2016年 2月 の投稿一覧

「Native Camp」無料体験レッスン1ヶ月終了

オンライン英会話「Native Camp」の無料体験レッスン、ついに1ヶ月終了しました。

今後は有料会員へと入ってしまうので、一時休会手続きを取りました。

レッスンは一時お休みして、これからはレッスンの復習をしつつ、この1ヶ月間で受けたレッスン記事を1つずつあげていきたいと思います。

Native Campがどんなものなのかはこちら↓
オンライン英会話、Native Campに登録してみた!

Native Campのレッスンの開始方法と授業の流れについてはこちら↓

Native Campのサイトはこちら↓
現在1週間の無料キャンペーンを行っています。


1~3週目の記事はこちら↓
レッスン1週目を終えて 
レッスン2週目を終えて
レッスン3週目を終えて

復習のために、レッスンは録音する!

私も途中から始めたことなのですが、復習のためにもレッスンを録音しておくことをオススメします。

PCの画面をそのまま録画し、先生の声、自分の声、すべてを録音しておけば、レッスン風景を何度も見直す事ができます。

どうして最初からそれに気づかなかったのか後悔してます。

客観的に自分の音声を聞くと、まぁひどいものです。

私は、録音ソフトというか、PC全般のソフト等にあまり強くないので、あまり難しいソフトは使いこなせません。

Bandicam」という無料のソフトを使用して録音していました。

ワンタッチで録画出来るので、PC音痴な私でもすぐに使うことが出来ました。

が、Bandicamは一回の録画時間が10分までなので、1回のレッスン(25分)で、3回は録画ボタンを押す必要があります。

レッスンに集中していると、知らない間に時間が過ぎていて、気づいたら最初の10分までしか撮れていないなんて事もありました。

「今日の目標」「新しい単語」までで1回、「会話文」で1回、「エクササイズ」で1回といった感じにすると、スムーズに全体を録音出来ます。

レッスンの時には聞き取れなかった言葉や、根気強く直してもらった発音など、何度でも見直せるので良いですよね。

ネイティブキャンプの無料体験が終わったら、すぐにでも別のオンライン英会話の無料体験を試してみようかと思っていたのですが、しばらくは録音とハリーポッターの映画(Twitterより「ハリーポッターを観ながら英語を学ぶブログ」へ飛べます。)で英語を聞いたり話したりして復習期間を設けるつもりです。

まだまだ書けていないレッスンの記事も書きたいのでw

続きを読む

英会話「Native Camp」無料体験⑦現在形・現在進行形

オンライン英会話「Native Camp」の無料体験レッスン7回目のレビューです。

7回目のレッスンは、「現在形・現在進行形」を選びました。

Native Campがどんなものなのかはこちら↓
オンライン英会話、Native Campに登録してみた!

Native Campのレッスンの開始方法と授業の流れについてはこちら↓

Native Campのサイトはこちら↓


自分のテンションを先生に把握してもらう

人それぞれ好みや相性はあると思いますが、今回のハニー先生はお気に入りリストに追加した先生の一人です。

日本で生活していても、気が合う人もいれば、なかなか相容れないタイプの人もいますよね。

特に私は、特別社交的でもなく、あまりワイワイ騒いで盛り上がるのが好きというタイプでもないので、ガンガンにテンションが高い人は少し苦手だったりします。

何度かお話しましたが、ネイティブキャンプでは20代前半の先生が多く、比較的テンションが高めです。

それが悪いと言うことではなく、全然良いことだとは思うのですが、イマイチそのノリについていけないなんて事も無くはないんですよね。

25分間のレッスンでも、終わった後に結構気疲れしてしまう事もあります。

あれ、私普段そんなにテンション高く無いんだよなーといった具合に。

でも、少しずつネイティブキャンプ自体に慣れてきて、先生に合わせて無理にテンションをあげるのはやめる事にしました。

私自身、テンションは高くないとは言っても、別におとなしいわけではありません。

お喋りですし、それなりに普通に笑顔で話すタイプの人間だと思います。

今回のハニー先生の前では、普通にいつもの自分らしいテンションで挑みました。

当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが、こっちが普通でいると、結構先生も普通のテンションでまったりレッスンをしてくれるんですよね。

