ケアンズ旅行

【ケアンズ旅行⑪】市街地でコアラを抱っこ!【4泊6日】

こんにちは。
ハネムーンでケアンズに行ってきました。

オーストラリアといえば、コアラやカンガルーが有名ですよね。

ケアンズでも人気があるのが、コアラの抱っこ

でも、軽く調べると、コアラの抱っこって意外と値段がするし、結構遠くの動物園ばかりが、見つかるんです。

わざわざ高いお金で、遠くまで行って、コアラ抱っこするの?と思ってしまった私たち。

維持になって調べてみたら、ありました!
市街地に。そしてそんなに高くない。

高かったり、遠いのは、調べた時にどうしても、オプショナルツアーが引っかかってしまうからなんですね。

そんなことをしなくても、サクッと短時間で、自分たちだけで、コアラと写真が撮れてしまいます。

市街地でコアラを抱っこ出来る場所は?金額は?

ケアンズでも有名なリーフカジノ。

このリーフカジノの上が、実は動物園になっています。

その名も「ケアンズズーム(Cairns Zoom)」。

ケアンズズームでは、コアラを抱っこして、写真を撮ってもらえます。

ただ、ここの動物園、アスレチックも併設しているので、料金設定がかなり沢山あります。

動物園のみ、動物園とアスレチック、アスレチックのみ…のように様々な値段があるのです。

英語が分かる方なら良いですが、分からないのにいきなり行くと、ビックリしてしまうかもしれません。

ちなみに私たちは、市街地なのもあり動物園はあまり面白くないという口コミを見たのと、時間的にもその後が詰まっていたので、写真だけを撮ることにしました。

そうなんです。
ただ、コアラを抱っこして写真を撮るだけというプランもあります。

そして、そのお値段が$25です。
なかなか無いです、この値段は。

というのも、ほかのオプショナルツアーだと、動物園がセットになってしまうので、結構な金額になります。

ちなみにコアラたちも休憩時間があるので、写真は1時間に1回だけになりますが、番号札のようなものを持って、時間まで待機します。

お兄さんがジェスチャー付きで、コアラの抱っこの仕方などを教えてくれ、写真撮影に入ります。

お客さんは結構いますが、写真撮影自体は30秒ほどなので、あっという間です。

写真の印刷までに10分ほど待って、完了です。

午後から予定があった私達は、割と思いつきで立ち寄ったケアンズズームで、コアラの抱っこ写真をゲットすることが出来ました。

ちなみに、カップルや夫婦で行くと、2人1組で撮ってもらえますよ。

ケアンズのコアラ抱っこ

ケアンズでコアラを抱っこ

料金は二人分払っているので、旦那と交互に写真を撮ってもらいました。

リーフカジノは、市街地にあるので、行くのにも近いです。

旦那はコアラは別にいいなんて言ってましたが、抱っこした途端、可愛い!撮ってよかった!と興奮していました。

私もなんだかんだ、コアラの抱っこを出来て良かったと思っています。

せっかくケアンズに来たんだから、コアラは抱っこしておいた方が良いですよー。

可愛いです。

それでは、今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

【ケアンズ旅行⑩】ケアンズは果物以外の物価が高い!【4泊6日】

こんにちは。
ケアンズにハネムーンで行ってまいりました。

旅行に行く際に気になるのが物価ですよね。

オーストラリアは比較的物価が高い地域と言われています。

そこで今回はケアンズに行ってみて、実際に思った物価の感想を書いていきたいと思います。

ケアンズは果物の物価が安い

前の記事でも触れたのですが、ケアンズにあるラスティーズマーケットは果物がとても安く購入できます。

ただ、それはラスティーズマーケットに限らず、他のスーパーなどでも言えることです。

ケアンズではだいたい野菜や果物などの青果品がとても安く買うことができます。

だいたいマンゴーなどが1キログラム当たり1.98ドル。
これは日本では考えられないぐらいの値段ですよね。

その他にもジャガイモや玉ねぎなどの野菜も豊富に、そして比較的安く売られています。

ケアンズの野菜、果物

ケアンズは野菜や果物に強い地域なのかもしれません。

肉や魚、その他の食べ物や飲み物は?

ケアンズでは、肉や魚がパックに入れられて売られていることが多いです。

具体的な金額を覚えていなくて申し訳ないのですが、日本に比べたらちょっと割高な金額でした。

また別記事で書きますが、バーベキューを行った際に、肉を買った時もちょっと金額の高さにためらった記憶があります。

ケアンズはあったかい地域なので、飲み物をやたら飲みたくなるんですよね。

ただ、飲み物に関しては本当に日本と比べてとても高くなっています。

日本ではミネラルウォーターは100円ほどで買えますが、同じ大きさのものでもケアンズだと3ドルほど…およそ250円ぐらいします。

自動販売機に売られてるペットボトルのコーラも3ドル近くしました。

全体的に見てみて、基本的な値段は日本に比べてかなり高いように感じますが、飲み物はその中でも特に高いです。

ケアンズは本当に飲み物が必需品になるので、飲み物が高いというのは結構な痛手でした。

ただ今は、ケアンズでも水道水が飲料として使うことができるので、私達は使ったペットボトルに水道水を入れて、それを冷蔵庫に入れて持ち歩くというような作業をしていました。

気になる方は水道水よりもミネラルウォーターを買った方がいいかと思います。

ランチやディナーはいくら位するの?

