2017年 4月 の投稿一覧

ダラダラな自分をノートで自己管理!ToDoや予定を整理する。

こんにちは。

前回記事にて、ダメダメな自分を直すため、手帳で自己管理をしたものの、ことごとく失敗に終わっているというお話をしました。

前回記事

前回見つけた「手帳が続かない理由」と「改善策」を踏まえ、自分の予定やToDoを整理してみることにしました。

やりたい事、やるべき事を種類別に整理する。

思いつきで行動をする癖がある私は、その時の気分で片付けを始めたり、家計簿をつけ始めたり、絵を描き始めたり・・・

気付いたら、しばらく家計簿を放置してて、お金が合わないなんてことも。

ToDoを書くのも思いつきで書くので、リストをこなした時に印を付けないなんて事も多々あります。

やりたかった事や、やりかけの事を後回し後回し、そして忘れてしまうんですよね。

もともとだらしないという事は自負しています。

だけど、ダラダラしたまま1日が過ぎていく、なんて日々を脱出したいので、どうにか頑張っていこうと思います。

まずは、「やるべき事」を種類別に分けます。
この「やるべき事」は、「やれたらいいな」ではなく、日々の中で必ずやると決めている事です。

私が家の中に居て、やるべき事は大きく分けて、次の4つ。

①家事
→と言っても、やるのは料理関係。
掃除と洗濯は旦那がしてくれています。
②片付け
→最低限、自分の身の回りの片付け位は出来るように。
③ネット関係
→ブログやイラスト投稿など、定期的に更新出来るように。
④その他
→基礎体温を測る、家計簿を付けるなど。

そして「やりたい事」も種類別に分けていきます。
この「やりたい事」は、単純にやりたい趣味だけではなく、やるべき事に含ませたい事も入れておきます。

私のやりたい事は、種類別にすると5つ。

①家事
→レシピをまとめたり、献立を考えられるようになりたい。
②ネット関係
→時間に余裕を作り、新しいジャンルのブログを作りたい。
③英会話
→独学で英語力を身につけたい。
④趣味
→工作やお絵描き、ゲームなど、多趣味なのでやりたい事が沢山あります。
⑤その他
→主に自分磨き。

やりたい事が後回しになってしまうのは、やるべき事さえ、きちんとこなせていないからなのだと思います。

かと言って、やらなきゃいけない事を後回しにして、一日中動画に見入って、何もやらないなんて事も・・・。

健康体で無いという事もあり、横になって過ごす日もありますが、それでも横になりながらネットサーフィンしてるくらいなら、ブログの記事でも書きたいところです。

やるべき事、やりたい事を頻度別に整理する。

次に、「頻度別」に整理します。

「やりたい事」から「やるべき事」に昇格させたい物もあるので、そういう物には目標頻度を定めます。

例えば「レシピをまとめる」のは、やりたい事だけど定期的に習慣づけたい事です。

大雑把に分けていこうと思います。

①毎日やる事、やりたい事
→食事を作る。
→ブログを書く。
→身の回りの片付けをする。
→英語の勉強。

②2、3日に1回、コンスタントにやる事、やりたい事
→お金の計算(家計簿)
→イラスト投稿を月30枚ペースで(イラストAC)
→レシピや献立のまとめ
→モンストの新イベントや神化素材の確認

③月に1~3回、習慣づけたい事
→基礎体温の転記(スマホデータからアナログに)
→調味料や食材の在庫確認
→ブログのトップページやリンクの見直し
→化粧台の整理整頓
・・・など、ここには習慣づけたい事が他にも挙がって来ました。

④時間がある時にやりたい事
→コスメボックスの作成。
→要らない物をオークションに出す。
・・・などなど、この辺は趣味の領域になってきます。

不思議なことに、頻度が下がってくる程、内容が詳細になってきていますね。

毎日やる事は、とても大雑把なのに。

実は私のToDo作成は、いつもこの段階まで(種類別、頻度別に分ける段階まで)は出来ます。
この先が出来ません。

この先がおそらく重要なポイントなのだと思います。

特に「毎日やる事」が大雑把過ぎるため、「そんな事言わなくても分かってるわ」と、ToDoリストを見る気にもなれないのでしょう。

決まってないから楽をしたがる。なら、決めてしまえばいい。

私が毎日やる事として挙げている「食事作り」や「ブログの記事投稿」。

何を作るか、何を書くか、決めていないと行動に移すのが億劫になります。

休みの日、起きて冷蔵庫を見ても、食材が少ない。
この食材で何を作るのか悩むのが面倒。
近所のドラッグストアでカップ麺を買おう!(外に出たくない時は出前をとろう!)

