2019年 3月 の投稿一覧

【統合版マイクラ】隠し扉を使って、拠点を作ってみた!#21

こんにちは。Sachaです。

前回は、またジャングルを探すべく、マップ埋め第3回!をおこなってきました。

ここのところ、旅ばかりしていたので、今回は建築をすることに。

以前作った「隠し扉」を利用して、拠点を建てることにしました。

実は前にも作っていた、拠点・・・でもぶっ壊す!

実は、前にも拠点を作っていたのですが、今回はそれを壊して、建築のし直しです。

前はこんなのを作っていた。

前に作っていたのは、この拠点。

原木の屋根も取り入れたりと、結構コスパの高い家を作りました。

ただ、問題が・・・2つほど。

私のリスポーン地点は、とても小さな孤島で、何を思ったのか、私はこの孤島の一部を露天掘りしたのです。

岩盤まで一気にw

前に拠点を作った時には、この露天掘りの手前に家を建てました。

なので、見えていないけれど、家の裏にはこの穴がある状態という、小さな孤島の無駄遣い。

こんな状態だった・・・w

そして2つ目の問題点が、リスポーン地点の真上に家を建ててしまったので、芯で舞い戻ってくる場所が、屋根の上w

ちょこっとうんざりしていたこともあり、この露天掘りを隠し扉で隠す形で、リスポーン地点の裏(奥?)に作り直すことにしました。

隠し扉を開けば、地下に行ける!

土台。

隠し扉を地下に繋いでいる関係上、凹型の家です。

隠し扉の作り方に関しては、下記記事より飛べます。

2階建て。

1階にはお庭、2階にはベランダを付けて、実質あまり部屋数は多くないです。

前回使った木材たちを再利用する形にしました。

手前にあるレバーが隠し扉を開くスイッチ!

実はこの裏で、他の色の羊小屋のフェンスと繋がってしまうハプニングもw

狭すぎる孤島は、何かと問題がつきものですw

この中央の入り口の真下が、隠し扉になっています。

もうちょっと、屋根を大きくした方がバランスがよさそうです。

ゾンビピックマンがやたら家に入りたがります・・・w

扉を開けておくと、ゾンビピッグマンが勝手に家宅侵入してくるので、閉めましたw

待ってても開けてやらんよw

見えている木の床がレバーによって開きます。

こんな感じで階段があり、地下の露天掘りの空洞へと繋がっています。

今のところ、地下の使い道をあまり考えていないので、木の階段ブロックも途中までしか置いてない状態ですw

今思えば、上に上に積み上げていく方式で「見せる装置置き場」的な感じにして、孤島の小ささをカバーすればよかったのに、掘ってしまったから、もう後の祭りw

地下に装置を沢山置こうかとも思ってるのですが、なんか見えないのももったいないし・・・地下はどう使うか迷い中。

内装や見える風景のご紹介!

特別凝った内装にしているわけではないのですが、拠点にこんなものがあると便利だよというご紹介も兼ねて、勝手にご紹介させていただきます。

定番の作業スペース!

カーペットの下に光源を隠しています。

ここには、チェスト、かまど、作業台、金床と・・使用頻度の高いものを置いてみました。

使いにくい階段下・・・

階段下というか、階段がイマイチ苦手です。

階段下にはとりあえず、作業台とチェストを置き、わきにはベッドを置きました。

作業台は、家のどこからでも手が届く場所に置いておきたいのは私だけ?w

チェストの下に光源を置いてみた!

こちらはまた別の物置。

かまどの上にチェストとか、ちょっと見栄えが悪いけれど・・・。

もはや、柱の存在は無視したものの置き方になっていますねw

マップを眺めることも出来る!

後ろを振り返ると、マップが見れるようになっています。

ちなみに、左の作業台は、ドアから出る際に乗ってしまうため、撤去しました。

ver.1.10.0で追加されたランタンも導入。

2階のベランダからは、自分の島が見える!

ウサギ小屋や、ちょろっと見える羊小屋、畑などがある場所は、もともと海だったところです。

埋立はちょこっとずつ進めてます。

ランタンの登場により、見せる光源として輝きをはなっております。

前は光源を隠すことばかり考えていたので。。。

2階部分の内装はまだ作っていませんが、エンチャント部屋を予定しています。

もしくは倉庫?

基本的には拠点は、自分にとって使い勝手のよい環境を第一優先で作りました。

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

統合版マイクラで「地下への隠し扉」の作り方

こんにちは。
今回はマイクラPEで、地下へと続く隠し扉の作り方をご紹介します。

普通に地下に階段を作っていっても良いのですが、入口がレバーで開閉できる床になっているのも面白いですよね。

この記事はver.1.10のアップデートにも対応していますが、変更点があります。

地下への隠し扉の作り方

まずは地下へと続く階段を掘ります。

1

次に粘着ピストンを設置します。

2

理屈としては、この横向きになった粘着ピストンが、ピストンの先にある土を動かすことで、階段部分を隠したり出したりします。

ピストンを横向きに置くには、1度土を撤去して、設置したい場所の壁をタップすると良いです。

土があるままだと、ピストンがどうしても真上を向いてしまいます。

ピストンの設置後、土(隠し扉に使いたいブロックでもOK)を再度設置します。

ピストンの設置が完了したら、回路を繋いでいきましょう。

3
2016年8月の時点の画像になります。

※1 連続したピストンを作動させるには、レッドストーン反復装置を並べる必要があります。

※1 ver1.10.0では、反復装置を置かず、ダイレクトにレッドストーンを置いても、連続したピストンが作動するようになりました。(反復装置を置いても作動するかはまだ未検証です。)

※2 ピストンの真後ろに反復装置を設置し、反復装置の後ろにレッドストーンを繋いでいきます。

※2 ver1.10.0では、ピストンの真後ろにレッドストーンを繋げばOKです。

レバーを置きたい位置の真下まで、回路をもってきます。

念の為にレバーを動かして動作確認をしておきましょう。

4

小まめに動作確認をしておくと、あとになって「動かない!」と慌てることが減ります。

きちんと動いたら、右側同様、左側も同じように回路を繋いでいきます。

5

これで隠し扉自体は完成しました。

ただ、回路とピストンが丸見えなので、隠してしまいましょう。

私は建物を建てて、隠してみました。

6

隠すためのブロックを設置する際に、レッドストーン回路を遮ってしまうことがあるので、回路を作動させたまま作業をすることをおすすめします。

隠しきったら、きちんと扉の開閉が出来るか、確認しましょう。

7

きちんと開きました。

建物と建物の間に地下扉って、なんだかお洒落ですよね。
ピストンや回路の上に、木を建ててみるのも面白いかもしれません。

ぜひ、参考にしていただければ光栄です。

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

【統合版マイクラ】第3回マップ探索会!ピラミッドと村!#20

こんにちは。Sachaです。

何かとマップを埋めることが多い私なので、前回はマップの拡張方法や複製のしかたについてまとめました。

今回も、統合版マイクラにて、第3回目のマップ探索会をおこなっていきます。

今回埋めるのは、3/4段階目の地図の上部分3枚です。

小さすぎるリスポーン地点。

今やっているワールドは、私初の孤島スタート。

見ての通り、本当に小さな孤島なので、どう足掻いても、旅が必須なんですよね。

サバンナ、氷塊、山岳バイオームなど、比較的恵まれてはいるものの、未だにジャングルが見つかっていないので、今回は上3枚に期待を込めてw

オオカミに出会った!懐いた!けど、テレポートには限界が!

