VoiceTube

【VoiceTube】英会話初心者のためのオーバーラッピング【英会話練習】

こんにちは。Sachaです。

以前、とても素晴らしい英語学習アプリを見つけたということで、VoiceTubeを紹介しました。

リスニングとスピーキングが圧倒的に足りなかった私にとって、両方を練習出来るこのアプリは、まさに探していたものでした。

そこで練習として試みようと思ったのがオーバーラッピングという練習法です。

今回はオーバーラッピングについてと、実際やってみてどうだったかの感想を書いてみようと思います。

オーバーラッピングって何?

オーバーラッピングとは、スクリプトのある英語音声に合わせて、同じように同時に読み上げていく練習法です。

あとから追っていくシャドーイングとは別で、音声にそのまま重ねて読むようなスタイルになります。

同じように読むということは、同じ発音、同じスピード、同じ抑揚を求められることになります。

これはリスニングにも効果があり、スピーキングにも効果があると言われています。

初心者のあなたがやってみて、実際に出来たの?

私がやってみてどうだったのか、それはこちらをご覧下さい。

スヌーピーの約2分の動画を使うという、比較的シンプルなもので挑戦してみたのに、初回は何度練習しても思うようにいきませんでした。

自分流の発音がそう簡単には消えない。

自分の思う「音」が、かなりネックになってきます。

ちゃんと聞こうとしてるの?
と自分に喝を入れたくなるほどです。

スクリプトというものを読もうとするからいけなかったのかもしれないですね。

音を聞き、音をそのまま言う。
結構困難な作業です。

「口を大きく」と言いますが、本当に口を大きく開けられる状況じゃないと、英語は全然言えません。

私の動画を見た方は分かるかと思いますが、「ちゃんと聞きなさい」と言いたくなるような違いが沢山あったと思います。

速すぎ、速すぎ!何言ってるか分かんないよ!

どうして英会話において、単語と単語を分けて話してくれないのでしょう。

いくつか例をあげます。

「I didn’t 〜」これを無理やりカタカナに直すなら、私には「アイディント」に聞こえました。

「True or False test (○×テスト)」も「トゥルーァフォーセスト」に聞こえるんです。

聞こえるままに言えばいいのは分かるのですが、案外スクリプトがネックになり、追いつけません。

(スクリプトのせいにするなw)

でも、「False test」の「t」の音が聞こえないのに「test」って分かるものなのでしょうか?
疑問です。

それとも言ってたりして?

一日目で効果が出るなんて思ってはいませんが、こんなにまで酷いのかと愕然としました。

ひとつの単語でさえ、速いったらありゃしない。

よく聞くと、しっかりと単語の音を発音しているものもあるのです。

が、本当に速くて、よく口が回るなぁと。

日本語の早口言葉よりも早いんじゃないかと思います。

多分、私の中で「カタカナ」がきえないから言えないのではないかと分析しました。

「something」を「サムシング」だと思うと、五つの音を発音しなきゃならないですよね。

でも決して「サムシング」ではないということを念頭に置いておかないといけません。

たったひとつの単語でさえ、同じように発音するのは難しかったです。

私がオーバーラッピングから得たいもの

VoiceTubeでは、その場でオリジナル単語帳を作ることが出来ます。

なので、まず語彙を増やしたいです。

そしてもちろん耳も良くしたい。
発音も綺麗にしたい。

ただ、それだけではなく、私は「何も見ずに言えるようになりたい」=「フレーズを自分のものにしたい」という考えがあります。

HelloTalkを使ってても思いますが、たった一言の日本語を日本人と同じようにすぐに言える外国人の方って居ないんです。

はじめから、効果が一日で出るなんて思っていません。

とはいえ、一週間やっても、一ヶ月やっても、一日目と変わらないようなら、諦めた方がいいのかなとも思っています。

余裕が出来てきたら、シチュエーションを想像しながら、自分でなりきって言うように心がけていくつもりです。

悲惨な動画をあげていたけど、どうするつもり?

