリを使用することが多いです。

「紫」の染料

紫の染料は「赤の染料+青の染料」で入手することが出来ます。

紫の染料に直接なるような原料は今のところありません。

「水色」の染料

水色の染料は、「緑の染料+青の染料」で入手することが出来ます。

「水色」とは言っていますが、青緑に近いような色をしています。

「薄灰色」の染料

薄灰色の染料は「白のチューリップ」「フランスギク」「ヒナソウ」からのクラフトで入手出来ます。

「黒の染料+白の染料+白の染料」でも入手可能です。

白いお花であっても、「谷間に咲く百合」以外の白い花は、薄灰色になります。

「灰色」の染料

灰色の染料は「黒の染料+白の染料」で入手することが出来ます。

「ピンク」の染料

ピンクの染料は、「ピンクのチューリップ」「ボタン」をクラフトすることで入手することが出来ます。

また「赤の染料+白の染料」でも入手出来ます。

「黄緑」の染料

黄緑の染料は「ナマコ」をかまどで精錬することで入手出来ます。

「緑の染料+白の染料」でも入手可能です。

黄緑ですが、「緑+黄色」ではないのでご注意ください。

「黄色」の染料

黄色の染料は「タンポポ」「ヒマワリ」をクラフトすることで入手出来ます。

花の高さの関係上、ヒマワリは増殖することが可能なので、ヒマワリを原料にすることをオススメします。

「空色」の染料

空色の染料は「ヒスイラン」をクラフトすることで入手出来ます。

また、「青の染料+白のの染料」でも入手出来ます。

ヒスイランは湿地帯にしか咲かない花なので、「青+白」で作成する方が簡単です。

空色がいわゆる水色に似た色になります。

「赤紫」の染料

赤紫の染料は「アリウム」「ライラック」をクラフトすることで入手出来ます。

また、「紫の染料+ピンクの染料」、つまり「赤の染料+青の染料+赤の染料+白の染料」でも入手することが出来ます。

「オレンジ」の染料

オレンジの染料は「オレンジのチューリップ」をクラフトすることで入手出来ます。

また、「赤の染料+黄色の染料」でも入手可能です。

オレンジのチューリップは、咲いてはいますが、量産が難しいので、「赤+黄色」で作成する方が簡単です。

「7色」あれば、全色作れる!

16種類の染料の中には、染料同士を合わせることで作れる染料もあります。

そのため、下記の7色を集めれば、全ての色が作れます。

  • ①黒
  • ②白
  • ③赤
  • ④緑
  • ⑤黄色
  • ⑥青
  • ⑦茶色

この7色が用意出来れば、他の9色は染料同士を混ぜることで作れてしまうんです。

  • ①紫→赤+青
  • ②水色→青+緑
  • ③薄灰色→黒+白2
  • ④灰色→黒+白
  • ⑤ピンク→赤+白
  • ⑥黄緑→緑+白
  • ⑦空色→青+白
  • ⑧赤紫色→赤2+青+白
  • ⑨オレンジ→赤+黄色

近くに量産出来るようなお花が無い場合などには、この手が使えます。

とは言っても、茶色や緑はバイオームによって、なかなか見つからないこともあります。

染料で何を染められるの?

染料で染めることが出来るものは、案外沢山あります。

「羊」を染められる!

稀に色がついた羊もいます。

染料を手に持って羊に近付くと、「染める」というボタンが出てきて、色を付けられます。

色付きの建材が欲しいけれど、染料があまり無いという場合は、羊そのものを染めてしまうのが良いかと思います。

羊の毛はハサミで刈ることが出来ます。(1〜3個のウールをドロップ)

ハサミで刈った後は、時間経過でまた同じ色の毛が生えてくるので、色付きのウールは無限に集めることが出来てしまうわけです。

なので、染料が少なく、でも色付きの建材が欲しい場合は、ひとまず羊を染めて、色付きのウールで対応するのも一つの手ですね。

「ウール」を染められる!