何があるか分からないと思って、「骨」を持ち歩いていたのですが、まさかのオオカミに遭遇することが出来ました。

良くお食べ。

首輪がついて、2匹懐いてくれたのですが、海を横断するタイミングでサヨナラをすることに・・・。

オオカミやネコは基本的に、プレイヤーが離れていてもテレポートして着いてきてくれます。

ですが、基本的な目安としては、「視界に入るレベルの大陸移動」が限界のようです。ある程度以上の距離の海を渡るとなると、テレポートしてくれません。

海を泳ぐことも出来ますが、動物さんたち、泳ぐのが遅いのでw

いずれボートなどを使って、うちに連れて帰りたいと思います。

ピラミッドを2つ見つけた!

ピラミッドじゃん。

大きな砂漠を発見しました。

このワールドでは、砂に困ることはなさそうです。

しかもピラミッドを発見。

テラコッタの床。

こういうダンジョンに入る時って、ちょっとドキドキしますよね。

凄い。なんだかオシャレです。

これが噂の。

この床に見えているのは感圧板で、一般的にはこの周りにチェストがあります。

でも、感圧板を踏んでしまうと、下にあるTNTが爆発するという、トラップが仕掛けられています。

爆破させないように・・・。

なので、壁を壊しながら降りていき、TNTを爆破させないようにしながら、チェストを探してみました。

結構周りを掘ったりしたのですが、ここにはチェストがありませんでした。

新たなところで2つ目のピラミッドも。

まさかの2つ目のピラミッドも発見!

ここには、チェストありました。

うむ。

上記の画像は、チェスト2つの中身です。

4つチェストはあったのですが、中身は似たり寄ったりです。

すんごいお宝が入っているかと言われたら、うん、そんなことは無く、まぁありがたいものもあるかな、といった感じw

村が3つあった!

今回探索していた部分は、比較的陸が多め。

ジャングルが出てくる気配はありません。。。

沢山の種類の畑で育てられる農作物がある中で、実は「ジャガイモ」が見つかっておらず、積極的にゾンビを倒してみたりしながら旅をしていたのですが、村にも期待していました。

そしたら、村を3つ発見!

1個目は砂漠に。

なんだかラクダでも出てきそうな雰囲気を醸し出していますねw

でもここにはジャガイモ無し。

砂漠からそんなに離れてない位置で、2つ目の村も発見。

ここにもジャガイモはありませんでした。

2つ目の村にすごく似た村をまた近くで発見。

ここでやっと、ジャガイモの調達に成功しました!

現在プレイしているのは1.10バージョンなのですが、1.11で、村人が大幅にアップデートされるようですね。

旦那島では、村人たちの搬入により、かなり賑やかになっているので、私も孤島に村人を連れてきたいのですが、とりあえずはアップデートを待ってみてからにしようかと思っています。

たまに、あの孤島に1人でいると寂しくなるのでw

無事マップ埋め完成!9枚の正方形が仕上がった!

大雑把だけど。

大体こんな感じです。

右上のマップはほとんど陸ですね。

ジャングルは見つからなかったのですが、探しに行くのは、もう少し先の予定です。

建築もしたいし、まずは周りの大陸を少しずつ開拓し、ただ距離があるのでネザーでの鉄道を発展させたいなと考えています。

ネザーで遠めにある大陸との接続が出来るようになってから、マップを広げていけたら良いな。

おまけ!スノーゴーレム作ったw

マップ埋めとは関係ないのですが、帰ってきて、寂しくなったので、スノーゴーレムを作りましたw

海の方に見えるのは、ネザーゲートが変に生成された時の名残w

今までのワールドでは、雪や氷があるバイオームに行ったことが無かったので、作ったことのなかったスノーゴーレム。

仲間が欲しくなったので、作ってみましたw

村人やこういった人間っぽいMobは割と好きで、今後、お店などを建築することがあったら、店員さんとして配置も考えています。

ただ、ふと見たら、スノーゴーレムさん、消えていましたw

雨に濡れると溶けてしまうようですね、寂しい。

ということで、今回も閲覧していただきありがとうございました。

続きを読む

【統合版マイクラ】海の中の生き物!全7種類の特性などを解説!

こんにちは。Sachaです。

アップデートを重ねて、海の中もだいぶ様子が変わってきましたね。

海の中のダンジョンもそうですが、生き物たちもはっきりと見えるようになったり、種類が増えたり、様々な変化がありました。

そこで今回は、統合版マイクラにおける「海の中の生き物」全7種類について、生息場所やドロップアイテムなどについてまとめてみました。

ver.1.10.0の情報です。

イカ

よく見てみると結構怖い。

イカは、明るさは関係なく、1ブロック以上の深さの水があり、46~62の高さの海洋バイオームにスポーンします。

Java版では、どのバイオームの海にでもスポーンするようです。

イカを倒すとドロップするアイテム

イカ墨。

イカを攻撃すると、イカ墨をぶちまけられます。

それによってのダメージなどはありませんが、ちょっぴり視界が悪くはなりますね。

イカを倒すと「墨袋(イカ墨)」が手に入ります。

墨袋は、黒の染料の素材になります。

また、「本と羽ペン」をクラフトする時の材料にもなります。

イルカ

結構凛々しい顔してるw

イルカは、凍った海以外のすべてのバイオームにスポーンするため、比較的みつけやすいのではないでしょうか。

イルカは水中に4分居ると溺死してしまい、水中の外に2分居ると窒息死してしまうため、たびたび海などでは陸に顔を出したり、ジャンプする様子が見られますね。

イルカを入れた水槽などを作りたい場合、そのへんを踏まえ、イルカが空気出来るように蓋などで閉じ込めないようにしましょう。

イルカと仲良くなろう!

統合版ではエフェクトは出ませんが、イルカの近くを泳ぐと、泳ぐスピードが速くなります。

また、生のタラをイルカに与えることが出来、イルカと仲良くなると、近くにある「難破船」や「海底遺跡」にイルカが案内してくれます。

基本的には友好的なMobではありますが、ゾンビピックマンと同じように、イルカに攻撃を食らわせてしまうと、周りのイルカたちが群れになって襲ってきます。

イルカを倒すとドロップするアイテム

イルカを攻撃すること=群れと戦うということになるので、出来る限り戦いたくはないものですが、イルカを倒すと「生のタラ」を0~1匹ドロップします。

タラは海の中で見つけられるので、イルカを倒してまで手にいれるものでもないですね。

ウミガメ

ごく稀に、子亀もいるみたい。

ウミガメは砂浜バイオーム(暖かい砂漠)にスポーンします。

複数匹の群れで見つかることもあり、海でも陸でも見つけることができます。

ウミガメを倒すとドロップするアイテム

ウミガメを倒すと「海草」を0~2個ドロップします。

海草なんて、海の中でいくらでも集められるので、極力ウミガメを大切にしたいところですね。

ウミガメの繁殖方法

ラブラブ。

ウミガメは「海草」を与えることで、ラブモードに突入します。

どちらか片方が、スポーンした地点まで行き、砂浜を掘るような動作をして、ウミガメの卵を産み付けます。

リードで連れて帰ることが出来ないため、カメにはその場で繁殖してもらい、卵を持ち帰るようにすると、自宅付近でウミガメを育てることはできます。

ウミガメの卵が孵るまでの時間はおよそ40分ほど掛かります。

ウミガメの卵は上に乗ると割れてしまうので、丁重に扱いましょう。

シルクタッチ付きのツールで持ち帰ることが出来るので、拠点そばで還すことも可能です。

ウミガメの子供が大人になる時に「カメの鱗」をドロップします。

熱帯魚

可愛い!

