100均

【100均】ダイソーのヒマワリとコスモスを育てることにした!

こんにちは。
花を枯らすのが得意な私が、100均(ダイソー)に売っている花の種を購入しました。

とは言っても、水やりは旦那なので、水やりに関しては心配なしですw

ダイソーの花の種は2つで100円です。

野菜もあり、バリエーションがかなり豊富です。

ヒマワリとコスモスの種まき【6/2→0日目】

ではさっそく種まきです。

発芽率が分からないので気持ち多めに撒きます。

まずはヒマワリの種。

そしてコスモスの種。

細くて小さいので、埋めた所は見にくいかもしれません。

両方とも、少し窪みを付け、軽く土を被せただけなので、ちゃんと発芽するか不安ですが・・・

無事発芽しました!

ヒマワリ、コスモス発芽!【6/9→7日目】

発芽と言っても、少し育ってしまっています。

暖かいからか、育つのが早いですね。

ヒマワリはこちら。

種が付いたまま芽が出るんだ~と驚きです。

コスモスはこちら。

細い葉っぱが可愛いですね。

ヒマワリの間引きと添え木【6/11→9日目】

成長がとても早いです。

コスモスも前回の7日目から2日しか経っていないのに、大きくなりました。

写真だと分かりにくいですねw

ヒマワリも大きくなりました。

発芽率が良かったことと、成長が思ったより早かったため、今にも折れてしまいそうですね。

そこで間引きと添え木を行います。

一応小さめサイズのヒマワリですが、どのくらいの大きさまで育つのか、見当もつきません。

コスモスは早咲きなので、少し早めに咲いてくれるかしら・・・?

楽しみですね。

ちょっと成長した彼ら。【6/22→20日目】

あんまり成長が感じられないと思っていたのですが、きちんと成長してくれていました。

ひまわりはこちら。

コスモスはこちら。

コスモスはコスモス独特の細いかわいらしい葉っぱになってくれていますね。

そろそろ本格的に添え木が必要かもしれない。【6/27→25日目】

ひまわりもコスモスも順調に育ってくれています。

ひまわりは、虫が葉っぱを食べている形跡があります。

コスモスも5日前に比べて、ずいぶんとボリュームが増しました。

そろそろ夏も近づいてきています。
少しずつ変化が見られるのが待ち遠しいです。

だいぶ大きく育ってきたので、本格的に添え木。【7/6→34日目】

ひまわりがかなり成長しました。

100均で買ってきた添え木を備え付けました。

芋虫に食べられた葉っぱも、元に戻ってきました。

コスモスのボリュームもアップです。

また日数が経過次第、記事を追加していきます。

それでは、今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

【100均で手作り】結婚式のブーケ&ブートニア

こんにちは。
結婚してから、早9ヶ月・・・ついに結婚式を挙げる事になりました。

結婚式は無理かなーと諦めていたのですが、親族のみの10人ほどの挙式と会食で25万程度で出来ることになり、こりゃあやらなきゃな、と。

25万で済ませる方法については、また別記事で触れたいと思います。

たった1回の結婚式だけど、たった1回だから妥協出来るところはしていきたいですよね。

今回の記事では、ブーケブートニア手作りで、費用を抑えていきます。

ブーケとブートニアの平均費用

私達が挙式をする会場では、造花ブーケのレンタルが5,400円します。

フラワーアレンジメントをしている義弟によると、それでもかなりコスパは良いのだとか。

生花を使うとなると、やはり値段は張ります。

造花の手作りキットなどもネットで販売されていますが、2,500円~10,000円以上まで、幅広くありますね。

値段が高いキットは、プリザーブドフラワーなどを使っています。

2,500円のキットがあるのに、5,400円が安いと言った義弟も、フラワーアレンジメントをしている人間なので、使うお花にこだわりがあるのだと思います。

ちなみにこちらのキットは、ブーケのみです。
送料込みで3,840円、デザインも可愛いですよね。

結論から先に言ってしまうと、私は全ての材料を100均で揃えましたが、約2,000円程掛かりました。

キットじゃない分、自分で全てのアレンジをしなくてはならないし、センスも問われてきます。

ただ裏を返せば、自分で花を選べるので、好きな花を使うことが出来ます。

キットを選ぶか、多少大変でも自分で材料を揃えるか、なかなか悩みどころですよね。

私達は五月末の挙式ということと、旦那が紫陽花を好きなので、100均で材料を揃えることにしました。

100均でブーケ、ブートニアの材料を揃える。

なんとなくで揃えてしまったのですが、私が買ったのは下記の造花とリボン。

紫陽花ボール【白】×2玉・・・200円
紫陽花ボール【紫】×2玉・・・200円
紫陽花ボール【濃い紫】×1玉・・・100円
バラ 大【白】×2本・・・200円
バラ 中【白】×2本・・・100円
バラ 小【白】×3本・・・100円
バラ 小【ピンク&紫】×2セット・・・100円
百合 【白】×2本・・・100円
朝顔【水色】×2セット・・・200円