ハニー先生自体がそういう方なのかもしれませんが。

自分本位な意見になってしまうかもしれませんが、こちらがレッスンしやすい空気を生徒に合わせて作ってくれる先生はとてもやりやすいです。

ハニー先生も波長が会い、苦になることもなくレッスンを受ける事ができました。

続きを読む

オンライン英会話「Native Camp」無料体験3週目終了

オンライン英会話「Native Camp」無料体験3週目が完了しました。

レッスン記事は6記事までしか書けていませんが、27レッスンまで完了していますw

もちろん順次あげていきたいと思いますので、のんびりな当ブログをどうぞ宜しくお願いいたします。

Native Campがどんなものなのかはこちら↓
オンライン英会話、Native Campに登録してみた!

Native Campのレッスンの開始方法と授業の流れについてはこちら↓

Native Campのサイトはこちら↓
現在1週間の無料キャンペーンを行っています。


今回は2月15日~2月21日までの3週目のレビューと2月1日~2月21日までの3週間通してのレビューになります。

初めて「No good」の評価を講師にしてしまった

ネイティブキャンプの無料キャンペーン1ヶ月(今は1週間)に興味が湧いて、登録・受講をすることにした私ですが、ついに3週目にして悪い評価にせざるを得ない先生に出会ってしまいました。

基本的に私は「毎回違う先生を選ぶようにする」というスタンスで居ましたが、3週目にして、良かった先生を「お気に入り登録」して、同じ先生でのレッスンも普通に受けるようになってきています。

ネイティブキャンプの先生方は優しく楽しい方がほとんどであることを大前提として聞いてください。

どの先生も所謂「当たり」であることがベストではありますが、人と人との関わりなので、多少なりとも相性というものがあると思います。

また、育ってきた国が違うので、文化の違いもあり、日本の常識非常識が必ずしもフィリピンの常識非常識と一致するとも限りません。

ネイティブキャンプでは、細かい評価が星5つ満点で評価出来るのですが、まず大きな評価として「Good」「No good」の2択で選ぶ事ができます。

正直多少合わないくらいでは私は「No good」にはしません。
多少のマナーや指導力が気になっても、一生懸命な先生は、私的にGoodです。

指導力がどうか、面白さがどうか、丁寧さがどうかといったことは、上記に書いた細かい評価の部分で星の数で私は評価を4にしたり3にしたりしています。
それでもGoodです。

極端な話ですが、ちょっとやそっとのことでは、私はあまり「No good」という評価はしたくないのです。

それでも悪い評価をしてしまったのは、私自身がレッスンを受けている25分のあいだに、「腹が立ってきてしまった」「もうこの先生は二度と受けたくない」と思ってしまったからなのです。

