自己管理

ゲームブロガーは、ゲームを一つに絞るべき?

こんにちは。Sachaです。
近頃ゲームをやる時間が取れません。

今回は、ゲームブロガーさんにありがち?かと思う、「ゲームブロガーはゲームを一つに絞るべきか」という点について考えていきたいと思います。

私の場合

私自身の話になってしまいますが、私はゲームの他にも全く別の分野のことも同じブログで書いています。

SEO的な観点で見ると、ゲームならゲームだけで絞った方が本当は良いような気もするのですが、今回考えたいのはゲームの数。

今まで私は以下のゲームをプレイして、記事にしてきました。

Hidden City
モンスト
マイクラPE

ちなみにですが、記事にしていないゲームもあります。

Faith
PUBG

Faithに関しては、記事にしようか迷い中です。
PUBGは、もう少し上手くなったらYouTubeに配信しようか迷っています。

やっていたのに、現在は手をつけていないのが以下のゲーム。

ハリーポッター
Faith
モンスト
RPGクリエイター

何故かって、全部やるには時間が足りなすぎるからです。

Hidden Cityは物探しゲームなので、攻略が出来ても、攻略記事を作るのに、主に画像編集で時間を取ります。

そうこうしてるうちにイベントが終わってしまったり…。

最近、マイクラをまたやり始めましたが、プレイすると、やっぱり時間が掛かるんですよね。

私の場合、平日の自分の時間は「3時間」と思っているのですが、

記事のための調べ物や画像編集
記事を書く時間
プレイ時間

を考えると、結構キツキツな時間に…。

記事にはしなくても、ゲームの内容として面白いものは、割と実況プレイとしてYouTubeも利用しましたが、実際今やれているのは、「マイクラPE」とたまに「PUBG」になっています。

他にもマルチでやりたがるから、余計時間が無くなる!

私に言えた話になってしまうかもしれませんが、私のブログは基本的にジャンルを問いません。

ゲームのことを書いてたと思ったら、突然美容のことを書いたり、趣味のことを書いたり。

毎日必ずゲーム記事をあげるというルールとかは特に無いので、交互なり、数日に一回なりのペースで別ジャンルの記事を書くのも可能ではあります。

それでも、何か一つのものに打ち込んでる場合よりは、一つずつにかけられる時間は少なくなりますよね。

「1つに絞る」そのメリットは?

何にしても言えることだとは思いますが、やっぱり、1つの事を熱心にやっている方は、知識量も情報量もとてつもなく多いですよね。

このゲームならこの人!という代名詞にもなるのではないでしょうか。

やり込んでる方の実力って、見ていて本当に尊敬することが多々あります。

サイト的に見ても、来た人が、この人のサイトはこのゲームのサイトなんだと一発でわかるのも、良いですよね。

ちょっぴり怖いのは、そのゲームが終了してしまうこと。
ゲーム選びが重要になってくる気がします。

「マルチに攻めてく」そのメリットは?

実は私は、本当はマルチに行くのなら、ゲームごと、ジャンルごとにサイトを分けた方が良かったのかな…と今更思ったりもしています。

ただ、今更過ぎるし、私はあれもこれも手をつけてる分、分けてしまうと、さほど記事数がないゲームもあります。

だけど、トップページとカテゴリーさえしっかりしてれば、1つのサイトでもマルチな分野の取り扱いに支障はない気もします。

まだ私のサイトはガタガタですがw

マルチなサイトの場合、来た人が他のゲームや他の話題にも興味を持ってくれるというメリットがありますよね。

ネットサーフィンって、気になる気になるの連続だと思うんです。

他の記事が気になって、読んでるうちに時間が経つみたいな。

そういう面で見ると、沢山の分野を扱うのも良いのかなぁ。

つまるところ、サイトの構築次第?

私は多分野に手を出すと言いましたが、アクセス数が多いのって、ゲームの攻略関係やアプリの使い方なんです。

でも、どの記事がどんな風に役に立つのか、案外分からない時もあります。

あっ、この記事需要があるんだ?って気付かされることも。

私は欲張りなので、限られた時間でも色んなことをやりたいし、色んなことをシェアしたいというのが本音です。

ただ、ゲームをひとつに絞るにしても、結局のところ、サイトの構築がガタガタだと、見なくてくださる方も多分リピーターにはならないような気がするんです。

この人のサイトなら見つかるかも…と思った時に、いかに見つけやすいか、いかに見やすいか、そういうのって大切だと思います。

内容もそう、私もまだまだですが、見て頂いた方が面白いと思えるような記事であることも大切ですよね。

根強いゲームについて、沢山、そして深く書くなら、一本。
様々なゲームの重要どころを押さえていくなら、マルチ。

と言った感じでしょうか?

ゲームブロガーの皆様はどうされていますか?

それでは、今回も閲覧して頂き、ありがとうございました。

続きを読む

思考整理にはマインドマップ?マンダラチャート?

こんにちは。Sachaです。

私生活においても、仕事においても、自分の考えていることややりたい事が多すぎて、頭が混乱するときってありませんか?

私は結構常に脳内フル稼働で考え事をし過ぎてしまい、いざ何かに手をつけようと思うと、何から始めていいか分からなくなることが多々あります。

なので新年を迎えた時に、脳内整理から始めようとしました。

今回は脳内の思考整理をするための方法について書いていきます。

思考整理にマインドマップを使ってみる。

マインドマップとは、自分の考えをマップ上に分野ごとにどんどん広げていき、自分の思考を見える化させるものです。

具体的な方法としては、アプリやソフトを使う方法、手書きで紙に書く方法があります。

私は基本的にスマホ中毒者なので、PCを使うのならスマホを使いますが、スマホでのマインドマップはこんな感じです。

こちらは Mind VectorというiPhoneのアプリの画像です。

これは、アプリ内にもともと見本として入っているマインドマップ。

マインドマップのアプリはAppストアでも、グーグルストアでもたくさん出ているので、ご自身にあったものを探されるのもありです。

上記写真の通り、マインドマップでは自分の思考の根本にあるものを真ん中に設置します。

私の場合は「2019年」で今年やりたいことを手書きで紙に書いて、広げていきました。

アプリやソフトでも、手書きでもどちらを使っても、考えさえまとまれば、問題はないと思います。

アプリやソフトと、手書きのメリット・デメリットは?

私は、脳内整理をしたいときに重要なのは「きちんと脳内が整理されること」だと思っています。

だって、脳内の思考を整理したいのだもん。。。

私はアプリしか使っていないので、ソフトについては分かりませんが、やっぱりデジタルで作るものは見やすく、文字もきれいですし、色分けもできます。

そういった面では、自分が見直すときにわかりやすいマインドマップが仕上がるのではないかと思います。

ですが、それでも私がアプリではなく手書きに切り替えたのは、操作性の問題です。

頭の中には思うこと、考えることがたくさん詰まっているのに、それを書き出すまでにアプリを使いこなさないといけない。

しかも、綺麗に作成できる分、なぜか見栄えを気にして配置をごちゃごちゃ移動させたり、色を変えてみたり、思考整理の最中にでさえ、考えることが増えてしまったんです。

そういった意味だと、手書きは配置が汚くなったり、色も単調(もちろん色分けしても良いと思います)になってしまいますが、何よりも自分の考えを汚くても書き出すことはできます。

私みたいにあれもこれも考えているような方は、見栄えを重視したものよりも、いかに自分の脳内情報を外にアウトプットし、それを仕分けできるかが重要になってくるような気がします。

どちらがオススメというよりも、いかに自分の思考が整理できるかという点を踏まえ、マインドマップを書いてみると良いと思います。

明確な考えをまとめたい時や、目標達成にはマンダラチャート!