熱帯魚は、暖かい海洋かぬるい海洋にスポーンします。

サンゴがあるような所で多く見られます。

海は暖かくなっていくごとに、色も明るくなっていくので、薄い水色のような海を探してみると良いでしょう。

自然にスポーンするものはまず、形状が2種類あり、更に模様が6種類ある。これに加えて、色が16色ある。これらの組み合わせは全部で3072種類ある。

Minecraft Wiki https://minecraft-ja.gamepedia.com/Minecraft_Wiki

と、3072種類…凄い多いけど、計算すると192種類なのではないか?と、私何か計算に漏れがあるのか?これは、いずれにせよ、コンプで確認するに量が多すぎますねw

熱帯魚はバケツに入れて持ち運ぶことが出来ます。

その際、「熱帯魚入りのバケツ」としてのテクスチャは一緒ですが、どんな熱帯魚かをきちんと記憶しているため、欲しい熱帯魚を持ち帰ることが可能・・・と思いきや、熱帯魚の種類が変わっていたなんて話もあり、要検証です。

熱帯魚を倒すとドロップするアイテム

熱帯魚を倒すと「熱帯魚1匹」と「骨(25%の確率)」でドロップします。

熱帯魚に限らず、魚(タラ、フグ、鮭)は、倒した時に、その魚1匹と骨を25%の確率でドロップします。

タラ

タラは「通常の海洋」「冷たい海洋」「ぬるい海洋」にスポーンします。

暖かめの海洋や、河川などにはスポーンしません。

生のタラ(鮭も)はネコやヤマネコの繁殖や懐かせるのにも使えます。

イルカに与えられるのが、このタラになります。

タラを倒すとドロップするアイテム

タラを倒すと、タラ1匹と骨(25%の確率)でドロップします。

フグ

フグは「暖かい海洋」か「ぬるい海洋」にスポーンします。

寒すぎるところにはいないということですね。

フグの特徴としては、近くに寄ったり、攻撃をすると、体を膨らませてきて、毒のステータスを付与してきます。

フグは他の魚とは少し違い、水中系のポーションに使われることが多いです。

フグを倒すとドロップするアイテム

フグを倒すと、フグ1匹と骨(25%の確率)でドロップします。

THE 鮭

鮭は「凍った海洋」「冷たい海洋」「河川」にスポーンします。

赤のテクスチャが可愛らしいですね。

鮭を倒すとドロップするアイテム

鮭を倒すと、鮭1匹と骨(25%の確率)でドロップします。

別件①魚釣りはどうなるの?

今まで(海のアップデートの前)は、海の中はあまり発展しておらず、魚も釣りをすることで獲得できていました。

今はどうなったかというと、今まで通り、変わりなく釣り竿で釣りをすると魚を釣ることができます。

暖かめの海だと、地上から泳いでる魚が見えることがありますが、そこを目がけて釣り竿を投げる!なんてことをしなくても大丈夫です。

別件②魚を飼いたい時は?

海にアップデート後、海草や昆布、サンゴなど海の植物も増えました。(別記事予定)

水族館や水槽を作って、魚たちを飼いたい場合は、バケツに水を入れた状態で、目的の魚に近寄りタップすると、水入りのバケツの中に、魚が入ってくれます。

海の中の生き物まとめ!

陸上だけではなく、海の中の世界も随分盛り上がってきましたね。

今私がプレイしているワールドでは、小さな孤島がリスポーン地点なので、海と触れ合う機会がとても多いです。

今後もさまざまなアップデートがありそうで、楽しみですね。

それでは今回も閲覧していただきありがとうございました。

続きを読む

【統合版マイクラ】食料・ペットNG!でも可愛い動物、全5種類+1種類!

こんにちは。Sachaです。

食料になる動物、ペットになる動物に続き、「その他」にあたる動物達です。

陸の動物たちは、これで全部になります。

ホッキョクグマ

大体は子供と一緒にスポーン。

ホッキョクグマは、雪原バイオームなどの、寒いバイオームにスポーンします。

山岳などの積雪がある程度の寒さではスポーンしません。

大体は、子グマもそばに居て、子グマに危害を加えそうだと判断されると、親グマに攻撃されます。

ホッキョクグマは、現段階では、懐かせたり、繁殖させることは出来ません。

ホッキョクグマがドロップするアイテム

ホッキョクグマを倒した時は、「生のタラ 0〜2匹」か「生の鮭 0〜2匹」をドロップします。

タラや鮭は、釣りなどでも手に入るので、極力倒したくはないですが、攻撃された時などは止むを得ず…ということもありそうですね。

コウモリ

よく見ると可愛い顔。

コウモリは、明るさが4以下、高さ63以下でスポーンします。

明るさ4以下なので、主に洞窟などに多くスポーンされます。

敵対Mobでもなければ、何かをドロップするわけでもなく、気が付くとどこか行ってしまうので、害はあまりありません。

私はあまり音を出してプレイ無いのもありますが、音を出してプレイすると、コウモリの鳴き声が気になる方もいるようです。

パンダ

安定の可愛さ。

パンダは、ジャングルバイオームにスポーンします。

見た目が可愛いので、早くお目にかかりたいのですが、私のサバイバルモードでは、ジャングルバイオームが、まだ見つかっていません。

パンダの繁殖に必要なアイテム

食べ方…w

現段階では、懐くことはしませんが、繁殖させることは出来ます。

繁殖には「竹」が必要になります。

何度かトライしたのですが、ラブモードにはなるものの、必ずしも繁殖するとも限らないようです。

チビパンダが見たかった…!

ヤマネコ

仔猫可愛い。

ヤマネコもジャングルバイオームにスポーンします。

ヤマネコとネコは別物になり、ヤマネコは懐かせることや繁殖させることは可能ですが、ペットとして飼うことは出来なくなりました。

ヤマネコを懐かせるアイテム

ヤマネコは「生のタラ」「生の鮭」で懐かせることが出来ます。

ヤマネコを繁殖させるアイテム

ヤマネコは「生のタラ」「生の鮭」で繁殖させることが出来ます。

スケルトンホース

骨。

晴れたところで撮影をしていますが、スケルトンホースは、雷雨の時に、落雷と共に一定条件下で4体生成されます。

スケルトンホースが現れた場合、そばに寄るとスケルトントラップなるものが発動し、上にスケルトンが乗馬します。

上に乗っているスケルトンのみを倒すことで、スケルトンホースだけになります。

乗ってる状態。

スケルトンホースは乗ることも可能で、サドルも付けられるようになりました。

ただし、飼い慣らすことが出来るわけではなく、馬鎧の装着も出来ません。

スケルトンホースがドロップするアイテム

スケルトンホースを倒すと「骨」がドロップします。

スケルトンホースは一定条件下の落雷が必要になるため、なかなかレアな動物になります。

スケルトンライダーが乗馬している時などに、間違ってスケルトンホースを倒してしまわないように気をつけましょう。

クリエイティブ限定!ゾンビ馬!

サバイバルに居てもいいのにね。

クリエイティブのみで、スポーンエッグから出現させることが出来る馬です。

ゾンビのような見た目をしています。

マイクラ界も動物がかなり増えましたね。

シロクマはリードやトロッコでの運送が可能だったり、ヤマネコはクリーパー避けになったり…と細かな情報もありますが、その辺については、サバイバルで発見した時に細かく別記事にしていけたらと思います。

それでは今回も閲覧して頂き、ありがとうございました。

続きを読む

【統合版マイクラ】マップの作り方!拡張方法!複製のやり方!#19

こんにちは。Sachaです。

前回は、最初に作った横1列3マップの下部分のマップを埋めてきました。

次回は、上部分を埋めに行く予定なので、ここでマップの作成方法や、拡張方法、複製のやり方についてまとめていきたいと思います。

※ver.1.10.0に対応していますが、テクスチャが1.10.0と1.9.0のものと混在しているのでご了承ください。

まずは、サトウキビを育てよう!

