2019年 2月 の投稿一覧

【統合版マイクラ】マップを埋めたら、様々なバイオームを発見した!#5

こんにちは。Sachaです。

前回は、マップを進めていく途中にて、洞窟に閉じ込められた村人複数名の救助を優先し、その後、なんとか2枚目のマップを埋めることができました。

今回は、ついにリスポーン地点のあるマップの埋め作業に入っていきます。

サトウキビの成長を待つ間、ブランチマイニングに。どこもかしこも水まみれ!

私がリスポーンしたのは、小さな小さな孤島。

周りに何もないので、とりあえず穴を掘って、ブランチマイニングをしてみることにしました。

馬が多いから、どこかしらに馬が写るw

階段掘りで、とりあえず岩盤に向かおうとしてみたのですが、どこもかしこも掘るたびに水、水、水、のオンパレードに。

別の場所を掘っても同じような結果に。

穴の向こうには、いつも水です。

孤島の周りの海は、比較的深めなため、小さな孤島から階段掘りを始めてしまうと、どうしても水にぶち当たってしまうのかもしれないですね。

階段掘りは諦めて、2マス直下で掘り進めました。

あんまり、こういうことはしたくないんだけど・・・。

岩盤へたどり着くまではいけ、その後ダイヤのある高さでブランチマイニングをしてみたのですが、結局また水にぶち当たりました。

しかも鉱石がとれないw

とりあえず水は止めるだけ止めて、いったんブランチマイニングは終了。

危ないからね。

旦那島は、知らない間に発展していた。

サトウキビがなかなか育たない中、旦那の「サトウキビ、3スタックあるよー」の声。

金床を作る鉄鉱石もなかったので、結局サバンナ大陸の仮拠点に金床を取りに戻ることも踏まえ、旦那島へ向かうことにしました。

あら、なんか畑が出来てる。

原住民として生きている彼は、畑をこしらえるほど、生活になじんでいましたw

リスポーン地点にも畑を作りたいと思ったので、仮拠点にしまっておいた人参も持って帰ろうと思ったところ、ブタさんが着いてきたのです。

ボートに乗るか?と語りかけるも無視されるw

ブタさんじゃあねーなんて、ボートを漕いでいたら、海の上なのに「ブヒッ」とたまに聞こえる気がする・・・w

隣にいた旦那は「俺?」と言っていましたが、明らかにゲームの中から聞こえたw

孤島に戻ってくると、一緒に旅をしていた事実が判明しましたw

乗ってたんかいw

サトウキビも十分にもらってきたので、これでマップが作成できます。

マップを埋めるだけ。それだけなのに。溺死ゾンビ、大嫌い。

まずはマップの作製から。

橋が見えてる。

このマップを3段階目まで引き伸ばして、スタートさせます。

前回までに作った2枚と合わせれば、初回に迷子でたどり着いた大陸との位置関係がはっきりしそうですね。

マジか?!初めて見た氷塊に興奮が隠せなかった!

めちゃくちゃ綺麗。

前にも私はアカシヤの木を見たことがないと言っていましたが、実は雪や氷塊も見たことがなかったのです。

今回は見たことのないものがいっぱいです。

その分、今まで見てこれた廃坑や南瓜などが今回は見つからなかったりしてw

のちほど完成したマップをお披露目しますが、リスポーン地点のあるマップ内にあるので、そこまで遠くはない距離です。

半べそで旦那を呼び出す!我を助けよ!

順調に旅を続けていた私ですが、なぜ、このスクショを撮ったのかわかりますか?

やあ、ただいま。

マップ上に白い物が写っていることに気づいたことがこのストーリーの序章です。

その白い物が雪なのではないかと思った私は、ボートに乗りながら、上を眺めていました。

すると、何かからの攻撃。

出た出た出た、溺死ゾンビ。

どうもこうも私は溺死ゾンビが苦手。

最初に作った地図と、2回目に作った地図、そして今回の地図を持ったまま出かけた私は、すべてをドロップし、リスポーン地点に戻されてしまいました。

すべての地図の複製はあるので、どうにかならないこともないのですが、なぜ装備を整えなかったのか、なぜ地図を全部持って行ったのか、溺死ゾンビに出会うと、私のゲームのやり方を考えさせられますw

どのあたりでやられてしまったのかは分かっていたので、地図を再度作成後、アイテムを拾いに向かいました。

散らばってる、散らばってる。

ひとまず安心。だと思いますよね。

私はここでアイテムを拾っているときに、また再度、溺死ゾンビにやられてしまうことになります。

もうやってられるか!とべそっていた私に、旦那が「応戦しようか?」と。

おう、してくれ。

やあ。

この度は、どうぞよろしくお願いいたします。

装備も持ってきてくれました。

強くなった!