個人的にはピンクと空色が好き。

白のウールと染料で、色付きのウールがクラフト出来ます。

少量の色付きウールを使いたい時には、この方法でウールを染めても良いですが、大量に欲しい時には、やっぱり羊を染めて刈る方が、だいぶコスパは良いです。

「ウールカーペット」を染められる!

光源隠しに使えるよ!

バージョンアップ前は、色付きのウールからクラフトするしか無かったのですが、現在は、「白のウールカーペット+染料」でカーペットそのものを染められるようになりました。

「オオカミの首輪」を染められる!

染料を持って、オオカミに近づくと、「染める」ボタンが出るので、タップすると首輪を染めることができます。

とても可愛いですね。

「テラコッタ」「彩釉テラコッタ」を染められる!

少しマットな感じ。

染めていないテラコッタは茶色っぼい色をしているので、その分も合わせると17色のテラコッタを作ることができます。

また、色付きのテラコッタは、かまどで精錬することで「色付きの彩釉テラコッタ」になります。

色付きテラコッタをかまどに入れるだけ!
派手な柄になる!

1ブロック単位で見ると、よく分からない柄ですが、複数個を並べることで、模様が作ることができ、なかなか面白いブロックになります。

「シュルカーボックス」を染められる!

左端の2つは元のシュルカーボックスの色!

シュルカーボックスは元々、薄紫の様な色をしています。

それを16色染められるので、17色のシュルカーボックスを作ることが出来ます。

入れる物によって色を変えてみるなどの工夫が出来そうですね。

「ガラス」を染められる!

私はかつて、この時が来るのを待っていましたw

これと言って何に使うかは考えてないのですが、透け感のあるガラスが染められるのは、嬉しいですね。

「色付きのガラス」から「色付きの板ガラス」も作れます。

色合いはガラスと同じです。

ステンドガラスみたいなのが作れそうですね。

「ベッド」が染められる!

テクスチャ変わってからリアル度が増したベッド。

「白のベッド+染料」で染めることも出来ますし、「色付きのウール+木材」で色つきベッドをクラフトすることも出来ます。

部屋に合わせてベッドの色も変えられるので、建築の幅が広がりますね。

「大釜の水」「革の防具」が染められる!

お水が染まります。

何故、「大釜の水」と「革の防具」をセットにしたの?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、革の防具は、大釜に入った色付きの水に浸すことで染められるのです。

革を染めても良いですが、色付きの水を入れた大釜を置いておくだけでも、ミステリアスな雰囲気が出ますね。

防具を染める時には、防具を手に持ち、大釜の色水をタップすると染まります。(水は少しずつ減ります。)

頭は赤、体は黄色、脚はピンク、足は水色。

防御力は低くなるので、デザイン性を求める場合に付ける感じになるのでしょうか。

私は革の防具集めをしていて、いずれ、洋服屋さんを作る予定でいます。

また、PC版だと、革の防具は染色を重ねる度に、色が混ざり合うようですが、統合版では、染色を重ねることは出来ず、例えば「青→黄色」で染めたら、綺麗に「黄色」に色が変更されます。

ちなみに、革の馬鎧も染めることが出来ます。

左を見て!ピンク!

色を付けた馬鎧を馬に装着すると、装着の枠の中はきちんと色つきになるのですが、馬そのものの鎧は白に統一されています。

現段階では、染められるけれど、馬に着せても反映はされず白になるといったところでしょうか。

「旗」を染められる!

旗は模様を入れたいな。

旗も染めることが出来ます。

が、旗の醍醐味は模様を付けられるという点でもあるので、単色に染めたいと言うよりは、模様を付けて楽しみたいですね。

模様をつける時にも、模様に使いたい色の染料を使います。

「コンクリートパウダー」を染められる!

色の着いた砂利みたいな感じですねw

ザラザラしたテクスチャが特徴です。

この色付きのコンクリートパウダーに水をかければ、色付きのコンクリートになります。

コンクリートになると、見た目も滑らかで、発色もとても鮮やかになりますよね。

「花火」を染められる!

綺麗ですね。

花火は使っている染料の組み合わせで複数色にすることもでき、使っているアイテムで、大きさや形を変えることもできます。

色付きの建材で、カラフルで幅広い建築を!

