ネイル

ホワイトとピンクのマーブル柄ネイルのやり方

こんにちは。
今回は季節関係なく、シンプルで使いやすいネイルを作っていきます。

マーブル柄のやり方は沢山ありますが、出来る限り簡単に作れる方法を考えてみました。

それでは早速作っていきましょう。

ベースとなる色を塗る。

今回のネイルでは、親指から小指まで、ホワイトベースとピンクベースを交互にしていきます。

割と淡い色を使っているので、マーブル柄もそんなに目立つマーブルではありませんが、使いやすいシンプルな柄になります。

次に、ピンクベースの上にはホワイト、ホワイトベースの上にはピンクを乗せていきます。

ドット状に乗せ、S字を書いていく。

ベース色を塗り、未硬化の状態のままマーブル色をドットで置いていきます。

上記のドットをS字を書くように伸ばしていきます。

1度じゃなく、何度もS字を書き、自分が気に入る形にしていきます。

トップコートを塗れば完成です。

とてもシンプルではありますが、使いやすいカラーだと思います。

マーブル柄は好きなので、もっと簡単に可愛く作れる方法を模索していきたいです。

それでは、今回も閲覧していただきありがとうございました。

ホワイトとピンクのマーブル柄ネイル by chibi-iyokan ハンドメイドマーケットminne

【ホワイトとピンクのマーブル柄ネイル】ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス Creema

続きを読む

トロピカルカラーでハワイアンな夏ネイルに挑戦!

こんにちは。
今回は夏らしい、トロピカルでハワイアンなイメージのネイルに挑戦です。

トロピカルカラー3色をイメージカラーに。

まず必要なものはこちら。

ベースジェル
クリアジェル
カラージェル(黄、ピンク、グリーン)
カラージェル(ホワイト)
トップジェル
大きめのストーン
カラーストーン(黄、ピンク、グリーン)