なんて展開を、幾度となく経験してきました。

もしも前日に翌日作るものが決まっていたら?
下ごしらえまで済んでいたら?

寝起きがとても悪い私にとって、起きてから何を作るのかを考えるのは、とても苦痛なこと。

カップスープを飲むだけにしたって、前日にスープの素がカップに用意されていて、T-faLもどきに水がセットされているだけでも、朝がとても楽になります。

前日までにセットをしておくなんて事は、欲張りかもしれませんが、前日までに翌日のやるべき事を詳細に決めておく位はしておきたいものです。

さて、ここからが本題です。

手帳やToDoリストを書くことが続かない私が、続けられるようにならなければ、意味がありません。

予定や目標を把握していても、書き出すこと、実行することが出来なきゃ、何の意味も無いのです。

脳内の記憶だけで実行出来るなら良いですが、私は出来ない人間なのです・・・。

自分に必要なノートを見つける。

記事をここまで書いてきて、ある発見をしてしまいました。

実は私、前回の記事で「私にはマンスリーは必要ない」と書いていたのです。

前回記事より抜粋

手帳のようなカレンダーやウィークリー・デイリー式のものではなく、自分の型にあった自分だけのオリジナルのテンプレートが合っている気がします。

でも、自分のやるべき事を見つめ直してみると、「月に1~3回、習慣づけたい事」がある私には、月間予定表が必要かもしれません。

例えば、10日と20日は「基礎体温の転記の日」、15日は「調味料見直しの日」のように、決めてしまうと良いのかも。

カレンダーというよりは、月間の予定表として、固定の予定表を1枚作成してみようと思います。

曜日の都合もあるし、予定は詰め込み過ぎず、融通がきくように。

そして次に、ひと月分の週間予定表の作成が必要な気がします。
上記で書いた、月間予定表の予定も、この週間予定表に書き込む形にします。

1週間の大雑把な予定表+1日ごとのToDoを細かく書けるスペースを作っておくのが良いかな・・・?

コピーで使いまわせるように、原本は自分好みに可愛く作ろうと思います。

私が基本的に毎日書き込むのは、この週間予定表の1枚のみ。

何枚も書くものがあると、きっと私は続きませんからね。

ToDoの管理については、月間予定表と週間予定表の2枚あれば良い気がします。
ノートというよりペラであれば大丈夫そうですね。

この手のものをノートにすると、今までの私の傾向的に「開くこと」が面倒になる予感がします。

目に見える位置に、いつでも目に止まる状態にしておかないと、多分私は見ません。

その他に、レシピノートや英会話勉強ノートなどを作りたいと考えています。

だけど私は知っています。
ガサツで怠け者のくせに、変に几帳面であることを。

どういうことか。

例えばレシピノート・・・きっと私は何か「ジャンルごと」だったり「食材ごと」だったり、綺麗に分かれていないと嫌なのです。

見直さないもの=不必要なものと認定され、私はノートさえ書こうとしなくなるでしょう。

だから何度も同じレシピをネットで検索するハメになっているのです。

考えた結果、ある程度の時期までは、ルーズリーフに書いていこうと思います。

きちんと続ける事が出来たら、冊状のもので上手く管理出来るようになるかもしれないし。

ということで、必要なノート(用紙)をまとめてみました。

①月間予定表
②週間予定表+デイリーToDoのセット
③レシピノートなど、その他(ルーズリーフ)

では次回、実際作ってみたものと、使い方を記事にしてみようと思います。

今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

手帳やToDoリストが続かない!その理由を考えてみた。

こんにちは。
私は手帳ToDoリスト続かない人間です。

自己管理が苦手な私は、自分のスケジュール(誰かの予定とかよりも、日々の家事やブログなど)を管理したいと思い、日々試行錯誤をしてきました。

ブログに書きたい事があるのに、文を書き始めるのに時間がかかったり、洗い物を後回しにしてしまったり、ついついダラダラしているうちに気付いたら、「明日こそは頑張ろう」と寝る時間に。

一生懸命ToDoリストを作ってみても、作るだけ作って、それを使い切れないし、定期的に作成することが出来ないんです。

どうして私はそうなのか、自己分析してみることにしました。

そもそも手帳やToDoリストを書こうとする理由は?