いざ、3度目の出陣!

二人係で、鉄装備も身に着けていたので、なんなくマップ回収は完了し(ちゃんと全部残ってました)、白い物の正体を寄り道して確認することに。

雪だー!

やった!雪でした!

あとでマップをお披露目しますが、この雪は割と近いです。

これはかなり嬉しい展開ですね。

そして、帰り際に見つけたコレは・・・?

シーランタン。

んー、これは海底神殿ではないですよね。

でもシーランタンあるし、なんだか気になるところではあります。

今現在の出来ることとかアップデート状況があまりまだ把握しきれていないので、そのへんも研究しながらやらないと。

マップを埋めてみたら、案外周りには恵まれていた!

今回のマップを埋めてみたところ、案外近くに大陸もあり、結構恵まれていることが判明。

方角さえ値がければ、大陸、もっと近くにあったんじゃん。

一番最初に向かった先が違っただけで、こんなにも大陸はあったのですね。

私が最初にたどり着いた大陸とつなぐと、マップはこんな感じになります。

孤島が結構たくさんある。

橋を架けたルートと、旦那島との位置関係はこんな感じ。

まあ、遠いっちゃ遠い。

結構くねくねした橋を架けたのですが、地図で見てみると、ほぼ一直線上だったんですね。

近くに大陸があることで、逆に方向性を見失ったw

当初、自分のリスポーン地点の周りには何もないと思っていた私。

でもマップを埋めてみると、案外そばに大きめの陸地がありました。

旦那が原住民として生きてしまっているので、私たちは、お互いの真ん中へ向けて、少しずつ開拓を進めていこうと思っていました。

でも、私の位置から旦那のほうへ向かうには、孤島続きになっているので、どう開拓するか考えどころですし、何より、結構な距離があるので、どうしたらよいものなのか。

私は絶対的にベッドを持ち歩いては壊す習性があるので、リスポーン地点は大切にしたいのです。

というか、初めて落ちた地点というものを大切にしたいw

せっかくそこに落とされたのだから、その土地を大切にして生きていきたいじゃないですか。

ただ、馬と羊しか居ないし、(あの豚は溺死ゾンビにやられました・・・)、せめて牛とか豚がスポーンして欲しいんですよね。

なので、埋め立てて土地を増やしていこうかなとは考えていますが、埋め立ては大変なので、そのほかにやりたいことも探しつつ進めていこうと思います。

それでは、今回も閲覧していただきありがとうございました。

続きを読む

【統合版マイクラ】マップもいいけど、村人救出が優先だと感じた。#4

こんにちは。Sachaです。

前回、なんとか自分がたどり着いた大陸周りのマップを埋めることができました。

今回は、リスポーン地点部分のマップを埋めるために、リスポーン地点方向へ向かい、新たなマップを作製することにしました。

サトウキビが無さ過ぎて、砂漠の解体を始める!

新たなマップを作るにあたり、前回作ったマップ上から自分の位置を外す必要があります。

3段階目のマップなので、なかなか広いため、複製用のマップと紙のためのサトウキビを用意し、いざ新たな場所へ…

と、前回のマップから外れたところへやってきたのですが、複製用のマップを忘れ、取りに戻るという割と億劫な行き来をするはめに。

そして、「もーう。」と半ば自分にキレ気味だった私は、新しく作ったマップをスクショするのを忘れてしまいました・・・。

しかも、複製したかったのは、2段階目のマップ。

探索として使いたかったのは3段階目のマップ。

※マップの段階については前回記事をご覧ください。

なぜか、1段階目のマップを複製してしまい、そのあと引き伸ばしをして、自分の複製したマップが間違っていることに気づきました。。。

もう踏んだり蹴ったり。

計算していたサトウキビが足りず、余った2本のサトウキビをその場の砂漠で育てることに。

(もう戻るのが面倒だったw)

私、サトウキビ、何回育ててるんだろう。

何もしないのもなんなので、ちょっくらここでもブランチマイニングへ。

いくつかの鉄だけ拾えました。

ただ、ちょっとブランチマイニングも飽きてきてしまい、そして、ブランチマイニングだと地下へもぐるので、距離的な問題でサトウキビが育たないのではないか?と不安にもなり、地上での作業を開始。