リボン【サテン青】×1・・・100円
リボン太【サテン】×2・・・200円
緑の針金×2・・・100円

トータル1,700円

ブーケを作るための100均の造花

後から知ったのですが、ブーケを作る時には、色は3色以内&花の種類は3種類までに抑えておくのが、綺麗に作るコツだそうです。

また、花の大きさも統一させるか、大小二種類にすると良いようです。

私の場合、ブルー主体のブーケを作ろうとしましたが、色も【水色・紫(濃いのと薄いの)・白・ピンク(差し色で少し】の5種類。

種類も紫陽花メインに考えた割に【紫陽花・バラ・百合・朝顔】と4種類。

でも買ってしまったものは仕方ない。
使わなかったものも、ウェルカムボードなどで使えるので、とりあえずは良しとしましょう。

100均ブーケ&ブートニアの作り方

ブートニアの花は、ブーケで使う花と揃えるのが基本です。

私はブーケをまず作り、余ったお花でちょこちょこっとブートニアを作る作戦でいくことにしました。

自宅で用意しとくと便利なもの

ニッパー
ハサミ
白いテープ

造花の茎はニッパーじゃないと切りにくいです。

ハサミはどちらかと言うと、リボンを切る時に使います。

白いテープは、最後に持ち手の部分を巻くのに使います。
最終的にはリボンでクルクル巻きますが、白いテープで先に巻いておいたほうが、リボンを巻いた時に裏の緑色が透けません。

さて、早速作り方ですが、茎から余計な葉っぱをカットし、2輪が1本の茎についているものはバラします。

造花をバラす

結構茎が硬いので、切る時には気をつけてくださいね。

そして、針金を使いながらいくつかの花を組み合わせて塊にします。

造花をまとめる

上記の様なものを複数用意。

造花を束にしていく

左右対称である必要は無いのですが、私は性格上、なんとなく左右対称にしたくなってしまいました。

と言ってもブーケを作るのは、初挑戦。

こうやってやるんだよ~と語ることもできないのですが、上の塊を作った後はバランスを見ながら、とにかく一つにまとめていくような感じです。

出来上がったものはこちら。

100均で作ったブーケとブートニア

リボンを巻く前の写真も撮っておけば良かったのですが・・・。

持ち手は、ブーケ・ブートニア共に、サテンのリボンでクルクルと巻いています。

100均の造花で作ったブーケ

どうしても根元部分の針金を隠すのが難しかったので、したからのぞき込まれると、ちょっと汚いのが見えちゃう・・・。

100均の造花で作ったブートニア

ブートニアは小さいし、本数も少ないので、短時間で出来ました。

ブーケと違い、ブートニアは男性の胸に付け、見える面と見えない面があるので、自分なりに可愛い方を見える面にしました。

100均の造花で作ったブーケを上から見た写真

上から見るとこんな感じです。
小ぶりと言えば小ぶりですが、20cm位です。

私は小柄なので、この位でもいいかも。

オーガンジーの記事で周りを囲っても可愛いかもしれないですね。

ユリがど真ん中に来てしまいましたが、初挑戦にしては満足しています。

お花の質を考えると、100均の造花なので、分かる人にはわかってしまうかもしれませんが、今回は特別ブーケトスをする予定も無いので、これで良しとしましょう。

自分の好きなお花を使う事が出来るので、手作りするのもオススメです。

何よりもコスパが良いですし。

ちなみに所要時間は2~3時間くらいでした。

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

100均のネイルシールでネイルアートを楽しもう!

こんにちは。

皆様はネイルシールというものをご存知ですか?