基本的に手帳って、予定を書いたり、日記などに使ったりするものだと思います。

私は仕事に行って、休みの日は旦那と過ごすというのが一般的な流れなので、これといって予定がびっしりというわけではありません。

なので手帳に関しては、どちらかと言うと日記、もっと言うと、今流行りのほぼ日手帳のような、何でも好きなことを書ける日記帳みたいに考えています。

片付けが苦手だったり、やりたい事が沢山あったりする私は、ダラダラして片付けもせずに1日を無駄に過ごす自分が嫌で、100均のノート(良い物を買っても続かない事は分かってるので)をほぼ日手帳代わりにし、ToDoもその中に書こうとしました。

大きな目的は下記の通り。

①ダラダラした自分を治したかった。
②1日を有意義に過ごしたかった。
③時間管理をしっかりしたかった。
④やりたい事を消化していきたかった。

やりたい事が沢山あるのに、目標もあるのに、時間だってあるのに、きちんと行動に移せない自分が嫌で、どうにか治したかったのです。

なのに私は、そのための手帳さえも続けることが出来ないという始末。

一体なんでダメなのか、考えてみました。

手帳が続かない。その理由は?

かつて予定が無い私は、マンスリー部分に「毎日やること」を書き、出来たら〇を付けるという使い方をしようと試みました。

だけど、〇を付けるという作業でさえ、私は続けられなかったのです。

きっと私は「ルーティン(決められた動き)が苦手」なのでしょう。

毎日の習慣というのが、私は本当に苦手です。
それが歯磨きとか、基礎体温を測るとか(それもたまにサボるけど)、そういうことだと続けられるのに、何故なんでしょう。

クセになっていないという事が第1、そして別にやらなくても自分が困る事ではないということが第2の理由だと思います。

私は達成感が欲しくて、マンスリーのカレンダーが〇で埋まる様子を見たかったのだと思いますが、本当はそれほど達成感なんて求めてなかったのかもしれません。

この手の事はウィークリーやToDoリストに変えて試したこともありますが、どれも失敗に終わりました。

日々あった出来事を日記に書くという事も続けられません。

ネタがあれば書きますが、ネタが無いと書く気が失せてしまいます。

でも私、書いた日記を見直したことがありません。

もうそもそもとして、自分の日常や気持ちには興味が無いのかもしれません。

いや、興味はあるけれど、見返したいと思っても、どこに何が書いてあるか分からないから、見返す気にもならないのです。

私が書く手帳は「情報が整理されていない、書く意味が見いだせない手帳」なんです。

気になったレシピを書いてみたり、特別な出来事を書いてみたり、だけど毎回書いているわけでもないし、どこに書いてあるかが分からない。

緩い気持ちでなんとなく手帳を始めてみても、ページを埋めるために話題探しをしようとするから、疲れてしまい続かないのだと思います。

そして、自分で言うのもなんですが、「記憶力が良い方である」というのも原因の一つだと考えています。

本当に自分で言うのも何なんですが・・・。

誰かと待ち合わせをしたり、シフトに変更があったり・・・基本的にそういう事は、念のためにメモを取ることはあっても、記憶に残ってるので、わざわざ手帳に書いたりはしません。

だけどレシピや、良いなと思ったネットの記事などは、詳細まで思い出せないので、何度も同じ物を調べたりします。

多分これ。
私が本当に手帳(ノート)に書きたい内容と、手帳女になりたいがために書いている内容が、違いすぎるのです。

書くべき事を書かず、書かなくていい事を書いている」から続かないのでしょう。

私はブログサイトを複数運営していますが、更新が滞ったり、一つのサイトばかりに更新が偏ったり、コンスタントに満遍なく続けることが出来ません。

そういったToDoリストも、記憶にあるような「ブログを更新する」という感じのアバウトな書き方で、期限やどんな内容を書くのかといった詳細が書かれていません。

記憶に残っている事だから、わざわざリストを見る気にもならない=手帳を見ないという流れになってしまうのでしょう。

じゃあ手帳をやらなければいいのか?