今回のネイルでは、ホワイトでヤシの木を描きます。

白が映えるような色で、トロピカルカラーを3色決めると良いかと思います。

黄色の代わりにオレンジ、グリーンの代わりにブルーなんていうのも可愛いかもしれませんね。

ヤシの木のイラストは、人差し指と薬指の二本に描きます。

残りの3本は、単色塗りをしていきます。

私は2度塗りしました。

左から順に、親指、中指、小指になります。

単色のままでも良いのですが、ネイルの色に合わせたストーンを置くと可愛いですよ。

3本はこれで完成です。

それでは、残りの2本にまいりましょう。

3色ボーダーの上にヤシの木を描く。

ここから一気にトロピカル感を出していきます。

最初に選んだ3色で、ボーダーにしていきます。

線の境目はぼかしても可愛いし、くっきりさせても可愛いです。

ここにホワイトのカラージェルで、ヤシの木を描いていきます。

上からトップコートを重ねていけば、完成です。

ハワイアンカラーのサマーネイル by chibi-iyokan minne

【カラフルなハワイアンカラーネイル】ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス Creema

皆様も是非、夏にぴったりなサマーネイル、お試しくださいね。

それでは、今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

シェルパウダーを使ったカラフルネイルの作り方

こんにちは。
最近ネイルにハマっている私ですが(いつも何かにハマってるw)、今回はシェルパウダーを使ったネイルを作っていきます。

手が込んでるように見えるけれど、実は簡単に作れてしまいます。

ベースジェルを塗ったら、ホワイト系のベースを塗る。

まず、材料はこちら。

お好みのシェルパウダー
クリアジェル
カラージェル(ホワイト系)
トップジェル
ベースジェル

私が使用しているネイルチップは、ナチュラルなものなので、ほんのり白い色がついています。

なので、透明なジェルを塗っても、上のような感じになります。

クリアチップの方は、お好みですが、この後のホワイト系のベースを塗る際に、透けない程度までは色を重ねておくと綺麗に見えます。

ちょっと分かりにくいですが、私はパールホワイトを塗りました。

これで下準備は完了です。

クリアジェルを塗り、シェルパウダーを真ん中に散らす。

クリアジェルを塗った後、お好みの色のシェルパウダーをネイルの上に散らしていきます。

硬化させるまでは、シェルパウダーの位置を移動させることが出来るので、結構ダイナミックに乗せてしまっても大丈夫ですw

自分の納得できる位置にシェルパウダーを配置したら、硬化します。

更にその上からクリアジェルを塗り、最後はトップコートで仕上げれば完成です。

シェルパウダーのネイル

是非、お試しください。

こちらのネイルは、クリーマーとミンネで販売しています。

【シェルパウダーを使ったサマーネイル】ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス Creema

シェルパウダーを使ったサマーネイル by chibi-iyokan ハンドメイドマーケットminne

続きを読む

【ジェルネイル】タイダイ柄ネイルのやり方【セルフで簡単】

こんにちは。
前回はグラデーションネイルを作りましたが、今回は「タイダイ柄」のネイルを作っていきます。

難しそうな柄ですが、意外と簡単に出来てしまいます。

まずはベースコートで表面を整える

写真のネイルチップスタンドは、100均の5個入りフックを使ったものです。

親指・中指・小指をタイダイ柄に、人差し指・薬指をラメネイルにしていきたいと思います。

使う色を決めたら、ベースとなる色を塗る。

今回は夏らしく、白とブルーとグリーンのタイダイ柄を作成していきます。

ベースの色は、一番明るい色を選ぶと綺麗なタイダイ柄にまとまりやすくなります。

今回の場合は白ですね。

白を満遍なく、全体に塗っていきます。

使いたい色を大きめなドットで置いていく。

白、ブルー、グリーンの3色を使っていきます。

先ほどのベース色を塗ったネイルに、ドット状で色を乗せていきます。

色を筆先で叩きながらぼかしていく。

ちょっとぼかした後、筆を拭いて、S字に線を引くような感じにするとまとまる感じがします。

タイダイ柄はこれで完成です。

次は人差し指と薬指のラメネイルの作成です。

クリアジェルとラメを混ぜる。

今回は、タイダイ柄に合わせて、水色と黄緑のラメを混ぜ合わせました。

クリアジェルの他にもパールホワイトのジェルも混ぜています。

ラメジェルを重ねていく。

混ぜ合わさったラメのジェルを、2~3度塗りします。

私は3回塗りました。

仕上げにトップコートを塗る。

コレだ、というネイルが出来上がったら、トップコートを重ねていきます。

これで完成です。

このネイルチップや作ったネイルチップはクリーマーとミンネで販売しております。

クリーマー「ブルーとグリーンのタイダイ柄サマーネイル」
minne「ブルーとグリーンのタイダイ柄サマーネイル」

セルフネイル楽しいですね。
タイダイ柄はとても好きです。

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

【プチプラ】ジェルネイルで桜色グラデーションネイル【ネイルチップ】

こんにちは。
せっかくプチプラのジェルネイルを購入したので、ネイルチップ作成です。

今回作るのは、シンプルな桜色のグラデーションネイル。

それでは作っていきましょう。

ネイルスタンドにネイルチップをセットする

ネイルチップに色を塗る際に、固定するものがあると便利なので、ネイルスタンドを用意します。

と言っても、ネイルスタンドは無いので、筆を置くスタンドに両面テープを付けて、無理矢理作成。

これだと親指の様な大きな爪は、結構揺れます。

でも何も無いよりはマシなので、これでとりあえずいきます。

ベースの色を塗っていく

今回使うのは、ストロベリーシロップというカラーです。

透け感のある、ピンクのジェルです。

透けてるのもあり、結構薄づきですが綺麗な色ですよね。

30秒仮硬化して、また同じ色を重ねていきます。

今回は仕事や学校でも使いやすい色にしたいなと思っています。

グラデーションにしていく

爪の先から3分の2に部分に、同じ色を重ねていきます。

写真だと分かりにくいですが、ほんのり色が付いています。

今度は3分の1の部分に色を重ねていきます。

今度は6分の1の部分に色を重ねていきます。

いい具合にグラデーションになりました。

ストーンを乗せていく。

人差し指と薬指にワンポイントでストーンを乗せていきます。

ストーンを付けたら硬化し、ジェルを二度重ね塗りします。

私は最後の効果の時だけ、90秒硬化をしています。

未硬化ジェルを拭き取る。

プチプラのトップコートは拭き取りが要らないものですが、カラージェルやクリアジェルは未硬化ジェルが残ります。

クレンザープラスを使用して、未硬化ジェルをしっかり拭き取っていきます。

完成です。

もっと様々なネイルをやっていきたいですね。

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

【プチプラ】ジェルネイルスターターキットを買ってみた【口コミ】

こんにちは。
ずーっとやりたいと思っていたジェルネイル。

飽きっぽい私には、割と大きな買い物で手が出せないと思っていたんですが、プチプラでかなりお買い得なジェルネイルスターターキットがありました。

その値段は、送料無料で4,780円。

一体何が入っているのか、中身を詳しく見ていきましょう。

ジェルネイルスターターキットに入っているもの【287点】

まず、プチプラのジェルネイルスターターキットはこちら↓

UV・LEDライト(9w、15w、24w)