マンダラチャートは、9×9のマスにやりたいことや、目標達成に必要なことを書いていくものです。

言葉では、なんとも説明しにくいので、こちらの画像をご覧ください。

こちらは「72Action」というアプリを使ったものです。

画像の下の点マークはページ。無料だけど、何ページもマンダラチャートが作れます。

現在、私はマイクラPEをプレイしていますが、思ったよりもやりたいことが多くなってしまい、その時に作ったものです。

真ん中の9マスの中心部分(黄色)がメイン。

その周りに分野としてやりたいことを8つ書いていきます。

アプリなので、たとえば真ん中の赤マス部分に記入をすると、自動で上の赤マスにも文字が反映されるようになっています。

8つの分野に書かれたことを更に8つに細分化していくんです。

自分が何をやろうとしているか、どんなことを思っているかが、81マスのワンシートできちんと見えるので、わかりやすいですよね。

こちらのマンダラチャートはスポーツ選手や起業家の方も使っているそうです。

9×9のマス目さえあれば、手書きでも問題ないと思います。

私は線を引いたり、そういう作業が嫌いなのと、スマホで見ながら確認したいものだったので、アプリを利用しました。

こちらは大規模な思考整理というよりも、自分の思考の一部をさらに整理するのにむいているかもしれませんね。

なにか、目標を達成したいときにやるべきこととしてもまとめられるのではないかと思います。

もう2月に入ってしまいましたが、皆様も自分の脳内を整理して、やりたいことや目標、考え事をアウトプットしてみてはいかがでしょうか?

案外見える化すると、行動もしやすくなりますよ。

それでは、今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

死ぬまでにやりたい100のこと!実はずっと書きたかった。

こんにちは。Sachaです。
今回は、死ぬまでにやりたい100のことをリストにしていきたいと思います。

多趣味な私なので、やりたい事は沢山あります!

オーストラリア編

1.オーストラリアに住む
2.オーストラリアで起業する
3.おすすめの美容品のブログを書く
4.あわよくばYouTubeで紹介
5.語学学校を開く
6.全部の店を堪能する

仕事編

7.個人事業主として生きる
8.自身のブランドを立ち上がる
9.マンガ家になる
10.小説家もなってみたい
11.イラストで仕事をする

趣味編

12.服を自分で手早く作れるようになる
13.世界一周旅行
14.USJでハリーになる
15.ハリーポッター英語版を読破
16.英語をペラペラになる
17.ドールハウスを作る
18.マイクラでお城をつくる

美容編

19.満足するまで脱毛をする
20.美容室で特別なトリートメントをしてもらう
21.エステに通う
22.知識をつけて化粧品を自作する
23.服の大人買い

生活編

24.犬を飼う
25.子供3人授かる
26.親を安心させる
27.防音室で熱唱する
28.金持ちになる
29.金縛りからの幽体離脱
30.オシャレな家具を揃える

自分自身編

31.努力した結果を見れるまで努力する
32.何かの個展を開く
33.たくましい女性になる
34.博識になる
35.自給自足で身の回りのアクセサリーや服をまかなう
36.レーシック
37.インプラント
38.レーザー治療
39.病気の克服

夢編

40.エアーズロックで愛を叫ぶ
41.オーストラリア一周
42.ロンドンでハリーの聖地巡り
43.スキューバダイビング
44.船旅をする
45.グローバルな生き方をする
46.フルーツバイキング
47.スカイツリーに登る
48.オーロラを見る
49.韓国語をペラペラになる
50.資格をとりまくる

さて、ここまで来て、50個のやりたい事を書きましたが、結構悩みました。

思ってるより、やりたい事を既にやってることに気付いたりもしました。

残り50個は、もっと細かなことや、上記のカテゴリで書き忘れたことを挙げていきたいと思います。

書き忘れてたやりたい事

51.ケアンズのラスティーズマーケットに毎週末行く
52.韓国の化粧品を買い漁る
53.ライブをする
54.本を出版する
55.ネット界のマルチなフリーランスになる
56.オーストラリアの良さを日本に伝える
57.作詞作曲する
58.デザイナーになる
59.教育関係のサイトをつくる
60.栄養関係のサイトをつくる
61.講演をする
62.日本縦断旅行
63.日本とオーストラリアの架け橋になる
64.筋肉をつける
65.敷居の高いお店に行く
66.強くなる
67.iPhoneを充分に使いこなす
68.リメイクの天才になる
69.節約のプロになる
70.ブログがバズるようにする
71.ゲームを作る
72.ノート術を身に付ける
73.週一でケアンズのラグーンに行く
74.何かの道でトップになる
75.特技をつくる
76.旦那と二人でキャンプに行く
77.旦那がたまげるようなサプライズ
78.鍾乳洞を見る
79.ハリーポッターオタクになる
80.打ち込めるものを増やす
81.css,htmlを使いこなす
82.オリジナルのものを開発する
83.TOEICで高得点を取る
84.ストイックになる
85.水泳に通う
86.ジムに通う
87.何かをやり遂げる
88.豆腐を好きになる
89.Wikipediaみたいな女になる
90.運動習慣を身に付ける
91.オーストラリアの企業に取材
92.パラシュートで落ちる
93.天の川を見る
94.アプリを開発する
95.良いと思うことは癖にする
96.ハムスターの遊園地を作る
97.夫婦茶碗を作る
98.ピアノを弾きこなす
99.愛のある人間になる
100.幸せだと思える人生にする

書いてみて思ったこと

率直に言うと、100個を書き出すのは案外大変でした。

何もやりたいことをやっていないようで、実は色々経験していたり、やりたいことが偏っていたり…。

やりたいことというか、願望を書いてるような部分もありましたがw

だけど、書いてみて思ったのは、時間やお金さえあるのなら、やりたいことは山ほどありました。

人生一度きりなんだと思うと、本当に一分一秒を大切にして、やりたいことを実現させていきたいなぁと。

残された時間は誰にも分からないからこそ、最期の時に、ああしとけば良かったこうしとけば良かったなんて後悔はしなくて済むように。

そして、年齢関係なく夢を持つことは、私は大切なことだと思います。

私は夢ばかりもって、なかなか行動には移してなくて…そうこうしてるうちに年月だけ経ってしまって。

振り返った時に、頑張ってこれたという証を残せるよう、日々精進していきたいと思いました。

ぜひ皆様も書いてみてください。
きっと、前向きな気持ちになれますよ。

続きを読む

2019年の目標達成に向けて

こんにちは。
実は前回にブログを書いてから、数ヶ月が経過してしまっています。

ブログを書かなかった期間、私は休息期間として過ごしていました。

2018年が自分にとってどんな年だったか、2019年はどう目標達成していきたいのか、自分なりの抱負を書いていきたいと思います。

悲惨だった2018年

何から言えばいいのか、なんのせいにしたらいいのか、正直分からないほど、2018年はとても悲惨な年でした。

そもそもとして、私は厄年というものを信じるタイプではありません。
ただ、去年の私は本厄(というか2/3までは)だったのです。

メンタル的な不安定さは、病気の影響もあり、いつも通りの事ではあったのですが、10月に私は極度の鬱状態に持っていかれました。

唐突に楽になる方法を探し求めた私は、自らの命を終える日を決め、そのための身辺整理をし、やっと平常心を取り戻しましたが、本当にこれでいいのかとふと我に返り、かかりつけの病院へと向かいました。

結果として抗うつ薬を貰うことで、今もこうして生きていますが。

私にとって、付きまとってくるストレスというのは、「お金」にあります。

うまく外で働く事が出来ない身体になってしまった事で、常に生活はカツカツな状態。

家に居る間に出来る副業的なものとして、私はイラストを描いたり、LINEスタンプを作ったり、ゲームの攻略をしてみたり、それをきちんとこなすために、スケジュールまでしっかり組みました。

ちょうど同時期に重なっていたのが、宅建の試験。

今思えば、私にとって、キャパオーバーだったのだと思います。

お金を稼ぐために、重い腰を上げてパートへと出向き、帰宅したら動けずに布団に直行。

食欲も無く、布団にこもりながら、それでも稼がなきゃと、ガムシャラに絵を描いたり、宅建の勉強をしたりしていたのです。

厄年だと片付けてしまいたい気持ちもありますが、今、冷静に考えてみると、自分のキャパと体調のバランスを、きちんと考えられていなかったのだと思います。

帰宅時間が遅くなる日もある中で、その日の課題を無理にでもこなそうとしたこと、余裕を持たせなかったこと、楽しく行動を起こしていたわけではなく、義務感で取り組んでいたこと、全てのことがストレスになっていたのではないかと…勝手な推測ですが。

その後私は、何もかもに手をつけるのをやめ、占いサイトを漁りましたw

占いの話になってしまいますが、九星気学という占いでは、私は五黄土星になります。

五黄土星の昭和61年生まれは、2018年、とんでもなく災難続きとのことでしたw

来年からでいいや、と腹を括った私は、恐らく10月に書いたブログを最後に、今日まで何も書かなかったような気がします。

ただ、こんな生活をいつまでも続ける訳にもいかないし、どこかで変わらなきゃ行けない。
休息も充分に取ったはずです。

そこで、2019年こそは頑張りたいと思い、目標を掲げてみることにしました。

2019年の私の目標は「メリハリで完璧に」

去年やれなかった事があった分、今年は山のようにやりたい事が溜まっています。

脳内で考えて整理をするにも、もはや整理が出来ないレベル…

そこで「マインドマップ」を使い、脳内整理を行いました。

※マインドマップについては、また別記事で書かせて頂きます。

今年のうちに、やりたい事、やらなくてはいけない事、全てをリストアップすることが出来たんです。

ブログはマメに書く

私が情報をシェア出来るのは主にこのブログになります。

何かをシェアし、誰かの役に立てればと思い立ち上げたブログです。

書きたいと思うことがあれば、どんどん書いていくようにしていきたいです。

30代の女性として、妻として

何かに打ち込むと家事が疎かになってしまっていた私ですが、今年は家事を最優先にし、空き時間での作業にしようと考えています。

そして、30代になってくると、どんどん衰えてくる肌w

美容関係には元々とても興味があるので、美しく歳を重ねられるようになることも目標としています。

また、見た目だではなく、内面的にも成長していきたいですね。

具体例をあげろと言われるとなかなか難しいところではありますが、「自分がなりたい女性」に少しでも近づけるようになりたいです。

メリハリだけは忘れない!

ON/OFFはしっかりとしていきたいと思います。

でないと、またキャパオーバーして、去年の二の舞になってしまいますからねw

この体調の見極めって非常に大切で、身体を壊すということは、ほぼやりたい事が出来ないということを意味してしまいます。

時間の使い方をしっかりと決め、やることはやり、遊ぶ時は遊び、休む時は休む。

余裕をきちんと持たせたスケジュールを組みながら、今年は沢山のブログを書いていけたら良いなと思っております。

それでは、一月ももう残りわずかですが、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

閲覧して頂き、ありがとうございました。

続きを読む

根本的に私の英会話学習法は間違ってたのかもしれない!

こんにちは。Sachaです。

英会話を習得したいと願ってから、早何年が経過したでしょうか。

英会話を身に付けるにあたって、沢山の調べものや沢山の勉強をそれなりにしてきたつもりです。

それでも身につかない…。

何故身につかないのか、私なりに考え、今後どのようにしていくか作戦を立ててみました。

実は私、中学生に英語を教えているんです。

パートで塾の講師をしている私ですが、担当科目は英語です。

なので、あーだこーだと子供たちのミスにもっともらしい指摘をしています。

裏を返せば、中学レベルの英文法、英単語を教えるだけの知識は持っているはずなんです。

私は子供たちに、「三人称単数なんだから、動詞にはsつけなきゃ」と、基本的な事を指摘する時もあるわけです。

そんな私が、HelloTalk(言語学習アプリ)で、外国人と通話する時に、「He speak English」などと、子供たちに指摘したミスを平気で犯すのです。

それどころか、「I sleepy.」などと、「主語+動詞」という基礎中の基礎を無視して、動詞を言い忘れるなんてことも。

なのに私は、「中学レベルの英語で日常会話は出来る」というのを信じて、英文法の復習を勉強し続けたのです。

それは、もうひとつのブログの、「ハリーポッターの映画から英語を学ぶ」でも行っている方法です。

使えるフレーズを拾い、それをインプットする。

文字をインプットというものが、英会話において、そこまで重要では無いのかもしれないと気付いたのは、HelloTalkをはじめてからでした。

英語を口に出してる方が、英語の上達を感じられるのです。

それだって私はまだ「I can speak Japanese.」を「アイキャンスピークジャパニーズ」と言ってしまいます。

要はカタカナ英語ということです。

書けるのに言えない、読めるのに聞けない。

今の私がこの状態なんですね。

じゃあ、どうしたら良いか考えてみました。

私達が日本語を習得した道を辿る。

私達が日本語を習得するまでに、どうやって学んできたのでしょうか?

親が話す日本語を聞き、幼稚園ではその日本語で話し、小学校に入って、ひらがなやカタカナ、漢字を習い始めました。

ん?
話すことだけにフォーカスすれば、書く作業、読む作業って要らないんじゃないの?

実際、私が短期留学に行っていた時、私と同じ初級者クラスに居たブラジルの女の子は、初級者クラスなのに英語がペラペラでした。
(聞き取れなかったので、正しく話してたのかは分かりません。)

では何故、彼女が初級者クラスに居たのか?

私たちの学校では、筆記試験と面接試験をやり、クラス分けがされてたんですね。

彼女は、話せるけれど、アルファベットが書けなかったんです。

欲を言えば、書きたいし読みたいし、聞きたいし話したいんです。

だけど何より欲しいのは、聞く力と話す力です。

また留学していた時の話になってしまいますが、ホストファミリーの娘ちゃん6歳。

当たり前だけど、英語はペラペラでした。

「宿題だよ」って見せてくれたのは、「pen」「apple」のような簡単な単語をなぞるようなテキスト。

日本で言う「きりん」「はな」みたいな、ひらがなの見本をなぞって書いて、残りは自力で書く、小一でやるような練習です。

日本語も英語も、話すために必要なのは、単語や文法を覚えることではなくて、音を聞くこと、そして真似ることなのかもしれないと私は思ったんです。

話すためにHelloTalkを使ってるの?

結論を言うと「Yes」です。

日本に住んでいる環境で、外国人と話す(お金をかけずに)方法の一つとして、ハロートークはオススメ出来ます。

実際私は、前よりも簡単な文は言えるようになったし、聞けるようにもなりました。

ただ、正直なことを言うと、途中で変化を感じられないことに気づいてしまったんです。

相手方は、発音が悪くても理解出来れば話を聞いてくれます。
間違った文法でも、通じてしまえば、特に訂正はしてくれません。

チャット機能だと、添削が出来るので、直してもらうことも出来ますが、リアルタイムで通話をしていると、「今の合ってた?」とその都度聞かないと、訂正まではしてもらえないのがほとんどです。

そして、ありがちなのが、いつも同じ話題を話してしまうことですね。

「夕飯何食べた?」「何時に寝るの?」そんな話ばかりを延々と続ける日々。

良く言えば、限られた範囲での質問や会話は出来るようになりました。

だけど、相手がいるというのは難しいことなのです。

根本的に時差の問題だってあります。

何より難しいのは、温度差。
そしてギブアンドテイクの加減。

フィーリングもそうです。

習うことに対するモチベーションだけではなく、教えることに対するモチベーションも大きく関係してきます。

ハロートークはオンライン英会話ではないので、互いが互いを教えあわなくてはなりません。

そして、話をしていて見えてくる相手の性格などが自分に合わないことだってあります。

今私は、試してみたいことがあって、ハロートークはあまり活用していません。

その試したいことについては、後述します。

私がしてきた英会話勉強法

英会話スクール、オンライン英会話、フレーズ集の本、ハロートーク…

様々なことを試してきたつもりです。

どれにも共通して言えるのは、私はただこなしていただけだったということ。

今更になって気付いたことです。
何も考えずに文を聞いて読み上げてみても、身につきませんでした。

オンライン英会話をほぼ毎日受けていましたが、私は全く上達しなかったんです。

それは、与えられたテキストの文字の羅列を聞いて(先生のお手本)、同じように読んでいただけだから。

そのあとに、文章に対しての質問があるのですが、私はテキストを読んで、和訳して、答えを更に日本語から英訳して答えていました。

私が今までしてきたことは、こういうことです。

①英語で質問される
②それを和訳する
③日本語で答えを作る
④英語に組立てる

これをリアルタイムの会話でしてたらどうなりますか?

答えるまでに相手を待たせますよね。
しかも相手が長文を言ってきたら、もはや訳すことさえ不可能です。

大体日本語を話す時なんて、頭より先に言葉が出てしまって大喧嘩!なんて事があるくらい、何も意識せずに言葉を発しますよね。

その時、頭に日本文が浮かんでいるか?と聞かれたら、浮かんでいません。

「昨日海に行ったの」と言われて、文が浮かぶ人ってそうそう居ないと思います。

「昨日」と聞いて、脳内が勝手に「過去」の事だと連想し、「海」の風景が浮かぶんじゃないでしょうか。

英語脳ってこういうことなのかなぁと。

何をするにも「慣れ」って重要じゃないですか?

いつも使ってるキーボードから、別のキーボードに変わると、エンターの位置を間違えたり。

だけど、それも慣れれば、使いこなせますよね。

私は聞くことも話すことも慣れてないんです。

じゃあ、聞いて話せばいいじゃないか。

私が身を持って痛感したこと。

それは、英語を実際に話せるようになった人で「短期間」で習得したという人がいないということです。

「一週間で」「二ヶ月間で」という謳い文句を掲げている教材がありますが、私が手を出せないのは、そう言った理由とコストwです。

「学生の頃、英語が苦手だったけど、英語が話せるようになったよ」って人でも、一年くらいはかかっているように思います。

そういった方たちに共通しているのは、「英語環境にいたこと」。

私は日本に居るんだから、そんなの無理…とは言いたくありません。

今はいくらでも便利なツールがあり、やろうと思えばやれる時代ですよね。

そこで試してみたいことがあるのです。

①生の英語を聞く
②それをひたすら真似をする
イメージとして染み込ませる

それを繰り返したら、どうなるのでしょうか?

①聞くことで耳は良くなる気がする。
②真似することで発音、アクセント、リズムが分かるようになる気がする。
③イメージとして染み込ませることで、自分のものになる気がする。

それを叶えるのは、YouTubeが手っ取り早い気がします。

が、私はそれをするのにふさわしいと思われるアプリを見つけてしまったのです。

voice tube というアプリ

voice tubeについては、別記事でゆっくりと説明させていただき、ここでは簡単に説明させていただきます。

voice tubeは、YouTubeの比較的短めな動画(5,6分)を集めたアプリです。

レベル別や、カテゴリ別に分かれていて、スクリプト(字幕)もついています。

フレーズごとの再生や、スピーキング練習もあります。

このアプリを最大限に使って、英会話練習に励んでいこうかと思っています。

今回は「私、英会話の勉強法、間違ってたんじゃない?」というのがテーマの記事なので、具体的なやり方やアプリの説明については書きませんが、別記事にて、書かせていただきます。

それでは、最後まで閲覧して頂き、ありがとうございました。

続きを読む

努力が出来ない私。1ヶ月、1年と頑張ったらどうなるのか予測してみた。

こんにちは。
以前の記事で、私は自分自身に、短期目標という名の「Todo」を課しました。

努力が出来ない私です。

どこまで続くか分かったもんじゃありません。悔しいけれど。

でももし1ヶ月続けたら、1年続けたら、を予測してみることにしました。

あなたのTodo、1ヶ月、1年続けたらどうなるの?

私が前回立てた短期目標はこちら。

ブログ 1日1記事
イラストAC 1日3枚
LINEスタンプ 1ヶ月1スタンプ(40枚)
動画 週に2〜3回アップ

※LINEスタンプを1日3枚に変更しました、個人的に。

休日はともかく、平日は困難そう。
宅建の勉強もあるし…

でも、趣味をお金にしたいのなら、踏ん張らなきゃいけないところ。

実はイラストACは一時期、本当に1ヶ月100枚チャレンジをして、燃え尽きた経験があります。

そこから放置、私らしい。
ちなみに今は平均1日あたり0-2ダウンロードしかされてません。

一応、励みになるように、リストを作ってみました。

もしもこの私が、この努力が出来ない私が、きちんと1ヶ月こなせたらどうなるのでしょう。

1ヶ月での成果
ブログ→30記事
イラストAC→120枚
LINEスタンプ→1個完成
動画→8-12個アップ

ちなみに動画に関しては、実は現段階でもHidden Cityなどは、多いと1日3個とかあげたりしています。

問題なのは、ブログとイラスト関連。

1ヶ月だと、なんともグッとくるものがないので、1年で考えてみましょうか。

ブログ→360記事
イラストAC→1440枚
LINEスタンプ→12個完成
(一応)動画→96-144個アップ

ブログ360記事とか、イラスト1000枚超とか、LINEスタンプが12個完成とか…夢物語みたい。

そう思ってしまうのは、きっと、私がいつも投げ出してきたからでしょう。

もしもそれが達成出来た時、何か変わってるのか…
それは分かりません。

でもやったことも無いのに、先を怖がるのは少し違う気がするのです。

だから、どうにか私…頑張ってくださいw

努力の先にあるものを見てみたいだけ。

小さい頃から、色々なことに興味を持って、その度に挑戦してきました。

ダメだと思ったら諦めるのも早いし、良く出来てもある程度までいくと、それで満足しちゃいます。

何かのことを、一生懸命やったことって、私はないんです。

一生懸命頑張って、先に進む人を見て、才能があるんだなと、ただ呆然と見てきました。

でも、その人達がどう頑張ってきたのか、どれだけ苦労してきたのか、当時の私は考えもしなかったんです。

今思えば、何にでもちょうど良く手を抜いて、サボるのが大好きだった私。

どこかで、「やれば出来る」んだと過信してた私。

やったこともないのに、よく言えたもんですねw

一度や二度、上手くいけば、ほらやれば出来ると思っていました。

ただ、大人になればなるほど、私には「これが本当に得意です」というものが無いことに気付きました。

習い事だって沢山してきた、部活だって頑張ってきた、勉強もしてきた、でもどれもそこそこ、どれも中途半端。

一つのことを熱心にやれるタイプだったら良かったのにと、自分を責めた時もあったけれど、沢山のことに興味を持てる自分の事を、今は認めてあげたいのです。

ただひとつ、私の興味だけ持って半端に終わらせる「努力の出来ない性格」だけは、変えていきたい。

やりたいのなら、どれもこれもやってみて、続けてみて、その先を見てから、きちんと考えたいんです。

努力は報われると信じたいのかもしれない。

何も取り柄のない私ではありますが、私はほんの少し、それを努力をしてこなかったせいにしたいのかもしれません。

精一杯取り組んだことがないからなんだと、思いたいのかもしれません。

頑張ればきっと報われる時が来るのだと。

仮に報われなくたって、努力できた自分を少しは褒められるかもしれない。

1ヶ月後、一年後、頑張りましたと言えるようにしていきたいと思います。

それでは、閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

夢、目標を達成するために、改めて見直してみる。

こんにちは。
叶えたいや、達成したい目標があるのに、それが時にブレブレになってしまうことってありませんか。

特に豆腐メンタルな私は、メンタルに振り回されることがしばしばあります。

叶えたいはずなのに、なかなか行動出来ない。
分かってるのに、つい明日に回してしまう。

実際私が今リアルタイムにそんな気分で、力を振り絞ってブログを書いております。

でもね、きっと書けば、また改めて夢を再認識出来ると思うんです。だから。

とまぁ、前置きが長くなりましたが、改めて見つめ直して見ましょう。

長期目標、中期目標、短期目標を考えてみる。

基本的なことだったのかもしれませんが、私は目標設定について、まともに考えてきたことがありませんでした。

具体例があった方が良いと思うので、自分自身を見つめ直す意味でも、私の目標を例題として掲げてみようと思います。

達成するために何をするかについては、後述します。

【長期目標】
・オーストラリアに住む
→オーストラリアで何かしらの事業がしたい。

【中期目標】
・自力でお金を稼ぐ
→個人事業主になる。

・英語力を身につける
→海外へ行きたいのだから、必須。

・病気を治す

【短期目標】
・1日 1記事(ブログ)
・1ヶ月 100枚(イラストAC)
・1ヶ月 1スタンプ(LINEスタンプ)
・週2〜3 動画投稿(YouTube)

・メモをとる習慣
・スケジュール管理をしっかりする

・時短メニューで炊事をしっかり
・家計簿の管理
・規則正しい生活

・宅建合格→もはや興味は薄れてるw

・英語でやれる事を増やす
→好きなことを英語でやってみる

多趣味で飽き性な私は、何かに集中すると、別の何かが疎かになります。

そして、時間があるのにも関わらず、時間の管理がきちんと出来ない。

時間が無い時ほど、詰め込みすぎたり、とにかく時間の使い方が苦手です。

時間があるとは言っても、仕事を掛け持ちしているので、活動時間は限られています。

短期目標を達成するのにも、気合と根性が必要な気がします。

短期目標の達成のためにしなくてはならないこと

ん?私の目標の立て方…なんかおかしい??

私の立てている「短期目標」。
目標というよりもTodoに近いような気がします。

でも、私の場合、これで良いのです。

今までこの短期目標をTodoとして、私は設定してきました。

やらなくてはいけないこと。
だけど、出来なかったのです。

だから、私にとっては今までTodoだったこの子達を達成することが、第一歩になります。

先程の短期目標を使って、達成のために必要なことを考えてみようと思います。

【短期目標】

→そもそもとして、精神との戦いです。
私には続ける力が圧倒的にない。
そこを維持する精神力を、まずは全体的に身につけないと達成は出来ないでしょう。

→短期目標を以前はTodoとして設定していたため、目標同士がリンクしていることが多いです。

・1日 1記事(ブログ)
→多趣味を活かす。
些細なことでも、人の役に立てるかもしれないと言い聞かす。

・1ヶ月 100枚(イラストAC)
→実際1枚あたり2-3分で描けるんです。
描きたいと思うものをメモにする。
ついでに作成動画をYouTubeにアップ。

・1ヶ月 1スタンプ(LINEスタンプ)
→1日1〜2イラストで達成出来る。
これも描きたいと思うものをメモする。

・週2〜3 動画投稿(YouTube)
→やりたいことは山ほどあります。
なるべく溜めない。
編集技術が乏しすぎるので勉強要。
ゲームはこまめに撮る。

▶︎収入を上記で得ようとしているわけだから、仕事だと思う必要がある。
サイトのメンテナンス、リンクの管理や宣伝もしっかり丁寧に行う。

・メモをとる習慣
→これは私にとってきっと重要。
脳内管理が多い私。
整理をする、見える化する。
根本的にここをしっかりしないといけない気がする。

・スケジュール管理をしっかりする
→先述した通り、仕事だと思わないといけない部分が多いため、考え方を一掃する。
趣味でお金を稼ぐというのは、趣味を仕事にするということ。
趣味と仕事の境目をしっかりつけた上で、時間をきちんと管理する。

・時短メニューで炊事をしっかり
→嫁としてやる当たり前のこと。
時短さえ趣味みたいなものなんだから、そこをうまく活用する。

・家計簿の管理
→稼ぐだけじゃなくて貯める。
そのために出来ることを考える。

・規則正しい生活
→朝起きる習慣を。(午後から仕事なため、ギリギリまで寝てることが多い)
そこから、不眠を改善するようにする。
夜寝れないことを焦らない。

・宅建合格→もはや興味は薄れてるw
→やらなきゃ。

・英語でやれる事を増やす
→Hidden Cityを英語に変えてみました。(日英で攻略動画をする予定)
→英語の記事実行も頭に入れておく。
→日々の中で英語を取り入れる

書きながら見えてきたことがありました。
私、本当にやりたいことが多い割に、なんにもメモを取ってないんだなぁと。

というか取ってるんですけど、その紙をすぐに無くすし、見ないんです。

メモを書くスキルがないのかも。
でもやりたいこと別にルーズリーフなどに書いて、まとめても良いかもしれませんね。
努力の証としても。

全体を通して

兎にも角にも、大前提として、意識改革の必要性があることが分かりました。

情けないほど、私は意志が弱いんです。

いきなり長期目標は達成出来るわけないんです。

短期目標を達成し、中期目標を達成し、そうやって長期目標まで辿り着くものですよね。

自分を追い詰めるわけではなく、奮い立たせないといけませんね。

息抜きもしながら…息抜き中にしてることもブログや動画にしたくなっちゃいそうですがw

文字を書いたり、何かをシェアしたり、本当は私は大好きなんだと思います。

好きなことで生きていくためには、好きなことを続けるというのも大切なのかもしれないですね。

多趣味はOK、でも飽き性は直していかなければいけませんw

【余談】ちなみに、オーストラリアで何がしたいの?

私たち夫婦が、オーストラリアにこだわる理由。

私の場合、大学時代に行っていた短期留学から、オーストラリアへの憧れが始まりました。

旦那は、私に連れていかれたハネムーンでオーストラリアに恋をしました。

もしかしたら、行っていた場所次第では、憧れる場所も変わっていたのかもしれません。

私たちとしては、お金が貯まり次第、オーストラリア横断をまずはしてみようかと思っています。

旦那はどちらかと言うと、オーストラリアに住みながら、今まで通りのスタンスでフリーライターを続けていきたいようです。

私はというと、やりたいことがあり過ぎて迷っています。

オーストラリアという国を日本へ紹介していくこともしたい。
様々な場所を巡っての紹介もそうですが、オーストラリアの名物やコスメなども…オーストラリアの魅力を伝えていけたらと思っています。

そして、他にも、オーストラリアでの日本語教室などもやれればなぁという憧れがあります。
この辺については、スキルや資格なども視野にいけなくてはいけません。

あとは、留学生サポートなども一応やりたいとは思っているのですが…
知識と英語力がまだまだ足りないのでなんとも。

観光ビザでの往復になるのか、長期のビジネスビザが取得出来るのか…オーストラリアでの起業についても、もっと調べなくてはいけないです。

本当はワーホリを経験しておきたかったのですが、その期間に別れてしまった私たち。
ワーホリの年齢制限を超えてしまいました。

未だに後悔をしていますが、それを諦める理由にしてはいけないと思うんです。

自力で稼ぐことが出来れば、オーストラリアへは行き来することが出来ます。
観光ビザの範囲でも、やれることはやっていきたいし、ほんの少しの可能性でも賭けてみたい。

しっかりと頑張っていきたいと思います。

それでは、今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

悩みを解決?ストレス解消?ブログが効果的?

こんにちは。
近頃モヤッとしております。

気持ちを切り替えようとしても上手くいかない、どうも気分が優れない…
そんなことって誰にでもあるのではないでしょうか。

プロフィールにもありますが、全般性不安障害と診断される前辺りから、私はかなりストレス耐性が低くなりました。

元気だった頃と比べたら、一目瞭然で、人に話しても、寝ても(というか眠れない)、モヤモヤモヤモヤ…
結果として、体調が悪くなるの繰り返し。

正直こういう体調不良にはうんざりしてるのですが、それは受け入れるしかないこと。

でも、少しでもストレスを軽減させたいですよね。

人に話したいの?何を求めてるの?

人に話してスッキリする時と、人に話しても無駄な時ってありますよね。

もしくは、人に話すのさえ憂鬱な時もあるのではないでしょうか。

私は割とこじらせた生き物なので、誰かに話したところで、多分何かを求めているわけではありません。

そして、大人になっていくにつれて、人には話さず自己処理を試みようとするようにもなってきました。

思いの丈を、ノートに書いたこともありました。

だけど、何もかもがしっくり来ないんです。

しばらく考えて辿り着いた結論。

それは、リアクションのない話し相手にひたすら気持ちを聞いて欲しかった。

多分これなのです。

私の場合、何かを吐き出したい時に、相手に意見を求めることがほとんどありません。
聞いてもらっておいてわがままですが。

私とは真逆な意見を言われたところで反論もしませんし、受け入れようとは試みますが、割とうわの空だったりします。

それが「どうしたらいい?」と、明確に聞きたいことがあるなら話は別です。

じゃなくて、ただ闇雲に、「こーであーでこんなことがあったんだ、疲れたんだ」と、そう伝えたい時。

そんな話を人に話すのも気が引ける時、たまにありませんか?

しかも声に出すことで、余計気持ちが掻き回されるなんてことも。

だからノートに書いてみる。
でも、それはそれで誰も見てない、私だけのノート。

多分私は、何も求めないから、ただ、どこにいるか分からない誰かに、私の気持ちを吐き出したいんだと思います。

友達だからこそ言えない本音、センチメンタルな部分、私にはあります。

全部話せるのが友達だと言われてしまえばそこまでですが、でも私はそうなんです。

話してると言いたいことの全てが言えないこともあるし、本当に思ってるニュアンスを伝えきれないこともあります。

そんな様々なモヤモヤを抱えて、放置してしまったブログ。

でも、また戻ってきました。

ブログは外に向けて発せられるもの。

ブログって、誰かの目に止まるものですよね。

私はずっと、ブログというのは、読んでもらう方にとって有意義である必要があると思っていました。
というか、今も思っています。

もちろん、ブログの目的にも寄るとは思います。(日記とか雑記とか、そういうのは私も自分の書きたいように書いてるし)

私はゲームのことを書いてることが多いので、なかなか気づけませんでしたが、自分自身のことを書いていくのも、時には誰かのためになるのかもしれないと思ったんです。

あとで別記事にて、モヤモヤの経緯について書く予定でいますが…

①何がきっかけだったか
②何が起こったか
③何を感じたか
④何をすべきか

①、②はさておき、③、④は、読んでくれた人に何かしらの影響(良い意味で)を与えられるように書くべきだと思っています。

ただ愚痴のようにつらつら言葉を並べても、結局、何も解決されません。

何を感じて、一体どうしていきたいのか、それをじっくり考えながら、文にしていくことは、自分の成長にも繋がるんじゃないでしょうか。

そういう風に考えてみたら、自分自身の出来事を書いていくのも、読んでくださってる方に影響を与えることになるんじゃないかと思ったんです。

例えば英語…(例えがおかしいw)

英語を話せるようになりたい!
話せるようになった!

なんて報告は求めてないですよね?
一体どのようにして話せるようになったか、過程が知りたくありませんか?

例えが悪かった…w

人間関係や仕事のことで悩んでる方って多いはずなんです。
似たような出来事も沢山転がってると思うんです。

そんな時、自分ならどうするか、どう感じたか、何がベストなのか、自分なりの最善策が誰かの役に立つかもしれない。

自分が悩んでることが誰かの役に立つかもしれない。

対、人に、面と向かって話すと、保守的になってしまうことがあるじゃないですか。
しかもじっくり考える時間もない。

ブログは人に向かって話すけど、充分に時間をかけられます。

思いの丈をまっすぐぶつけられます。
改善点を見つけることも出来るかもしれない。
客観的に自分を見ることだって出来ます。

自分にとっても、同じ悩みを持つ誰かにとっても、良い方向に向かったら、いい事だと思うんですね。

それが出来るのが、この「ブログ」なんじゃないかと思ったのです。

書くことの意味。見てもらえることのありがたさ。

誰かに話を聞いてほしい、でもレスポンスがあることで、余計気持ちの整理がつかない…

そんなことを言っては、聞いてくれてる人に失礼だけども、私はそういう事があります。

特に私は、最後は自分で決めるっていう、頑固なところも持ち合わせているので、結局は自分でどうにか答えを出そうとしてしまいます。

自分の気持ちの1から100までを書くつもりで、尚且つそこで、自分が何を感じ、どうしたいのか、文章と睨めっこしながら書き記していくのは、案外ストレス解消に繋がる気がします。

感情が高まっている時ほど、誤った判断をするし、冷静に物事が考えられないじゃないですか。

不特定多数の方が見てるブログで、(私は匿名で顔も出てないのもあるけど)、自分の気持ちを素直に書くことは、友達に相談するよりも容易いかもしれない。

多少偽善者ぶりたくて、いいことを書こうとするかもしれない。
でも、その偽善者ぶった回答が、私が正しいと思ってることなんだと思うんです。

本当はぶっ潰したい相手、許したくない相手、例えばそんな相手のことを偽善者ぶって、
復讐なんてしても自分のためにならないから、気休めに塩まじないをしようwとか…

内心復讐したい気持ちでいっぱいでも、偽善者ぶって出した「復讐なんて自分のためにならない」という回答。
それは、私の気持ちと裏腹に、私の脳が正しいと思ってる事なんだと思うんです。

自分の書いた偽善者文面に、納得させられることも時にはあります。

何かを書くって、結構意味があることだと思います。

そして、それを見ていただけるという環境。

何もレスポンスが無くても、誰かが知っててくれる、もしくは、知ってくれてるかもしれない程度だって、気休めになります。私は。

たまに、言いたいことを書きなぐった手紙を、紙飛行機にして飛ばしたくなります。

どこかで誰かが拾って読んでくれたら嬉しいから。

私はとてもとても弱いから、どこがで知らない誰かが自分の気持ちを知っててくれることが、本当にありがたいのです。

という訳で、いつもありがとうございます。

それでは、今回も閲覧して頂き、ありがとうございました。

続きを読む

夢は何歳で諦める?いつまで夢を追ってもいい?

こんにちは。
しばらく色々とあり、ブログの更新が滞っていました。

考えることが沢山あったので、今回は「」についての記事を。

私は今年で32になります。
ちなみに旦那も今年32です。

一体私たちは、何歳まで夢を追いかけて良いのでしょうか。

もういい歳して…。それって何歳?

世間的に言われているのは、私の印象ですが「30歳」な気がしています。

特に男性ですね。
女性よりも男性の方が、あーだこーだと言われている印象を受けます。

夢の話とはズレてしまいますが、私自身も30を超えて、生足にミニスカートを履くことを躊躇うようになりました。
派手な金髪も。ガッツリ囲ったアイラインも。

似合ってればいいじゃない、というのが私の本音ではありますが、私自身が多分どこかしらに偏見(自分に対して)があり、人様のことは気になりませんが、自分は歳を重ねるにつれて、格好を気にするようになりました。

言動なんかもそうですが、お酒を大人になっても汚い飲み方したりする人は苦手です。

年齢に見合った格好、年齢に見合った言動…そういうのは大切な気がします。

では、それが「夢」となるとどうなんでしょう。

現実的?!非現実的?!それにもよる?

私の同僚の女性がよく言う言葉があります。

「35過ぎて月給がそんなもんなら、転職考えなきゃダメじゃない?」

「月収18万の男と、結婚した女がバカ」

仕事上、仲良くはしていますが、正直私の感性でいくと、イラッとしますw

こんな話も聞いたことがあります。

「結婚したんだから、安定した生活を保とうとして」

と言われたなんて話。

ここで出た話をまとめると、「結婚」がキーワードな気がします。

結婚をする上で、パートナーがいるのは必然。

よく、女性は現実的だと言いますよね。

私はそういう言い方でいくと、非現実的なタイプの人間なので、参考にはなりませんが、多くの女性は結婚に「安定」を求める傾向にあるのかもしれません。

私個人の見解は?

旦那はフリーライター(ほぼほぼ稼げてませんw)と、夜別の仕事で出稼ぎに行っています。

私はと言うと、プロフィールにもある通り、病気の関係で正社員で毎日働くのが厳しいため、パートタイムで働いています。

その中でも、LINEスタンプやイラストACで絵を描いたり、ブログを書いたり、家でもやれるお仕事?を少ししています。

私は旦那に「サラリーマンをしてくれ」と頼んだことは一度もありません。

行動に移す気があるのか分からなかった時に、少し喧嘩をしたことはありますが。

状況を見れば一目瞭然ですが、私たち夫婦は貧乏ですw

家賃、生活費、その他必要経費を払ったら、貯金なんて出来ません。

それでも私は、旦那がフリーライターの夢を諦めて「いやいや仕事に就く」方がもっと嫌なんです。

周りに話すと確実にバッシングを食らうのは分かってるので、極力話しませんが、価値観の違いを痛いほど痛感するんです。

旦那がそれをやって生きていきたい、それならそれを貫き通してほしい。

私もです。自分がフリーランスで働くのが夢なので、それは貫き通したい。

私たちの悪いところは自分に甘いところ。

本当は死ぬ気になってでも、一生懸命やらなきゃいけない。
そうじゃないと起業なんて出来ないと思います。

ただそこで、いくら失敗してもいいから、挑戦だけはしなきゃいけないんじゃないかと。

挑戦もせずに「夢を追いかけたい」は、ただの逃げ口上に感じます。

だけど、挑戦するのは、年齢なんて関係ないんじゃないの?と私は思います。

「好きなことで飯食ってる人なんて少ないんだよ〜」

それはそうかもしれない。

でも、やる人はやってますよね。
やらない人はやってない。

やらない人が悪いとかではなく、人生一度なんだから、やりたい事をやったっていいじゃないの。

何度失敗したって、何度も挑戦すればいいじゃないの。

私はきっと、失敗したって旦那を責めたりはしない。
責めるのは、挑戦さえしなかった時。

そんな価値観の私が、実際に見てきた、夢を追いかけた人の話を二つしたいと思います。

弟の場合

弟かいwと突っ込まれそうですが、弟です、私の。

彼は今年29になりますが、一度も定職に着いたことがありません。
未だにおんぼろアパートで、一人でギリギリの生活をしています。

じゃあ、そんな弟は一体何をしているのか?

私が言うのもなんですが、弟はとても成績優秀でした。

その後、工業大学に進学し、コンピューターのプログラミング?の勉強をしていました。

ただ彼は、とにかく絵を描くのが大好きで大好きで、大学での知識を活かして、ホームページを作り、自分の絵を載せていました。

結果として、その絵が三年生のころ、ゲーム雑誌の方の目に留まり、ポスターの依頼を受けることになります。

ただ、当時まだ学生だった弟は、学業があるためお断りをしたのですが、相手方は卒業するのを待っています、とのことだったそうです。

そこから連絡も途絶え、卒業が近づいた弟はゲーム会社への内定を貰いました。

そしてそのタイミングで、先程のゲーム雑誌の方からも再度連絡が来たのです。

絵を描くのが本当に好きだった弟は、結果として、ゲーム会社の内定を蹴り、ポスターを書くことに決めました。

その後は、月刊誌の漫画家をやり、今はイラストレーターをしています。

収入は安定していませんが、私には弟が充実しているように見えるんです。

それを、「まったく…定職につけよ」と思う方もいるかもしれない。

けど、私は、子供の頃からひたすら自由帳に絵を描き続けてきた弟を見ているから、やっぱり応援したくなるのです。

私の会社に来る税理士の先生

こないだ、私の会社にきてる税理士の先生からお話を伺う機会があったんですが、実は先生、20年間試験に落ち続けてたのだとか…

その20年間、ただひたすら勉強をして、奥様や子供にも苦労をかけながら、それでも必死に勉強し続けたそうです。

先生が奥様と出会った時、実は奥様は別の男性とお付き合いをしていて、そのままゴールインしたら、社長夫人になってたのだとか。

どういう経緯で奥様が先生を選んだのかは分かりませんが、20年越しで、今は奥様も結果として社長夫人になってますね。

その間一度として、夢を諦めろとは言われたことはないそうです。

自分の価値観、相手の価値観。それが大切なのかもしれない。

私、このまま人生終わるの嫌だ。

そう思ったのが私のフリーランス計画の始まりでした。

お金はそりゃあ大切だけど、やりたくもないことをして大金持ちになるのなら、やりたいことをして大金持ちになりたい。

結果、大金持ちにはなりたいw

けど、その過程において、貧乏生活があったって、最後どうなるかは分からないじゃないですか。

極論、貧乏だって、お互いがやりたいことをやって、それで活き活きとして生きていけるのであれば、その方がいい。

そこで、パートナーが現れてくると、自分一人じゃないから、互いの理解が必要になります。

好きな食べ物の違いなんて、このご時世どうにでも出来る。
刺身が大好きな旦那と、刺身が食べられない私。

仕事で帰りが遅くなる日は、旦那に刺身を用意しておきます。(もちろん半額w)