続きを読む

英会話「Native Camp」無料体験⑥日常生活

オンライン英会話「Native Camp」の無料体験レッスン6回目のレビューです。

Native Campのサイトはこちら↓
無料キャンペーン実施中です。


今回は、テキスト単元「日常生活の行動」を選択しました。

レッスン内容については目次「日常生活のことを言えるようにする。」から書いてありますので、目次よりお飛びください。

目次「テキストの種類は沢山ある。」は今回のレッスン内容とはあまり関係の無い、ネイティブキャンプ全体を通しての話になっています。

テキストの種類は沢山ある。

ネイティブキャンプのテキストには、まったく英語が分からない超ビギナー用のテキストから上級者用のテキストまで幅広くあります。

私が選択しているのは、超ビギナー、ビギナーの次の、初級クラスの文法テキストです。

文法テキストは、以前に書いた記事にもあるように「可算・不可算名詞」「行動の頻度」といった何か1つの単元を使ってレッスンをしていく用のテキストになっています。

スピーキング力を高めるためのスピーキング用のテキストもあります。

こちらは、絵を見ながら、その絵についての会話をしたりします。

テキストを使ったレッスンでは、基本的に25分1レッスンに合わせてレッスンが行われます。

自分の希望を言えば、15分や10分といった短いレッスンにすることも可能です。

5分位の短いレッスンをしたいのであれば、フリートークや5分ディスカッションといったレッスンもあります。

受け放題だからこそ、逆に短いレッスンをすることも出来るわけですね。

継続は力なり、ではないですけど、5分のレッスンでも続けてけばそれは絶対力になるはずです。

ちなみにこの記事を書いている時点でレッスン22回まで完了していますが(ブログ書くの遅すぎw)、私はずっと初級クラスの文法テキストを順番にこなしていっています。

初級用のスピーキングテキストも試してみたいのですが、なかなか勇気が出ません。

別のテキストにチャレンジする時は、何度かレッスンを受けた先生にしたいですね。
初めての先生とやるのは怖いですもん。

続きを読む

オンライン英会話「Native Camp」2週目終了

オンライン英会話「Native Camp」を受けて2週間が経ちました。(2/14時点)

Native Campについてはこちら



Native Campサイト
↓現在は1週間の無料キャンペーンをおこなっています↓


ブログ記事ではまだ5回目のレッスンまでしか書けていませんが、14日時点で21回のレッスンが完了しています。

受け放題なので、丸1日レッスンが出来ない日もあれば、1日のうちに5回レッスンをする日もあったり、とまちまちです。

今回は2週間が終了という事で、2週目の感想(2月8日~14日)と、2週間を通しての感想(2月1日~14日)を書いていきたいと思います。

1週目レビューはこちら

講師の評価・レビューについて

私達がレッスンを受ける上で講師の先生に求めるものって、それぞれ違ってきますよね。

例えば私の場合、特別テンションが高い先生を望んでいるわけではなく、面白くて笑いが絶えない授業よりも、普通に落ち着いてニコニコしていられればそれでいいと思っています。

ネイティブキャンプでは、講師の評価を「フレンドリー」「指導力」「面白さ」「丁寧さ」「笑顔が素敵」という5項目を星5MAXで評価することが出来、この評価の時に、講師に対してのレビューを書くこともできます。

評価は自由に出来るというわけではありません。

流れとしては、①レッスンを受ける→②レッスン終了→③講師からのメッセージ→④メッセージ画面から評価へと進めるという感じです。

もちろん評価をしなくても問題はありません。

ビビり体質の私は、レッスンを受ける前に講師の評価やレビューを見てからレッスンを受けています。

レビューは星だけの数字的な評価ではなく、人の文字で書かれているものなので、その先生のタイプが見えてくることもあるんです。

特にネイティブキャンプでは、比較的テンションが高い先生が多いので、落ち着いた先生には「落ち着いていて話しやすかった」等のレビューが残っていることがあります。

誹謗や中傷ではない限り、「もっと話す時間を作って欲しい」「レッスン態度を改めて欲しい」といったレビューも残されているので、講師に対して「求めるもの」がある人はレビューは見ておくと良いでしょう。

ですが、あくまで評価は評価、レビューもその人自身が感じた感想なので、参考程度にしておいた方が良いですね。

レビューを見て、実際にレッスンを受けてみると、レビューで想像していた雰囲気と違う事なんてザラにあります。

私も塾で講師をしているので常々感じますが、生徒もそれぞれ性格が違うので、Aさんが大好きなB先生をCさんは苦手…なんて事もあるんですよね。

レビューを書いている生徒さんが思った印象が、必ずしも自分に一致するとも限らないわけです。

先生を選ぶ事が出来るという環境に感謝しつつ、自分に合った先生を見つけられると良いと思います。

続きを読む

英会話「Native Camp」無料体験⑤「行動の頻度」

オンライン英会話「Native Camp」5回目の無料体験レッスンが完了しました。

1日に数回レッスンをする日もあるので、レッスン回数にブログが追いつきませんw

Native Campのサイトはこちら↓


今回のレッスンはテキスト「行動の頻度」を選択しました。
「usually(たいてい)」「sometimes(時々)」「always(いつも)」のような、中学で習うところです。