UV・LEDライトはワット数が三種類あります。

24wは新作のようなので、私は24wを選びました。

プチプラネイルキットのLEDライト

15wだとハート型、9wだとドーム型です。

24wは、人感センサーとタイマーが付いています。

イマイチ素人の私には何が良いのかは分からないのですが、24wだと固まりやすいようです。

そしてタイマーが付いていると、付け爪やレジンなどを固めたい時に、人感センサーが反応してくれない場合、ボタンでライトを当てられるので便利なんだそうです。

なるほど。

付け爪にネイルをしてみたいという気持ちもあるし、レジンアクセサリーも興味があるので、これは嬉しいですね。

ジェルネイル10色(好きな色)

自分の好きな色を230色の中から10色選べます。

選ぶのに困ってしまいますねw

私は、白・ピンク・黄・緑・青を満遍なく選びました。

ジェル同士やアクリル絵の具を混ぜることで、新しい色を作ることも出来るようです。

慣れてきたら試してみたいな。

ちなみにこのジェルは、ライトで固めた際に未硬化ジェルが残るようですが、拭き取らないままトップコートを乗せて良いみたいです。

そして、筆の跡などもしばらくそのままにしておくと、自然に滑らかになっていくのが特徴のようです。

しっかりそのへんを頭に入れておかないとですね。

トップコート

こちらは拭き取り不要の未硬化ジェルが残らないタイプ。

拭き取り不要というのはかなり魅力的ですね。

クリアジェル

長さ出しにも使えるクリアジェル。

爪が伸びているかのように見せかけることができます。

自爪を伸ばすのは、洗い物とかで折れるし、嫌だけど・・・長さ出しはあまりやらないかも。

他にもカラージェルの上から重ねて使います。

ジェルブラシ5本セット

大小様々な筆が、五本セットになっています。

なんだかネイルアーティストっぽいですね。
素敵です。

細かい柄とか可愛く書けるようになれたらいいな。

楽しみが膨らみます。

アセトンリムーバー

ジェルネイルのオフに使うものです。

以前、友人にジェルネイルをしてもらったことがありましたが、自然にペロンと剥がれました。

爪は傷むけど、素人がやると結構ペロンと剥がれてしまうようです。

本当はこういうリムーバー使うのが良いのでしょうけどね。

クレンザープラス

未硬化ジェルの拭き取りや、筆の洗浄に使います。

甘皮カッター・甘皮プッシャー

甘皮をカットしたり、甘皮の下の汚れを落とす時に使います。

甘皮の無い爪って、私的に痛そうで怖いんですよね。

とはいえ取らないと根元が汚くなるし・・・。

ベースジェル

ジェルネイルのベースコートになります。

スターターキットというだけあって、ホントにきちんと揃ってますね。

ウッドスティック等の小物、9種類

ジェルネイルをするのに便利な小物たちも沢山入っています。

ネイルフォーム
・・・長さ出しで使うもの
ウッドスティック
・・・はみ出したジェルを拭き取ったり、パーツを装着するもの
バッファー
・・・爪ヤスリみたいなもの
フットセパレーター
・・・足の指を広げてくれるもの
ワイプ
・・・未硬化ジェルの拭き取りに使うもの
ネイルスティック
・・・グリッターやジェルをかき混ぜるもの
ブラシホルダー
・・・筆を立てられるホルダー
ジェルオフカバー
・・・ネイルオフの際に使用するもの
説明書
・・・このキットの説明書です

あると便利な小物たちが揃っていて良いですね。

沢山の種類のデコパーツたち

使うかどうかはさておき、沢山のデコ素材が用意されています。

グリッター→12色
ホログラム→6色
アクリルストーン→12色
アクリルパール→12色
ネイルシール→1枚
高品質ガラスストーン→25個
ドライフラワー→1シート
メタルパーツ→45枚
ネイルパーツ→4点
ネパール系ストーン→20個
大理石風ストーン→20個
デコパーツ→36点
ネイルミキシングシート→1冊