場所にもよりますが、ランチは10ドルから30ドル、ディナーは20ドルから50ドル。
高いところだと80ドルぐらいまで行ってしまうと思った方がいいでしょう。
ちなみにこの金額は1人当たりの金額です。

実はナイトマーケットで、1人当たり10ドルぴったりのディナーを食べることができました。

ただ、こんなことを言うのはなんなんですが、決して美味しくはなく、私はかなりの量を残してしまい、おそらく実質5ドル程度の食事しかできなかったような気がします。

普通にそこらへんにあるようなアイスクリーム屋さんやスムージー屋さんなどでも平気で7ドルはします。

日本で大体300円から500円ぐらいかなーって思っているものが7ドルから10ドルぐらい。

日本に住んでる私たちにとっては、どこもかしこも高いというのが事実です。

ただ、ちょっと意外だったのが、ケンタッキーに関してはまぁ少し高いとは思ったのですが、そんなに日本と変わらない金額でした。

少し余談になりますが、ケアンズはそういった物価の高さから最低賃金も高いそうです。

ツアー会社の方に聞いたのですが大体1時間あたり25ドルもらえることがほとんどなようです。

これは日本じゃ考えられないことですよね。
よっぽどいいお仕事じゃないとなかなかこの金額はもらえません。

ただ、この金額を貰わないと生活するのも大変というのは事実だと思います。

ホテルやシェアハウスは?

ホテルに関してですが、私たちがツアーで泊まったホテルは1泊80ドルから100ドルのようです。

とはいえ、ツアーで申し込んでいるので、実際のところホテルに対してどのぐらい負担してるのかは分かりませんが。

シェアハウスについてはいつかケアンズに住みたいと思っているので、少し調べてみたのですが、1週間当り100ドルというのが一般的に多いように感じます。

それを考えると宿泊代や生活費などは、日本よりもそこまで高いわけじゃないような気がしますね。

ただ、トータル的に考えて、ケアンズは物価が高くてもやっぱり住んでみたいという魅力的な街でした。

それでは、今回も閲覧していただき、ありがとうございました。
続きを読む

【ケアンズ旅行⑨】ケンタッキーを甘く見るな?!英語の先読みはしない方がいい【4泊6日】

こんにちは。
今回もハネムーンで行ってきたケアンズのお話をします。

英語がまったく分からないわけではないけれど、話せるわけじゃないという方にぜひ読んで頂きたいお話です。

そんな今回のテーマとなった場所はケンタッキーです。

ケンタッキーなんて、並んで買うだけだと思ってた。

朝方買ったラスティーズマーケットのフルーツを持って、ケアンズセントラルに行った私たちは、果物用のナイフを探していました。

ケアンズセントラルって広いんです。

飛行機疲れもあり、しかもマップも見つからず、ポケットWiFiでフロアマップを探して、やっと見つけたColes(スーパー)。

すっかりお腹も空いてしまい、ケンタッキーへ行くことに。

ケンタッキーなら日本にもあるし、メニューを指しながら言葉で言えば伝わるだろうと思いました。

セットを頼んだので、次は飲み物を聞かれるだろうなーと。

なのに、ペラペラと言われた言葉が、どうも飲み物を聞いている感じじゃないのです。

えーどういうこと?
旦那の方を見ても、旦那も顔が既にハテナ状態w

「Could you speak slowly please?」と言ってみると、まだそれでも早い。

チキンがどうこう言ってるのは分かるのだけど、どうしても分からない。

そうこうしてるうちに、後に列が…
もう諦めようかと思った時に、女性の店員さんが奥から現れ、メニューのチキンを指しながら、「7minutes.Can you wait?」と。

あぁ、このチキンが出来るまでに7分かかるんだと、やっと理解ができました。

そして飲み物を頼み、お会計を済ませ、またよく分からないことが…

日本みたいに、列通りに頼んだものが来ないのです。

飲み物だけが先に置かれたり、レシートの番号?と照らし合わせてるのか、番号でどうも呼んでるみたいで。

てんやわんやしながら、頼んだものを席に持って行った時に、やっと一安心でした。

まさかケンタッキーで列を作ってしまうほど、待たせてしまうなんて思っても居なかったので、申し訳ないです。

一安心したところで、ケンタッキーのチキンの話になりますが、大きさや味は日本と変わりません。
ちなみに値段もそんなに変わらないですね。

毎度のことですが、ブログを書く人間のくせに、ケンタッキーの写真がないという不祥事。

オーストラリアのケンタッキーで独特だったのが、マッシュポテトにカレーをかけたような、日本のコールスローサイズの入れ物に入った何かがセットで付いてきたことです。

冷たいマッシュポテトで、なんというか、日本人向けではない味でした…。

それと、オーストラリアのケンタッキーには、ビスケットが無いんですね。

それも衝撃的でした。

英語の先読みは恐ろしく怖い。

私たちが今回してしまったミスは、「飲み物を聞かれる」という先読みにあると思っています。

私たちは、ペラペラ話せるわけじゃないのですが、英語がまったく分からないわけではないのです。

ただ、英語を聞く時は集中しないと聞き取れないし、聞くぞと構えていないと、なかなか難しいのです。

今回言っていたことも、後から考えれば、そこまで難しいことを言っていたわけではなかったと思います。

ただ、勝手に先読みしていたことと、メニューのチキンの名前が日本にはないチキンだったため、○○チキンが聞き取れず、挙句の果てに動揺し、英語が右から左へ流れていくという事態に。

日本なら、先読みしても、日本語で返ってくるから、全然理解出来ちゃうんです。

でも私たちみたいに、英語が流暢じゃない人間は、言う時は言う、その後は、聞く!というスタンスにしないとダメですね。

何がどんな風に返ってくるか、それを予期するのはまだ早すぎましたw

というよりも、逆に先読みすることで、それが当たっていた時はより理解が出来たんです。

当たらなかった時の衝撃を体験できました。

これもいい思い出ですね。
それでは、今回も閲覧して頂き、ありがとうございました。

続きを読む

【ケアンズ旅行⑧】週末はラスティーズマーケットに行こう!【4泊6日】

こんにちは。
先日、ケアンズへハネムーンに行ってまいりました。

週末(金〜日)にケアンズへ訪れる方に、絶対に絶対に行ってほしいのがラスティーズマーケット

今回は、ラスティーズマーケットについて、魅力をお伝えしていきます。

ラスティーズマーケットって何?

ラスティーズマーケットは、週末の金曜日〜日曜日だけ営業している市場です。

金曜日 5:00〜18:00
土曜日 5:00〜18:00
日曜日 5:00〜15:00

が営業時間となっています。

朝からやっているので、週末にケアンズに到着される方は、寄ってみるのもありですよ。

パン屋、コーヒーショップ、アクセサリーやさんなどもありますが、市場というだけあって、フルーツが盛り沢山です。

ラスティーズマーケットこ見どころ

ラスティーズマーケットでは、フルーツがとにかく安いです。

私たちは4泊分の朝食は、自炊にしようと決めていたので、ラスティーズマーケットでフルーツを買いだめすることにしました。

到着日が日曜日だったため、チャンスはこの日しかありませんでした。

見たことないフルーツが沢山。

しかも日本では見ることのない風景ですよね。
もはや絶景に近いものを感じます。

好きな食べ物がフルーツである私にとって、こんなに山ほど積んであるフルーツは、本当に天国のようでした。

特にオススメなのがマンゴーです。
1kgあたり$1.98で買えてしまいます。

大体3つで$2ほどでした。
日本円換算すると、今だと170円ほどですかね。

私は11年前に短期留学でケアンズを訪れたことがありますが、ホストファミリーが持たせてくれたランチのお弁当は、いつもマンゴーが入っていました。

その時のマンゴーの味が忘れられなくて、日本でもマンゴーを食べましたが…まぁ正直言って美味しくないし高いんですよ、日本のマンゴー。

絶対に美味しいからと意気揚々と旦那にも食べさせましたが、旦那は初めてのケアンズマンゴーに、「これが本物のマンゴーか!」とビックリしていました。

とにかく本当に美味しいんです。

マンゴーの他にもプラムやドラゴンフルーツ、とにかく様々なフルーツが並んでいます。

お野菜もありますよ。

ホテルの冷蔵庫内に入れておけば良いので、とりあえず私たちは10個ほどフルーツを買いました。

キッチン付きのお部屋ではなかったので、包丁を買うはめになりましたがw
Colesで値引きされた4本$5のものを買いましたw

話がそれてしまいましたが、ラスティーズマーケットは現金のみの取り扱いなので、気をつけてください。

フルーツは当たり外れがあるものですが、ラスティーズマーケットでは、色んなフルーツが試食出来るようになっています。

見たことないフルーツも味が分かるので嬉しいですね。

大量の果物と野菜が山のように積んであるというのも、本当に絶景なので、一度立ち寄ってみてください。

包丁を買うことになっても、フルーツを買う価値は絶対にありますよ。

それでは、今回も閲覧して頂き、ありがとうございました。

続きを読む

【ケアンズ旅行⑦】ケアンズのクイーンズランダーホテル【4泊6日】

こんにちは。
先日、ケアンズにハネムーンで旅行へ行ってきました。

私たちはスーペリアクラスのホテル(スタンダードより少しランクが高い)に泊まりました。

今回はケアンズホテルについて書いていきます。

あくまで私たちが泊まったホテルなので、それを踏まえて読んでいただけると嬉しいです。

とにかくフロントの人がフレンドリー

私たちが泊まったのは、市街地から徒歩20分ほどの、クイーンズランダーホテルというところです。

ドアを開けると「Hello.」とフロントの方が笑顔で出迎えてくれます。

観光客慣れしているのもあり、つたない英語でも聞いてくれ、わかりやすく説明してくれます。

ちなみに、このホテルの口コミを見ても、フロントの方の対応の良さはかなり評価されています。

旦那もおそらくフロントの方に惚れて、ケアンズの虜になったのではないか…というくらい、素敵な方達です。

日本語の案内用紙を渡してくれるので、ホテルのルールが分かります。

お部屋はどんな感じ?

お部屋の写真はこんな感じ。

ブログを書く人間なのに、写真の少なさに自分で引いてます…w

日本だと、土足で過ごすホテルはカーペットが多いですが、ここはタイルになっていました。

気候も関係しているのかもしれませんが、床が冷たくて気持ちいいです。

鍵を差し込むと電気がつくタイプのお部屋でした。

ここのホテルは、キッチン付きのお部屋もあります。

それを期待していたのですが、私達の部屋はキッチンなしのお部屋でした。

バルコニーも付いているし、椅子とテーブルも用意されています。
お部屋の中は禁煙なので、バルコニーが喫煙場所になります。

写真が少なくて申し訳ないのですが、テーブルとソファもあり、割と広めなお部屋です。

キッチンがないこと以外はアパートに近いような、アパートとしても使えるお部屋ですね。

気になる方は気になるのかもしれませんが、ドアの下に隙間があります。

旅行者の声がダダ漏れです。
ただ、そんなにうるさいと感じることはありませんでした。

お風呂、シャワーはどんな感じ?

バスタブがついているホテルもあるようですが、ここのホテルは、シャワールームだけとなっていました。

シャワーは上に固定されており、温度調節が出来ません。

なので、浴びる時は頭からw

そして日本でもたまにある、お湯を出してるのに水に変わる現象…

基本的にはお湯が出てきますが、一度水が頭から降ってきて凍えそうになりました。

翌日はあったかかったので安心しましたが。

アメニティは固形石鹸(おそらくハンドソープ)のみでした。

歯ブラシやシャンプーなどは無いので、持参するか買う必要がありますね。

タオルですが、バスルームの床に置いておくと、取り替えてくれました。

小さいタオルとバスタオルがあります。

極端な言い方をしますが、全てにおいて、日本よりも質が少し下だと思っておくと良いかと思います。

日本は質にこだわる国ですからね。

プール付きのホテルがほとんど!

ケアンズではほとんどのホテルにプールが設置されています。

朝の8時〜夜の9時まで楽しめるので、早めにホテルに戻ってきても、プールで遊ぶことができます。

夜のプールは日焼けもしないし、人もいないし、とても楽しいですよ。

日本ではあまり味わえない経験ですしね。

ただ、2月(ケアンズは夏)に行ったにも関わらず、夜は割と涼しくなり、プールが寒いと感じることもありました。

とは言え、夜が早いケアンズでは、市内で夜遅くまで遊ぶのは難しいので、ホテルのプールで遊ぶのも良いかもしれません。

ティッシュが無いので要注意!