染められるものが多いので、建築の幅も広がりましたね。

そのうち、色付きのブロックから、ハーフブロックや階段ブロックも作れるようになれば良いなぁと密かに願っています。

それでは皆様もカラフルライフを楽しんでくださいね。

今回も最後まで閲覧して頂き、ありがとうございました。

続きを読む

【統合版マイクラ】露天掘りをしながら、鉱石の比率を調べてみた!#23

こんにちは。Sachaです。

前回は、ツールなどを使わずにスライムチャンクをある程度特定する方法について書きました。

今回は、スライムトラップを作ろうという計画がてら、またもや、露天掘りを実行することにしました。

ただ、闇雲に掘ってももなんなので、今回は、どの鉱石がどのくらいの確率で出るのか、鉱石全体を100%として計算してみました。

スライムチャンクが海の下にある時の対策も(今の私がまさにそれ)書くので、参考になれば幸いです。

鉱石の比率だけ気になる!という方は、目次より飛べます。

スライムチャンクが海の下!どう対処する?

スライムチャンクがもろ、海の下。

本来であれば、近場の大陸で地道にスライムチャンクを見つけてみた方が、案外早いのかもしれないのですが、私のリスポーン地点の周りはほとんど孤島。

海の下とは言っても、一応は拠点そばという立地としては良いので、海だろうがなんだろうが、スライムトラップ用の囲いを作成することにしました。

海底神殿を漁って、スポンジの確保。

y40以下の高さがスライムの出現条件になります。

浅めの海であれば、y40以下が海ではない場合もありますが、私の孤島の周りは、がっつり深めの海だったため、海の部分を箱状に囲う必要がありました。

その際にしなくてはならないのが、箱の中の水抜きです。

たまたま海底神殿には恵まれていたので、スポンジの回収へと海を渡り歩きました。

スポンジ部屋の様子。

とはいえ、海底神殿がなかなか見つからないという方もいらっしゃると思います。

スポンジは水抜きにとても便利なアイテムですが、要は水さえ抜ければどんな手段でも良いのです。

コンジットを使って、水中に箱を作り、水を抜く!

コンジットの使い方については、こちらの記事をご覧いただけると幸いです。

上の天井がy45くらいの高さ。

スライムが居るであろうチャンクに対して、少し大きめの幅で、囲いを作りました。

上にある天井も、もともと露天掘りをしていた岩盤から数えて45の高さくらいのところに貼りました。

ツールを使ってない以上、はっきりと明確なチャンク特定が出来ないことと、自分の数え間違いが怖いために、数マス多めに見積もって囲っています。

囲ったけど海の中。

正直、コンジットを使わなければ、これはかなり骨の折れる作業です。

私はもともとの露天掘りを過去にしていたところから繋げたかったので、通常の16×16(1チャンク)ではなく、32×64(2×4チャンク)で囲っています。

もはや、何をしたいのか分からなくなってきてるレベルですw

詳細はスポンジ用の別記事にて書こうと思っているので、詳細は割愛しますが、先ほどの水中だった箱の中をスポンジで水抜きしていきます。

この作業で、1スタック以上あったスポンジが、36個まで減りました…。

水流の影響でどこかに流れてしまったものを拾い忘れ、5分経過し、ロストしたのだと思われます。にしてもショック。

水抜き完了。

水抜きが完了したので、やっとここから、露天掘りが開始できます。やっと。

ちなみにですが、y40以下のスライム出現チャンクであれば、スライムは湧くので、別にこの高さでも、湧くのは湧きます。

今見えている床部分は、もともと海底だった部分です。

一気に露天掘りを開始!

何も8チャンク掘る必要なんてなかったのですが、自分の孤島との距離の兼ね合い上、8チャンクの方が都合が何かと良かったのです。

随分とスライムチャンクを見誤ったようなので、こんな苦労をすることになってしまいましたが、埋め立てて、孤島を広げたいという目的もあったので、露天掘りの際に発生した丸石は、先ほどの海中の箱の上の埋め立てに使っています。

ここを全部埋め立てて、陸にしてしまう予定。

トラップを作ろうとした時に、ちょっと心配なのが、メンテナンスが必要になった場合のことです。

メンテナンスを行うときに、トラップの天井の真上が海なんていうのは、私的にちょっと避けたかったので、いっそのこと埋め立てようと。

上記の画像は箱状になっていますが、これは先ほどのy40の高さから、今度は地上に向かって埋め立て用に作った穴です。

ひたすら丸石を置いていくだけなので、脳がおかしくなりそうw

露天掘りをしてみて見えてきた鉱石たち!

やっと本題ですw

うん、見にくい。

岩盤まで全部掘りぬいて、鉱石以外のブロックのみ掘りました。

上から眺めると、様々な鉱石がまんべんなく散らばっていますが、ちょっと見にくいですねw

鉱石集め・・・

スライムブロックに乗っかりながら、鉱石を回収。

こんな真似は二度としないと誓いましたw

宙に浮いている鉱石たちの回収が思いのほか、とても大変だったのです。

地下にある鉱石の比率は?

集まった鉱石。

シルクタッチですべての鉱石を回収しました。

本当は、全体のうちの何パーセントを鉱石が占めているかを出せたらよかったのですが、あいにく海の中だったこともあり、海底の高さにばらつきがあったため、何ブロック掘ったかまで数えるのは困難だと判断したのです。

なので、鉱石全体でのそれぞれの鉱石の比率を調べてみました。

回収できた鉱石の数

  • ・石炭鉱石・・・・・・・・562個
  • ・鉄鉱石・・・・・・・・・266個
  • ・金鉱石・・・・・・・・・65個
  • ・レッドストーン鉱石・・・182個
  • ・ラピスラズリ鉱石・・・・19個
  • ・ダイヤモンド鉱石・・・・18個

単純な鉱石の比率だけで見てみると、ダントツに多いのは、やっぱり石炭鉱石ですね。

鉄鉱石、レッドストーン鉱石も並んで多いですが、1鉱石あたり1つのアイテムと決まっているのは、かまどで精錬させる必要がある鉄鉱石と金鉱石です。

石炭、レッドストーン、ラピスラズリ、ダイヤモンドは、幸運Ⅲのツルハシを使って、なるべく多くアイテムを手に入れられる形で壊してみました。

本当は縦積みしたかったのだけど、石炭が500個を超えていたので諦めました。

見ただけでは比較できません。ただ、なんとなく並べてみたかっただけです。

実際のアイテム数。
  • ・石炭鉱石・・・・・・・・562個→1,199個
  • ・鉄鉱石・・・・・・・・・266個→266個
  • ・金鉱石・・・・・・・・・65個→65個
  • ・レッドストーン鉱石・・・182個→1,112個
  • ・ラピスラズリ鉱石・・・・19個→243個
  • ・ダイヤモンド鉱石・・・・18個→45個

まで増えました。

幸運Ⅲのツルハシのようなエンチャントについては、また別記事が出来次第リンクを貼ります。

幸運がついてないものでも、レッドストーンやラピスラズリは1鉱石で4個以上のかけらが落ちるので、増えやすいです。

その点を踏まえると、おおよそですが、以下のような比率で鉱石は存在しています。

ダイヤモンド:金:ラピスラズリ:鉄:レッドストーン:石炭=1:1.5:5.5:6:24.5:26.5となります。

今回の鉱石(アイテム)全2930個のうちの各鉱石が占める割合は以下の通り。

  • ・石炭・・・・・・・・およそ41%
  • ・鉄・・・・・・・・・ およそ 9%
  • ・金・・・・・・・・・ およそ 2%
  • ・レッドストーン・・・ およそ 38%
  • ・ラピスラズリ・・・・ およそ 8%
  • ・ダイヤモンド・・・・ およそ 2%