とはいえ、本当にただの砂漠なのです。

砂漠、砂漠、砂漠。

砂は集めれば砂岩も作れるし、何よりガラスにもなります。

そして小さすぎる拠点の孤島の埋め立てにも便利なので、集めておいて損はない!そう思いました。

ただ・・・何か突然目覚めちゃったんですw

砂を集めていくうちに、見えてくる砂岩の床。

なんだかツルツルしてて綺麗だなーと思っているうちに、せっかく集めた鉄を鉄シャベルに使い、私は「砂岩島」を知らず知らずに黙々と作っていましたw

よく分からないけど綺麗な気がするw

ただ、想定していたよりも木材や物資が足りず、これ以上の砂漠解体作業が困難に。

サトウキビの成長も遅かったので、諦めて、また大陸へ戻ることにしました。

ここまでの作業の意味w

ちょっとどういうこと?!村人を助けなきゃ!

砂漠でコツコツと地味な遊びを終え、大陸に戻ったものの、サトウキビは結局植えなおしなので、最初の頃大陸で見つけた村へ遊びに行くことに。

別に人参とか野菜を取りにいこうとしたわけじゃないからね。

いざ、村に行ってみると、案外村がボロボロな状態。

変な洞窟があるし、なんかそこから声がするし・・・え?

穴の奥に・・・村人が大量に。

穴をのぞくと信じられないくらいの村人が、そこで繁殖?していたんです。

うじゃうじゃいるのが見えていると思います。

しかも上がってこれない様子。

これはほっとけない。とりあえず、どうにか救出しなきゃと思いました。

ただ、これだけ混雑していると、うまくブロックも置けないのです。

そうこうしているうちに私も落下。

もはやカオス状態w

旦那に「寝れるー?」と聞かれましたが、寝れないw

村人にもみくちゃにされ、本当にカオスな状態に。

いやいや、今取引してる場合じゃないからwなんて思いながら、なんとか、階段を作成し、地上まで村人を誘導しました。

さあ、来なさい。

この村はほかにも割と欠陥が見られるので、後できちんと修繕してあげる必要がありそうですね。

村人救出後、やっとマップ作製!

プレイをするのに一筋縄じゃいかないのがマイクラの世界。

そこがサバイバルの醍醐味でもありますけどね。

村人事件でびっくりしすぎて、肝心のマップのスクショがこの1枚のみ。

2枚目のマップです。

すでにマップを埋め終わったマップのお披露目となってしまいました。

実はこの2枚目にも、まだリスポーン地点は写っていません。

でも距離的には3枚目でどうにかリスポーン地点が表示されそうです。

黄色い線が橋。

孤島から孤島へと架けていた橋が、マップ上に表示されなかったので、黄色い線を引っ張ってみました。

実際のところ一番右から上記のように橋が架かっています。

リスポーン地点は、さらにマップから外れた方角にあります。

マップの道具は持っていなかったのですが、とりあえずはリスポーン地点にたどり着いた状態でゲームをいったん終わりにしました。

なので次回は、リスポーン地点からのスタートとなります。

目標としては、3枚目のマップで、リスポーン地点を表示し、大体の位置を把握すること。

そして小さな孤島な上に、何もないので、今後この孤島をどう発展させるか、考えていきたいと思います。

(いずれにしてもある程度の埋め立ては必要となりそうです。)

それでは、次回も頑張ります。

今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

【統合版マイクラ】マップで現在地の周りを知りたいだけなのに波乱万丈!#3

こんにちは。Sachaです。

孤島スタートから始まり、迷子になって大陸に着いた私ですが、なんとか前回、コンパスを使ってリスポーン地点へと道をつなぐことが出来ました。

ただ、どのくらいの距離なのか(6時間近くかけて繋いだからおそらくかなり遠いw)、周りにはどんなところがあるのかわからないので、マップを作ることに決定!

※前回まで「ジャングル」とはしゃいでいた大陸ですが、「サバンナ」でした。一応記事の修正はしましたが、バイオームの勉強も必要ですねw

夜のマイクラPEで空も警戒?ファントムに襲われた!

