【統合版マイクラ】海の中の生き物!全7種類の特性などを解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事は約 6 分で読めます。

こんにちは。Sachaです。

アップデートを重ねて、海の中もだいぶ様子が変わってきましたね。

海の中のダンジョンもそうですが、生き物たちもはっきりと見えるようになったり、種類が増えたり、様々な変化がありました。

そこで今回は、統合版マイクラにおける「海の中の生き物」全7種類について、生息場所やドロップアイテムなどについてまとめてみました。

ver.1.10.0の情報です。

イカ

よく見てみると結構怖い。

イカは、明るさは関係なく、1ブロック以上の深さの水があり、46~62の高さの海洋バイオームにスポーンします。

Java版では、どのバイオームの海にでもスポーンするようです。

イカを倒すとドロップするアイテム

イカ墨。

イカを攻撃すると、イカ墨をぶちまけられます。

それによってのダメージなどはありませんが、ちょっぴり視界が悪くはなりますね。

イカを倒すと「墨袋(イカ墨)」が手に入ります。

墨袋は、黒の染料の素材になります。

また、「本と羽ペン」をクラフトする時の材料にもなります。

イルカ

結構凛々しい顔してるw

イルカは、凍った海以外のすべてのバイオームにスポーンするため、比較的みつけやすいのではないでしょうか。

イルカは水中に4分居ると溺死してしまい、水中の外に2分居ると窒息死してしまうため、たびたび海などでは陸に顔を出したり、ジャンプする様子が見られますね。

イルカを入れた水槽などを作りたい場合、そのへんを踏まえ、イルカが空気出来るように蓋などで閉じ込めないようにしましょう。

イルカと仲良くなろう!

統合版ではエフェクトは出ませんが、イルカの近くを泳ぐと、泳ぐスピードが速くなります。

また、生のタラをイルカに与えることが出来、イルカと仲良くなると、近くにある「難破船」や「海底遺跡」にイルカが案内してくれます。

基本的には友好的なMobではありますが、ゾンビピックマンと同じように、イルカに攻撃を食らわせてしまうと、周りのイルカたちが群れになって襲ってきます。

イルカを倒すとドロップするアイテム

イルカを攻撃すること=群れと戦うということになるので、出来る限り戦いたくはないものですが、イルカを倒すと「生のタラ」を0~1匹ドロップします。

タラは海の中で見つけられるので、イルカを倒してまで手にいれるものでもないですね。

ウミガメ

ごく稀に、子亀もいるみたい。

ウミガメは砂浜バイオーム(暖かい砂漠)にスポーンします。

複数匹の群れで見つかることもあり、海でも陸でも見つけることができます。

ウミガメを倒すとドロップするアイテム

ウミガメを倒すと「海草」を0~2個ドロップします。

海草なんて、海の中でいくらでも集められるので、極力ウミガメを大切にしたいところですね。

ウミガメの繁殖方法

ラブラブ。

ウミガメは「海草」を与えることで、ラブモードに突入します。

どちらか片方が、スポーンした地点まで行き、砂浜を掘るような動作をして、ウミガメの卵を産み付けます。

リードで連れて帰ることが出来ないため、カメにはその場で繁殖してもらい、卵を持ち帰るようにすると、自宅付近でウミガメを育てることはできます。

ウミガメの卵が孵るまでの時間はおよそ40分ほど掛かります。

ウミガメの卵は上に乗ると割れてしまうので、丁重に扱いましょう。

シルクタッチ付きのツールで持ち帰ることが出来るので、拠点そばで還すことも可能です。

ウミガメの子供が大人になる時に「カメの鱗」をドロップします。

熱帯魚

可愛い!

熱帯魚は、暖かい海洋かぬるい海洋にスポーンします。

サンゴがあるような所で多く見られます。

海は暖かくなっていくごとに、色も明るくなっていくので、薄い水色のような海を探してみると良いでしょう。

自然にスポーンするものはまず、形状が2種類あり、更に模様が6種類ある。これに加えて、色が16色ある。これらの組み合わせは全部で3072種類ある。

Minecraft Wiki https://minecraft-ja.gamepedia.com/Minecraft_Wiki

と、3072種類…凄い多いけど、計算すると192種類なのではないか?と、私何か計算に漏れがあるのか?これは、いずれにせよ、コンプで確認するに量が多すぎますねw

熱帯魚はバケツに入れて持ち運ぶことが出来ます。

その際、「熱帯魚入りのバケツ」としてのテクスチャは一緒ですが、どんな熱帯魚かをきちんと記憶しているため、欲しい熱帯魚を持ち帰ることが可能・・・と思いきや、熱帯魚の種類が変わっていたなんて話もあり、要検証です。

熱帯魚を倒すとドロップするアイテム

熱帯魚を倒すと「熱帯魚1匹」と「骨(25%の確率)」でドロップします。

熱帯魚に限らず、魚(タラ、フグ、鮭)は、倒した時に、その魚1匹と骨を25%の確率でドロップします。

タラ

タラは「通常の海洋」「冷たい海洋」「ぬるい海洋」にスポーンします。

暖かめの海洋や、河川などにはスポーンしません。

生のタラ(鮭も)はネコやヤマネコの繁殖や懐かせるのにも使えます。

イルカに与えられるのが、このタラになります。

タラを倒すとドロップするアイテム

タラを倒すと、タラ1匹と骨(25%の確率)でドロップします。

フグ

フグは「暖かい海洋」か「ぬるい海洋」にスポーンします。

寒すぎるところにはいないということですね。

フグの特徴としては、近くに寄ったり、攻撃をすると、体を膨らませてきて、毒のステータスを付与してきます。

フグは他の魚とは少し違い、水中系のポーションに使われることが多いです。

フグを倒すとドロップするアイテム

フグを倒すと、フグ1匹と骨(25%の確率)でドロップします。

THE 鮭

鮭は「凍った海洋」「冷たい海洋」「河川」にスポーンします。

赤のテクスチャが可愛らしいですね。

鮭を倒すとドロップするアイテム

鮭を倒すと、鮭1匹と骨(25%の確率)でドロップします。

別件①魚釣りはどうなるの?

今まで(海のアップデートの前)は、海の中はあまり発展しておらず、魚も釣りをすることで獲得できていました。

今はどうなったかというと、今まで通り、変わりなく釣り竿で釣りをすると魚を釣ることができます。

暖かめの海だと、地上から泳いでる魚が見えることがありますが、そこを目がけて釣り竿を投げる!なんてことをしなくても大丈夫です。

別件②魚を飼いたい時は?

海にアップデート後、海草や昆布、サンゴなど海の植物も増えました。(別記事予定)

水族館や水槽を作って、魚たちを飼いたい場合は、バケツに水を入れた状態で、目的の魚に近寄りタップすると、水入りのバケツの中に、魚が入ってくれます。

海の中の生き物まとめ!

陸上だけではなく、海の中の世界も随分盛り上がってきましたね。

今私がプレイしているワールドでは、小さな孤島がリスポーン地点なので、海と触れ合う機会がとても多いです。

今後もさまざまなアップデートがありそうで、楽しみですね。

それでは今回も閲覧していただきありがとうございました。

スポンサーリンク

レゴ マインクラフト グッズ LEGO 21115 The First Night
マインクラフトケシゴム スターターセット01 アイアンスティーブとサバイバルパッ...
マインクラフト エンダーマン アクセサリ
マインクラフト アニマル 6パック
Minecraftを100倍楽しむ徹底攻略ガイド [ タトラエディット ]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
-->

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*