これはここのホテルだけなのか、それともケアンズという町がそうなのか分かりませんが、部屋にティッシュがありません。

日本では部屋にティッシュが無いなんてことは無いですよね。

ポケットティッシュを複数個しか持っていかなかった私たちは、ティッシュは貴重だったため、トイレットペーパーをティッシュ代わりに使いました。

いかに自分たちが日常的にティッシュを使っているか思い知らされます。

なんなら箱ティッシュを持って行っても良かったかもしれません。

トイレットペーパーはハウスクリーニングの時に、補充してくれます。
そこは安心です。

余談になりますが、トイレは便座が冷たいです。

また日本とは流すボタンもちょっと違います。

日本のトイレが世界から評価される理由が分かるような気がします。

WiFiやネット環境は揃っている

WiFiについては、ここのホテルについての話になりますので、ご注意ください。

このホテルでは、部屋までしっかりWiFiが行き届いています。
ポケットWiFiは本当に外にいる時だけの使用になりました。

最終日、グリーン島に行くためのバウチャーを、前日の夜に印刷したかったのですが、フロントの方にその旨を伝えると、パソコンルームまで案内してくれました。

しかもその日の帰宅は夜10時で、パソコンルームに行くと「夜8時まで」との貼り紙が…
すんなり案内してくれ、嫌な顔一つされなかったので、本当にフロントの方には感謝の気持ちでいっぱいです。

英語力の無さで、そのお礼をきちんと伝えられなかったのが、本当に情けないです。

WiFiに話をもどしますが、4泊中に一度だけ、WiFiの調子が20分ほど悪くなった時がありました。

まぁ日本でも良くあることですね。

その他、ホテルに付いてる設備やサービスは?

私たちは行かなかったのですが、レストランが付いています。

またルームオーダーも出来るようになっていますが、なんせオーストラリアは物価が高いのでおすすめはしないです。

長く滞在する方は、有料でコインランドリーも使えます。
お部屋によっては洗濯機があるお部屋もあるようです。

ベッドメイキングはしてくれますが、シーツの交換は有料となります。
暖かい地域ですが、天井についているプロペラみたいな扇風機とエアコンで快適に過ごせます。
なので、汗びっしょりで目が覚めるということもありませんでした。

雨季でも、日本よりカラッとしていて過ごしやすい印象でしたね。

市街地から遠い(とは言っても徒歩20分)ですが、またこのホテルに泊まりたくなるような素晴らしさでした。

そう思う気持ちの大半はフロントの方の対応ですが、きっと皆様もここに泊まれば、ケアンズの方々の暖かさを感じられるのではないでしょうか。

ケアンズ クイーンズランダーホテル

Cairns Queenslander Hotels & Apartments

続きを読む

【ケアンズ旅行⑤】海外旅行の飛行機!機内での過ごし方は?【ジェットスター航空】

こんにちは。
日本からケアンズまでは飛行機でおよそ7時間かかります。

他の国だと、もっとかかる場合もありますよね。

私が機内での過ごし方を甘く考えていたため、(ブログ用メモやLINEスタンプ作りをすればいいやー)、かなり長く感じました。

機内で、なかなか↑のようなことをやる気になれなかった…のです。

ということで、これを教訓に、機内での過ごし方について書いていきたいと思います。

とにかく寝てしまう作戦。

この作戦は、寝付きの良い方にはいいかもしれません。

割といました。
お食事もとらず、ずっと寝ている方…。

私は睡眠薬の処方を受けているのですが、効果がちょうど7時間ほどなので、良いといえば良いのですが、タイミングを図り間違え、結局睡眠薬は飲みませんでした。

長旅の場合、市販の睡眠導入剤などで早く寝てしまう方もいるようです。

確かに寝るのが一番時間稼ぎには良いですからね。

寝付きがもともと悪い人は、飛行機だと本当に寝れません。
私がそうだったので…。

横になっても寝付けないので、座ってる状態の睡眠はかなり厳しいです。

今更ながら、飛行機を乗る前に睡眠薬を飲んでおけばよかったと思っています。

音楽やオフラインゲームで遊ぶ。

音楽を聞くのが好きな方は、音楽を垂れ流しにしておくのが良いかと思います。

ジェットスター航空では、音楽も無料で聴けるのが限られているので、基本的に無音か、よく分からない音楽を聴くような感じになります。

また、ゲーム好きな方にオススメしたいのは、オフラインで出来るアプリをダウンロードしておくことです。

私は本当にそれを後悔していますw

今はスマホも機内モードというのがあるので、昔みたいに電源を落とす必要がないんですね。

ただ、大抵のゲームがオンラインでしか出来ない(私のやってるものは)ので、機内モードにしてしまうとエラーで遊べないw

脳トレ的なものや、オフラインなら何でも、何で遊びたくなるか分からないので、沢山ダウンロードしておくと良いと思います。

ちなみにソリティアなどもジェットスター航空の前画面にありますが、有料です。

いっそのこと、お金払ってやりたかった…w

趣味に没頭する。

読書が好きな方は本を持っていかれると良いかもしれません。

大きめな本や、複数の本を持っていくとかさばるので、小さめの文庫本をおすすめします。

私は多趣味にも関わらず、というよりも多趣味ゆえに、機内でやりたかったことがゲームになってしまい、絵を描いたり、ブログメモを書かなかったりしてしまいました。

絵を描くのが好きな方は、ご存知かとは思いますが、今はスマホでも割と繊細な絵が描けるので、スマホで絵を描いても良いですね。

なんにせよ、何もせずに7時間を過ごすのは辛いものがあります。

途中の食事が、時間潰しとしてありがたい感じになりますw

快適な空の旅を楽しむためにも、あらかじめ何かしらの暇つぶし用材を確保しておくことも大切です。

それでは、今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

【ケアンズ旅行⑥】ケアンズの早朝はどうやって過ごしたらいい?【4:30着】

こんにちは。
日本からケアンズに行く便は、現在夜の8:10発のみ。

ケアンズ現地時間で4:30頃の到着になります。

さて、こんな早朝に着いて、一体どうしたら良いものか?

今回はケアンズ初日の、早朝の過ごし方についてです。

アーリーチェックインを使う。

私はアーリーチェックインを最もおすすめします。

アーリーチェックインとは、前日分の宿泊代を払うことで、着いたらすぐにお部屋に通してもらえます。

HISで行くと、到着後に説明会があるため、解散は7:30頃になります。

通常チェックインは14:00か15:00なので、それでもなかなかしんどいところではありますよね。

ホテルによっては、荷物だけは預かってくれたり、場合によってはお部屋が空いていれば案内してもらえる場合もあるようです。

ただ、私たちは、もしもに備え、アーリーチェックインにしました。

トランクケース引きずりながらの行動は避けたかったため…。

部屋に荷物を置き、ちょっと休憩をした後に、着替えてから、外に出ることにしました。

もちろん仮眠をとることも出来ます。

部屋が確保されているというのは、案外ありがたいことで、いつでも戻ってこれるし、私たちは冬に行ったので、日本の薄着でもケアンズでは暑いため、着替えられるのは助かります。

ケアンズはカフェなどが早くて8:00から開くところがあります。

いずれにせよ、4:30から空いていることはないので(HISなどを使ってない方は特に)、アーリーチェックインで、ひとまず居場所を確保するのも良い選択だと思います。

週末に着くなら「ラスティーズマーケット」で時間稼ぎ

2018.3の情報ですが、週末にだけ開かれるラスティーズマーケットという市場があります。

金曜日、土曜日は5:00-18:00。
日曜は5:00-15:00。

私たちはたまたま日曜日着だったため、HISの説明会が終わった頃には、ラスティーズマーケットが開いていました。

ラスティーズマーケットについては、また別記事でご紹介しますが、露店などもある、青果市場です。

野菜や果物がズラッと並んでいて、というより積み上げられていて、しかもとても安いんです。

※カードが使えないので、ドルをお忘れなく。

露店では軽食やアクセサリーなどが売られているので、腹ごしらえも出来ます。

ここで10:00頃まで時間を潰せれば、ちらほら他の店が開き始めます。

平日着の方は使えない時間の潰し方ですが、週末に着く方は、早朝関係なく行っていただきたいくらい面白いですよ。

早朝からのオプショナルツアーに申し込む

ケアンズでは、早朝向けのオプショナルツアーがあります。

着いたあと、そのままコアラを抱っこしに行ったり…というか私はそれしか知りませんがw

もう少し待てるなら、大体のオプショナルツアーは、朝8:00とかにホテルにお迎えが来ます。

そこまで時間を稼げれば、チェックインの時間を越えるまでツアーを楽しめます。

気力にもよるとは思いますが、そこまでおすすめはしません。

飛行機で熟睡するのはなかなか難しく、かなり疲労感が溜まった状態での初日になります。

せっかくの旅行なので楽しみたいのも当然ですが、あまり無理はなさらない方が良いです。

ホテルのロビーで待たせてもらう

稀にそのような方がいるようです。

一応大体のホテルがWiFi環境にあるため、時間を潰すのにスマホを使える環境なので、どうにかなるのかもしれませんが、それならアーリーチェックインで寝てた方が良い気もします…。

HISなら解散時間が7:30なので、待てば少しずつ店も開き始めるとは思いますが、純粋に到着したあとだと、4:30からなので、先は長いですよね。

ならまだ、外に出てみた方が良いような気がします。

ケアンズ市内を探索する

ケアンズでは、早いカフェだと8:00頃から開いているようです。

ただ、これは私がネットで得た情報で、もしかしたら、もっと早朝から開いてるお店もあるかもしれません。

開いてなかったとしても、なんのお店なのか、行ってみたい場所を探してみるのもありです。

コンビニは24時間のところもあるので、軽食を買って、エスプラネードラグーン(プール)に行って、ベンチなどで景色を見ながら食事を摂るのも良いかもしれません。

ただ、どんなにゆっくり歩いても、ケアンズ市内を見回れるのは3時間が限界です。
見尽くしてしまいます。

ケアンズはとにかくゆっくり時間が過ぎます。

狭い街なので、何かして何かして…を繰り返しても、予定より早く済んでしまう事が多いです。

でも、日本とは違った見慣れぬ風景が沢山広がっています。

写真を撮るのにも、とても綺麗な景色ばかり。
街の探索も楽しいかもしれません。

飛行機はなかなか疲れるものです。
早朝を快適に過ごすことも、楽しい旅に繋がります。

逆に「こんな過ごし方もあるよ」なんて意見があれば、ぜひコメントを頂けると光栄です。

それでは閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

【ケアンズ旅行】全般性不安障害&パニック障害でも飛行機に乗れた話【番外編】

こんにちは。
ハネムーン、ケアンズに行ってまいりました。

全般性不安障害パニック障害の私がハネムーンにおいて、一番恐れていたもの。

それは「飛行機」でした。

でも私、ちゃんとケアンズに行けました。
つまり飛行機に乗れました。

飛行機までの高速バスも乗れました。

そんな私の体験談を、ぜひ同じような悩みを持った方に聞いていただきたく、記事を書くことにしました。

今、「修学旅行」があったら、行けないなと沈んでいた日々

学生の頃、バスや飛行機に乗って、修学旅行に行ってた私。

唐突に訪れた病気によって、私はたった三駅の電車でさえ、各駅停車に乗るようになりました。

その三駅、快速に乗るのが怖かったからです。

あれから数年、美容室にも行かなくなりました。
おかげで髪を切るのは得意になりましたが。

プラネタリウムに入って、こんなにも私は脆いのかとゾッとしたこともありました。

時間や空間に、拘束されることが本当に怖かったのです。

もしもここでパニックを起こしたら?

そう思ったら、パニックを起こすことを恐れてしまったら最後。

頭の中はそれでいっぱい。

きっと私は、この先、生活に制限を設けないと生きていけないのだと、諦めていました。

飛行機に乗るための準備

それは至ってシンプルなことで、ただ薬を手元に置いておくこと。

と言っても、入国審査があるので、薬は手荷物にいれることになるのですが。

私は頓服でパニックを抑える薬を飲んでいます。

基本的に、一日一回で効果は続くものですが、私の場合、症状が現れる時は、薬を飲んでても現れるので、頓服で飲んでいます。

それでもハネムーン当日は、高速バスに乗る前、飛行機に乗る前、予防として二回飲みました。

結果論ですが、飛行機の中では飲まずに乗り切れました。

どうしても不安な方は、空港のチェックインの際に、病気のことを伝えておくと、フライトアテンダントの方が把握しててくれます。

私はHISで申し込んだのと、ハネムーンが万が一の万が一で行けなくなったら嫌なので、病気のことは伏せておきました。

最悪、パニクったらそれはそれで…と思ったので。

結局、薬も大切ですが、一番大切なことは「心構え」だと思うのです。

飛行機に乗る時の心構えは?

今の私は、快速電車やバスがあまり怖くありません。

恐らく美容室も行けるような気がします。

「どうしよう」と思っていた日々。

「どうしよう」をやめました。

開き直ることにしたんです。

どうせ私は、パニックを起こすから、と。

知らない人たちのあいだで、倒れることがあるかもしれない。

何か迷惑をかけるかもしれない。

でも、それは仕方の無いことなんだと。

私は「ウェルカムパニック」状態で飛行機に乗ったんです。

なるならなれば?
別に死ぬわけでもないし、時間が経てば落ち着くし。
薬だって持ってるし。

ふと、不安が頭によぎるたびに、「なるならなれば?もういいや」と腹を括りました。

誰かに理解なんてしてもらわなくてもいい。

誰に何を迷惑かけても、後でお礼を言えればいい。

健康とは言えないこの身体を、私はよく分かってるから。

開き直るくせをつけてから、割と細かなことは怖くなくなったのですが、飛行機もそれで乗り切ることが出来るとは、正直思ってはいませんでした。

一時間経つたびに、なんだ大丈夫じゃんと励まし、そのうち、「このまま寝れるかな?」なんて、一般人っぽい欲まで持ってみたり。

開き直ることが全てだとはいわないけれど、昔よりも強くなれたような気がします。

自分は病気なんだとふさぎ込んで、相手に理解を求めようとしてた日々よりも、今の方がずっと楽です。

理解してもらうことは諦めて、開き直ることを優先した方が、病状も良くなってるように感じます。

一つ一つが自信になる

飛行機に乗れた時、私の中で世界が広がりました。

7時間の旅が、私に勇気をくれました。

それはとてもあっけなかったけれど、ただ、「出来た」ということなだけだけど、私にとっては大きかったんです。

快速が余裕で乗れた時も嬉しかった。

バスに乗れた時も嬉しかった。

人混みにいられた時も嬉しかった。

でも、飛行機に乗れたことで、私は病気が治るような気さえしました。

25で発症してから6年が経ちます。

薬が増えるたび、悲しくなっていました。

薬が効かないたび苛立っていました。

でも、医者は薬をくれるのだから、辛い時は薬を使えばいいや、とまた開き直りです。

いつ減るか、いつやめられるか、そんなことを考えるのもやめました。

また手が震えた、また動悸がした、また冷や汗が出た…

そんなのも、気にしないことにしました。

気にすると全部が悪い方にいくんです。

私にも出来たんだから、あなたにもきっと出来ます。

私もまだまだ完治はできていませんが、少しずつ一緒に頑張っていきましょう。

※病状が重い方は決して無理をせず、主治医の方に相談してくださいね。

それでは、今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

【ケアンズ旅行②】HISでの海外旅行の申込。口コミ、評判は?

こんにちは。
海外に行くとなると、初めての方は緊張しますよね。

日本へのツアーとはまた違うんじゃないか?と不安になることもあるのではないでしょうか。

今回は、HISの口コミも含め、申し込みの流れ、実際の私が感じたことなどを書いていきます。

気になる!HISの評判、口コミは?実際のところは?

こんなことを言うのもなんなのですが、HISの口コミをネットで検索すると、とても評判が悪いです。

私が検索したのは、申し込みをした後だったので、本当に大丈夫なのかと不安になってしまいました。

ただ、よくよく調べてみると、旅行関係の会社は、HISに限らずどこも何かしら悪い口コミが目立ちます。

HISは主に、店舗での対応やトラブルの対処法での評判が良くなかったです。

そして実際のところですが、私が申し込んだのはネットなので、実店舗での対応については分かりません。

が、ケアンズ店のHISの方の対応は丁寧で良かったです。

HISの方とは、ケアンズ空港に着いてから初めてお会いしましたが、とても気さくでしたし、何も悪い印象を受けませんでした。

トラブルについての対処ですが、私たちは旅の中において、特にトラブルも無かったので、スムーズに旅が出来ました。

ちなみにですが、「オプショナルツアーを申し込んだ時、待ち合わせ時間に10分経っても来なかったら、すぐに連絡する。10分以上は待たない。」ということを教えてくれたのは、HISさんです。

HISはどこよりも格安かと思いますが、特に対応が悪いとか、手を抜いているという印象は受けませんでした。

ホテルにも満足はしているのですが、おそらくホテルのランクが低いところが多いのかも?