とも思いましたが、それも違う気がします。

現在手帳は書いていませんが、ダラダラ生活は治っていません。

意識的に治そうとしても、うまくいかないのです。

それは頭の中に、やりたい事、やるべき事、調べたい事・・・などが詰め込まれすぎてて、何から手をつけていいか分からないからです。

そして最終的に、また明日ゆっくり考えてからやろうと後回しにしてしまうんです。

面倒な事はいつも後回し。
それを治すために、以上の問題点を踏まえて改善策を練っていこうと思います。

手帳を続けるための改善策を考えてみる。

きっと私には日々を書き綴るような手帳は向いていません。

私がやらなきゃいけないのは、今後やるべき事のリストアップ(ToDoリスト)と、知りたいことや学んだことの情報整理だと思います。

ToDoリストは期限を決めて詳細に。
テンプレート化させて、本当に需要のあるリストにする必要があります。

実は旦那が、ウィークリータイプのToDoリストを作っています。

旦那のリストはコピーで使いまわせるようになっていて、ちゃんとリストとしての働きを果たしているんです。

私もそんな風に作らなくてはいけないですね。

さて、どうしようか・・・と考えた時に、まずは自分にとって「書く必要がある」ToDoや情報を整理する必要がありそうです。

①習慣的にやること→ToDoリスト
②その時々で出てきたやること→ToDoリスト
③よく調べること、知りたいこと→情報ノート
④自分の体調や予定など→・・・検討

あまり欲張っても続かないと思うので、少しずつ。

上記①~④の整理については、また別記事でしていきたいと思います。

きっと私は手帳というよりもノートやEvernote。
冊状になっているものと、ルーズリーフやEvernoteのように1枚型になっているものを使い分ける必要がありそうです。

手帳のようなカレンダーやウィークリー・デイリー式のものではなく、自分の型にあった自分だけのオリジナルのテンプレートが合っている気がします。

あとあと、予定などの整理をしていたら、実は自分にもカレンダーのような物が必要だと気づきました・・・。

実は、続かなかった家計簿も、自分のオリジナルの家計簿をExcelで作ることで、2年前からきちんと続ける事が出来ています。

手帳が続かないという人は(私も含め)、自分に合ったテンプレートを探すか自作していくのが合っているのでは無いでしょうか。

自分の書くべきことを書ける欄がない、別に書きたくないことを書く欄があっても埋める気になれない・埋まらない、だから、続ける気にもなれない。

次回は、書く内容の整理、書く方法について考えていきたいと思います。

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

イラストACで稼ぐ。中間報告と見えてきた稼ぐコツ。

こんにちは。
なんとなく趣味で描いているイラストで、どうにか稼ぐ手段は無いかと思った私は、前回「イラストAC」についての記事を書きました。

今回は中間報告と共に、そこで見えてきた稼ぐコツについてお話します。

アクセス0PV。なぜ?

私だけなのかもしれませんが、イラストACにおいて、イラスト管理ページイラストを確認すると、アクセス数が0のまま。

そもそもとして、どういうカウントの仕方なのかが分からないのですが、ダウンロードを1されたら、同時にアクセスも1になるような気がするのだけど・・・。

ダウンロードはしないで、単に覗いた人がアクセス数としてカウントされるのでしょうか。

ただ、いずれにしても、レポートを見ると、アクセスはきちんとされているようなのです。

どのイラストがどれだけアクセスされているのかを確認したい私にとっては、アクセス数が表示されていないのは、なかなか辛いところです。

イラストAC側の不具合なのでしょうか。
それともアクセスという概念を、私が勘違いしているのでしょうか。

んー、謎なところです。

※現在問い合わせ中です。

先程「レポートを見ると」と言いましたが、ランキング画面から、デイリーレポートをメールで受け取る設定が出来ます。

これがなかなか面白いんですよ。

デイリーレポートをメールで受け取り、自分のイラストを自己評価してみる。

前回記事にてお話した、私の実験。

実験内容は下記の通りです。

①ダウンロードされやすい「フレーム」や「セット」の素材を作る。
②タグ付けをしっかりする。
③季節物や人気のあるキーワードのイラストを描く。
④イラストを増やしていく

上記の①~④をこなしたら、アクセス数はアップするのか?

