【独学で宅建】宅建業者が業務する場所【事務所・案内所】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事は約 2 分で読めます。

こんにちは。
宅建の勉強にも飽きてきましたw

でもやりましょう。
前回は、保証会社の弁済業務について勉強しました。

今回は、宅建業者が業務を行う「事務所」「案内所」について学んでいきます。

宅建業者が業務を行う「事務所」「案内所」

宅建業者が業務を行う場所として、一般的に「事務所」が挙げられます。

他にも「案内所」という、モデルルームや現地販売を行う場所があります。

事務所は本店、支店があり、宅建業務を行っていきます。

それに対して、案内所では、申込・契約を行う場合もあれば、行わない場合もあります。

申込と契約を行うかどうかによって規制が変わってきます。

案内所等の届出はどうするの?

申込・契約をする案内所を設ける場合は、業務を開始する「10日前」に、免許権者と、案内所の所在地を管轄する都道府県知事の「両方」に届出を出さなければなりません。

例えば、本店と支店を持った業者が、埼玉県知事の管轄している所在地に案内所を出す場合は、「(免許権者)国土交通大臣に埼玉県知事を経由して」、「(案内所の所在地)埼玉県知事には直接」出します。

届出は、業務を開始する「10日前」にします。

今回も閲覧していただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク

レゴ マインクラフト グッズ LEGO 21115 The First Night
マインクラフトケシゴム スターターセット01 アイアンスティーブとサバイバルパッ...
マインクラフト エンダーマン アクセサリ
マインクラフト アニマル 6パック
Minecraftを100倍楽しむ徹底攻略ガイド [ タトラエディット ]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
-->

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*