シートの代わりにアートマジックペンが入っている場合もあります。
(指定は出来ません。)

アートマジックペン、便利なんですよね。
ストーンやパーツに触るだけでくっついてくるんです。

細かい作業をするのに、これは嬉しいですね。

ジェルネイル研究計画

様々なことにトライしている私ですが、何分飽き性なもので、なかなか続きません。

(ただ今、自己管理表で自己管理中w)

そんなことは良いのですが、ネイルは昔から好きでした。

でもマニキュアだとやれないことって、沢山あるんですよね。

何より完全硬化は遅いくせに、半端に固まるのは早いし。

やってみたいデザインが沢山あるんです。

色々練習していけたら良いなと思っています。

私がやりたがるデザインって、やり方調べてもなかなか見つからなくて。

だから、練習の際にはまた、記事に書かせて頂きますね。
(ネイルそのものができそうだったらw)

キットの中身を使ってみた感想なども、その都度載せていけたらと思っていますので、ぜひ、また記事を読んで下さると嬉しいです。

プチプラのジェルネイルスターターキットはこちら↓

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

100均のネイルシールでネイルアートを楽しもう!

こんにちは。

皆様はネイルシールというものをご存知ですか?

100均でも手に入るネイルシール。

今回は、それを使って、ネイルアートに挑戦してみました。

ダイソーに売っている和柄のネイルシール

ダイソーに限らず、セリアにもネイルシールは売っています。

柄も様々で、可愛いものが沢山あります。

私が今回購入したのは、和柄のシールと同じくダイソーに売っている爪ヤスリ。

img_2224

時期がお正月間際ということもあり、派手にしてしまおう!と思い立ったのです。

百均のものなので、あまり期待はせず、挑戦していきたいと思います。

使い方は簡単で、爪ヤスリをかけた後、シールを貼り、適宜カット、最後にトップコートを塗るだけです。

それでは早速、やっていきましょう。

まずは下準備として、爪を磨く

極論ですが、この作業あってもなくてもいい気がします。

シールの説明書には「爪を磨く」という指示があります。

多分これって、表面を平にすることでシールを剥がれにくくすることが目的だと思うんですよね。

だから、とことん平にしたいなら、爪を磨く→ベースコートを塗るという段階を踏んだ方が、より綺麗に仕上がるのではないでしょうか。

私は面倒臭がりな性格なので、爪なんて磨かなくてもいいんじゃーん?なんて思いましたが・・・それでも一応初めてだし、説明書通り、爪ヤスリはかけることにしました。

img_2226

何もする前よりは輝きが出ましたが、百均のヤスリだからか、私の磨きが足りないのか、まだ少し表面にデコボコが残っているような気もします。

何度か磨き直しましたが、あまり変わらなかったので、先に進むことにしました。

ネイルシールを貼るのは難しい?

爪の形って人それぞれ違いますよね。

様々な方に対応出来るように、シールは爪よりも少し大きめに作られています。

まずは爪の中心に、シールの中心を合わせます。

この時、甘皮から1mm位離してシールを貼ると良いそうです。

シールの中心部分だけを、縦に貼り付けます。

img_2228

※後から気づいたのですが、私これ貼る方向が逆かも・・・。

貼り直しも出来ますが、粘着力が下がるのを防ぐためにも、貼り直しは控えた方が良いでしょう。

縦に貼り付けたら、中心から両脇に向かって、空気が入らないようにゆっくり貼っていきます。

img_2229

これが地味に難しい。

私のように丸みを帯びている爪だと、ピタッと綺麗に貼りつかず、ところどころ折り目が出来たり、浮いたりしていしまいます。

手直しは後でするとして・・・、まずは爪の形にカット。

ハサミではみ出た部分をカットしてから、爪ヤスリを掛けて、爪の淵に合わせて削り取ります。

img_2231

説明書には、「ハサミでカット」という記載は無いのですが、ハサミを使った方が早く出来ました。

img_2232

でもこれ・・・、近くで見るとかなり汚い!!