JTBなどのツアーも見ましたが、ホテルが立派なんですよね。
HISでは、そういう感じはあまりありませんでした。

ただ、結果としてですが、私は用意されたホテルにとても満足しています。

「二度と利用しない」といった口コミもありますが、私はおそらく、また利用すると思います。

まだ何かしらのトラブルにあってないというだけなのかもしれませんが。
とはいえ、ほかの大手企業でも、手配ミスなどトラブルはあるようです。

トラブルに巻き込まれるかどうかは、運にも寄るのかなぁなんて思ったりします。

HISで海外旅行ツアーをネットで申し込む

HISで海外旅行のツアーを申し込むのは簡単です。

検索画面も分かりやすいですし、検索結果の並び替えも簡単です。

私はケアンズを行き先にし、安い順で検索をかけました。

ケアンズのツアーでは、基本的にホテルはスタンダードクラスのものが多いです。

そしてほんの少し、スーペリアクラスのホテルがあります。

若干の値段の違い(4泊6日で1万程度)はありますが、私たちは、スーペリアクラスのホテルにしました。

HISでは基本的にジェットスター航空での旅がほとんどとなりますが、パッケージツアーの場合、「アイマスク、耳栓、ブランケット、ネックピロー、機内食、靴下、歯ブラシ」が付いてきます。

上記のものは有料オプションとなっているので、ありがたいですね。

HISにおいて表示された金額のまま、ツアーを申し込もうとする場合、復路送迎(帰りの空港までのお迎え)、並び席、海外保険、アーリーチェックインが含まれていません。

海外保険と並び席は外したくないところですよね。

ケアンズは朝方4:20頃の到着となるので、アーリーチェックインもあっても良い気がします。

ただ、ケアンズについた後、HISラウンジ(ケアンズ市内のオーキッドプラザ内)に移動をし、説明を受けるので、7:30頃の解散となります。

説明後、私たちはアーリーチェックインだったため、個人的にホテルに送ってもらいましたが、他の人達はアーリーチェックインをしている人達は少ないように感じました。

みんなどうやって過ごしたのかしら?

少し話が逸れてしまいましたが、HISのネットでの申し込みは、少しばかり不安な部分があります。

基本的に全てネットかメールでのお知らせでの確認になるため、郵送物や電話連絡はありません。

お知らせを確認しておけば、特に何かを見逃すことはないのですが、日程表も、HISのマイページ内にPDFで用意されます。

日程表の中の成田空港の集合場所が「第3ターミナル、ジェットスター航空チェックインカウンター」と書かれていたのですが、「チェックインはご自身でお願いします」とも書かれていて、これは成田空港にHISの人が来てるのかどうなのかが謎でした。

結果的には、誰も居らず、成田空港を経つ際には、自分自身でチェックイン等を済ませる必要がありました。

そのへんはちょっと分かりにくかったですね。

ツアーにもよるかと思いますが、基本的に現地についた時、現地から帰る時、がHISのサポート場面になるようです。

添乗員付きのものもあるようですが、ない場合は、自分たちだけで、成田空港から出発し、帰りはケアンズ空港から成田まで戻ります。

ホテルの詳細なども、ケアンズについた後の説明会で、冊子が配られます。

なので、ケアンズ空港につくまでは、あまり詳細が分からないような感じになります。

ケアンズに着いてしまえば、市街地にHISラウンジがあるので、そこへ直接行き、質問をすることも出来ます。

ちなみにですが、ポケットWiFi貸し出しやVISA取得代行なども有料ですが行ってくれます。

他記事で触れたいと思いますが、ポケットWiFiについては、ベルトラのポケットWiFiが1番お得だと思います。

下記のオプショナルツアーの中に、ポケットWiFiもツアーとして含まれています。

▪️

オプショナルツアーもHISでは取り扱っています。

こちらも別記事にて書きたいと思いますが、オプショナルツアーは、他で頼むことをおすすめします。

HISはオプショナルツアーが高いです…。

不安な方は最初からオプショナルツアーが含まれているツアーを選ぶのもありかと思いますが、安い所でオプショナルを自分たちで入れて行く方がコスパは良いです。

結果的には、海外保険(1人4500円ほど)、と並び席(1人3500円)、そして私たちはアーリーチェックイン(1人10000円←スーペリアクラスの場合)、復路送迎(1人3500円)を追加した形になりました。