比率も割合も小数点の兼ね合いで、大体になっています。

が、石炭はやっぱりダントツで多いですね。

岩盤付近の低い層を掘っている方は、レッドストーンも多く見かけるのではないかと思います。

意外だったのは、金とダイヤモンドがほとんど同じだったこと。

だけど、金鉱石は65個見つかっているのに対し、ダイヤモンド鉱石は18個。

幸運Ⅲで壊したので、ダイヤモンドの数が45個と2倍以上になり、このような結果になりましたが、幸運がついていないツルハシだと、このような結果にはなりません。

レッドストーン鉱石とダイヤモンド鉱石に至っては、出現する高さが15以下のため、どの高さでも出現する石炭と比べてしまうと少なくなってしまうのも当然なのですが。

そして、残念なことに、海面の陸から掘ったわけではないので、本来陸だった場合のことを考えると、石炭や鉄鉱石はもっと多く見つかることが予想されます。

なので、あまり参考になるような比率と割合ではなくなってしまうのですが、実際にダイヤモンドを集めることが石炭を集めるよりどれだけ大変かというのはお伝え出来たのではないかと思います。

1チャンクあたりでとれた鉱石のおよその個数

「およそ」とは言いたくないのですが、海底から掘っているため、先述した通り、石炭や鉄鉱石はもっと増える可能性があります。

大体高さ25~30くらいの間からの1チャンクあたりの平均採取個数が以下の通りです。

  • ・石炭鉱石・・・・・・・・562個
    (1チャンクあたり168個)
  • ・鉄鉱石・・・・・・・・・266個
    (1チャンクあたり33個)
  • ・金鉱石・・・・・・・・・65個
    (1チャンクあたり8個)
  • ・レッドストーン鉱石・・・182個
    (1チャンクあたり23個)
  • ・ラピスラズリ鉱石・・・・19個
    (1チャンクあたり2.4個)
  • ・ダイヤモンド鉱石・・・・18個
    (1チャンクあたり2.2個)

ここから、通常のツルハシで壊すか、幸運のついたツルハシで壊すかによって、それぞれのアイテム数も変わってきます。

複数個のかけらが出てくる関係上、レッドストーンは通常でも4~5倍、ラピスラズリは4~8倍まで鉱石よりも数が増えます。

高さ15以下でしか出ないという点を踏まえると、レッドストーンが手に入る確率は石炭と比較しても、かなり高いですね。

今思えば、高さ15以下に限定して掘ってみればよかったですw

以上が私なりの研究結果でした。

それでは今回も閲覧していただきありがとうございました。

続きを読む

【統合版マイクラ】コンジットって何?入手方法や使い方は?

こんにちは。Sachaです。

統合版マイクラにおいて、水中での作業はなかなか骨が折れる作業になりますよね。

そんな時にぜひ使いたいのが「コンジット」。

今回はコンジットの入手方法や使い方について書いていきます。

「コンジット」はどうやって手に入れるの?

「コンジット」はクラフトで手に入れることが出来るアイテムです。

「オウムガイの殻」8つと「海の中心」1つでクラフトできます。

「オウムガイの殻」は、溺死ゾンビ(ドラウンド)が手に持っていることがあり、オウムガイの殻を持っている溺死ゾンビを倒すと、手に入れることができます。

「海の中心」は難破船や海中遺跡にあるチェストから手に入る「宝の地図」で表示されている場所にある「埋もれた宝(チェスト)」の中に入っています。

たまたま見つけた。

実は私は「宝の地図」は手に入れたことがないのですが、砂漠で砂を集める際に深くまで掘り進めていたら、たまたま埋もれた宝を見つけることができ、海の中心を手に入れることが出来ました。

ちなみに難破船や海中遺跡へはイルカにエサを与えることで、イルカが案内してくれます。

コンジットの効果は?

コンジットは

  • ・水中で酸素ゲージが減らない。
  • ・水中の視界が明るくなる。
  • ・水中での採掘速度が上がる。

と、主に水中での作業に大きく影響を与えます。

また、コンジットは明るさ15の光源でもあるため、陸にポンと置くだけでも、明るさの確保は出来ます。

たいまつでも良いような気がするけれど。。

コンジットを正しく起動させよう!