先生は面白い先生でしたが、世間話に時間を使ってしまいテキストは終わりませんでしたw
内容自体は理解しているところなので、こんな時があってもまぁOKでしょうw

覚えておきたい「sibling」

5回目のレッスンを担当してくれたのは、クリスティーナ先生です。

出だしの自己紹介で、年齢が近かった事もあり、結構プライベートな話で時間を使ってしまいました。

ネイティブキャンプでは、基本的に20~25歳の若い先生が多くを占めています。
クリスティーナ先生は28歳だったので、私と1個違いで、なかなか巡り合えない年齢の先生です。

ちなみに生徒さんは小学生の子供~60代70代の方までいます。

生徒さんの年齢に関しては、先生へのコメントが公開されていて、コメントをした生徒さんの年齢と性別が任意で表示されているので、それで把握していますが、プロフィールの変更が出来るようなので、たまに1歳の人とかを見かけますw

また、「この先生のレッスンを受けている生徒の年代」という棒グラフもあるのですが、様々な先生のグラフを見た感じだと、ネイティブキャンプには40代・50代の方が多くいらっしゃるように感じます。

「結婚してるの?彼氏いるの?」なんて女子会を済ませた後、先生にこんな事を聞かれました。

teacher
Do you have any siblings?
I
シブリングス・・・え?
I
えー・・・
teacher
Okay.Do you have any siblings?
I
ゆっくり言われても分かんないー
I
What is “シブリングス”?
teacher
“brother or sister”

わー。兄弟のことだったんですね。

英語だと「brothersは男の兄弟」「sistersは女の姉妹」を表し、男女を区別した形になっています。

だけど日本語だと、「兄弟いる?」って「兄・弟」の漢字にも関わらず「妹がいるー」とも言えちゃいます。
「姉妹」は女性の事を指すのに、「兄弟」は別に男性に限った話では無いという日本語の不思議。

英語での男女の区別の無い「兄弟姉妹」の言い方が「sibling(s)」です。

私の場合は、弟が一人なので、「I have one sibling.」になります。
「I have a younger brother.」でも大丈夫です。

知った時はとても感動して興奮したのですが、知って嬉しいというよりも、先生が話す以前に知っておきたかったな、とちょっと悔しい気分にもなりました。

続きを読む

オンライン英会話「Native Camp」1週目終了。

オンライン英会話「Native Camp」を始めて、はや1週間が経ちました。

Native Campについてはこちら



Native Campサイト


2月1日~2月7日までの7日間を通してみての「Native Camp」の感想自分自身の英語力の変化についてお話していこうと思います。

ブログでは、現時点で4回目のレッスンまでの内容しか書いていませんが、7日までに9回のレッスンを終えています。

1日1回は英語に触れようと思っていたのですが、忙しかったり、Native Camp自体のサーバーが落ちていたりで、毎日はやれませんでした。

それでも、受けたい時に受けられるので、1日平均1回以上は受けられています。

コストパフォーマンスはどうなの?

現在は7日間無料キャンペーンを行っているNative Campですが、私が申し込んだ時には1ヶ月無料キャンペーンを行っていました。

1ヶ月→1週間となると、なんだか随分と損な感じがしますが、実際Native Campの無料キャンペーンは他社と比べると圧倒的にお得です。

大体が「レッスン2回無料」とか「レッスン4回無料」とか回数なんですよね。

私は2月8日~2月9日にかけて(深夜3時頃まで起きてましたがw)、連続で6回レッスンを受けてます。
Native Campそのものが回数制限が無いので、暇さえあれば、1日にずっとレッスンを受けることも可能です。

他社のレッスンは大体が「週1回(もしくは2回)コース」「1日1回(もしくは2回)コース」といった感じで、1日に受けられるレッスンの上限があります。

1日1回コースは毎日受けられるので良いかもしれませんが、私みたいに暇になる時間が不定期・気分が乗るタイミングも不定期wな人間には、なんだか時間を縛られているようで乗り気になれません。

とはいえ、オンライン英会話は片っ端から体験していこうと思っています。
Native Campの無料期間が終わったら、他社の無料体験を体験してみて、その上でどこを選ぶか決めるつもりです。