マップを作るには、そもそも「紙」が必要になり、その「紙」の素材になるのが「サトウキビ」になります。

1.9.0のテクスチャ。

サトウキビは砂漠や砂浜などに自然生成されています。

水源が隣にある土・草ブロックか、砂ブロックであれば、サトウキビを育てることが可能です。

サトウキビを育てる時は、最大3段目の高さまで成長します。

1段目を残して、2段目から回収すれば、また時間経過で成長してくれるので、1段目は残しておいた方が良いです。

急いでいるときは、骨粉を掛ければ、すぐに成長してくれます。

コストは低め。

サトウキビ3つから紙3枚をクラフトすることが出来ます。

「空っぽの地図」と「まっさらな地図」の違いは?

紙を素材とすることで、マップをクラフトできるようになるのですが、マップには「空っぽの地図」と「まっさらな地図」の2種類あります。

「空っぽの地図」は紙9枚でクラフトします。

紙もテクスチャ変わったけれど、マップほどではなかったw

この「空っぽの地図」は文字通りの普通のマップです。

クリエイティブのフラットなので、わかりにくいですね。

クリエイティブのフラットな地形でマップを開いてしまったので、かなり状況が飲み込みにくいかと思いますが、上記の画面は、空っぽの地図が埋まった状態になっています。

では「まっさらな地図」はどうなのか。

というと、まっさらな地図は紙8枚とコンパス1個でクラフトできます。

テクスチャ変更は割愛。。。

先ほどの「空っぽの地図」と同じ場所で、マップを作成してみました。

白い矢印がある!

「まっさらな地図」の場合は、マップ上に、「今いる自分の場所」が表示されます。

自分が動くと矢印も付いてくるので、今どこに居るのかがハッキリわかるようになっています。

単に地図が欲しいだけなら「からっぽの地図」で埋めるだけ埋めて、コンパスなどでリスポーン地点へ戻るのもありかとは思いますが、マップの「原本」は「まっさらな地図」の方をオススメします。

(詳細は、後述する「複製」のところでお話します。)

ちなみにですが、拡張をしていない地図の場合(0/4段階)、128×128マスの地図になるため、開いてちょっと動くと埋まってしまいます。

地図の拡張は、金床か、作業台で出来る!

先ほども言った通り、0段階目(拡張無し)のマップは128×128マスで、表示範囲がかなり狭くなります。

  • 0/4→128×128マス
  • 1/4→256×256マス
  • 2/4→512×512マス
  • 3/4→1024×1024マス
  • 4/4→2048×2048マス

と、0~4の5段階まで、地図を拡張させることができます。

拡張方法は2種類あり、「金床」を使うパターンと、「作業台」を使うパターンです。

金床はコストは重いですが、私は金床に慣れちゃっています。

金床は、鉄ブロック3個と鉄の延べ棒4個でクラフト可能です。

修理や名付けなどにも使えるので、作っておいて損は無いです。

金床に触れるとこんな画面が。

マップ1枚に対し、紙8枚で1段階の拡張が出来ます。

地図の名前を変更することも可能です。

拡張無し(0/4)がこちら。

さっきも見たね。

実際に私がサバイバルで作った時の、0/4のマップが下記のマップです。

ゲストが居ると、ゲストも表示されます。(右下)

自分が置いたブロックなどがきちんと表示されるので、近隣のマップを作るときには、このサイズがオススメです。

では、拡張してみましょう。

1/4(1回目の拡張)で上記のような感じになります。

埋まっていないところには色がつきません。

もっと傾ければよかった。

上記が2/4(2回目の拡張)です。

このくらいでも、目の前にある木がきちんとマップ上には表示されます。

上記が3/4(3回目の拡張)です。

私がサバイバル上でマップ探索の時に使っているのは、このサイズのマップになります。

これはサバイバルで私が実際に埋めたものですが、大体の地形は見えますね。

建物などまではもう見えません。

状況にもよりますが、これを埋めるのになんだかんだ30分以上かかってしまいます。

2048×2048

4/4のマップです。

ここまで大きくすると、もはやバイオームがギリギリ分かるくらいのレベルになってきます。(1マスに表示されているのが16×16の1チャンクという次元)。

ただ、この1枚に収まる情報量はとても多いので、世界地図みたいなものは作れそうですね。

そして、作業台を使って拡張する方法は、マップの周り8マスを紙で囲います。

テクスチャが最新w

画像は、紙が2枚ずつになっていますが、1枚ずつで大丈夫です。

ですが、このクラフトは作業台のレシピには載っていません。

自分でこの位置に配置することで拡張が出来ます。

私は自分で配置する際の、アイテムの分割(タップでメーターが出てくる奴w)が苦手なので、マップを拡張する時には、金床愛用者になっています。

でも、作業台のほうがコストも軽く、持ち歩きも便利、しかもどこでも手に入りやすいというメリットが多めです。

金床は使えば使うほど壊れていく消耗品でもあるので、お好みで拡張されると良いかと思います。

マップの複製はしておいた方が良い!

マップをコピーしたい場合も、金床と作業台のどちらかがあればOKです。

複製したいマップに対し、「空っぽの地図」1枚で複製が出来ます。

作業台の場合は、複製したいマップの隣に、空っぽの地図を置けばよいです。

先ほども書いた通り、「まっさらな地図」の方が、矢印が付くため、便利なのです。

が、もともとのマップが「まっさらな地図」から作られたマップであれば、複製する時に使うマップが「空っぽの地図」でも、矢印がつくようになります。

なので、原本さえ「まっさらな地図」であれば、コピーは「空っぽ」でOKなのです。

コンパスを毎回使うとなると、無駄に複製をする気にはなれませんが、コンパスを使わなくても平気なら、複製はするに越したことはありません。

複製したマップを、ゲストに渡すことも出来ますし、私が遠いところへ旅に行くときには、拠点に貼っているマップは基本的に複製して、自分が存在しているマップを持ってから、旅に行きます。

旅の途中で死んでしまった時に、拠点には手持ちアイテム0の状態で戻されます。

アイテムを拾いに戻りたい時に、前もってマップを複製しておけば、拠点にマップがあるので、それを持って(念のため、それも複製w)、どのあたりで落としたか、見当がつけられます。

方向音痴の私あるあるなだけかもしれませんが、紙9枚の空っぽの地図は、簡単につくれてしまうので、複製しておいても良いのではないでしょうか。

オフハンドにマップを持たせられる!

実は、最近知りました。

マイクラのロード画面中に出てくる文章が教えてくれました。

さっそく大慌てで、実践してみましたよw

マップを防具の画面の「盾」の位置に置きます。


ほら、左手にマップを持ってる!

ずっと、オフハンドの欄は機能していないと思っていたので、かなりビックリと同時に嬉しくなりました。

これでマップ埋めに行くのも、だいぶやりやすくなりそうです。

視界がだいぶ良いですからね。

それでは今回も閲覧していただきありがとうございました。

続きを読む

【統合版マイクラ】ver1.10にアップデート情報!サバイバルのクラフトをメインにご紹介!

こんにちは。Sachaです。

統合版マイクラのアップデートがやってまいりましたね。

ver1.10.0になりました!