それではさっそくデイリーレポートを取り始めた、4月1日~4月6日までの6日間の変化を見てみましょう。

4月1日時点
●イラスト掲載数:23点
4月6日時点
●イラスト掲載数:29点

→イラストはこの6日で6枚増やしました。

4月1日時点
●EPS/AI掲載数:0点
4月6日時点
●EPS/AI掲載数:3点

→EPSのファイル形式を3点増やしました。

4月1日時点
●ダウンロード数:55回
4月6日時点
●ダウンロード数:79回

→55回→79回なので、6日間で24回のダウンロード。
1日平均、4ダウンロード。

4月1日時点
●ページビュー:285PV
4月6日時点
●ページビュー:381PV

→285PV→381PVなので、6日間で96PV。
1日平均、16PV。

私のイラストのうち、ダウンロード率が高いものは、「桜」を用いたもの。

日数が浅いので何とも言えませんが、でもやっぱり季節物は強いような気がします。

現段階だと、トータルアクセス数しか確認出来ないので、どのイラストが多くアクセスを集めているのかが分からないので、フレームやセットだとアクセスされやすいのかどうかは、判断がしがたいところです。

ただ、この時点でも確実に言えること。

それはイラストを増やせば、アクセス数も増えるということ。

28点のイラストがあって、1日あたり16PVなので、全くアクセス数されていないイラストも存在しています。

だけどイラストAC復帰前は、2点しかイラストがありませんでした。

その時は半年以上放置しても、ダウンロードは12回。

単純に考えたら、1ヶ月に2回しかダウンロードされていない計算ですよね。

今あるイラストは28点。
26点イラストを増やしたら、1日約4回のダウンロードです。

稼ぐ稼がないで考えると、まだまだ稼げてはいませんが、少しずつ成果は出てきていますね。

そして、実はEPSファイルは、4月6日から導入しました。

それについては次の見出しでお話します。

AI/EPS形式のイラストを入れた方が良い。

そもそも、AIだとかEPSだとか言われても、何のことだか私は分かりませんでした。

スマホアプリでイラストを描いている私にとっては、JPEGとPNGしかお馴染みではないのです。

だけど、ランキング上位の方は皆様大体、AI/EPSのイラストをアップロードされていたんです。

このAI/EPSというのは、illustratorで開くことの出来るファイル形式。

AIはillustratorに対応している形式ですが、EPSはillustrator及び他のソフトにも対応しています。

イラストACでもAI/EPSアップロード箇所に、注意書きとして「illustratorで開けるもの」という指示があります。

つまり、ダウンロードをしたい方の中には、illustratorの利用者が多いという事なのだと思います。

実は私がそんな事を気にし始めたきっかけが、きちんとあります。

イラストACには「リクエスト」という機能があります。

ダウンロードをする方が、欲しいイラストが無い時に、リクエスト出来るという機能です。

そのリクエストの中に「AI/EPSをあげている人とJPEGのみの人の扱いを変えた方がいい」というリクエスト(イラストのリクエストではないけれど)を見つけてしまったんです。

