2016年 6月 の投稿一覧

アプリ『デコアルバム』で、デジタルスクラップブックを作ろう!

こんにちは。

先日、横浜旅行に行ってきました。

その際の写真をせっかくなので、デコアルバムというアプリを使って、可愛くデコって見ました。

デコアルバムってどんなアプリ?

DecoAlbum デコアルバム プリクラ 日記 プリ帳

DecoAlbum デコアルバム プリクラ 日記 プリ帳
無料
posted with アプリーチ

デコアルバムは無料なのに、かなり高性能で、デジタルスクラップブックを作るのにはもってこいのアプリです。

以下の機能が備わっています。

①写真のサイズ、角度の変更
②フレーム
③スタンプ
④文字スタンプ
⑤写真の追加
⑥写真の切り取り
⑦背景
⑧コロコロスタンプ
⑨テキスト入力
⑩ペン

しかもスタンプやペンも、無料なのに可愛いものばかりです。

簡単なデコレーションから、凝ったデコレーションまで、様々なデコに使えますね。

早速デコアルバムを使ってみる。

先日私がアップした、「マイクラPEのカボチャの自動回収機」の記事画像を使って、デコレーションしてみましょう。

まずはアプリを起動します。

すると、「ライブラリ」「カメラで撮影」「アルバムを見る」という画面になります。

1

今回はカメラロール内の写真を使いたいので、「ライブラリ」を選択します。

2
自分のカメラロールが出てくるので、デコりたい写真を選びます。

3

4

今回は、このかぼちゃを収穫する画像を使ってデコってみます。

5

指で拡大やスワイプすることで、画像を斜めにしたり、大きさを変えることが出来ます。

6

写真をもう1枚あとで追加したいので、斜めに少し小さく設置しました。

7

好きなフレームを選ぶことができます。

フレームも様々な種類があります。

花柄のフレームにしてみました。

8

次にスタンプを置いていきましょう。
9

スタンプも種類があり、大きさや角度を変えることができます。

10

11

星とハートを置いてみました。

だんだん賑やかになってきました。

12

文字スタンプもあります。

まるでプリクラの機械のようですね。

13

写真の追加をしていきましょう。

14

追加したい写真を選びます。

追加したい写真もカメラロールにあるので、ライブラリから選択をしました。

15

今度は「回収中の写真」を追加です。

「Cut」で、自由に写真を切り取ることができます。

16

ハートや星などもありますが、今回はフリーハンドで丸くくりぬいてみました。

17

フリーハンドにすれば、自分の好きな形にできます。
18

なんだか背景が寂しい気もするので、背景も追加です。

19

黄色い背景にしてみました。

20

スタンプは、コロコロできるタイプのスタンプもあります。

21

もう充分な気もしますが、星を転がしてみましたw

22

テキスト入力も簡単にできます。

23

テキスト入力を選択すると入力画面が出てくるので、好きな文字を入れましょう。

24

位置や大きさも自由に選ぶことができます。

25

今回は下の方に設置してみました。

もっと手書き感を出したいという方は、「ペン」もあります。

26

プリクラのように、様々な種類の可愛いペンがあるので、好きなのを選びましょう。

27

太さも調整できます。

殺風景な写真もデコアルバム一つで随分様変わりしますよね。

機能も充実しているので、ぜひ旅行に行った時の写真や日々の写真を可愛くデコレーションしてみてはいかがでしょうか。

それでは、今回も閲覧していただきありがとうございました。

マイクラPE!かぼちゃ・すいかの自動収穫・回収機を作ろう。

前回記事にて、 サトウキビの自動収穫機を作りましたが、今回もまたピストンを使って、かぼちゃ・すいかの自動収穫・回収機を作ってみました。

サトウキビの収穫機

育ったかぼちゃを上に押し上げて、アイテム化したかぼちゃを水流に押し込む!