実はこの検証、「成果がある」という前提で、成長過程をお届けしようと思っていました。

ただ、一日目であそこまで苦戦するとは思わず…このままただただ練習している姿を上げていても仕方が無いと思っています。

なので、○日目、○日目、と成果だけを披露していき、自分なりに完璧になった姿をまずは動画にしていく予定です。

そして、今度はそれを何も見ずに言えるようになったところで(なるのか?)、使えるフレーズを紹介したいと思います。

この過程の繰り返しにおいて、オーバーラッピング出来るようになるまでの時間や聞き取れるまでの時間も短縮されるのか、そういったところも見ていきたいです。

間違った方法を続けても上達しない。

これが私の最大に恐れている部分でもあります。

だけど、英会話において、必要なのってスピーキングとリスニング。

毎日聞いて、毎日話す。
この動作以外に、書いたり読んだりすることが英会話において役に立つとは思えないのです。

フレーズ集の音声を聞いて真似るのも考えましたが、リアルな英語を学びたかったので、VoiceTubeにしました。

ここで不安になってくるのが、「意味まで理解できるのか」「言いたいことを言えるようになるのか」という点です。

オーバーラッピングって、意味もなく続けてても、なんとなく、音の真似事をしてるだけな気がして、ちょっと怖いというのが本音です。

でも今後、様々な動画での練習をするつもりなので、自分の中でコツやアレンジ方法を見つけられるかもしれません。

「声に出す」からこそ見えてきたものがあった。

英語を声に出す練習なんて、私はしてきませんでした。

単語は練習すれば、書けるようになりますよね。

英文法も覚えれば、英文が書けるようになりますよね。

最初は何も単語なんて知らなかったはず。
英文だって組み立てられなかったはず。

最初、とんでもない英語でオーバーラッピングの練習をした私。

「あぁ、もう無理だわ」と8割思いました。

でも何故か、「続けてたらどうなるの?」と気になったのも事実です。

何か変わるのか、ちょっとだけ、楽しみになったんです。

「声に出す」ということが、どんな成果を見せるのか、オーバーラッピングという練習法が、意味のある方法なのかどうなのかを見定める意味でも、暖かく見守って頂けると嬉しいです。

それでは、今後ともよろしくお願い致します。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

「VoiceTube」で、英会話初級者の私がどこまで成長できるのか、試してみようと思う。

こんにちは。Sachaです。

前回、VoiceTubeの機能や使い方について、説明させて頂きました。

私も使い始めたばかりなのですが、とても魅力的なので、よそ見をせず、VoiceTubeに絞って英会話の練習をしてみようと思います。

英会話学習で知りたいのって「過程」じゃない?

「英語を話せるようになりました」という方のレッスン動画、とても役に立つ物が多いです。

多いのですが、喋れてる姿しか知らないから、どうやって喋れるようになっていったのか変化が分からないんです。

話せる前の英語→話せるようになったあとの英語、その「→」の過程が気になったりしませんか?

私は気になるんです。

今は英会話教材なども山ほど売られている時代。
そして詐欺も多い時代。

結果だけ見れば、「やりたい!」とは思うけれど、本当に出来るようになるのか、それはそれで不安なんですよね。

そこで英会話初級者の私が、Voice Tubeで練習を重ねていったらどうなるのか、動画におさめていきたいと思います。

英語を話せない私が言っても説得力ゼロなのですが、ゼロだから伝えられることもある!はず!

具体的にVoice Tubeで何をしようとしてるの?

ここに来て、こんなことは言いたくないのですが、どんなに練習しても、結果が出なかったらどうしようという不安があります。

何故かって、私は今まで英会話の勉強をしてきても上達しなかったからです。

ただ、一つ言えるのは、今までの勉強は、インプットメインだったということです。

アウトプットに真剣に取り組むのは今回が初めてなのです。

で、一体何をしたいのかと言うと、「オーバーラッピング」。

動画から流れてくる音声と、同じタイミングで同じように話す練習法です。

正直、どうなるのか、全く想像がつきません。

なので、それなりに作戦は練ってあります。

「急がば回れ」。焦らず着実に努力をしてみる。まずはフレーズから。

なんでも急いで結果を求め、ダメだと諦めてしまった私。

一ヶ月、三ヶ月、半年、一年、と少しずつ変化が出てくるかもしれません。

実はVoice Tubeで少し練習をしているのですが、3分程度の動画を完全にオーバーラッピング出来たことはまだありません。

なんなら、15秒程度の文に15分かかりました。

じゃあ、3分の動画じゃ、3時間かかっちゃうね!