あれ、AI/EPSってそんなに需要あるの?と思った私は、すかさずランキング上位の方のイラスト形式をチェック・・・という流れに至ったわけです。

そして、よくよく調べてみると、セット素材なんかは特に、JPEGやPNGだと、素材の加工が大変なようなのです。

私はillustratorを持っていないので分からないのですが、どうやら、EPS形式だと、セット素材の中身をいちいちトリミングしたりしなくても加工出来るみたい。

と考えると、JPEGやPNGのセット素材って、ダウンロードされにくいんじゃ?という結論になりますよね。

illustratorで作業をする方にとっては、AI/EPSは必要不可欠なファイル形式なのでしょう。

こうなるともう、AI/EPS素材も増やしていくしかないですよね。

とは言っても、スマホでイラストを描くと、必然的にJPEGかPNG形式でしか保存が出来ないのです。

スマホで描いたイラストをEPS変換するやり方については、また別記事でお話します。

ちなみにですが、下記の「ハート尽くしセット」ですが、AI/EPS形式を載せる前は、ダウンロード0回でした。

タイミングもあったのかもしれませんが、AI/EPS形式も追加してアップし直したら、1日で3回ダウンロードをしていただきました。

セット素材はイラストの中でも人気がある素材です。

EPSに変換する手間を掛けてでも、描いておきたい素材ですね。

人気キーワードを漁る。だけど人気キーワードって、競争率が高い。

今の時期、やっぱり「桜」というキーワードは人気キーワードとなっています。

人気キーワードの確認はトップページのサイドバーで出来ます。

きっともうすぐ、「子供の日」「梅雨」「アジサイ」なども人気キーワードになってくる時期ですよね。

だけどこういうキーワードって、もう何人も先駆者がいます。

「桜」というキーワードだけでも、イラストの枚数は莫大な量です。

人気キーワードだけを攻めても、競争率は高くなるだけだし、何枚もある中から自分のイラストを選んでもらうというのは大変ですよね。

なので、人気キーワードの中でも競争率が少なそうなものを選ぶというのも一つの手です。

季節の物+競争率が低そうな人気キーワード(あくまで人気キーワードです)のイラストをあげていくと良いかと思います。

季節の描く人が多いため、イラストはどうしても競争率が高くなってしまいます。

それでも、ダウンロードをする人の数も多いので、描いておくべきです。

自分の描きたいイラストだけじゃダメ。

闇雲に、自分が描きたいイラストだけを描いていても、なかなかダウンロード率はあがりません。

先ほどの「人気キーワード」をよく見ると言うのもそうですが、ダウンロードする方が何を求めているのかを知ることがとても大切です。

そして、その中でも人気のイラストの特徴を見るというのも大事なことです。

今の時期は、入学シーズンというのもありますが、ネームタグなどになりそうなセット素材が人気になっています。

また、私の中の印象ではありますが、華やかで可愛いものよりも、シンプルで可愛いものの方がダウンロードされている気がします。

個人的に使う時には華やかな物を私は求めますが、確かに外へ向けて使う時には、シンプルな物を求めるかもしれません。

ダウンロードをする方は、デザイナーや学校の先生、ブロガーなど、様々な方がいます。

万人受けするものの方が需要があるのでしょう。

私が作った複数のフレームもそうですが、シンプルなものの方がダウンロードされています。

チリツモの不労所得を目指したい。

一番初めにイラストレーターとして、イラストACに登録したのは、もう半年以上前のことです。

その時、何も考えずに投稿した2枚のイラスト。

何日経ってもダウンロードはされなくて、半月位した頃、やっと1ダウンロード。

こんなんじゃ、一ヶ月経ったって、ジュースの1本も買えやしないと、私のモチベーションは下がりました。

誰かに自分のイラストを使ってもらえたら嬉しいという、割と純粋な気持ちで投稿したイラストなのに、ダウンロードされていないのを見て、咄嗟に売上を気にしてしまった自分にも、心底ガッカリしました。

だけど、よくよく考えてみたら、売上を気にするというのは、別に悪い話ではないんですよね。

ダウンロードされやすいイラストを描こうとする(売上をあげようとする)=ダウンロードする側が何を求めているか、それを考えている

ということでもあり、むしろ売上をあげたいと思うのであれば、ダウンロードしたいと思うような作品を一生懸命作れという話でもあります。

そして、ダウンロードをする方たちは「何を求めているのか」というのを考えながらイラストを投稿していった結果、売上よりも単純なダウンロード数の方が気になるようになりました。

結局その後、売上も気になってしまうのですがw

1日5ダウンロード。
お金に換算したら、15円ちょっとですね。

イラスト数が倍になったら、単純に1日10ダウンロード・・・という話でもないのでしょうが、それでも着実にイラスト数に応じて、ダウンロード数も上がっていくと思います。