今回は、収穫だけじゃなく、回収も自動で出来ます。

育ったかぼちゃを押し上げて収穫する回路、アイテム化したかぼちゃを水源に押し込んで回収する回路の2つの回路を使います。

pe

ちょっとこの図解が私の限界でしたw

かぼちゃ・すいかの自動収穫・回収機の作り方

まずは、回収するためのチェストとホッパーを設置するために、水源+回収機の穴を開けます。

pe1

チェストとホッパー2つを並べるために、2段×3マスの穴を掘ります。

そして1段部分は水源になるので、育てたいかぼちゃやすいかの数だけ穴を掘ってください。

※あまり長くすると、レッドストーン反復装置が必要になりややこしくなります。

次にチェストとホッパーを設置します。
pe2

ホッパーの設置のしかたについては、下記記事で確認できます。

水源を確保するために、チェストの隣のホッパーの上に土を置きます。
pe3

先ほどの水源スペースの両サイドを2段掘ってから、粘着ピストンを設置します。
pe5

粘着ピストンを設置したら、その上に土を乗せます。

草付きのブロックを乗せてしまったため分かりにくいですが、水源の両サイドが上に押し上がるようにします。

水源は、ホッパーに向かって流れるように水を流しましょう。

pe4

水源から1マスあけた所に、かぼちゃのタネを蒔きます。

pe6

タネを蒔いたら、作業をしやすくするために、少し作業スペースを広げると良いです。

pe7

裏側にまわって、タネを蒔いた部分の真下1マスを掘ると、先ほど設置した粘着ピストンが見えてくるはずです。

粘着ピストンの手前に、レッドストーン反復装置、レッドストーンを配置していきます。
pe8

完了したら、また水源側に戻ってきて、タネを撒いた部分の真上に普通のピストンを設置します。

水源に向かってピストンが作動するような向きです。
pe9

先ほどの粘着ピストン同様、上に設置したピストンにも、レッドストーン反復装置、レッドストーンを配置していきます。

pe10

水源の両サイドとも完成させると、このようになります。

しっかり、下の回路と上の回路がレバー(ボタン・感圧板)と繋がるようにしましょう。

その都度確かめると、ミスが減ります。

pe11

きちんとかぼちゃも育ってくれます。

pe12

が、育つのを待っていられなかったので、ジャック・オ・ランタンを置いてみました。

これで収穫の準備は整いました。

pe13

取りこぼし発見。

pe14

今回は12個のかぼちゃの回収を試みましたが、8個だけの回収となりました。

pe15

そのまま真横からかぼちゃを押すだけのシンプルな回路も試したのですが、回収率がとても悪かったです。

私の中では、この「押し上げてから押し込む」タイプのものが1番回収率が高いような気がします。

回路をどうにか下にしまいたかったのですが、なかなか上手くいかず・・・。

フェンスや木材でちょっと隠してみました。

pe16

ここまで囲ってしまうと、レバーの位置も変えたほうが使いやすいですね。

中まで入らなくても、チェストの中身まできちんと取り出すことが出来ます。
pe17

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

マイクラPE!サトウキビの自動収穫をしよう!

こんにちは。

今回は導入されたばかりのピストンを使って、サトウキビ自動収穫を作ってみました。

life-pe-1

左側は「回路がむき出し」のもの、右側が「回路が地下に隠れている」ものになっています。

サトウキビは水源の隣のブロックにしか生えず、高さ3段まで育つ植物です。

砂糖にしたり、紙にして地図を作ったり、使い道が様々ありますよね。

1番下の段を残しておくことで、再収穫が可能なので、今回の収穫機では下から2段目をピストンで押す装置になっています。

回路むき出しのサトウキビ自動収穫機の作り方

回路自体はとてもシンプルなものになっています。

サトウキビの2段目の高さにピストンを設置し、同じ段にレッドストーン反復装置を置き、レッドストーンを敷いていきます。

life-pe-2

レッドストーン反復装置を置くことで隣り合ったピストンを全て綺麗に作動させる事が出来ます。

ピストンの作り方【レシピ】

piston

「木の板3枚」「丸石4つ」「鉄インゴット1つ」「レッドストーン1つ」で作ることが出来ます。
意外とリーズナブルですね。

レッドストーン反復装置の作り方【レシピ】

rs

「石3つ」「レッドストーン1つ」「レッドストーントーチ2つ」で作ることが出来ます。

レッドストーントーチの作り方【レシピ】

rst

「木の棒1本」「レッドストーン」で作ることが出来ます。

回路を地下に隠して見栄えの良い収穫機を作ってみる。

回路自体がシンプルなので、地下に隠す方法も簡単に出来ます。

life-pe-3

地下に隠したいので、下からレッドストーントーチで動作を上に作動させていきます。

画像で少し隠れてしまっている部分は、以下の様な仕組みです。

life-pe-4

ブロックとトーチを交互に置くことで、レッドストーン回路の動作を上へ持っていく事が出来ます。

小麦の自動収穫でもこの方法を使いました。

出来上がった回路を並べてみると、画像の様になります。

作り方のベースは、むき出しの回路と同じです。

life-pe-5

穴が空いたままなのもなんなので、埋めて綺麗にしておきましょう。

life-pe-6

地下のレッドストーンの途切れた部分の真上にレバーを設置します。

そして、レバーを押すと、見事にサトウキビをふっ飛ばしてくれます。

ボタンでも大丈夫です。
life-pe-8

(あいだの水源を利用して、自動回収も試みたのですが、飛び散ってしまってダメでした。)

