【統合版マイクラ】雪・氷ブロック全4種類!それぞれの違いや入手方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事は約 3 分で読めます。

こんにちは。Sachaです。

今回は、統合版マイクラにおける、雪・氷ブロック4種類について、それぞれの違いをまとめてみました。

氷塊バイオームなどに存在する、雪や氷系のブロックたち!

冷たい系のブロックたちは、全部で4種類あります。

  • 雪ブロック
  • 氷ブロック
  • 氷塊ブロック
  • 青氷ブロック

その他に高さ1のブロックではないのですが、「積雪」や「雪玉」もあります。

「雪(積雪)」ってどんなもの?

積雪は好きなだけ積み重ねられる

雪は「シャベル」を使うと雪玉として回収出来ます。

シルクタッチで回収すれば、そのまま雪として回収可能です。

高さ8ブロックで、雪ブロックと同じ高さになります。

8ブロックまで積めば、上にものを設置することが出来ますが、それ以下だと積雪は消えてしまいます。

日光以外の12以上の明るさで溶けてしまいます。

手前が一段の積雪、左上が8段の積雪、右上が雪ブロックです。

このまま時間放置すると…

積雪8段は、雪ブロック(溶けない)という認識で良さそうですね。

雪が欲しい場合は、スノーゴーレムを作れば、無限に雪を降らせてくれるので、寒いバイオームでなくても、雪を集めることが可能になります。

「雪ブロック」「氷」「氷塊」「青氷」一体何が違うの?

見た目としては、雪ブロックは白いので、わかりやすいですね。

氷は半透明で、氷塊は水色、青氷は濃い水色と、見た目はそんなふうになっています。

「雪ブロック」はシャベルで「雪玉4個」となります。

シルクタッチで雪ブロックのまま回収可能です。

氷系のブロックは、シルクタッチでないと割れてしまうため、シルクタッチで回収しましょう。

氷系のブロックは基本的に滑りますが、青氷が最もよく滑り、アイテムの運搬装置として使われたりもしますね。

気になるのは、何が溶けて何が溶けないのか。

たいまつを置いて実験です。

溶けてしまうのは、「氷ブロック」のみです。

雪が降るバイオームであれば、日光以外の明るさ9以下で再び凍り始めます。

日光以外の明るさ11以上で、氷ブロックは溶けて水源となります。

クラフトも可能!

雪ブロックは、雪玉4つでクラフトすることが出来ます。

ちなみにですが、雪玉は64個で持ち歩くことが出来ず、アイテム欄の1スペースあたり16個までしか持ち歩けません。

氷塊ブロックは氷ブロック9つでクラフト出来ます。

そして、青氷ブロックは氷塊ブロック9つでクラフト出来ます。

青氷は、簡単に見つかることもあるのですが、基本的には氷塊の中の方に隠れていたり、見つけにくいブロックとなっています。

どうしても見つからない時にはクラフトする方が、早く手に入りますね。

自然にされた氷塊のバイオームは景観がとても綺麗。

海底神殿を通ってきたら、呪いかけられた。

なかなか壊すのも気が引けますが、滑るという性質を活かした装置などに使えます。

見た目や特性の違いを頭に入れて置くと、マイクラ生活もより楽しくなりそうですね。

それでは、今回も閲覧して頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

レゴ マインクラフト グッズ LEGO 21115 The First Night
マインクラフトケシゴム スターターセット01 アイアンスティーブとサバイバルパッ...
マインクラフト エンダーマン アクセサリ
マインクラフト アニマル 6パック
Minecraftを100倍楽しむ徹底攻略ガイド [ タトラエディット ]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
-->

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください