LINEスタンプ

ラインスタンプ「iPhone」でアップロードが出来ない!そんな時は?

こんにちは。

先日、 iPhoneのみでラインスタンプを作ろう(アップロードまで完璧!)という記事をあげました。

ところが、今はアップロードの際に「アップロードボタン」が表示されないようなのです。

記事アップ時のアップロード画面
1

現在のアップロード画面
2

今回はこのようにアップロードボタンが表示されない方のための対処法です。

理屈としては以下の様な感じです。

iPhoneで適当なZipファイルを作成する。

ZIPファイルをアップロードし、エラーを敢えて発生させる。

エラーを訂正する形で画像をアップしなおす。

それでは細かい説明をしていきます。

iPhoneでZipファイルを作成する

今回のやりかたでは、Zipファイルを作成する必要があります。

「iZip」というアプリでZipファイルの作成が出来ます。

iZip - Zip Unzip Tool

iZip – Zip Unzip Tool
無料
posted with アプリーチ

インストールが出来たら、さっそくiZipを開きます。

3

「Photos」を選択します。

4

画像一覧が表示されるので、右上の「Select」をタップし、複数画像を選択します。

※この時画像は2枚~4枚、適当な物を選んでください。画像は何でも構いません。

5枚以上になると有料版に切り替える必要が出てしまいます。

今回はエラーを起こす事が前提なので、画像はなんでも良いのです。

5

選択が完了したら、画面下に表示される「Zip」をタップします。

6

上記のような質問画面になるので、「Yes」を選択します。

7

すると、「Zipファイル」の画面に飛びます。

8

上に「Sample」のZipファイル、下に自分が作ったファイルが表示されるので、自分が作ったものにチェックをいれます。

そして完了ボタンを押します。

9

「Save to iCloud」で、「iCloud Drive」に保存されます。

ここまでで、Zipファイルの作成と保存までが完了します。

それでは、早速アップロードしてみましょう。

作ったイラストをアップロードする。

ラインクリエイターズマーケットにアクセスし、スタンプ管理画面より、スタンプのアップロード画面を表示させます。

(分からない方は記事頭にある、ラインスタンプ作成記事を確認してください。)

10

Zipファイルアップロードのボタンをタップします。

11

「iCloud Drive」に保存されているので、iCloud Driveを選択します。

12

Zipファイルを選択します。

13

そうすると、画像が適当なものなので、エラー画面になります。

右上に出ている赤いエラーボタンをタップすると修正が出来ます。

14

アップロードを選択します。

15

フォトライブラリ(自分の作ったイラストが保存されている場所)を選択します。

16

画像サイズや保存形式が正しいければ、上記のようにきちんとアップロードすることが出来ます。

以上でiPhoneでアップロードまで完了できます。

アップロードボタンが表示されなかった方は上記の方法で試してみて頂けたら光栄です。

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

◆第1弾◆
野菜と果物のほんわか日常スタンプ
◆第2弾◆
小馬鹿にしてくる野菜と果物スタンプ
◆第3弾◆
使いやすいアニマルスタンプ
続きを読む

LINEスタンプって売れるの?いやいや私はクリエイターになりたかった。

こんにちは。

現在私のLINEスタンプは、第2弾が審査待ち、第1弾が発売中です。

◆第1弾◆
野菜と果物のほんわか日常スタンプ

実際、売れるのかどうか気になりませんか?

LINEスタンプの実際(全体の登録数、購入者数等)

まず、現在のLINEスタンプの登録数などについて、私の分かる範囲内でまとめてみました。

売れると思いますか?

現在LINEスタンプの数は20万個以上
1日に登録されるスタンプは1000個以上
LINE登録者のうち、有料スタンプを購入するユーザーは約2割

まず売れないでしょう。

売れないでしょうというのは、「旅行に行けるほど儲かる」とかそういう事です。

じゃあ私のはどうなのかというと、旅行には行けませんが、ご購入はしていただけました。

ただ現実問題、私のイラストの出来栄えはとりあえず置いといて、どんなに綺麗で上手なスタンプも新着に流されて埋もれてしまうんです。

私はそれを知っていてLINEスタンプを作成したので、売れた時にはかなり驚いたとともに、とても嬉しくなりました。

知ってたのにLINEスタンプ作ったの?

私は子供の時から絵を描くことが好きでした。

上手いか下手かと言われると、上手いとはお世辞にも言い難いのですが、しょっちゅうお絵かきはしていましたね。

そのなかでよく思っていたのは、「このリンゴのキャラクターを売る!」という謎の商売の妄想ですw

私のスタンプが野菜と果物なのは、子供の時に落書き帳に描いていたキャラクターたちなのです。

30

私は偶然にも弟が漫画家として週刊雑誌にマンガを連載していました。

現在はイラストレーターをやっているのですが、「自分の描いた絵を売る事が出来る場所に出す」というのは、私の中のあこがれなのです。

それだけで食べていけるとは思っていないけれど、それ以前にもしかしたら1個も売れないことは覚悟していたのだけれど、どうしても、ただのお絵描きじゃなくて、自分がクリエイターとして売る立場になりたかったのです。

自分のイラストを作品として市場に出すということをしたかったのです。

06

続きを読む

アイビスペイントを使ってスマホだけでLINEスタンプを作ろう!

今回は私がLINEスタンプを作る上で欠かせないアプリでもある「アイビスペイントX」の使い方について、ご説明いたします。

最低限、これだけ出来ていれば、問題ないというレベルの使い方です。

1作目もアイビスペイントで作成しました。

1作目
野菜と果物のほんわか日常スタンプ
2作目
小馬鹿にしてくる野菜と果物スタンプ
3作目
使いやすいアニマルスタンプ
4作目
生意気な事を言う野菜と果物スタンプ

アイビスペイントにはLINEスタンプ用のサイズがある。

LINEスタンプに必要なイラストの枚数や大きさについては、上記記事でご確認ください。

アイビスペイントX - お絵かき イラスト ペイント 無料 アプリ

アイビスペイントX – お絵かき イラスト ペイント 無料 アプリ
開発元:ibis inc.
無料
posted with アプリーチ

アイビスペイントをインストールしたら、まずは開きましょう。

新規作成をしたい場合、既存のイラストを編集したい場合には、「マイギャラリー」を選択します。

life-ib1

左下の「+」で新規作成が出来ます。

life-ib2

サイズは「LINEスタンプ用」のサイズを選択すると、後々の透過やリサイズがやりやすくなります。

life-ib3

ここまでで、新規作成の準備が整いました。

アイビスペイントでスタンプの線イラストを描く

次に、色塗りをする前の線の状態のイラストを完成させていきましょう。

一番最初に設定しておきたいのは、手ブレ補正です。

スマホで描くので線がブレブレになりますが、なめらかな線に補正してくれます。

タッチペンがあるとかなり書きやすくなります。

右上の「指差しマーク」を選択し、手ぶれ補正を設定ます。(10がMAX)
life-ib4

それではさっそく描いてみます。

life-ib5

ペンの太さは3~5が、描きやすいです。
私は3.7にしました。

透過は必要が無ければ、100のままで問題ありません。

ペンマークが「ペン」であることを指しています。

色は真ん中の黒い部分です。今は黒を使っているので黒でオッケーです。

続きを読む

LINEスタンプをiPhoneだけで作る方法!アップロードまで完璧!

今回はLINEスタンプをiPhoneで作る方法を紹介します。

iPhoneだけでイラスト自体を仕上げるのは簡単なのですが、マーケットにアップロードするのって結構大変なんですよね。

実は私が結構苦労しました。

パソコンを持っている方は、アップロードだけはパソコンでやってしまった方が楽ちんです。

だけど、iPhoneだけで全部やりたい!という方もいらっしゃるかと思います。

そこで、今回はiPhoneオンリーでのアップロードに至るまでの一連のやり方を説明します。

アップロードまで完了させるまでに行う工程は4つ、最低限取るアプリは3つです。

今まで挑戦したくても、よく分からなくて諦めてしまった方は、このページの流れに沿ってぜひ挑戦してみてください。

LINEスタンプをあげるまでにしなくてはならない4つのこと。

おおまかに分けると4つしか工程はありません。

①イラストを描く
②描いたイラストを透過する
③イラストをリサイズする
④ラインクリエイターズマーケットにスタンプを登録する

iPhoneでイラストを描く

様々なアプリがありますが、私がオススメしたいのは「 アイビスペイント X」です。

アイビスペイントX - お絵かき イラスト ペイント 無料 アプリ

アイビスペイントX – お絵かき イラスト ペイント 無料 アプリ
開発元:ibis inc.
無料
posted with アプリーチ

LINEスタンプでは、全部で42個のイラストを用意しなくてはなりません。

メイン画像1個
サイズ:240×240px
フォーマットpng

トークルームタブ画像1個
サイズ:96×74px
フォーマット:png

スタンプ画像40個
サイズ(最大):370×320px
フォーマット:png

アイビスペイントXでは、手ぶれ補正があるので、多少プルプルしてしまっても、なめらかな線に変更してくれます。

それでは、さっそくアプリを開いてみましょう。

今回は簡単な説明になります。

もっと詳しい使い方を確認したい方は、下記記事から確認できます。

以下のページが出てくるので、ここで「マイギャラリー」を選択します。
IMG_0711

私の場合、作ってある作品があるので作品が表示されますが、初期は何もありません。

ここの「+」で新規作成が出来ます。
IMG_0712

サイズを選びましょう。

LINEスタンプ用のサイズがあるので、それを選択します。
IMG_0713

新規作成すると画像作成画面が出てきます。

最低限、ペンの太さと色さえ選べれば絵は描けます。
life-e-tukaikata

自由に絵を書きましょう。

タッチペンがあるとかなり描きやすいです。

今回はキャベツ君に登場してもらいました。

右下の「BACK」を押すことで、アプリ内に保存されます。

「作業を戻す」ボタンではありません。
間違ったと思って、BACKボタンを押してしまっても保存されてしまうので、押す際には気をつけましょう。
liife-ewokaku

BACKを押すとマイギャラリーの画面が出てきます。

アプリ内には保存されていますが、この後の透過作業でカメラロールから画像を引っ張ってくるので、カメラロールへ保存する必要があります。

カメラロールに絵を保存する時には下記の共有ボタンを押して、iPhone本体に画像を保存します。

保存する際には、フォーマットを選択する画面が出てくるので、PNG形式にするのを忘れないでくださいね。
life-e-hozon

イラストを透過する。

LINEスタンプに登録するイラストは背景が透過されている必要があります。

描いたイラストを透過させるには「 合成写真 合成スタジオ」が使いやすいです。

合成写真 合成スタジオ-写真の合成と背景透過画像を作成できる写真切り抜き加工アプリ!