走り回って回収します。

そのまま装置を置いておいてもスタイリッシュな雰囲気になりますが、羊毛などで囲ってみても可愛いです。
life-pe-9

フェンスで囲ってみるのも面白いかもしれないですね。
life-pe-7

ピストンが導入されたことで、マイクラPEの遊びの幅もますます広がりますね。

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

ブレイズトラップの作り方!マイクラPE<ネザー編>

今回はブレイズトラップを作成してみました。

ネザーでブレイズのスポーンブロックを見つけたら、彼らは厄介ですし、上手いことブレイズロッドの製造機&経験値に化けさせましょう。

動画も作りました。

ブレイズトラップの仕組み

今回作りたいトラップがどんなものなのか、簡単に図にしてみました。

pe-br1

スポーンブロックから湧いたブレイズが下に降りてきて、最後には1箇所にまとまるという仕組みです。

それでは、早速作り方に進みましょう。

ブレイズトラップの枠組みを作る。

まずはブレイズの湧き潰しをします。

本当にブレイズは厄介で、1マスでも明かりがないとそこに湧きます。

なので慎重に湧き潰し。

IMG_1119

9×9の床にします。

pe-br2

縦は上下共に2マスずつ掘ります。

pe-br3

※この下に更に漏斗形の穴を作ります。

下は2マス~4マスくらいまでなら、この下に漏斗状(▽)の穴を掘っても、下に行った時にブレイズがきちんと湧いてくれます。

漏斗の分も含めて、スポーンブロックから下に13マスの大きな穴を掘ると楽です。

bure

この時、湧きつぶしをした床は、まだ残しておきましょう。

取り外すとブレイズが湧いてとんでもないことになるので、小さな穴を空けて松明を横につけて穴を掘るか、別の横穴を設けて下の穴は掘る方が良いでしょう。

かなり大変な作業になりますw

私はブレイズが湧いて落ちてくる様を眺めたかったので、漏斗部分は床を広めに取っています。

ブレイズが1箇所に集まるように漏斗の枠を作る。

縦2マスずつの正方形を作りながら、どんどん正方形を縮めていきます。

これが本当に重労働です。

私は直上に床を建てながら、それを足場にし、地道に漏斗を作りました。

IMG_1170

上から順に9×9,7×7,5×5,3×3,1×1の計5段の穴が空いた正方形が出来るはずです。

私は最初に穴を空ける方法でやりましたが、空間察知能力が高い方は、最初から漏斗の形に掘り進めても良いかもしれませんね。

最後の1×1マスの穴を、私は1×3の穴にしました。

というのも、1×1だとブレイズがなかなか落ちてきてくれないのです。

下に半ブロックのスペースを空けておきましょう。

IMG_1185

憎きブレイズを一方的に攻撃出来ます。

周りは見栄えを良くするために、石レンガで壁を作りました。

IMG_1184

見栄えもそうですが、下に掘り進めるので、大きな穴が出来ていたりすることがあります。

ガストに見つからないためにも、しっかり塞いでおいた方が良いです。

ブレイズの湧き潰し部分を撤去する。

枠組みは出来たので、脇潰しをしている床を撤去して、ブレイズを発生させます。

私は変なこだわりがあるので、絶対にピースフルにはしたくないと思っていたのですが、心が折れてピースフルにしましたw

何体ものブレイズとまともにやり合うのは、私には非常に困難でした。

ピースフルにしない場合は、裸で何度もやり合うか、ダイヤフル装備でガチで戦うか、頑張ってください。

ブレイズを発生させたら、きちんと漏斗の中に落ちていくか、下から確認してみましょう。

IMG_1178

作業中に知らないうちに開けてしまった穴や、埋め忘れていた穴が見つかる場合があります。

1マスあるだけでも火を飛ばしてくるので、しっかり漏斗に漏れがないようにしましょう。

私のトラップでは、元気なブレイズを剣で倒すタイプです。

また、延々に湧き続けます。

スイッチのオンオフで湧きを止めるように出来るともっと便利になりますね。

まだまだ改善点はありますが、しっかり動作はしてくれています。

スポーンするところを見るのも面白いですよ。

IMG_1183

余談!途中、誘惑に負けてガストにも負けて全ロスト。

こちらは余談になりますが、途中下に穴掘りをしていたら、ぽっかり空いた穴の先にグロウストーンがありました。

IMG_1168

誘惑に負けた私は、そのままトラップ用の荷物を持って、グロウストーンの採集に。

ズドーンとガストに撃たれ、そのままマグマダイブ。

皆様も誘惑に負けそうな時は、大切なものをチェストに入れるのを忘れないようにしましょうw

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

動画はこちらから見れます。

続きを読む