まずは1日10ダウンロードを目指します。
1日32円、1ヶ月で960円。

それが達成できたら、1日20ダウンロード。

そうやって繰り返していくうちに、どんどん不労所得が増えていくかもしれません。

「ジュース1本も買えやしない」と私は思ったと言いましたが、今やっと、1週間でジュース1本買えますw

そのうち1日でジュース1本買える日が来たら・・・夢みたいですね。

楽して儲けようなんて、別にそうじゃなくて良いから、チリは積もれば山となるで結果が残せれば嬉しいです。

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

占いサイトの実態。危険?悪徳すぎるその手口。

こんにちは。
先日、占いサイト2件に登録した私ですが、残念な現実を見せつけられました。

そもそもが「無料範囲内」なので被害という被害は無いのですが、占い自体を信じている私も、占いサイトのやり方にはがっくり。

先日までの記事の続きと共に、占いサイトの実態をお話させて頂きます。

「あなたは特別」。いいえ、それは嘘です。

占いサイトが詐欺サイトに見えてしまう(詐欺ではないけど)についても、先日記事にしましたが、今回も「詐欺」という観点ではなく、「悪徳」という観点の内容になります。

ほぼグレーゾーンな気もしますが。

鑑定付きの占いサイトに登録すると、まず1回は無料で自分の悩みを相談することが出来ます。

2回目以降はポイント購入をし、更に鑑定を進めていくという流れなのですが、サイト側はポイント購入を促すために躍起になります。

「あなたは何百人に1人の選ばれた特別な人」だとか、「今こんなに幸せに近い人は居ない」だとか、そんな事を言ってきます。

先日までの記事でもお話しましたが、その「特別扱い」がやけに胡散臭く見えてしまうんですよね。

それ、誰にでも言っているでしょう、と。

とは言え、確かめる術もなかったわけですが、ついに見つけました。

とある鑑定師の先生が、私に言ってきた「あなたは私の娘と誕生日が一緒なので、とても御縁を感じます」という言葉。

Yahoo!知恵袋にて質問をされていた方が、まったく私と同じことを言われていました。

写真を撮ったのですが、名誉毀損だとかなんだ言われても困るので、写真は載せないでおきます。

この先生には、娘さんが2人いらっしゃるのかしらw

日本中探し回ったら、なんだかこの先生には何百人もの子供が居そうですよねw

縁を感じた理由なんて、占いとは関係ないのかもしれませんが、このコピペ丸出しな感じが気に入りません。

いくらどんなに占いの力がある方だとしても、誰にでも同じことを適当に言って、相談を促そうとしているのなら、それって人道的にどうなのか。

無料登録を2箇所にして、ちゃっかり相談までしている私が言うのもなんですが、完全に弱みに付け込まれてた感が否めません。

あと少し、私が悩みに押し潰されていたら、あと少し、私が経済的に余裕があったら、

本当にその「あと少し」次第で、私はポイント購入をしていたかもしれません。

鑑定自体の善し悪しは分かりませんが、誘い文句にコピペが判明した時点で、私なら鑑定さえしてもらいたくないですね。

鑑定結果までコピペしてそうだし。

いずれにしても「あなたは特別」なんていうのは、嘘です。

みんな特別なのです。

顔が見えない、声が聞けない。メールを送っているのは本人なの?