前回、溺死ゾンビとの遭遇で、海も危険になったなーなんて考えていた私。

大陸と孤島を橋でつなぐにあたり、夜な夜なずっと寝ないで橋を架けていました。

地図を作りたかったので、来る途中にあった砂漠に立ち寄り、サトウキビ集めを開始したところ、何かが私を攻撃してきたのです。

当たり方がパシッといった感じなので、スケルトンにでも撃たれたかと周りを見渡したところ、別に敵は無し。

何?と困惑していたところ、数回にわたり、何かが私に突っ込んでくるではないですかw

怖い怖いwあんた誰やw

変な鳥のようなものに襲われていましたw

調べてみたらファントムという飛行機型のエネミーのようですね。

ゲーム内で3日以上寝ないと現れる、睡眠不足の心配をしてくれる心優しい奴ですw

脳内がマップ作りでいっぱいだったので、確か倒したとは思うのですが、何をドロップしたのかまで確認する余裕はありませんでした。

(しかものちに何度も死んでしまうことに・・・・)

無事に旦那と再会!いや、無事ではなかったけれど。

どこかの島で原住民になったんだと言っていた旦那。

マップを作れば、会えるかなーなんて思っていたのですが、どうやら旦那もどこかでやられてしまい、リスポーン地点へと戻されてしまったようです。

こんなスキンあるのか。ヒマワリと一緒に撮影。

無事とは言えないものの、橋が架かっていたので、合流することができました。

ちなみに、旦那が原住民として生きていた場所は、孤島ではあるものの、私が架けた橋の近辺の孤島ではありませんでした。

一体この辺一帯はどうなってるのやら?

サトウキビを回収!早く紙を作らなくちゃ!

マップを作る上で欠かせないものは「紙」。

紙を作るためにはサトウキビが必要です。

たまたま砂漠になっている孤島が多かったので、サトウキビをありったけ拾い集めました。

画面右を歩いているウサギ。いずれどうにかしたい。

集めた後、大陸に戻り、旦那用のベッドも作成。

マップを作りたい一心で、ろくに湧きつぶしもしていません。

ちなみに、ホストは私なので、旦那が寝られない状況の時には、私だけがベッドに入り、旦那は一度サーバーを去って、夜を明かすようにしています。

マップは4段階まで、引き伸ばせるし、複製もできる!

さて、待ちに待ったマップです。

相手がいる場所までわかるようになってる!

マップはコンパス付きの居場所がわかるタイプのマップにしました。

でないと、迷子になってしまうのでw

今、私と旦那がいるのが、大陸。

マップは金床を使うことで、4段階まで引き伸ばすことが出来るのですが、1段階目だと上記のように、べつに探索しなくても、マップがほとんど埋まってしまうような感じになります。

二段階目がこちら。

貼るにはいいけど、探索には小さいかも。

実はこの時点で、コンパスが指しているリスポーン地点は下ではない…。

つまり、この位置だと、大きさ的にも距離的にも、一枚のマップでリスポーン地点までを表示させるのは無理そうです。

でも、この大陸の周りがどうなってるのかも把握しておきたかったので、一応この2段階目のマップも埋めてみることにしました。

旦那が原住民として生きていた孤島を見つけられたw

左に橋が写り、旦那の島も下に発見!

マップ上で私がいる位置から、旦那の島まで、泳いでみると大体ですが1分ほど。

リスポーン地点まで行くのにはもっともっと時間がかかります。

この二段階目は複製して飾る用に保存しておきつつ、三段階目の拡張マップで探索をしようと思います。

ちなみに、本当に彼は、ここで生活を営んでいましたw

ミニ畑が作ってある・・・w

サトウキビは消耗品。わかってたよね?