クリエイティブとサバイバルを用いて、増えたアイテムや作成方法、その他いくつか変更点について、主に「クラフト」についてまとめていきたいと思います。

サバイバルはまだ、あまり進んでいないため、クリエイティブも用いながら、変わった点のご紹介をしていきますが、今回は「正式実装」されたものについてのご紹介になります。

尚、クリエイティブでもサバイバルでも私自身が画像でお伝え出来ない変更点については、文字のみになります。

木ブロックの中に「木」が追加!

なんとも名前が紛らわしいのですが、「原木」や「木材」とは別に「木」というものが新たに追加されました。

見た感じ、一見、原木。

普通の原木と大して変わらないように見えるかもしれませんが、実はこの木「断面」がありません。

ほらね!

360度、どの角度から見ても、樹皮がついた状態の木になります。

中身の幹は1個どこへやった?w

原木4つで、木を3つクラフトすることができます。

主な使い道は、やっぱり建材になりそうですが、「断面が見えない」ことが大きな意味になりそうです。

(今のところ、あんまり良い使い道が想像できていないw)

「盾」がついに実装!

今まで、オフハンドのスペースがあったのは知っていましたが、ついにそこに「盾」を当てはめることで、盾を使う事ができるようになりました。

ちなみに左利きでもオフハンドは左。

今さらですが、今まで左利き用の十字キーにしていたのに、右手でツルハシなどを使っていた事に、「盾」の存在で気づきましたw

スニーク状態にすることで、盾を構えることが出来るようになります。

どう?

一度使う癖をつけてしまえば気にならなそうですが、最初は常に視界に入る盾がちょっぴり気になったりします。

ちなみに余談なのですが、こないだオフハンドの部分に「マップ」を持たせることが可能だと、初めて知りましたw

(マイクラのロード画面が教えてくれたw)

「盾」は、鉄の延べ棒1と木材5でクラフトが出来ます。

待ちに待っていた方、とても多いのではないでしょうか。

光源「ランタン」が追加!

手軽に作れるたいまつから始まり、見た目にこだわり「ジャック・オ・ランタン」や「グロウストーン」を集め、「海のランタン」の登場で光源そのものがスタイリッシュでおしゃれになってきていましたね。

そんな中、とても可愛らしい「ランタン」の追加です。

可愛い。

「ランタン」は、ブロックの上下に設置することができます。

1マスブロックでなくても、フェンスなどの下にぶら下げることも可能です。

ちなみに、たいまつの明るさは14。

「ランタン」は日光やグロウストーンなどと並ぶ、明るさ15です。

小さくて、見た目もおしゃれ。隠したい光源というよりも見せたい光源ですよね。

鉄塊が無いのは気にしないでくださいw

鉄塊8とたいまつ1で、ランタンが1つクラフトできます。

※クリエイティブで、追加アイテムの確認→サバイバルでレシピの確認(クリエイティブの作業台だとレシピが出ないため)という流れでクラフト画面を作っています。

鉄塊は、鉄の延べ棒1から9個の鉄塊が出来るので、用意はできたのですが、今はまだ使うタイミングではなかったため、鉄塊がなく、赤くなっていますw

書見台の追加!

なかなか面白いと思ったのが、この「書見台」です。

木材のハーフブロック4と本棚1でクラフトが出来ます。

これの面白いところは、「本と羽ペン」を置くことで、本を書くことができ、それをゲストと一緒に閲覧できるというところ。

「本」を置くのかと思ったのですが、本は置けず、「本と羽ペン」なら置くことができました。

なんだかすごい。ただ、この作業はクリエイティブでしたため、サバイバルで同じように機能するかは現段階では未確認です。同じく、ゲストが中身を見れるかも未確認。

署名をすると、二度と編集できない・・・

本にタイトルを付けることもできますが、これは編集が出来ないようなので、要注意ですね。

「織機」の追加!

織機の追加により、旗に模様を付けることが楽にできるようになりました。

クモの糸2と木材2で織機がクラフトできます。

使い方は至ってシンプルです。

織機に触るとこのような画面が出てきます。

右上に「旗マーク」「染料マーク」「巻物?マーク」がありますね。

巻物マークも使い道があるのだと思いますが(クリエイティブだったからあったけど、入手方法は未確認です。)、旗と染料があればOKです。

左側から、好きな柄を選べば、その旗が出来上がります。

更に色や柄を重ねることも可能です。

国旗みたい。

先ほど作った赤の十字架の旗に、青の染料でバツ印の模様を重ねてみました。

これがあれば、様々な柄の旗が作れるので、装飾がはかどりそうですね。

「色付きカーペット」がクラフトから可能に!

今までは、色付きの羊毛から色付きのカーペットを作っていたと思いますが、染料との組み合わせでも出来るようになりました。

様々なクラフト方法があるので、混乱してしまいそうですねw

ついに「クロスボウ」も実装!

といっても、私はクロスボウにあまり興味を持ったことはないのですが、なかなか優秀な武器なようです。

結構レシピが複雑。

レシピが表示されて選ぶだけなので、材料さえあれば作れますが、なかなか複雑なレシピですよね。

棒3本、鉄の延べ棒1つ、蜘蛛の糸2つ、トリップワイヤーフック1つで、クロスボウをクラフトできます。

※トリップワイヤーフックも、 鉄の延べ棒1個、棒1本、木材1個でクラフトされたものになります。

エンチャントをすることで、奥に居る敵にまで貫通したり、まとめて3本の矢を撃ったりすることが出来ます。

ちょっと、クロスボウを撃ってみた動画ですw

クロスボウを撃ってみた!

へたくそですが、なんとかMobを倒すことができました!

「濡れたスポンジ」がネザーで一瞬で乾くように!

クラフトとは関係ないのですが、今までのようにかまどで乾かさなくても、濡れたスポンジをネザーの床に置くことで、スポンジが一瞬で乾くようになりました。

黄色い羊はここに脱走しました。

動画にしておけば、より分かりやすかったのですが、濡れた状態のスポンジをネザーに行って床に置くと、蒸気が一瞬出て乾きます。

ネザーの世界であれば、画像のように、石ブロックの上でも乾くんですね。

大量の濡れたスポンジを抱えているときや、海底神殿にネザーゲートを作ったときなどには、活躍しそうなアップデートです。

バニラのデフォルトのテクスチャが変わった!

私の中の1番の衝撃ですw

上がアップデート前、下がアップデート後。

そこまで大きな変化がないものもありますが、透明なガラスはより透明に、そして並べた時に数を数えやすくなりました。

左がアップデート後、右がアップデート前。

こちらは畑を比べてみたのですが、左の黄色いもじゃもじゃが小麦になります。

これはかなり大きな変化ですよね。

赤く植わっているのは、ビートルートなのですが、農作物は全体的に色があざやかになったような印象を受けます。

今、拠点取り壊し中w

お花たちも、なんとなくよりリアルというか、輪郭がはっきりしたように感じます。

サボテンがサボテン。

今までのサボテンを見てきた方は分かると思いますが、すごいリアルにサボテンになっていますよね。

他のアイテムも全体的にポップで可愛く鮮やかなテクスチャの変更になったのではないかと思います。

私は新しいテクスチャが好き。

その他、アップデート情報!

  • 猫のスキンが1種類追加されました。
  • 敵Mobの略奪者がクリエイティブで実装→※
  • 葉が枯れた時に、「棒」も落ちるようになりました。

※クリエイティブに確かに「略奪者」のモンスターエッグはあったのですが、償還することはできませんでした。3/21現在。

最後に。1.11にも期待!