3時間、私がひたすらオーバーラッピングする動画なんて、誰も見たくないはずです。

なので、まずは簡単なフレーズから、練習をしていきたいなと思っています。

慣れてきたら(慣れてくれればいいけど)、スピーキングチャレンジや、短めの動画なので丸々やってみるのもありかなぁとは思っています。

練習の中で役に立つものはシェアしていきたい。

ただの練習動画にはしたくないという思いがあります。

「ねぇ、これ使えない?」と思ったら、それはもちろんシェアしたいと思っています。

Voice Tubeって、活きた英語を流してくれるのも魅力の一つなんです。

吸収出来ることが沢山あると思います。

動画とブログの併用でやっていきたい気持ちもあるのですが、こればっかりは、試したことがないことなので、先がまったく読めません。

脱カタカナ英語。それも目的。

スクリプトがある事のデメリットは、英文を脳内で読んでしまうことだと思っています。

例えば「I am Japanese.」。
外国人の方は「アイアムジャパニーズ」とは言ってませんよね。

一つ一つの「音」をきちんと聞きながら、レッスンに励みたいと思っています。

そして、私が衝撃を受けた「わたしどぅー」。
「What does she do?」なんですが、私には「わたしどぅー」に聞こえました。

英語の何が聞き取れないって、単語を一つずつ読んでくれないところ。

というか、一つずつ言われても聞き取れないこともあります。

「マクドナルド」とかいい例じゃないですか。
私には「まかなーだ」に聞こえます。

もうこの文字起こしが良くないのでしょうが…。

これを所謂「日本語脳」と言うのでしょうね。
そのへんも直したいのです。

私の脳内はこうです。
「まかなーだ」→「ん?マクドナルド?」→「Mcdonald’s」→「🍔🍟」。

英語脳ってきっと、「Mcdonald’s」と言われて、脳内にポテトやハンバーガーが浮かぶことなんだと思うんです。

何も考えずに英語を言ってみたい

英会話の最終地点って、「思わず口から英語が出る」ということだと思います。

私はスピーチコンテストに出たいわけではないから、言えるようになったフレーズは、自分の口から自然と言えるようになりたいんです。

使えるフレーズは、スピーキング機能で録音して置くと、あとからわかりやすいかも知れないですね。

発音出来ることが、聞き取れることの最大の近道。

英会話について調べていて辿り着いたのは、日本語と英語の発音の大きな違い。

日本語にない発音が英語にはあるから、どうしてもそれが聞き取れない。

発音が出来れば、その音を知っているから、聞き取れるようになるそうです。

そして、無駄に発音にこだわりすぎるのも良くないそうです。

日本人もそう。
訛っていたりしますよね。

英語は日本語の何倍という人口が話す言葉です。

訛りがあるのは当然なんだとか。

だからまずは、自分の中で聞こえた音を限りなく再現出来るように、そこから始めていきたいと思います。

実は、不安しかない。

やる気と同時に比例しているのが「不安」です。

私の悪い癖でもあるのですが、先を考えすぎてしまう。

前にフレーズ集を一冊やりきったことがありました。
私がいくつのフレーズを覚えてると思います?
10もいかないです。

使わないものは忘れるんですよね。
そりゃそうだけど、当時はかなり切なかったです。

今回もそうなんです。
じゃあ動画一本を、スラスラ言えるようになったとして、そんなことを繰り返したとして、それがイコール英語を話せるようになることに繋がるのか…

正直なところ、リスニング、スピーキングが出来るようになっても、自分で話をするのは無理なんじゃないかという思いが消えません。

だから、どこかで工夫は加えなきゃいけないとは思っています。

かと言って、聞き取れない話せない私が、今の段階で、こうしたら話せるようになるかも!なんて案も浮かんでくるはずがない。

ただ、何もせずに結論は出したくないんです。
やることをやってから物は言いたいです。

なので、不安はひとまず抱えながらも、やれることはやっていきます。

英語学習に正しい方法ってあるの?