でも、ゲームが大好きで、ゲームのことを一生懸命調べて、ゲーム関係のライターになりたい旦那。

そんなんじゃ、まともに生活出来ないから働いてよ、というのは簡単ですが、私は旦那からやりたい事を奪いたくはないんです。

ただ、その代わり、そのゲームに全身全霊注いでほしい。

私が求めてることって、結局「一生懸命働いてほしい」っていうところでは、所謂現実的な方々と同じだと思うんです。

綺麗事かもしれないけれど、私は私のため、旦那は旦那のために生きて、それが最終的にお互いのために繋がる気がします。

私は彼に、私のために夢を諦めてほしいとは思わないです。

だから、夢を諦めるタイミングは「年齢」じゃなくて、「燃え尽きた時」なんじゃないかと思います。

燃え尽きた時に、定職が見つからなくても、「やれることは全部した」と胸を張れるなら、それでいいんじゃないでしょうか。

正社員で務めてた時期があった私が、正社員をやめることになり、ついには正社員が出来なくなり、それでやっと気づけたこと。

うまく働くことが出来ない自分にイライラしたこともありました。
それが辛いと思うこともありました。

でも、やりたい事をやれる環境が私には与えられました。

本当にやりたいのなら、私はやった方が良いと思います。

最後にこれで良かったと思える人生を選んだ方が良いと思います。

さて、それでは今回も閲覧して頂き、ありがとうございました。

続きを読む

月間と週間のToDoリストで、ToDo管理をする!

こんにちは。
前回、自分のやりたい事とやるべき事を種類別・頻度別に整理しました。

前回記事

悩む点はあったものの、何とか月間予定表と週間予定表は出来上がりました。

月間予定表で月1~3回のToDoを管理する。

月間予定表には、自分が絶対にやると決めた事を書いています。
(私にしか分からないような内容があると思いますが・・・)

手書き感が欲しかったのですが、定規を使うのも面倒だったので、アイビスペイントで表を作成しました。

「超」がつくほど、だらしない私なので、あまり欲張らず、簡単に出来る事からやる事に・・・。

このマンスリー型の予定表は、基本的に書き込むことはしません。

毎月のやる事を日にち別に記入してあるだけで、確認のために使います。

なので、何月かとか、曜日は書いていません。

その時々で、曜日の関係上やれない可能性も考えて、週に2~3回は空欄の日を設けてあります。

習慣として、きちんと行動が出来るようになったら、空欄を減らしていきたいなと思っています。

月間予定表は確認のための物なので、書き込むことはしないで、実際のToDoは、次にご紹介する週間予定表に書き込みます。

週間予定表で1週間のToDo管理をする!

週間予定表も表を作るのが面倒だったので、アイビスペイントで作成しました。

月曜スタートの予定表にし、日付を自分で書き込むようにしています。

既に書かれている「Weekly ToDo」は、毎週、週に1~3回ほど行いたいToDoを、曜日ごとに割り振って設定しました。

毎週決まってやると決めたことなので、このweekly ToDoが書き込まれている状態の物が「原本」となります。

週に1回コピーして使い回す予定。

この週間予定表の「monthly ToDo」の欄に、先程の月間予定表の予定を自分で書き足していきます。

そんなに多い量を書き込むわけではないですし、週間予定表に書き込めば、1枚の紙で、複数のToDoを確認出来ますしね。

大まかなToDoは予定表上部にある表で確認出来ますが、他にもやりたい細かな事や、その日の都合でやりたい事も出てきそうな気がしたので、下部に曜日ごとのメモ欄を作りました。

ToDoをこなす為の詳細なやり方だったり、毎日のToDo(既に頭に入っていること)の具体的な案だったりを書き込むことも出来ます。

しばらくは、この予定表を使いながら、日々のダラダラを悔い改めていければと思います・・・。

リストを作って3日。リアルな現状。

2017年は5月1日が月曜だったことから、大慌てで上記の予定表を4月中に作り、5月から使えるようにしました。

現在のリストはこんな感じ。

ネットプリントからコンビニで印刷したのですが、なかなか綺麗に印刷されて一安心です。

4月月末に夢の国へ行ったことと、結婚式の相談や打ち合わせなどでドタバタしていたのもあり、出だし早々不安な空気がダダ漏れですねw

予定がどんどん後回しにされています。

火曜日に、コンロを洗う(本来月曜にやる)という作業はきちんとこなしましたが、まだまだ後回しにしたものの消化が出来ていません。

最初のうちは、1週間以上の持ち越しが無いように(そのために土日を最後に持ってきてるし)、進めていこうという甘い考えでいます。

それでも変わったことはあります。

自分好みのToDoリストを作成したので、ちゃんと目を通すようになりました。

今までみたいに、要らない紙に書きなぐっていたのとは訳が違いますね。

やらなきゃいけない事が、きちんとしたテンプレート上で見える化しているのは、有難いです。

あとは本当に三日坊主にならないことを祈る限り・・・w

ToDoをこなすには、こなすための工夫が必要?

この予定表を作ってみて、思ったことがあります。

ToDoをこなすのには「工夫」が必要なんじゃないかと。

例えば「調味料チェック」。
定期的にやらなきゃと思っていたのに、いつも思いつきで確認したり、無くなったまま放置していたりしました。

我が家で使う調味料は、どこの家でも使うような一般的な調味料です。

なのに、オムライスを作ろうと意気込んだ結果、ケチャップが無いなんて事態が発生するのです。

どうせ「調味料チェック」を、月のToDoとして設定したのだから、調味料チェックリストを作成してみようと思いました。

チェックリストが冷蔵庫に貼ってあれば、そこにチェックするだけなので簡単ですよね。

私みたいに片付けや自己管理が苦手な人間にとって、「どうやってやるか」を考える事は、とてつもなく億劫な事なのです。

「買い物してきて!」と言われるよりも、「卵と牛乳を買ってきて!」と言われた方が、遥かに動きやすい。

「調味料の在庫チェックして!」と言われるよりも、「このリストにチェックして!」と言われる方が、絶対に楽・・・。

そもそも、醤油・塩・砂糖・ケチャップ・調理酒……なんて毎回調味料名を書きながらチェックするなんて面倒です。

そう、私は「メモを書く」のが苦手なのです。

正確に言うと、何も無いところに何かを書くのが苦手で、空欄を埋めるとか、そういうのは別に苦手じゃありません。

もともと決まったテンプレートに書き込んでいくのなら、私でも出来る気がします。

「調味料チェック」に限らず、何でもかんでもテンプレート化させるというのは、ToDoをこなすのに必要な工夫かもしれません。

最初はテンプレート作りに手こずるかとは思いますが、しっかりと自己管理をするためにも頑張っていこうと思います。

それでは、今回も閲覧して頂き、ありがとうございました。

続きを読む