現在、試験的なプレイをオンにしている場合、1.11で予定されているアップデート内容も一部試験的にプレイすることが出来ます。

今回は「正式実装」のもののみの紹介で「試験的」のものは割愛していますが、村が新しくなったり、スイートベリーという新たな植物が追加されたり、燻製炉や製図台などの新しいブロックが増えていきます。

製図台、矢細工台、燻製炉などが出てくると、作業台やかまどとの兼ね合い上、使い分けが必要になってきたりするのでしょうか。

それとも、より便利にっていうことなのかしら。

ただ、私事ですが、現在、「全アイテム一覧」の記事を作成するために、データをまとめているので、テクスチャの変更はしばらく待っていただきたいww

少しずつ記事にしようか迷っていた矢先のテクスチャの変更だったため、良かったですw

それでは、今回も閲覧していただきありがとうございました。

続きを読む

【統合版マイクラ】原木は全6種類!手に入れる方法、使い道は?

こんにちは。Sachaです。

今回は、マイクラに出てくる原木6種類についての情報をまとめてみました。

BE版のver1.10.0の情報になります。

※原木とは別に「〇の木」が新たに追加されました。2019/3/21追加。

長めの解説になってしまうため、知りたい部分だけを読む場合は、目次より飛んでご覧になっていただければと思います。

「木」は6種類ある!共通している点はどこ?

これは樺の森。

マイクラにおいて、木は6種類あり、それぞれ特徴も変わってきます。

その中でも6種類に共通している特徴ももちろんあります。

木はどうやって採取したら良いの?

基本的には、リスポーンをしたときに目に入ってくることの多い「木」。

様々な場面で必要不可欠となってくる素材なので、回収や植林はしておきたいものとなってきます。

そんな「木」の回収方法ですが、一番最初は手で木を長押しすることで回収することが出来ます。

ツールが作成できる状態になったら、斧を使って回収しましょう。

木を刈ったら苗木がドロップする!

植林をする際に必要となってくるのが「苗木」です。

苗木は1/20の確率でドロップします。

苗木をドロップさせるには「葉」を破壊するか、「葉」が枯れるのを待つかすればOKです。

葉を破壊する際には、ツールの消費がもったいないので、手で壊しましょう。

沢山の木を伐採していたり、別に急いでいるわけではなかったりするのであれば、葉が枯れるのを待った方が楽です。

私は枯れるのを待つタイプ。

木は基本的に、原木と葉っぱで構成されていますが、原木部分を全て回収してしまえば、時間経過と共に、自然と葉っぱが枯れていきます。

原木が残ってなければ、葉っぱは自然に枯れていき、苗木はきちんとドロップします。

葉っぱが枯れきったら、地面に苗木が転がっています。

逆に言えば、いつまでも葉っぱが残っている場合は、取り切れていない原木があるということになります。

斧の使い方には要注意!今は剥がれてしまうから!

私がこの統合版マイクラに復活した時には、「皮のはがれた原木」という、新たな建材が追加されていました。

斧を使うのが最も原木の回収に良いですが、誤タップをしないように気を付けてください。

結構一瞬のタップでも、原木の皮が綺麗にはがれてしまいます。

下から2番目の茶色いブロックがまさにそれ。

この「皮のはがれた原木」は、通常の原木とは違い、木材などの作成に使えないので、要注意です。

「葉」を回収したいときには「ハサミ」を使おう!

葉っぱは基本的には壊れて消えてしまうものですが、「葉ブロック」として装飾などに使いたいときもありますよね。

その時は「ハサミ」で回収することが出来ます。

ハサミで回収した時には「苗木」や「リンゴ」はドロップしません。

木を植林したい時の基本!

木を植林したい時の基本的な共通点が3つあります。

それぞれの木には特徴があるため、便利な植林場を作る際の詳しい説明は別記事にてご紹介したいと思います。

まだ大きな植林場を作りたいわけではなく、ただ植林をしたいという時には、次の3点に気を付けて植林してください。

①土・草ブロックにしか苗木は植えられない。

②苗木の上には4ブロック以上の空間が必要。

③苗木植えたブロックには8以上の明るさが必要。

※苗木を植えたブロックの周りにもある程度の空間が必要となります。(木によって違ってきます。)

つまり、空間と明るさと植えるブロックさえ気にしていれば、「地下」や「ネザー」での栽培も可能ということになります。

それでは、それぞれの木の特徴や、木の使い道について見ていきましょう。

雨の中のスクショがある点はご了承ください・・・晴れてるときに撮ればよかった・・・w

「樫」の木の特徴と建材!

これはコンパクトな樫の木。

樫の木は、基本的にほとんどのバイオームで見つけることが出来る木になります。

手に入れるのが簡単な木ということですね。

スクショはコンパクトな形をしていますが、枝を作ることがあるため、横へと原木が伸びていくこともあります。

湿地バイオームでは、原木にツタがぶら下がっていることが多いです。

低確率で、葉からリンゴをドロップします。

「樫」の木から出来る建材!

雨の中・・・

一般的に見栄えにいい意味で特徴の無い茶色なので、建物を建てるときなどには使いやすいのではないでしょうか。

「樺」の木の特徴と建材!

特徴的な見た目。

前は「白樺」だったと思ったのですが、現在は「樺」に名前が変更されているようですね。

森林バイオームで最も多く見られますが、樫同様、さまざまなバイオームで簡単に見つけることができます。

特徴的なのは、この白に黒い模様が入った幹ですね。

樺は、枝を作ることがなく、上にまっすぐ育つので、植林をする際には、伐採がしやすい木となります。

「樺」の木から出来る建材!

全体的に白い。

木の中で、白っぽい色になるのは、この樺だけになります。

建材として使うと、明るい印象になるので、とても使いやすいです。

原木が特徴的な柄なので、使いにくかったのですが、皮をはいだもの(原木の右)は建材としても使いやすくなっていますね。

「トウヒ」の木の特徴と建材!

トウヒ(松)です。

トウヒの木は「タイガバイオーム」に生成されます。

ちょっと青みがかった葉っぱと、葉の付き方が特徴的です。

樺と同じように、枝を作らずまっすぐ一本で伸びます。

2×2の4本の苗木で、太いトウヒの木を生やすことも可能です。

「トウヒ」の木から出来る建材!

割と濃いめの茶色です。

トウヒの原木の濃さと、樺の白さは家を建てるときにメリハリがつくので、私は結構気に入っています。

「ジャングル」の木の特徴と建材!

「ジャングル」の木は「ジャングルバイオーム」にしか存在しません。

私は今までジャングルバイオームに遭遇した事がない・・・

他の木と比べて、葉の密度が高いですね。

ジャングルの木も、2×2マスの4本の苗木で太い木を生やすことが可能です。

「ジャングル」の木から出来る建材!

ピンクが入ったような可愛い茶色の建材になります。

やわらかい色なので、使いやすいですが、ジャングルバイオームでしか入手できないのが難点です。

「アカシア」の木の特徴と建材!

独特の枝分かれ(斜めにも生える)をし、幹の赤い部分がむき出しになっているのが一番の特徴でしょうか。

もちろん、まっすぐ育つこともあります。

アカシアの木は「サバンナバイオーム」に生成されます。

「アカシア」の木から出来る建材!

見事なほどに、目立つ赤茶色ですね。

壁や床としては、使いにくいかもしれませんが、ドアやトラップドアが格子状になっていて、とても可愛い。

組み合わせ方次第では、素敵な建物が出来上がりそうですね。

「黒樫」の木の特徴と建材!

一番黒い色なのが「黒樫」です。

2×2マスの4本の苗木で育てる必要があるため、生成されている木も太い木になります。

1本の苗木では育たないため、苗木を持ち帰る際には必ず4本以上苗木を持って帰りましょう。

黒樫は「覆われた森バイオーム」に生成されます。

樫と同じく、リンゴをドロップするのも特徴です。

「黒樫」の木から出来る建材!