合成写真 合成スタジオ-写真の合成と背景透過画像を作成できる写真切り抜き加工アプリ!
無料
posted with アプリーチ

アプリを開くとこのような画面がでます。

「レイヤー」を選択し、「ライブラリから」を選んで先ほど保存した画像を選びましょう。
life-touka

画像を選ぶと以下の様な画面が出てくるので、右上の「完了」ボタンを押します。
life-touka2

その後出てきた画面の絵をタッチするとこのように、「切り取り」が出来るようになります。
life-touka3

「切り取り」を選択すると、下記のような画面になるので、「自動削除」を選びます。

life-touka4

「自動削除」では大きい方の赤丸中央部分部分と同じ色(似た色)が透過されます。

薄いピンクやベージュだと、一緒に透過されてしまう場合があるので、その時には「修復」してください。

連続している範囲が透過されるので、線で囲われていると同じ色でも透過されません。

「ま」や「は」といった、◯で囲まれいる部分の透過も忘れないようにしましょう。

きちんと透過が出来たら、「完了」します。
life-touka5

「レイヤー保存」を選べばカメラロールに透過されたイラストが保存されます。

別のボタンで「保存」というものもあるのですが、私はそれで保存すると、絵が小さくなってしまいました。
life-touka6

透過したイラストのサイズをリサイズする

複数の写真をまとめて自由なサイズにリサイズできることから「 バッチリサイズ」をオススメします。

バッチリサイズ - 複数の写真をまとめてリサイズ

バッチリサイズ – 複数の写真をまとめてリサイズ
開発元:Koichi Otera
無料
posted with アプリーチ

画像を開くと画像一覧の画面になります。

life-resize

「レモン」の画像が3つ並んでいますが、見ての通り、最初に「アイビスペイント」でラインスタンプのサイズで絵を描いても、透過をするとサイズが大きくなってしまいます。

一番右が、最初に「アイビスペイント」で描いたものです。
まだ透過がされていません。

真ん中は、透過後のイラストですが、サイズが大きくなっていますよね。
(黒背景が透過された部分になります。)

これを一番左の370×320に戻す作業をします。

上記「画像一覧」の画面のサイズ部分をタップすると、「リサイズ一覧」が出てきます。

「+」を押して、新しいサイズを設定します。

私の画像は既にサイズを設定済ですが、初期の段階では、LINEスタンプ用のサイズはありません。
life-resize-size

メイン画像(240×240)、タブ画像(96×74)も忘れないようにしてくださいね。

基本的に「強制」の部分にはチェックを入れなくてもきちんとリサイズ出来ますが、うまくリサイズされない場合は、チェックを入れれば確実にその大きさにリサイズされます。
life-resize-px

その後画像一覧の中からリサイズしたい画像にチェックをいれ、右上の矢印ボタンを押せば、リサイズした画像をカメラロールへ保存できます。
life-resize-yarikata

出来上がったイラストをラインクリエイターズマーケットにアップロードする。

ここからがiPhoneだとちょっと大変な作業になります。

リンク
LINE Creators Market

既に登録済みの方は「マイページ」へ、まだの方は上記リンクより「新規登録」してください。
life-touroku

スタンプを作る時は、まず新規登録で、自分の個人情報を埋めていく必要があります。

完了したら「スタンプ管理」よりさっそくスタンプを登録することが出来ます。
life-touroku2

LINEスタンプは基本的に英語入力になっています。

英語で情報の入力し、「Japanese」を追加するすることで、日本語のタイトルや説明を書くことができます。

life-touroku3

ちなみにPCでの登録が基本なので、iPhoneでは画面を縮めることができません。

この画面のまま右へ左へとスクロールさせるので、とても見難いです。

コピーライト等もしっかり埋めていきましょう。
life-touroku4

スタンプのタイトルや説明等の入力が完了したら、スタンプ画像を登録していきます。

ZIPフォルダーで一気に保存することも出来ますが、PCもしくはiPhoneアプリを使用することになります。

その際には画像に「名前」を一つずつ付けていく事になり、また更にアプリを使用することになるので、ここでは1つずつアップロードするやり方を紹介します。

※アップロードボタンが表示されないという方は下記記事を御覧ください。

まずアップロードボタンを押します。
life-touroku5

フォトライブラリから選んで、自分で作った画像を1つずつアップロードしていきます。

リサイズ済みのものをアルバムで分けておくとやりやすいです。
life-touroku6

プレビューを見れる場所があるので、確認することもできます。

私のメイン画像は既読スルーに厳しい「きのこちゃん」です。
sticker

イラストを全て登録したら、画面右上に出てくる「審査」ボタンで審査をします。

審査ボタンの画像も用意したかったのですが、私は今、審査にかけている段階のため、画像を撮りそこねてしまいました。
申し訳ありません。

審査が通れば、無事ラインクリエイターズの仲間入りです。

以上がiPhoneだけでLINEスタンプをつくるやり方でした。

長くなってしまいましたが、今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

追伸☆無事に承認されました。
◆第1弾◆
野菜と果物のほんわか日常スタンプ
◆第2弾◆
小馬鹿にしてくる野菜と果物スタンプ
◆第3弾◆
使いやすいアニマルスタンプ
◆第4弾◆
生意気な事を言う野菜と果物スタンプ


続きを読む