コンジットの効果を生かすためには、コンジットを正しく起動させる必要があります。

コンジットの見た目は、オウムガイの殻に海の中心が覆われたような形をしています。

コンジットがきちんと発動すると、周りを囲っていたオウムガイの殻が開き、中の海の中心が見えるようになります。

また、画面の左側に、青い丸の表示も出ます。

コンジットを正しく起動させるにはいくつかの条件があり、

  • ・コンジットの周りは水であること
  • ・その水の周りを囲うブロックは海晶系のブロックであること

が最低条件となります。

海晶系のブロックとは、海底神殿で使われている以下の4つです。

  • ①海晶ブロック
  • ②海晶レンガ
  • ③暗海晶ブロック
  • ④海のランタン

階段やハーフブロックでは発動しないので、きちんと1マスブロックを使う必要があります。


コンジットの効果の範囲は「32~96マス」と幅があります。

その幅を決めるのが、囲っている海晶系ブロックの量になります。

1本の軸で囲っている、上記の画像だと32マスの効果が出ます。

先ほども載せた、この2本の軸で囲っている場合だと64マスの効果になります。

最大限の96マスの効果を発揮させたい場合は、上記のように3本の軸で囲う必要があります。

海晶系のブロックであれば、問題ないので、囲う枠に使うブロックは統一されてなくてもOKです。

ごちゃまぜでも形がきちんとしていれば大丈夫。

96マス分(最大限)の効果が出ているかどうかを確認したい時には、コンジットの中央にある海の中心を見てみてください。

目がかっぴらく。

最大限の効果が出ているときは、海の中心の目?が開いています。

X,Y,Zの3軸で囲ったつもりなのに、目が開いていない時には、配置が間違っていたり、どこかブロックに抜けがあったりするということですね。

陸でもコンジットを発動させることは出来る!

コンジットが発動するまでは、水中での呼吸が大変なので、配置するまでに、何度か呼吸をしに、空気と水中の行き来を行うことになりますよね。

そんなときには、陸でコンジットを発動させることも出来ます。

見やすいようにガラスで囲っているだけなので、ガラスではなくても、条件を満たす配置をしていれば、地面に穴を掘って水源を設置することでも発動はします。

ここで注意したいのは「水源」でないとだめです。「水流」だと発動しません。

また、上記のように、コンジットそのものの上下左右1マスずつが水で覆われていないと、発動しません。

5×5マスの枠の中に、3×3の水源、その中心にコンジット・・・という配置だけでは発動しないのですね。

一応上記のコンジットの下は水源になっていて、浮いている状態にはなっています。

なので発動するかと思ったのですが、コンジットの上も水源である必要がありました。

最大限のコンジットは敵対Mobを攻撃する!

最大限まで効果が出ているコンジットは、周囲の敵対Mobに対し、2秒ごとにハート4つ分のダメージを与えます。

攻撃された瞬間を撮るのが大変だったw

ちなみに、複数体の敵対Mobが居た場合は、順番に1体ずつ攻撃していきます。

水中作業には便利過ぎるコンジットさん。

海底神殿の探索や、水中にあるサンゴを取りたい時、水中での作業を行う時に、コンジットがあるならば、使わない選択肢がないくらい便利です。

酸素ゲージを気にせずに作業を出来るという利点は大きすぎますね。

私は水中で作業をするときには絶対にコンジットを使っています。

それでは、今回も閲覧していただきありがとうございました。

続きを読む

【統合版マイクラ】ツール無しで、スライムトラップに挑戦#22

こんにちは。Sachaです。

前回は、隠し扉を使って、拠点をこしらえてみました。

実は今回、ずっと気になっていたことの謎が解けました・・・。

以前、#9にて、私は地下をくり抜いて、岩盤まで露天掘りをしたのです。

その際に私は「ここはスライムが出るチャンクみたいだし・・・」と証言しておりますw

「チャンク」とは16×16マスの正方形のことで、マイクラの世界では、このチャンクが無限に並んで作られています。

実際に露天掘りを行っていた時に見つけたスライムたちです。

何度か見かけたので、私はこの穴の中は「スライムチャンク」の一部なのだと思っていました。

スライムくん、長旅ごくろうさん。

実はこの露天掘りの穴には、落とし穴があります。

奥にある階段。。。

これは露天掘りした時の画像なのですが、奥に階段がありますよね。

私がこの画面を撮影しているのも「階段の上」です。

私が乗っている「階段」は地上まで繋がっています。

奥にある階段は、実は初めのころに「ブランチマイニング」をするために掘っていた穴に繋がっているのです。

ほら、トラップドア!