img_2234

浮いてぼこぼこになっているし、折り目でぐしゃぐしゃだし・・・。

爪の構造上、どう考えても上手く貼れないということは分かっていたのですが、これじゃあまりにも酷い。

いやこれ、きっと器用な人ならもっと綺麗に貼れると思います。

私の力量だとこうなってしまったわけですね。

百均だけど、いざ貼ってみると、柄はとても可愛いので、綺麗に仕上げられたら、だいぶ凝ったネイルアートに見えるはずです。

諦めたくないので、試行錯誤。

結構見落としがちなのが、シールの幅が爪よりも広くなっていて、少し指の肉に貼られてしまっていること。
特に根元の部分に何個かありました。

この余分な部分をカットするだけでも、かなり改善されました。

ヤスリだと難しいので、慎重にハサミで切り落としていきます。

浮いている部分は、硬いものでグリグリ押して、無理矢理にでも貼り付けました。

あまり激しくやると、シールが破けてしまうので注意です。
(私は何回か破きました・・・)

ここまでか・・・と、自分が納得出来たところで、トップコートを塗ります。

img_2235

トップコートを塗っても、デコボコのカバーは出来ませんでした。

う~ん。

迷った挙句、ラメ入りの透明マニキュアに頼ることに。

ラメが入っていると、ちょっとぼかしてくれるような印象があったので。

img_2236

どうでしょうか。

よーく見ると、まだまだおかしなところは沢山ありますが、だいぶ見れるようにはなってきたと思います。

自分でやっているので、どこがおかしいか、どこが汚いかというのが分かってしまうものですが、割と遠目で見ると気付かれません。

img_2237

結構爪の先端なんかは、シールが剥げているのですが、和柄という柄が「赤、黒、白、金」を使っているので、剥げていてもあまり目立たないです。

12月30日に貼って、現在1月3日ですが、「自分でやったの?」と驚かれることはあっても、「変だよ」と突っ込まれることはありませんでした。

よく見ると汚いんだよーと、見せるのですが、ネイル自体に興味がない人からすると、あまり良くわからないそうですw

私はネイルに興味津々なので、人のしているネイルは遠くからでも凝視してしまうんですが、よくよく考えてみたら、そんなに長い時間、人の爪を凝視する事はあまり無いですね。

1回目だし、多少の失敗も仕方ない・・・。

ただ、こんな可愛い柄を自分で描くなんて無理だし、手間と労力を考えたら(シールを貼るのにも労力は使ったけれど)、コスパはかなり良いですね。

初めてやる方は、2時間位見といた方が良いです。

20分、30分そこらで終わるほど簡単ではありません!
↑私が甘く見てただけ。

ちなみに楽天でも、ネイルシールが売られていますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便OK】First Kiss(ファーストキス) Nail Dress ネ…
価格:540円(税込、送料別) (2017/1/4時点)

ネイルシールってどうやって剥がすの?

実は、私がネイルシールに惹かれた理由の一つが「剥がし方」にあります。

なんと、シールの端っこをめくって、ゆっくり剥がしていくだけなんです。

除光液を使うのって面倒臭いし、これは楽チンだと思いました。

ただ逆に、それってイコール剥がれやすいということなんじゃないかと思いましたが。

説明書には「お湯に浸すとより剥がれやすくなります」と記載があります。

ということは、お風呂の中に指を入れたら剥がれちゃう・・・?

と思い、湯船には指を浸らせないようにしました。

ブログ的には、お風呂に浸けて、剥がれるかを試すべきなのでしょうがw

シャワーや洗髪はいつも通り行って、それでも現在5日はもっています。

実際のところ、30日に貼り付けて、正月をこれで越せればいいや、と思っていたので、これはかなり嬉しいです。

洗い物をしてると先端は少しずつ剥げてきてはしまいますが。

かなりピタッと貼り付いてくれているので、まだもちそうな気はします。

ただ、本当に近くで見るときたない部分が多々あるので、自分がそれに嫌気を指して、剥がしてしまうんじゃないか・・・という心配はあります。

自分のネイルって、やたら目に付くんですよね、当たり前といえば当たり前なんですけど。

柄も可愛いし、コスパも良いので、また今度は別の柄で挑戦したいと思っています。

そして慣れてくれば、もっと綺麗に貼れるのかなーとも思ったり。

私は器用ではないので(不器用ってわけでもないけれど)、器用な人ならちゃちゃっと綺麗に貼れるかもしれません。

器用でない人でも、シールを貼るだけなので、ぜひぜひオススメな商品ですよ。

ネイルアートに興味がある方は、百均でご購入されてはいかがでしょうか。

それでは、今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む