サトウキビを集めたことで浮かれていた私。

どうしてサトウキビを育てようと考えなかったのか、なぜ、そのままサトウキビを使ってしまったのか、あの頃の私に聞きたいです。

地図の複製+地図の拡張で使うための紙がなくなってしまいました。

余ったサトウキビを育てることに。

この先のことを考えると、マップも一枚では足りなそうなので、サトウキビを繁殖させることにしました。

その間、サトウキビが育つのをただ待っているわけにもいかないので、ちょっとした作業を。

馬がメインじゃなくて、見てみて。伐採をしてみたんだよ。

馬とめくれたアカシヤの木材が目に入りがちだけど・・・

自分でもなんのためにスクショしたのか、一瞬ハテナ状態になってしまいましたが、こちらはビフォー写真になります。

サバンナは草も多く、アカシヤの木が多いので、ちょっと綺麗にしようと思って撮ったスクショでした。

もともとどこでスクショしたのかを忘れがちな私。少しずれてますね。

これでだいぶ木材や、種も集まりました。

サトウキビ、早くできないかな。

ブランチマイニングも行ってみたら、ダイヤを見つけた。

今までの私のプレイって、大陸にスポーンすることが定番で、しかもなぜかブランチマイニング中に廃坑を見つけて地下生活から始まることが多かったんです。

こんな風に地上にいながら生活を何日も送る序盤は今までありませんでした。

しかも割とトラウマレベルの大きい廃坑にぶち当たってばっかりw

でも、サトウキビを待っている間、鉱石も欲しかったので、ご近所にブランチマイニングをしに行きました。

綺麗な水色やな。

現段階で使い道がなくても、何回マイクラをプレイしても、やっぱりダイヤを見つけた時って、なんとなく気分が高まりますよね。

いずれは使うであろうダイヤをありがたく頂戴いたしました。

やっと探索ができる!三段階目のマップを作製!

なんやかんやしているうちに、やっとサトウキビが育ったので、マップを引き伸ばしました。

また上の方だ。

私が二段階目のマップで埋めた橋や、旦那島が埋まっていない。

マップを引き伸ばすとまた1からやり直しになる感じなんですかね。

また自分の位置が上の方なので、より知らない世界(リスポーン地点とは関係ない世界)を見る感じになりそうです。

とりあえず、探索開始!

アルパカだよね?君。

動物がかなり増えましたよね。

今迄みたいに、自給自足のためだけの動物だけではなく、見て可愛い、なついて可愛い、飼って可愛いみたいな要素が増えて楽しいです。

で、君はアルパカかい?w

なついたりするのかな。

気になるけど、とりあえず今はマップを埋めたい。(本当に何かをやると決めるとよそ見が出来ない私の悪い癖…)

海を泳いでいたら、何やら海底に変な建物を見つけました。

見にくいけど、これは海底神殿ではなさそう。

とにかく海に関するアップデートが大規模だったようで、結構置いて行かれています。

私の荷物に注目していただけますか?

マップを持っていませんね。昆布と肉だけですね。

ボートに乗ればよかったものの、ボートの運転が面倒で、自分で泳いでしまい、海の上で溺死ゾンビにやられてしまったのです。

実はこの時のスクショは、たぶんこの辺りにマップを落としたのだろうという目測で(方向音痴のくせに)、海をさまよっていた時に見つけたものです。

でも、その途中で、謎の建物がある砂漠の孤島も見つけました。

なんかよく分からないけど。

これを私は呪いの島と名付けました。

この後私は死んだときに落としたアイテムを探そうとさまよっていたのですが、どの方角に向かっても、この島にたどり着いてしまうんです。

もはや呪いレベル。何度も何度もたどり着く。

方向音痴の私がさまよう(十字キーをゆらゆらさせる)からいけなかったんだと、もはや大陸の位置さえ分からない状態で、適当にまっすぐ進むことに決めました。

この時はもう、かなり絶望的な気分で、最悪大陸に戻れなかった場合、さらに新しいところで、また一からコンパスやマップを作り直さなくちゃいけないと、結構滅入っていましたw

無事帰還!そしてセンスのない家w

運よく、自分がいた大陸に戻ってくることに成功しました。

落としてしまったマップやアイテムは無くしてしまったので、複製しておいた地図を使って、もう一度三段階目のマップを作ることに。

サトウキビももう一度育つのを待たなくてはいけないので、ベッドや作業台がある場所をとりあえず仮拠点として、家状のものにしてみました。

マイクラ大好きなくせに、家を造るセンスが本当にないのが私w

作りかけの屋根をご覧ください。

美しさのかけらもないw

今回は建物もおしゃれだったり、近代的だったり、可愛かったり、様々なものを作りたいと考えているので、計画を練って作ってみようと思っています。

やみくもに作ると壊したり大変。

上手な方って、クリエイティブモードで一度試作してみたり、中には紙に書き出したりしてる方もいたりするんですよね。

私も頑張る!

余談はさておき、変な家を作っているうちに、サトウキビが育ってくれました。

三段階目のマップも完成!

うへー。こりゃあ遠いな。だいぶ。

実は旦那島から大陸へも橋を架けたのですが、橋が写らない。

橋にしている建材がマップで反応しない色だったんだとおもうのですが、ちょっぴり残念。

この時点で、結構大雑把なマップになっているので、4段階目までは成長させず、このまま三段階目のマップを使って、次回はリスポーン地点へ向けて、新しいマップを埋めていこうと思います。

自分のいるところの周りを探索してみたかっただけなのに、様々なドラマがあり、一筋縄ではいきませんでした。

それでは、今回も閲覧していただきありがとうございました。

続きを読む

思考整理にはマインドマップ?マンダラチャート?