孤島だったため、階段掘りで地下まで行くことが出来ず、3マス直下で地下まで下りて、ブランチマイニングをしたことがあったんです。

ただ、このブランチマイニング場は、掘り進めていくと水とぶつかり続けたため、途中でブランチマイニング場としての機能を果たさなくなり、ほかの場所に新たに私はブランチマイニング場を設けています。

前置きが長くなりましたが、何を言いたいかというと、露天掘りの空洞を完成させた時に、私はブランチマイニング場として作った穴の湧きつぶし具合を確認した上で「塞ぎました」。

結構な長い道のりを掘り進んで居たので、丸石などで埋めるということはせず、明るさだけを確保して、穴を閉じたんです。

それから何度か、自分が作った露天掘りした空洞の地下まで行ってみたのですが、「スライムに出会わない!」という事態に・・・。

もしかしたらと思い、かつて塞いだブランチマイニング場へとつながる穴を掘ってみました。

そして、出会いました。

すげー居るじゃん。

スライムが空洞にわかなくなってしまったのは、露天掘りしたところがスライムチャンクだったわけではなく、実はこのブランチマイニング場の通路がスライムチャンクだったからなんですね。

私はブランチマイニング場を塞がないまま、露天掘りをしていたので、ブランチマイニング場からスライムが露天掘りしている穴まで冒険にやってきたのでしょう。

マジでごくろうさん。

となってくると、地下拠点を「とりあえず、スライムトラップでも作ってみようかなー」なんて言っていた話はパーになりますw

スライムと遭遇した場所をマップで確認してみました。

白い矢印が私。

えー。海の真下だし、だいぶ地下空洞から離れてるじゃん。

割とうんざりwでも、一応拠点の「近く」にスライムが湧くのは確定はしてるし・・・。

スライムを見つけた時、マップを使えば、スライムチャンクの大体の特定はできる!

そもそもスライムは「チャンクごと」で湧くようになっています。

スライムトラップを作ろうとした方は、ご存知の方も多いと思いますが、統合版マイクラでは「スライムチャンク」がどのシード値であっても「決まった座標」に生成されます。

なので、外部ツールを使うことによって、スライムチャンクの位置を特定することが可能です。(PC版にもシード値を入れてスライムチャンクを特定することが出来るものがあります。)

そういったものを使えば、もっと効率のよいスライムチャンクや、座標も表示させることで、より確実なスライムチャンクの確定が出来るんです。

ただ、私の冒険性にはちょっと反しているのです。

便利なものは極力使いたくないというか、シード値も運に任せたいし、どんなMobに出会うかも、運に任せたい。

スライムもツールを使って見つけるのではなくて、自分が冒険している上で見つけたい。

例えば、ブランチマイニング場に効率が良いとされる11の高さも、スライムチャンクの16×16マスも、自分の足で歩いて数えたい。

スライムチャンクを見つけたり、トラップを作成する上では非効率ではありますが、その方が冒険してるっぽいんだもん。

じゃあ、いざスライムと出会った時、どこからどこまでが16×16マスの1チャンクになるのか?

というのは、マップが教えてくれます。

これは、大体の線。

上記のマップは0/4段階目の、まったく拡張していないマップです。

0段階目のマップは128×128マス(8×8チャンク)が表示されるようになっています。

※私の線の引き方はマップの外側(枠)から引いてしまっていますが、実際はマップの内側のワールド表示部分を全体像として線を引くのが正解です。

スライムと遭遇した場合、遭遇した位置をマップで確認します。

そこを64分割(8×8チャンク)したときに、自分がどの位置に当たるのかを見ておけば、スライムチャンクの大体の位置は特定できます。

ただし、気を付けたいこととしては、

  • ①スライムが遠くから歩いてきている可能性がある。
  • ②確実な特定ではなく、どうしてもおおよその特定になってしまう。

ということです。

①については、最初に話したように、私はそもそもとして、スライムが歩いてやってきていたことに気づかずに、露天掘りの穴がスライムチャンクの一部だと勘違いしていました。