全体的にこげ茶色な印象ですね。

トラップドアやドアが板チョコに見えなくもないですがw、高級感の溢れたデザインになっています。

メリハリをつけるときのいいアクセントにもなりそうです。

各建材を6種類で比べてみた!

建材として使おうとした時、案外気になるのが、色の組み合わせ方。

そこで6種類の建材を建材ごとに並べてみました。

天気が悪いことは悪しからず・・・m(__)m

「原木」を比較!

アカシア・・・アカシヤじゃない・・・

樫とジャングルは色は似ているものの、ジャングルは模様が横向き入っています。

アカシアはグレーっぽい原木なので、原木として使う時には、建物によってはとても重宝されそうです。

「樹皮を剥いだ原木」を比較!

樹皮を剥いだことで、建材として、だいぶ使用しやすさが変わったのではないでしょうか。

特に樺は、幹が特徴的すぎるため、剥いたことにより、だいぶ使いやすくなっています。

ただ、コストとしては少し高めになりますね。

「木材」を比較!

木材にしてみると、トウヒと黒樫の色の濃さが明確に違ってきます。

原木1つから4つ作成されるのがありがたいですよね。

ツールやほかのアイテムの素材としても使うため、建材としてあまり使わないものを素材として使うのがよいかもしれません。

「フェンス」を比較!

フェンスにしてみると、どれも使いやすそう。

アカシアも目立つ色ではありますが、実際フェンスとして使う時には、あまり違和感なく使うことができました。

「ドア」を比較!

ドアの場合、色というよりも、デザインが気になってきますね。

6パターンの異なったデザインのドアなので、建築も楽しくなりそうです。

「ゲート」を比較!

フェンスゲートになります。

私は割とやるのですが、フェンスと敢えて違う色のゲートを使うことで、ゲートの位置を見やすくすることも出来ます。

「葉っぱ」を比較!

基本的にはあまり違いはありませんが、やっぱりジャングルは密度が濃いですね。

「トラップドア」を比較!

畑などの水源の上などに設置することも出来るトラップドアですが、こちらもデザインが異なってきます。

樫のような正方形の格子も可愛いし、アカシアも可愛い。黒樫はチョコw

光源を隠す際にも使えるので、どれを使うか迷いますね。

「階段ブロック」を比較!

比較的集めやすい、樫や樺の階段ブロックは安定して使いやすい色合いになっていますね。

樺の白さはやっぱり目を引きます。

「ハーフブロック」を比較!

ハーフブロックも、階段や木材と同じ色合いになります。

なので、場面場面で使い分けていくことでメリハリが生まれてきそうですね。

「看板」を比較!

看板の棒の部分は、幹の模様が使われているので、樺が案外可愛いです。

文字を書くことができるので、文字を読むことを優先したいのであれば、明るめの色をお勧めします。

「ボート」を比較!

ボートも実は6種類あるんです。

私の前やっていたときは、1種類で統一されていたような・・・・?

乗り物として使う事が多いので、こだわりがなければ、どれでも良いのかもしれないですねw

「木の感圧板」を比較!

「感圧板」ですね・・・

感圧板も木材や階段などと同じ色合いや模様になってきます。

「ボタン」を比較!

ボタンって、同じ素材に設置するとなかなか見にくいんですよね。

小さいブロックになるので、設置する時はコントラストがハッキリしている色を選択したほうが、押すときに見やすいかと思います。

「木」ブロックの比較

原木では無いよ!

2019/3/21追加

一見、原木かのように見えますが、360度、どの角度から見ても、この見た目になります。

ver1.10の「木」の追加と共に、テクスチャが変わったため、「木」以前の建材などの見た目が少し変わっています。

「木」6種類のまとめ!

それぞれに特徴を持った「木」ですが、沢山の建材の素材になっていきます。

木だけも上記のように、種類豊富な建材があるんですね。

建材事の詳しい使い方や説明ものちのち、記事にしていきたいと思っています。

それでは、長くなってしまいましたが、最後まで閲覧していただきありがとうございました。

続きを読む

【統合版マイクラ】第2回マップ探索会!マップ埋めで必要なものは?#18

こんにちは。Sachaです。

前回は、海底神殿の探索に行ってきました!

やりたい事がない訳では無いのですが、染料の素材が集まってきた事もあり、ジャングルバイオームを見つけたいと思い、マップ埋めの旅に出ました。

左上の黄緑は私の初期リスポーン地点!

地図は3/4段階にしたもので、上段3枚は既に埋めたマップです。

今回はこの3枚の下段部分を埋めました。

マップを埋めに行くときにあると便利なものは?

マップを埋める際、必要なものを、「絶対に必要なもの」「できたら持っていきたいもの」「あると便利なもの」の3つに分けてみました。

マップ埋めに絶対欠かせないもの!

  • ・空っぽの地図かまっさらな地図

当たり前といえば、当たり前のことですねw

最初から自分の目的の拡張サイズで必要枚数のマップを持っているのなら、地図だけでOKだと思います。

が、新しいマップに移動する際に、地図を作ったり拡張予定なら、「金床or作業台」「紙」「サトウキビ」も持っていく必要が出てきます。

マップ埋めにできたら持っていきたいもの!

  • ・ベッド
  • ・たいまつなどの光源
  • ・剣、斧、ツルハシなどのツール
  • ・ボート
  • ・食料

私の中では「絶対欠かせないもの」でもあるのですが、最悪無くてもどうにかなります。

夜を寝ずに過ごすなり、探索中に羊や木材の確保でクラフトすることも出来ます。

ツールや食材もそうですね、クラフトで確保ができないわけではないので「できたら」というリストのほうに入れました。

マップ埋めをする時にあると便利なもの!

  • ・首ヒモ
  • ・骨、魚、小麦など(動物誘導のためのアイテム)

便利というよりは、新しく出会った動物などの誘導に使えるアイテムがあると、思わぬタイミングで役に立ちます。

でも、実際のところ、マップさえあれば、どうにかなってしまうということです。

首ヒモはスライムボールが必要なので、その場での調達はできませんが、案外現地調達でも出来るときは出来ます。

新しいお花や植物を見つけて、お持ち帰りをしたい時、空きスペースがないというのも困るので、そこそこのスペースはあけて置きつつ旅に出ることをおすすめします。

それでは、2回目のマップ埋めがどうなったか、ご紹介します。

海底神殿がやたら多い!

探索をして行くにあたり、何度か目にしたのが海底神殿。

一応目印ね。

海底神殿は比較的、孤島の周りに生成されやすいという特徴があるようで、そのためなのか、3,4個の海底神殿を見つけました。

最初に見つけた海底神殿は、私の拠点からすぐの所に有るのですが、スポンジ部屋が無い模様なので、ブロックは回収して、ガーディアントラップに使おうと思っています。

本当はガーディアントラップにしつつの、神殿はそのままの形で残したかった…。

実は孤島が小さ過ぎる関係から、埋め立てをしているのですが、最近砂の必要性を感じ、砂利のみで埋めています。

でも、コンクリートパウダーを作りたいので、砂利もなんとなく気が引ける…。

ということで、スポンジを大量に手に入れたいのです。

コンジットを使った水中作業で、石を使って埋めても良いのですが、陸にした方がやりやすそうなので。

今度、海底神殿巡りをしながら、スポンジ探しをしてみようと思います。

シロクマに出会った!氷塊バイオームに恵まれているな。

今期のマイクラを始めて、初めて氷塊バイオームを目にしたのですが、新たなマップにも氷塊バイオームがありました。

自然生成のミラクル。

シルクタッチの付いたものを持っていないので、特に回収はしてないのですが、こういう景観を見てしまうと、氷のお城みたいなものを作りたくなりますね。

そして、今回の氷塊バイオームでは、シロクマに出会うことが出来ました。

結構可愛い。

シロクマの人権…動物権を無視して、拠点に連れて帰りたいレベル。

チビのシロクマのそばをウロウロすると、攻撃されます。

湿地バイオームはやはり汚い。

「やはり汚い」という言い方はあんまりですがwどうも私は湿地バイオームの色合いが苦手です。

ヒスイラン。

沼の色、黒いよ…。

でも、湿地バイオーム限定の、ヒスイランを回収する事が出来ました。

それと、ツタとスイレンの葉も、湿地バイオームならではのもの。

ということで、回収!