ここから先は、確実に裏付けがとれている内容ではないのですが、占いサイトのメールは、素人が返しているなんて話があります。

この世の中、様々な仕事が転がっていますが、その中の一つに「占いサイトに届いたメールの返信」なんていうものもあるようです。

しつこいようですが、私は占いを信じている人間です。

私が直接占って貰った時は、占い前に、占い師さんはお香のようなものを焚き、部屋を浄化?していました。

その時は、「なんだか雰囲気出してるなぁ」と軽くバカにしていたのですが、占い結果も深い事まで理解されていた結果で、あながちバカに出来ないな、と。

そして、占いにも力を使うからというようなお話をされていました。

占いサイトでは24時間メールを受け付けていて、恐らく返す量も相当な量でしょう。

一人一人に合った内容を送れるのか、疑問ではありますよね。

私は無料範囲内までの鑑定なので、その先のことは分かりませんが。

素人にあたかも鑑定されたようなメールを送られるのは心外ですが、それで気が楽になるなら、それはそれでありなのかもしれません。

まぁそれなら、いっその事、悩みを聞きます!みたいなサイトにしちゃえばいいのに。

ポイント購入後の鑑定結果。

私が登録した二つのサイトですが、こちら二つに関しては、一応しっかりとした鑑定はされているようです。

しっかりとしたというのは、結果が当たっているかどうかではなく、数回の鑑定で、相談者の方が納得する結果を貰っているという意味です。

私がポイント購入をしたくなかったのは、胡散臭さもありましたが、ポイントを購入しても、ポイントが切れる頃に、また更にポイント購入を促されると思ったからです。

いつまで経っても鑑定結果が出ずに、ポイントばかり消費する・・・そんな展開が見えてしまったからなのです。

実際、他の占いサイトでは50万使っても鑑定結果が出なかったなんてこともあるようです。

怖いですよね。

弱ってる時ほど、人の判断力って鈍ります。

私だってそう。
最近疲れ気味で、お金が無かったからある意味良かったものの、「占い」「まじない」「風水」など、スピリチュアルなものに頼ろうとしました。

私にとってスピリチュアルなものはあくまで「気休め」なんです。

そこを基準に生きていきたいとは思えません。

でも本当に弱っていると、すがる場所がそういう場所になるんです。

頑張っても頑張っても、しんどいんだもの。
もう目には見えない所に頼りたくもなります。

そんな弱っている人を、善意で助けたいと思う人もいます。
だけど、そんな弱みにつけこんでくる人も沢山いるんです。

占いは特に、気持ちに余裕がある時に前向きな鑑定をしてもらう事をオススメします。

私だって人並みに辛い思いもしてきたし、もう占い頼りにすがりかけたこともあるけれど、冷静に周りから見たら、自分の悩みを莫大なお金をかけてまで占いに委ねるなんて、馬鹿げた事なんです。

それでも占いに頼りたい時は?

直接、有名な占い師さんに占ってもらうのが良いと思います。

今は電話占いなんていうのもありますよね。





少なくてもメールなんかで占ってもらうよりは、確実性があるでしょう。

スマホを通した文面から、どこまで読み取れるのかも謎ですしね。

占いにも様々な種類がありますが、直接会って占う時には、表情、人相、そう言ったものまで見られているような気がしました。

向こうから必要な情報(生年月日や名前など・・・)を聞かれましたし、占いサイトのように、あとからどんどん個人情報についての質問攻めにされるような事はありませんでした。

当たる占い師の方は、評判になります。

そういった方を調べ、直接もしくは電話での相談をオススメします。

有名な方ほど、メール鑑定なんて行っていないですよ・・・

多分そんなことをしていたら、手に負えないからでしょう。

登録したままの占いサイト。メールを放置するとどうなる?

私が先日の記事を書いていた頃は、占い師の方からのメールがじゃんじゃん届いていました。

でも今は、ポイントキャンペーンのお知らせ程度で、占い師からのメールはほとんど来ていません。

前は一応内容に目を通していたのですが、「娘の誕生日と同じ事件w」をきっかけに、馬鹿らしくて読むのをやめてしまいました。

だってもう、全部コピペだもん、絶対w

他のサイトにも登録してみて、無料範囲内でどこまで鑑定してもらえるか、試してみようとも思ったのですが、それは辞めることにしました。

多分どこもやり口は一緒ですからね。

占いサイトにガッカリ。だけど学んだことはあった。

ガッカリすると同時に、冷静になることも出来ました。

冷静になって思ったこと。

自分の運命は自分で決めるべきもの。

スピリチュアルな事が好きな人間にとっては、占いに救われる事も多々あります。

私だって救われたことはあったし、それを否定しようとも思っていません。

だけど結局は、努力無しに何かが生まれるなんて事は無いんです。

占いによって背中を押されることもあるかもしれないけれど、占いばかりに頼って、自分が努力をすることを忘れちゃいけないと思います。

綺麗事でも何でもなく、占いに左右された生き方をしていたら、何か問題が起きた時に、それさえも占いのせいにするわけでしょう?

それってどうなんでしょう。

努力が苦手な私ですが、やり遂げられなかった、夢が叶わなかったのは、私の努力不足です。

だから私は、努力をすれば報われるんだということを、人一倍信じたいのかもしれません。

頑張って努力するから、今度はきちんと結果として出て欲しいと願っています。

今存在している自分は、過去の自分が作ったもので、それを変えたいなら、やっぱり自分でどうにかするしかないと思うんです。

占いに頼りたくなる時もあるけれど、占いに熱を注いで、努力を怠ったら、私はきっと努力をしなかった自分にまたウンザリしそうな気がします。

何でもほどほどが良いんですよね。

気休めに占いをするのは良いと思います。

でもそれは、気持ちに余裕がある時に。

判断力が鈍っている時に、スピリチュアルなものにのめり込むのは危険です。

自分を見失わないように、生きていきたいものですね。

それでは、今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む