100均でも手に入るネイルシール。

今回は、それを使って、ネイルアートに挑戦してみました。

ダイソーに売っている和柄のネイルシール

ダイソーに限らず、セリアにもネイルシールは売っています。

柄も様々で、可愛いものが沢山あります。

私が今回購入したのは、和柄のシールと同じくダイソーに売っている爪ヤスリ。

img_2224

時期がお正月間際ということもあり、派手にしてしまおう!と思い立ったのです。

百均のものなので、あまり期待はせず、挑戦していきたいと思います。

使い方は簡単で、爪ヤスリをかけた後、シールを貼り、適宜カット、最後にトップコートを塗るだけです。

それでは早速、やっていきましょう。

まずは下準備として、爪を磨く

極論ですが、この作業あってもなくてもいい気がします。

シールの説明書には「爪を磨く」という指示があります。

多分これって、表面を平にすることでシールを剥がれにくくすることが目的だと思うんですよね。

だから、とことん平にしたいなら、爪を磨く→ベースコートを塗るという段階を踏んだ方が、より綺麗に仕上がるのではないでしょうか。

私は面倒臭がりな性格なので、爪なんて磨かなくてもいいんじゃーん?なんて思いましたが・・・それでも一応初めてだし、説明書通り、爪ヤスリはかけることにしました。

img_2226

何もする前よりは輝きが出ましたが、百均のヤスリだからか、私の磨きが足りないのか、まだ少し表面にデコボコが残っているような気もします。

何度か磨き直しましたが、あまり変わらなかったので、先に進むことにしました。

ネイルシールを貼るのは難しい?

爪の形って人それぞれ違いますよね。

様々な方に対応出来るように、シールは爪よりも少し大きめに作られています。

まずは爪の中心に、シールの中心を合わせます。

この時、甘皮から1mm位離してシールを貼ると良いそうです。

シールの中心部分だけを、縦に貼り付けます。

img_2228

※後から気づいたのですが、私これ貼る方向が逆かも・・・。

貼り直しも出来ますが、粘着力が下がるのを防ぐためにも、貼り直しは控えた方が良いでしょう。

縦に貼り付けたら、中心から両脇に向かって、空気が入らないようにゆっくり貼っていきます。

img_2229

これが地味に難しい。

私のように丸みを帯びている爪だと、ピタッと綺麗に貼りつかず、ところどころ折り目が出来たり、浮いたりしていしまいます。

手直しは後でするとして・・・、まずは爪の形にカット。

ハサミではみ出た部分をカットしてから、爪ヤスリを掛けて、爪の淵に合わせて削り取ります。

img_2231

説明書には、「ハサミでカット」という記載は無いのですが、ハサミを使った方が早く出来ました。

img_2232

でもこれ・・・、近くで見るとかなり汚い!!

img_2234

浮いてぼこぼこになっているし、折り目でぐしゃぐしゃだし・・・。

爪の構造上、どう考えても上手く貼れないということは分かっていたのですが、これじゃあまりにも酷い。

いやこれ、きっと器用な人ならもっと綺麗に貼れると思います。

私の力量だとこうなってしまったわけですね。

百均だけど、いざ貼ってみると、柄はとても可愛いので、綺麗に仕上げられたら、だいぶ凝ったネイルアートに見えるはずです。

諦めたくないので、試行錯誤。

結構見落としがちなのが、シールの幅が爪よりも広くなっていて、少し指の肉に貼られてしまっていること。
特に根元の部分に何個かありました。

この余分な部分をカットするだけでも、かなり改善されました。

ヤスリだと難しいので、慎重にハサミで切り落としていきます。

浮いている部分は、硬いものでグリグリ押して、無理矢理にでも貼り付けました。

あまり激しくやると、シールが破けてしまうので注意です。
(私は何回か破きました・・・)

ここまでか・・・と、自分が納得出来たところで、トップコートを塗ります。

img_2235

トップコートを塗っても、デコボコのカバーは出来ませんでした。

う~ん。

迷った挙句、ラメ入りの透明マニキュアに頼ることに。

ラメが入っていると、ちょっとぼかしてくれるような印象があったので。

img_2236

どうでしょうか。

よーく見ると、まだまだおかしなところは沢山ありますが、だいぶ見れるようにはなってきたと思います。

自分でやっているので、どこがおかしいか、どこが汚いかというのが分かってしまうものですが、割と遠目で見ると気付かれません。

img_2237

結構爪の先端なんかは、シールが剥げているのですが、和柄という柄が「赤、黒、白、金」を使っているので、剥げていてもあまり目立たないです。

12月30日に貼って、現在1月3日ですが、「自分でやったの?」と驚かれることはあっても、「変だよ」と突っ込まれることはありませんでした。

よく見ると汚いんだよーと、見せるのですが、ネイル自体に興味がない人からすると、あまり良くわからないそうですw

私はネイルに興味津々なので、人のしているネイルは遠くからでも凝視してしまうんですが、よくよく考えてみたら、そんなに長い時間、人の爪を凝視する事はあまり無いですね。