スライムと遭遇した場所が確実にスライムがスポーンした場所とは限らないので要注意です。

何度か行き来をし、スライムの湧いている位置を確認しておいた方が無難です。

②については、今回の私の場合は、マップの左下角で遭遇したので、比較的1チャンクの特定はやりやすいですが、真ん中あたりで遭遇してしまうと、正直、64分割した時の位置がどのあたりのチャンクになるかなんて、目測じゃ測りにくいですよね。

マップの境目というのも曖昧で、自分の表示は矢印だし、境目にぴったり重なっているのかどうかの判定は、ただプレイしているだけじゃ、「大体」でしか把握できません。

マップの端っこからの歩数で数えようにも、そもそも端っこが「大体端っこ」という、ちょっと不確定要素の世界になってきてしまいます。

となると、「正確に効率よく」を求めるのならば、やはり外部ツールでチャンクの特定をし、座標もきちんと表示させることが一番です。

でも、私みたいなこだわりを持っている方も、中にはいらっしゃるんじゃないかと思うんですよね。

自力でなんとかしたい。という。

「正確さ」にこだわらなければ、上記のようなマップによる特定で、大体のスライムチャンクの位置は把握できます。

もちろん、スライムに出会った場合の話にはなってしまいますが。

スライムの湧き条件と、私の企みについて。

スライムは先ほども言った通り、チャンクごとに湧きます。

スライムのトラップを作ることが可能なのは、スライムが明るさを無視して湧くことが出来るからです。

スライムチャンクを囲って、湧きつぶしさえしておけば、他の敵モンスターは湧かず、スライムだけが湧くようになります。(スライムチャンクの周りに洞窟などがあれば、そこもきちんと湧きつぶしをする必要があります。)

基本的には高さ40以下でスライムは湧きます。(湿地では別条件で湧くこともある)

高さは岩盤(一番高い岩盤は高さ5)を基準にして、数えて登っていけばOKです。

チャンクはツールを使わないと、正確には把握できないため、大体で攻めていく必要があります。

私の場合ですが、スライムチャンクと思われる場所が海の真下という最大の弱点があります。

だけど、たまたまマップの左下という、境目がなんとなく分かりやすい位置でもあります。

そこで、いっそのこと、マップ左下から、自分の地下拠点の穴まで繋がるように、白で染めた8チャンク分をトラップにしてしまおうかと。

横に32マス、縦に64マス・・・結構ハードではありますが。

海の真下なので、コンジット先生の力も必要ですね。

※コンジットについては別記事で説明予定ですが、簡単に言うと、オウムガイの殻(溺死ゾンビがドロップ)8つと、海の中心(砂漠や海の宝のチェストにある)1つでクラフトできるアイテムで、海の中で呼吸が出来るようになります。

一応、海底神殿を攻略した時にもコンジットは使用しています。

結構つらかったw

マップを使いながら、自分の居る位置を把握して、先ほどの白で染めた部分の四隅を軸にし、海の中に高さ45未満?くらいの天井を作りました。

万が一数え間違いとかで高さが足りないのも嫌だったので、ちょっと高めにw

スライムトラップは、いずれと思っていたのですが、ついつい作業を進めてしまいました。

この天井の下も海なので、海底神殿を巡り、スポンジをもっと集めて、水抜きをする必要があります。

そしてそこからの岩盤まで掘り進めるという、なかなかの重労働ではあります。

高さが40以下ならば湧くので、別に岩盤まで掘らなくても、湧くのは湧くのですが、この際なので、鉱石を掘らずに岩盤まで掘ってみて、どれだけ鉱石があるのかも調べてみようかと思いましたw

長くなってしまったけれど、言いたいことは1つだけ。

結局のところ、何が言いたいのかと言うと、スライムさえ見つけてしまえば、マップを使って、大体のスライムチャンクの位置は特定できるよ、ということです。

それでは、今回も閲覧していただきありがとうございました。

続きを読む