こんにちは。Sachaです。

私生活においても、仕事においても、自分の考えていることややりたい事が多すぎて、頭が混乱するときってありませんか?

私は結構常に脳内フル稼働で考え事をし過ぎてしまい、いざ何かに手をつけようと思うと、何から始めていいか分からなくなることが多々あります。

なので新年を迎えた時に、脳内整理から始めようとしました。

今回は脳内の思考整理をするための方法について書いていきます。

思考整理にマインドマップを使ってみる。

マインドマップとは、自分の考えをマップ上に分野ごとにどんどん広げていき、自分の思考を見える化させるものです。

具体的な方法としては、アプリやソフトを使う方法、手書きで紙に書く方法があります。

私は基本的にスマホ中毒者なので、PCを使うのならスマホを使いますが、スマホでのマインドマップはこんな感じです。

こちらは Mind VectorというiPhoneのアプリの画像です。

これは、アプリ内にもともと見本として入っているマインドマップ。

マインドマップのアプリはAppストアでも、グーグルストアでもたくさん出ているので、ご自身にあったものを探されるのもありです。

上記写真の通り、マインドマップでは自分の思考の根本にあるものを真ん中に設置します。

私の場合は「2019年」で今年やりたいことを手書きで紙に書いて、広げていきました。

アプリやソフトでも、手書きでもどちらを使っても、考えさえまとまれば、問題はないと思います。

アプリやソフトと、手書きのメリット・デメリットは?

私は、脳内整理をしたいときに重要なのは「きちんと脳内が整理されること」だと思っています。

だって、脳内の思考を整理したいのだもん。。。

私はアプリしか使っていないので、ソフトについては分かりませんが、やっぱりデジタルで作るものは見やすく、文字もきれいですし、色分けもできます。

そういった面では、自分が見直すときにわかりやすいマインドマップが仕上がるのではないかと思います。

ですが、それでも私がアプリではなく手書きに切り替えたのは、操作性の問題です。

頭の中には思うこと、考えることがたくさん詰まっているのに、それを書き出すまでにアプリを使いこなさないといけない。

しかも、綺麗に作成できる分、なぜか見栄えを気にして配置をごちゃごちゃ移動させたり、色を変えてみたり、思考整理の最中にでさえ、考えることが増えてしまったんです。

そういった意味だと、手書きは配置が汚くなったり、色も単調(もちろん色分けしても良いと思います)になってしまいますが、何よりも自分の考えを汚くても書き出すことはできます。

私みたいにあれもこれも考えているような方は、見栄えを重視したものよりも、いかに自分の脳内情報を外にアウトプットし、それを仕分けできるかが重要になってくるような気がします。

どちらがオススメというよりも、いかに自分の思考が整理できるかという点を踏まえ、マインドマップを書いてみると良いと思います。

明確な考えをまとめたい時や、目標達成にはマンダラチャート!

マンダラチャートは、9×9のマスにやりたいことや、目標達成に必要なことを書いていくものです。

言葉では、なんとも説明しにくいので、こちらの画像をご覧ください。

こちらは「72Action」というアプリを使ったものです。

画像の下の点マークはページ。無料だけど、何ページもマンダラチャートが作れます。

現在、私はマイクラPEをプレイしていますが、思ったよりもやりたいことが多くなってしまい、その時に作ったものです。

真ん中の9マスの中心部分(黄色)がメイン。

その周りに分野としてやりたいことを8つ書いていきます。

アプリなので、たとえば真ん中の赤マス部分に記入をすると、自動で上の赤マスにも文字が反映されるようになっています。

8つの分野に書かれたことを更に8つに細分化していくんです。

自分が何をやろうとしているか、どんなことを思っているかが、81マスのワンシートできちんと見えるので、わかりやすいですよね。

こちらのマンダラチャートはスポーツ選手や起業家の方も使っているそうです。

9×9のマス目さえあれば、手書きでも問題ないと思います。

私は線を引いたり、そういう作業が嫌いなのと、スマホで見ながら確認したいものだったので、アプリを利用しました。

こちらは大規模な思考整理というよりも、自分の思考の一部をさらに整理するのにむいているかもしれませんね。

なにか、目標を達成したいときにやるべきこととしてもまとめられるのではないかと思います。

もう2月に入ってしまいましたが、皆様も自分の脳内を整理して、やりたいことや目標、考え事をアウトプットしてみてはいかがでしょうか?

案外見える化すると、行動もしやすくなりますよ。

それでは、今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む