現実的な話、今はお金を英会話に掛けるのは難しいので、無料体験で先延ばしという気持ちもあります。

「レッスン受け放題」「予約不要」というのが、あまりにも私に合いすぎていて、なんとなく最終的にやっぱりNative Campに戻ってきそうな気がします。

有料会員になったとしても、月額4,950円なので、受け放題ならやっぱりお得ですしね。

よって、コストパフォーマンス的な意味では、無料体験中の私が言うのもなんですが、Native Camp大満足です。

続きを読む

英会話「Native Camp」無料体験④「行動の理由」

オンライン英会話「Native Camp」の無料体験レッスン、4回目を受講しました。

Native Campのサイトはこちら↓


この無料体験レッスン良いですね。
無料期間中であっても、特に制限などはなく有料会員の方たちと同じように受け放題です。

予約に必要なコインも1000コイン配られるので(予約1回200コイン)良いです。

今回も、レッスンの感想と、新しく習った表現等について書いていきます。

先生が少なくて、予約をしなきゃ結局レッスンを受けられない?!

1回目のレッスンの時に、私は1回目にも関わらず、コインを使って予約を取りました。

というのもオンライン中の先生が全員取り込み中(レッスン中)で、空いている先生が居なかったからです。

ですが、2回目以降(現在9回目まで受けてます)は一度も予約を取らずに、その場で手の空いている先生を選ぶことが出来ています。

どうしてもゴールデンタイムや土日だと夜中12時過ぎ頃まではやっぱり混んでいますね。
予約をする必要は無いにしても、先生の手が空くのをリアルタイムで待って、空いた瞬間にレッスン開始ボタンをクリック!という事をやらないと、なかなかレッスンが出来ない時もあります。

「5分以内にレッスン可能」という表示があるので、狙いは定めやすいですがw

深夜になってくると空いている先生が数名いる状態になるので、連続でも余裕でレッスンが受けられます。

私は基本的に仕事が不規則で、夜型な体質なので、私には結構都合が良いです。

ちなみに早朝も空いています。
私も早起きして、朝からレッスンしてみたいのですが、目覚ましを掛けてるのに早朝レッスンを受けられた事はありませんw

予約自体は「朝の6時~深夜2時」までのレッスンが対象になっていますが、「深夜2時~朝の6時まで」もレッスンは受けられます。

セブ島とは時差が1時間なので、先生も夜更かしor早起きですよね。

ということで、満足出来るほどに先生が揃っているわけではないけれど、まったくレッスンが受けられないというほど先生が足りないという事はありませんでした。
(あくまで私一人の1週間の統計です。)

続きを読む

Native Camp無料英会話レッスン③「好きなもの」

こんにちは。
オンライン英会話「Native Camp」の無料レッスン3回目のレビューです。

Native Campのサイトはこちら↓


現在(平成28年2月)、Native Campでは7日間の無料キャンペーンを実施していますね。
1月31日にギリギリ登録をした私は、運良く1ヶ月の無料キャンペーンが適応になったので、とりあえずこの1ヶ月出来るかぎりレッスンを受けていきたいと思います。

①、②の記事


「Native Camp」接続状況はどうなのか。

3回目のレッスンを受けようとした際、半日程サイトがダウンしてしまい、サイトそのものに接続が出来ない自体に見舞われました。

私自体、3回目にして、かなりNative Campを気に入っていますが、それでもサイトにつながらないのは問題です。

他の生徒さんのレビューなども調べてみたところ、このような状況は珍しくないようです。
新設サイトということもあり、環境が整いきれてないのでしょうか。

モンストじゃないですけど、メンテナンスが行われたりした時には予約コイン配布とかしてくれるといいですねw

次の日になって、やっとサイトに繋がるようになっていたのでレッスンを受けることにしました、が、今回のレッスンは15分程で先生との接続が切れてしまいました。
(サイト自体は通常通りつながりました。)