1回目だし、多少の失敗も仕方ない・・・。

ただ、こんな可愛い柄を自分で描くなんて無理だし、手間と労力を考えたら(シールを貼るのにも労力は使ったけれど)、コスパはかなり良いですね。

初めてやる方は、2時間位見といた方が良いです。

20分、30分そこらで終わるほど簡単ではありません!
↑私が甘く見てただけ。

ちなみに楽天でも、ネイルシールが売られていますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便OK】First Kiss(ファーストキス) Nail Dress ネ…
価格:540円(税込、送料別) (2017/1/4時点)

ネイルシールってどうやって剥がすの?

実は、私がネイルシールに惹かれた理由の一つが「剥がし方」にあります。

なんと、シールの端っこをめくって、ゆっくり剥がしていくだけなんです。

除光液を使うのって面倒臭いし、これは楽チンだと思いました。

ただ逆に、それってイコール剥がれやすいということなんじゃないかと思いましたが。

説明書には「お湯に浸すとより剥がれやすくなります」と記載があります。

ということは、お風呂の中に指を入れたら剥がれちゃう・・・?

と思い、湯船には指を浸らせないようにしました。

ブログ的には、お風呂に浸けて、剥がれるかを試すべきなのでしょうがw

シャワーや洗髪はいつも通り行って、それでも現在5日はもっています。

実際のところ、30日に貼り付けて、正月をこれで越せればいいや、と思っていたので、これはかなり嬉しいです。

洗い物をしてると先端は少しずつ剥げてきてはしまいますが。

かなりピタッと貼り付いてくれているので、まだもちそうな気はします。

ただ、本当に近くで見るときたない部分が多々あるので、自分がそれに嫌気を指して、剥がしてしまうんじゃないか・・・という心配はあります。

自分のネイルって、やたら目に付くんですよね、当たり前といえば当たり前なんですけど。

柄も可愛いし、コスパも良いので、また今度は別の柄で挑戦したいと思っています。

そして慣れてくれば、もっと綺麗に貼れるのかなーとも思ったり。

私は器用ではないので(不器用ってわけでもないけれど)、器用な人ならちゃちゃっと綺麗に貼れるかもしれません。

器用でない人でも、シールを貼るだけなので、ぜひぜひオススメな商品ですよ。

ネイルアートに興味がある方は、百均でご購入されてはいかがでしょうか。

それでは、今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

100均の材料でジェル(ゼリー)キャンドルを手作り!

こんにちは。
100均の材料だけで、ゼリーキャンドル手作りできるってご存知ですか?

何かものづくりがしたいと思っていたのですが、ああいう「ものづくり体験」って結構お値段が高いですよね。

今回は相方と2人でジェルキャンドル作りに挑戦です。

ゼリーキャンドルの材料は全て100均(キャンドゥ)で買える!

ジェルキャンドル作りに必要な物は、すべて揃います。

今回私たちは、芯を買うのを忘れて、芯は手作りになってしまいましたがw

実際に買ってきたものはこちらです。
life-zairyou2
life-zairyou1

ジェルキャンドルを入れる容器

四角いものから丸いもの、お椀のようなものまで、様々な形があります。

また大きさも写真の容器の2倍位のものもあります。

ジェルキャンドルは側面から並べた模様を見ることが出来るので、透明なガラス製のものが良いでしょう。

ジェルキャンドルチューブ

後でお話しますが、このまま使うのではなく、ジェルは温めて溶かしてから使います。

透明や青の他にも、ピンクや黄色などの色付きのジェルがあります。

カラーサンド

白いサンドは1色入りで量が多く入っていますが、色のついたサンドは2色入りで売られています。

重ねて層にしたり、そのまま一色でシンプルにキャンドルを飾ることができます。

置き物

100均で用意されているのはガラスで出来たものですが、熱に耐えられるものなら大丈夫です。
生き物の置き物を置くことで、可愛らしい仕上がりになります。

続きを読む