あるのかもしれません。

でも、私はやってきたものはほとんど身になりませんでした。

それは私の努力が足りなかったのかもしれないし、私にはあってなかったのかもしれないし、それこそ、やり方が違ってたのかもしれない。

「英会話上達」という単語で、何度もネット上を徘徊しました。

見事に、言ってることが違うんです。

言ってることは違うんだけど、大体の方で共通してる点が二つありました。

①アウトプットしている
②努力をしている

勝手に楽して、声も出さずに英会話出来るようになったという人は居ませんでした。

ちょっと私、頑張ってみようと思います。

それでは、今回も閲覧して頂き、ありがとうございました。

続きを読む

【VoiceTube】オススメの英語学習アプリ!VoiceTubeの8つの魅力!

こんにちは。Sachaです。

先日、「私の英会話勉強法は根本的に間違ってたのかもしれない」という記事を書かせていただきました。

そして、私は今までの英文をインプットする方法から、アウトプットする方法に視点を変えてみようという作戦に変えたのです。

私がとにかく身に付けたいのは、リスニング力とスピーキング力。

リアルな英会話をリスニングしながら、スピーキングまで練習出来る、そんな画期的なアプリがあることを、皆様はご存知でしょうか?

実はそれが、「VoiceTube」というアプリなのです。

今回はVoiceTubeの魅力を8つに分けて、説明させていただきます。

英語学習を有料でする時代は終わった?完全無料で利用出来る!

時間が無いなら時間を作れ、やる気がないならやる気を出せ…

英会話学習において、やる気と努力を兼ね備えていれば、「頑張る」ということは可能ですよね。

だけど、「お金が無い」。
こればっかりは、英会話学習において、「じゃあお金を稼げばいいじゃん!」とは簡単に言えないところでもあります。

実際うん十万円もするような教材を、私は買えないです。

魅力があるか、詐欺だったらどうか、そういうことよりも、それを払うだけのお金が無いという恥ずかしい話。

話は逸れますが、いつからか、私のブログは「無料で〇〇できるよー!」なんて事ばかり言ってるような気がします。

英会話を身に付けることにおいて、失敗してきた人は少なくないと思います。

お金があって、お金を出しても上手くいかなかったという経験がある方もいるのではないでしょうか。

お金を出すから気が引き締まるというのもあるかもしれませんが、ちゃんとやる気がある人は、お金を払わなくてもやる時はやります。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、このVoice Tubeというアプリ、全ての英語学習が完全無料で出来てしまいます。

要は使い放題やりたい放題ですね。
機能については下記に書いていきますが、やり方次第では、独学で英会話を身につけるのに素晴らしく役に立つ英語教材なのではないでしょうか。

リアルな英語を聞くことが出来る!

Voice Tubeでは、YouTubeの中やTedなどから短めな英語動画(約1分〜8分)を集めています。

外国人が実際に話している動画なので、生の英語を聞けるという環境になります。

英会話の勉強をしていて怖いことは、本になっているフレーズ集などの英語を実際に外国人が使っているかという点。

「How are you?」という質問に、「I’m fine,thank you. And you?」と言う返答を習ってきたのは、私だけではないはずです。

英会話ものの動画を見るようにしてるのですが、「How are you?」に対して「How are you?」返しをしている光景を割と目にします。

日本語で言うと「やぁ」「あ、やぁ!」的なノリなんだそうです。

それを分かってても未だに私は、「How are you?」の問いに「私の調子を答えなければ!!」とてんやわんやしてしまうのです。

逆も然り、日本語を勉強している外国人に対して私が抱いたのは、「日本語学校に行っている人」の日本語は、異様に堅苦しく違和感を覚えるということです。

それに対し、日本人の友達を作ったり、日本で仕事をしている人の日本語っていうのは、とても自然。

どちらも間違っているというわけではないのだけれど、私が目指しているのは、教科書例文のような会話ではなく、ごくごく普通の日常会話。

外国人の人の英語を聞いて分かったのは、単語が単語ではないということ。

「アロー」って何?と聞いた私に、「そんなこと言ってない」と言ってきた人がいました。

「いやいや言ってる、今言った!最後に!」と言ったところ、「at all ね」と言われて、衝撃が走りました。

Voice Tubeを見ていても、「その単語の数をこのスピードでよく言えるな?!」と思うことが多いのですが、消えてる音繋がって合体してる音があったりします。

リズムやアクセント、そういったものを掴んでいくのに、活きた英語を聞けるのって、学ぶことへの不安がなくなりますよね。

ジャンルの数が多いから、動画を探すのも楽しい!

動画が山ほどあるこの時代に、ピンポイントで目的の動画を探すの(しかも外国人のだと)って難しいですよね。

Voice Tubeでは、英会話学習に適した動画を、しかもジャンルに分けて紹介してくれています。

一つ一つどんなものかご紹介したいところですが、なんと21ジャンルもあるので、どんなジャンルがあるのかと、私のオススメジャンルをピックアップしてご紹介したいと思います。

①イチ押し動画

②トレンド

③編集部おすすめ

④日英字幕

⑤TED Talks

⑥レクチャー

⑦BBC

⑧CNN

⑨英語学習コツ

⑩ビジネス英語

⑪バラエティ番組

⑫映画

⑬洋楽

⑭アニメ

⑮こども英語

⑯TOEIC対策

⑰TOEFL対策

⑱IELTS

⑲初級レベル

⑳中級レベル

21上級レベル

試しに初級と中級は聞いてみたのですが、違いが分からない=初級者過ぎて分からない状態でした。

使ってる単語とか言い回しが違うのかな?
初級でも、スピードとしては、私にとっては速さです。
でも、海外旅行とか行くと、そんなもんです、速さは。

そんな初級者の私がオススメしたいのが、まずは「イチ押し動画」。

動画の数がとても豊富なので、探すのに困ってしまう!なんて時は、イチ押し動画の中から興味があるものを見つけています。

そして「映画」もなかなか面白いです。
予告編などがあるので、モノマネ大好きな私としては(すごいどうでもいいw)、予告編を英語で再現して、旦那に披露してみたかったりします。

初級者にとって意外と難しいのが、実は「アニメ」なのかな?と思ったりもします。
子供が見るようなアニメなのですが、日本と同じように、特徴的な声のキャラクターが居たりするので、何言ってるのか全然分からなかったりします。

私だけかもしれませんが、相手の声質によっても、聞き取りやすいものと聞き取りにくいものがあります。

「初級レベル」の中から絞って、興味があるもので、聞き取りやすいものから練習してみるのも良いかもしれないですね。

「英語学習コツ」では、読んで字のごとく、英語学習のコツを英語で教えてくれます。
外国人が直々に「発音の仕方」などを教えてくれるのでタメになります。

自分が興味があるものをどんどん聞いてみると良いと思います。

ちなみにたまたまダニエル・ラドクリフ君のバラエティ動画(中級)を見つけてしまい、私はハリーポッターが大好きなので、つい見てしまいました。

スクリプト(字幕)があるので、普段見れないものも見ることが出来ちゃいます。

リスニング&スピーキングの練習にはもってこい!