5日程の利用の中でちょこちょこサイトに接続出来ないことは確かにあるのですが、そこまで目くじら立てる程のことではないかな、というのが私の感覚です。

ただ、有料会員に移項していて、尚且つ利用頻度が高い人、日時を決めてレッスンしている人にとっては大きな問題かもしれませんね。

「予約不要」「受け放題」という事を考えると、やはり混み合ってしまうのでしょうか。
今後接続トラブルが減ってくると良いですね。

続きを読む

Native Camp無料英会話レッスン②「不可算名詞」

こんにちは。
オンライン英会話「Native Camp」2回目の受講です。

Native Campのサイトはこちら↓


1回目はこちら↓

細かく発音を直してくれる先生

2回目のレッスンの先生は、ヌリーン先生。

1回目のジョエ先生に比べると、少しクールな印象を受けました。
決して冷たいという事ではなく、終始笑顔で楽しくというよりは、真面目にレッスンを進めてくれる先生です。

リピートした後、文を読んだ後には、「Thank you very much.」とお礼を言ってくれます。

これは私の英語力の問題でもありますが、ちょっぴり私にはまだ会話のスピードが早く、理解出来ない事が多かったです。

ただ、私の発音がおかしかった単語をしっかり把握して、その単語が出るたびにその単語を強調して読んだり、ホワイトボードに箇条書きにして復習をしてくれました。

ちなみに私が直された単語は以下の3つ。

orange juice オレンジジュース
rice ごはん
cereal シリアル

orange juice」は私がちょっとでもカッコつけようとしてしまったのか、「オレンジュース」のように「ジ」を1個省略してしまったのです。

しっかりと「オレンジ・ジュース」と区切るようです。

rice」は「R」の発音を直されました。

意識して発音したら「Perfect!」とお褒めの言葉をいただけたので嬉しかったです。

cereal」はまず出だしの「シ」が「スィ」であること、「アル」の部分は「ヤァゥ」みたいな感じであることを直されました。

「シ」なのか「スィ」なのか、やっぱり英語を話せる人が聞くとすぐに「違うと思うのかもしれませんね。

正しい英語の発音って、自分だとよく分からないので、違う時には違うと細かいことでも直してくれるのはとてもありがたいです。

「1つずつ」「2つずつ」のは英語で?

テキスト内容ではないのですが、先生が喋っている時に、以下の様なことを言ってきました。

teacher
one by one,~~~.

↑英語力もそうですが、「one by one」という言葉が気になってしまって、続けて言っていた内容が聞き取れませんでしたw

I
さっきから言ってる「one by one」ってなんだろ。

質問してみたところ、ペンを出しながら丁寧に説明してくれました。

one by one 1つずつ
two by two 2つずつ
three by three 3つずつ



「one by one…1,2,3・・・two by two…2,4,6・・・」といった具合に、手元にあるペン数本を使ってジェスチャーしてくれたので、意味がよく分かりました。

英語で英文法を習う感覚

私は今回、聞き慣れない単語に戸惑って、「可算名詞」の話なのか「不可算名詞」の話なのか分からなくなってしまいました。

「可算名詞は?」と聞かれれば「banana」「tomato」と言ったように答えられたと思います。

でも「countable nouns」と言われて、「えっとえっと・・・」となってしまったのです。

「countable nouns(可算名詞)」「uncountable nouns(不可算名詞)」と、「un」がつくかつかないかの違いで、しかも「不」の意味をもつ「un」なんだから、冷静に判断するべきだったのですが、頭の中はパニックでした。

どちらの単語を聞かれているのか、かなりテンパッてしまい、ほぼ逆の答えばかり答えてしまう有様でしたw

時間も25分を過ぎるか過ぎないか位だったので、先生にお礼をいうことも出来ずに26分を過ぎてしまったところで自動的に切れてしまいました。

日本語でしか聞くことのなかった「可算名詞」という言葉も、日本語を使わないレッスンでは当たり前といえば当たり前ですが「countable nouns」と言われるので、習う単元の意味や文法の説明も全て英語で教わることになります。

気分は外国へきた留学生ですね^^

Native Campのサイトはこちら↓


さて、それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。