復路送迎はいらないかと思われます。
タクシーの方が安いです。

オプションの追加で27万程度でした。

細かい金額は、また別記事にでも書きたいと思います。

HISでの旅行において、何か不満などは一切なく、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

それでは、今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

【ケアンズ旅行③】ケアンズに行く時の持ち物リスト【4泊6日】

こんにちは。

ケアンズに行かれる方の持ち物リストをまとめてみました。

絶対に持っていくべき必需品

忘れたら渡豪出来ないものや、現地では調達しにくいものは、必ず持っていった方が良いです。

パスポート

パスポートを忘れてしまう方、実は結構多いようです。
パスポートは、絶対に海外に行くのに必要なものなので、忘れてはいけません。

念の為に、コピーもとっておきましょう。

海外保険証券

海外保険は必ず入っておきましょう。
旅先で何があるかは分かりません。

コピーもとっておくと良いです。

変換プラグ

オーストラリアのコンセントはO型といわれる差し穴になっています。

変換プラグは、100円ショップでも手に入ります。

変圧器

オーストラリアでは240Vの電圧が流れています。かなり高圧ですよね。

日本の電化製品は基本的に、240Vの電圧に耐えられません。

ですが、プラグに「100-240V対応」と記載されているものは、変圧器なくても大丈夫です。

日本円

ケアンズはほとんどクレジットカードで間に合います。

自動販売機もクレジットカードが使えます。

私たちが行った中では、ラスティーズマーケット、グリーン島のランチ、ロッカーの使用くらいでしか現金は使いませんでした。

4泊の旅行で換金をしたのは1万円だけです。

オプショナルツアーをどのタイミングで申し込むかにも寄りますが、単純に食費やお土産に現金を使うのであれば、5万前後くらいで良いのではないかと思います。

ドル

ドルは、現地でも換金して手に入れることが出来ます。

ケアンズ空港でも換金は出来ますが、空港は換金率があまり良くないので、ドルを少し持っておくと良いです。

私たちは二月に行ったので、季節が真逆だったため、空港についてから、ケアンズの暑さに喉が乾いて、飲み物を買いました。

私は昔のドルが残っていたのでドルで支払いましたが、クレジットカードでも買えたかもしれません。

筆記用具

筆記用具は、飛行機の中で、入国リストを書く際に使います。

ボールペン一本でも構わないので、持っておいた方が良いです。

スマホ(携帯)充電器

スマホ充電器は、必ず持っていきましょう。

現地調達も出来なくはないと思いますが、物価も高いので、自分で持っているものは持っていくに越したことはないです。

その他充電器類

例えばアイコスの充電器のような、オーストラリアに普及されていないものの充電器は必ず持っていきましょう。

コンタクトレンズ・眼鏡

何があるかわからないため、予備のコンタクトレンズも持っていった方が良いです。

眼鏡も忘れないようにしましょう。

コンタクト保存液

コンタクトレンズが必要な方は保存液も忘れないようにしましょう。

医薬品

普段使うような、頭痛薬・胃薬など、そして船やバスに乗る予定のある方は、酔い止めも持っていきましょう。

処方薬を貰っている方は、お医者さんに頼んで、英語の紹介状を書いてもらった方が良いです。

あった方が良いもの

自分のニーズに合わせて、必要であれば持っていった方が良いものです。

モバイルバッテリー

機内や外にいる時などに使えます。

また、ポケットWiFiを使う時にも使えます。

ポケットWiFi

ネットを使う方はポケットWiFiを必需品です。

ホテルにもWiFiが繋がっている事がありますが(私たちのホテルは部屋でも使えました)、ロビーでしか使えない場合もあります。

外でネットを使う時には、ポケットWiFiが必須になります。




日焼け止め

現地でも調達出来るとは思いますが、日本から持っておいた方が良いものです。

ちなみに日本から持っていかない場合は、現地で必ず持っていきましょう。

ちょっと散歩するだけでも、かなり日焼けします。

パスポート入れ

首から下げるタイプや、防水のものもあります。

私たちはカバーに入れて持ち歩いていましたが、首から下げて服の中に入れておくのがベターなようです。

タオル・バスタオル

海やプールに行く時に必要になります。

爪切り・カミソリ

滞在日数にもよりますが、身だしなみグッズは持っていても良いでしょう。

あると便利なもの

日本のホテルでは当たり前にあるものが、ケアンズにはないというものがあります。

歯磨きセット

一応HISではジェットスター航空での歯磨きセットがありますが、使い慣れたものを持っていった方が良いかと思います。

ホテルにある場合もありますが、私たちのホテルにはありませんでした。

シャンプーセット

ホテルにあったのは、固形石鹸(ハンドソープ?)でした。

試供品のような小さめなシャンプーセットがあると良いです。

ポケットティッシュ

どこのホテルもそうなのかは分かりませんが、お部屋にティッシュがありませんでした。

ティッシュって意外と使うんですよね。

外で使う予定で少しだけ持っていきましたが、室内にティッシュがないのは衝撃的でした。

ビニール袋

使った下着や、濡れた水着などを入れておくのに必要です。

ちなみにケアンズは、割と色んなところにゴミ箱があります。

なので、ゴミを持ち歩く機会は少ないです。

衣類等

基本的に暖かいのがケアンズですが、羽織るものも持っていきましょう。

Tシャツ・半袖・タンクトップ

4泊の場合、洗濯を視野に入れていない場合、着替えも考えて持っていくと良いです。

ちなみにコインランドリーが付いているホテルが多いです。

カジノやレストランに行く予定がある方は、ポロシャツやラフすぎない服も持っていきましょう。

パーカー・長袖

夜や朝方に冷えることもあります。

日焼けをしたくない女性は薄手の長袖があった方が良いかもしれません。

ハーフパンツ・スカート

日本の冬に行くと、ケアンズは真夏です。

風通しの良い短めのパンツがあると過ごしやすいです。

ジーンズ・チノパン

私としてはジーパンよりもチノパンをおすすめします。

長ズボンはあまり履く機会がないと思うので1着あれば十分です。

ドレスコードがあるところに行く場合のことを考えるとチノパンの方が無難です。

下着

下着は滞在日数+2枚くらいあると良いです。

リアルな話?ですが、パンツは多めにあっても良いです。

案外暑いのと、ホテルのプールを使ったりすると、下着も変えたくなります。

くつ下

次に書きますが、靴を持っていった方が良いので、靴下も忘れないようにしましょう。

カジノでは男性のサンダルがグレーゾーンです。

また、オプショナルツアーで運動靴の方が良い場合もあります。

サンダル

暑いので、基本はサンダルが良いです。

クロックスはおすすめしません。
意外と足が疲れます。

軽くて良いのですが、私は本当にクロックスの疲労に悩まされました。

帽子

頭皮も日焼けをします。
頭の皮が剥けるので、帽子があった方が良いです。

水着

ケアンズではラグーンプールが無料で入れるので、気軽に使用できます。

また、ホテルにもプールが付いている場合が多いので、水着は持っていった方が楽しく過ごせます。

サングラス

ケアンズの紫外線は3〜5倍と言われています。

目を守るためにもサングラスがあると良いです。

女性向けの持ち物

女性は何かと必要なものが多いですよね。

案外忘れがちなものもあるので、まとめてみました。

生理用品

生理の時期に当たる方は、ナプキンの他にもタンポンがあると便利です。

化粧品

コンタクトケースや小さなケースなどに、下地やリキッドファンデなどをいれていくと、荷物が小さく済みます。

スキンケア用品

日焼けしたあとなので、スキンケアはしっかりしましょう。

試供品にしておくと、荷物が小さく済みます。

メイク落とし・洗顔料

こちらも試供品サイズをおすすめします。

ヘアアイロン

私は持っていきませんでしたが、ヘアアイロンを使用する方は持っていきましょう。

ドライヤーはホテルに付いている場合もあります。

ちなみにですが、ケアンズの気候的に、ちょっと放置しておくと、髪の毛がすぐ乾きますw

ズボラな私は自然乾燥で過ごしてしまいました。

その他、自分の中で必要なものは忘れないようにしましょう。

意外と荷物は多くなるものです。
必要最低限のものに抑えておくことをおすすめします。

忘れ物をして、複雑な旅にならないように、持ち物チェックは忘れずに、楽しい旅をお楽しみください。

何か「これも必要なんじゃない?」とあうものがあれば、コメント頂けると嬉しいです。

それでは、閲覧して頂き、ありがとうございました。

続きを読む