先程も言った通り、スクリプトがついているんです。

ものにもよりますが、日本語字幕がついてるものもあります。
パッと見、初級中級はほとんどついています。

動画全体のスクリプトではなく、文節ごとに区切ってくれているので、リピートしたければ、その部分をタップするともう一度聞くことが出来ます。

「Thanks for watching my video」というフレーズをやたら再生してしまいました。

文章的には簡単だと思うのですが、これをかっこよく(ネイティブらしく)言えるかと言われると、私は言えないからです。

じゃあ、言いたいフレーズが出てきたら、それを真似しちゃえばいいじゃない!
ということで、便利なことに、スピーキング機能まで備わっています。

動画再生画面から「スピーキング」を選択すると、録音画面に移ります。

ひたすらフレーズが流れ続けるので、それを自分の声で録音して、聞くことができます。

どこかネイティブと違うのか、聴き比べが出来るのが良いですね。

「スピーキングチャレンジ」で、スピーキングに挑戦も出来る!

毎日「スピーキングチャレンジ」というものに挑戦出来ます。

短めの文をスピーキングチャレンジしてくのですが、これが難しい…!

私は根性無しなので、まだ一回しか挑戦していないのですが、ほんの15秒程度の文で、録音するのに15分位かかりました。

速度についていけないのもそう、リズムがつかめないのもそう、だけど分かったのは、練習すれば上手いか下手かは関係なく、手も足も出なかった文章が読めるようにはなるということです。

そして嬉しかったのは、Voice Tubeさんが、録音にコメントをしてくれていたことです。

そういう優しさが、モチベーションアップにも繋がりますよね。

自分だけの「発音付き単語帳」が簡単に作れる!

動画を再生している時、分からない単語が出てきたら、その単語を長押しすれば、単語の意味と発音が表示されます。

その単語をハートボタンでお気に入り登録すれば、それがマイページのオリジナル単語帳に登録されます。

英会話を勉強するにあたって、その場で単語の意味を調べられることほど、助かることってないんですよね。

面倒臭がりな私にとっては特に。
分からない単語を後回しにしてしまうから、今までも一定ラインを超えられなかったのだと思います。

なのでこの機能は本当にありがたいです。

マイページでお気に入りの動画や履歴などが管理できる!

ただ単に、動画を字幕付きで見ることが出来るわけじゃないのが、Voice Tubeの凄いところです。

継続日数や勉強時間なども表示されます。

そして、先程も言ったオリジナル単語帳や、自分が練習用にお気に入りにした動画、見た履歴、スピーキングチャレンジ、録音した音声がマイページで確認できます。

初級者であればあるほど、練習に使える動画って絞られてくると思うんです。

沢山の動画の中から再度見つけ出すのではなく、マイページから辿っていけるのは便利ですよね。

また、自分の録音を聞き返せるのもとても役に立ちます。

英会話には点数がありません。
自分の上達が目に見えないんです。

だから、最初はどのくらい喋れてたのか、発音はどうだったのか、そういったものを確認するのにも使えると思います。

公式ブログで英会話に役に立つ情報を見つけられる!

VoiceTubeさん、InstagramやTwitter、ブログなども運営されています。

アプリ右下の「more」よりリンク先へ飛ぶことが出来ます。

英会話に関するお役立ち情報などを書いてくれているので、読んでいてタメになります。

Voice Tube のまとめ

日本に居ながら、無料でリスニング&スピーキングを練習していきたいと思い始めたのは最近のことでした。

そもそも私は、英会話を習得したいのに、「声を出すこと」をずっとしてきていなかったんです。

YouTubeでも字幕がついているものもありますが、それを探すことも大変です。

自分にぴったり合った興味のある動画を見つけるのも大変。
日本語の動画ならまた別ですが。

そして見つけても、リピートしたり、単語の意味を調べたり、「練習」となると、なかなか手間が掛かります。

初級者にとって、長すぎる動画で練習するというのも結構しんどいものがあるのが本音です。

①短時間の動画で、②単語もその場で調べられ、③リピートも出来、④学習時間もカウントしてくれ、⑤無料。

これを兼ね備えているのが、Voice Tubeです。

アプリはAndroid、iPhoneどちらにも対応しています。

VoiceTube - 動画で英語学習

VoiceTube – 動画で英語学習
開発元:REDIDEA CO., LTD.
無料
posted withアプリーチ

それでは、最後まで閲覧して頂き、ありがとうございました。

続きを読む