奥にデカきのこある。

デカいキノコが、なんとなく苦手なのですが、キノコバイオームには行ってみたい矛盾。

実はこっそり、全アイテムの博物館建築を目論んでいます。

ロバ。あなたレアという噂あるけど?

馬がいる所には低確率でロバもいる。

とは思いつつも、ロバに遭遇する事が出来るとは思ってませんでした。

これ、ロバよね?

ただ、首ヒモが無く、連れて帰るのは一旦諦めることにしました。

せめて懐かせとけば良かったのですが、騎乗もし忘れ。

BE(統合版)では、騎乗や、繁殖など、Mobに影響を与えておけばデスポーンはしないようになってるんです。

要するに…デスポーンの危険性大w

完成したマップ

最初にマップを見せてるので、知ってる感が満載ですが、氷塊バイオーム大きめですね。

湿地も黒くて目立ちます。

当初、埋め立て範囲を結構広めに考えていたのですが、周りの大陸を見ていくうちに、埋め立ては今やっている範囲で終了することに決めました。

大陸は思っていたより大きかったです。

リスポーン地点の拠点である孤島は、「拠点」である事を前提とし、拠点島と名付け、倉庫や農牧場などとし、駅を作ろうかと考えています。

レールは減りそうですが、橋やネザー鉄道を利用して、他の大陸の行き来を優先しつつ、大陸に建造物を建てる方が良さそうです。

駅がある孤島にするなら、停まる価値のある拠点にしたいですね。

それでは、今回も閲覧して頂き、ありがとうございました。

続きを読む

【統合版マイクラ】海底神殿の攻略!コンジットは優秀!#17

こんにちは。Sachaです。

統合版マイクラにて、前回は、廃坑を探索してきました。

勢いに乗った私と旦那は、海底神殿を攻略しに行くことにしました。

今回は、海底神殿の攻略についてです。

海底神殿!コンジットがあるだけで楽になる!

コンジットの存在を知らなかった旦那は、海底神殿攻略に向けて、コツコツと水中関係のエンチャントを頑張っていたようですが…

まず、コンジットとは「海の中心」と「オウムガイの殻8つ」でクラフト出来るアイテムです。

海の中心って…

オウムガイの殻は、溺死ゾンビ(ドラウンド)を倒すことでドロップしてくれるので、比較的簡単に手に入ります。

ただ、「海の中心」は、「埋もれた宝(チェスト)」の中に稀に入っていることがある、レアアイテムなのです。

この埋もれた宝は砂漠や海底にあることがあり、砂漠の方が見つかる比率は高いようです。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、私のリスポーン地点は孤島。

周りは砂漠で出来た孤島がちらほら。

自分のリスポーン地点である孤島を少し広げようと、埋め材を取りに砂漠の孤島へと足を運んだ事がありました。

過去に見つけた砂漠の中のチェスト。

その時はまだ、砂漠の中にもチェストが隠されるようなアップデートになったんだーなんて思いつつも、欲しかった砂に目が眩み、チェストの中身は持って帰らなかったのです。

今回の海底神殿にあたり、「海の中心」があるか、再度チェストの場所へ戻ったところ…

青い球体のものが海の中心。

ありましたw

ちなみにですが、結構穴を掘った所にチェストはありました。

もちろん、チェスト自体も必ずある訳ではなく、チェストがあっても「海の中心」があるかも分からないのです。

「宝の地図」でチェストを見つけることも出来ますが、今回はたまたまです。

だけど、このコンジット、あるだけで、全然水中作業の効率が変わります。

コンジットの効果は?

コンジットは、正しい位置に設置をすると、32〜96マスまでの範囲で、明るさを保持し、水中に居る場合は、酸素ゲージが減らず、水中採掘のスピードも遅くなりません。

「正しい設置」を出来れば、海の中心を囲っているオウムガイの殻が開き、効果を発動します。

普通に設置しただけだと、明るくなるだけです。

正しく設置するためには、コンジットを中心に置いた時に、周りが「水」であること、その水の周りが海晶系のブロック(海晶レンガ、海のランタン、暗海晶レンガなど)である事が条件になります。

上記のような、この状態です。

水中にコンジットが浮いた状態になり、周りに水、更に周りが海晶ブロックで囲まれています。

先程32〜96マスと言いましたが、96マスにするには、下記のように立体的にコンジットを囲う必要があります。

ちょっと見にくいかな?

横軸で見ても、縦軸で見ても、コンジットが水と海晶ブロックに囲まれている状態です。

左側に出ているマークが、コンジットが機能しているマークになります。

残り時間が00:12、00:11と、12秒、11秒と減るのですが、また直ぐに00:12と更新され、大体12秒をキープしている感じになります。

海底神殿に行く時にあると便利なもの!

それは「牛乳」と「トライデント」と「かまど」です。

ツルハシや、シルクタッチのツルハシ(海のランタンはシルクタッチでないと割れてしまうため)も、あるに越したことは無いですが、「牛乳」と「トライデント」はあった方がうんと攻略が楽になります。

というのも、コンジットを設置するまでに、エルダーガーディアンにより、呪いを掛けられてしまう確率が高いからです。

呪いを掛けられると、恐ろしい程に採掘速度が減ります。

鉄のツルハシで黒曜石を壊す位のレベル。

そもそもコンジットを置く時には、置くための土台となるブロックが必要となり、しかもそのブロックを壊す必要性が出てきます。

呪いを掛けられてしまうと、ブロックが壊せないも同然。ましてや、コンジットが機能していない水中だと酸素ゲージも減ります。

海底神殿には、ガーディアン複数体とエルダーガーディアン(ボス)が3体います。

呪いのような状態異常は、「牛乳」を飲むことで元に戻りますが、エルダーガーディアンが生きていると、結局すぐにまた呪いを掛けられ、イタチごっこ。

なのでエルダーガーディアンを早いところ倒してしまうのが良いのですが、ガーディアン達、ビームを放ってきます。

なんとか撮れたスクショw

呪いのせいで見にくいですが、これはただのガーディアンです。

ビームは強い上に、ガーディアンに近付くのがなかなか難しいのです。

私はドヤ顔でダイヤの剣を持っていますが、攻撃がそもそも当てられない…w

かと言って、水中で矢を打っても飛ばないし…と、そこで活躍するのがトライデント。

遠距離でも投げることができ、攻撃力も高いです。

トライデントは溺死ゾンビが落としてくれます。

何本か持っておくと戦いやすくなるかと思います。

エルダーガーディアンは倒すと「スポンジ」を1個落とします。

濡れた状態のスポンジを乾かすのに必要なのが「かまど」です。

乾いた状態のスポンジは、水抜きに使えるので、とても便利です。

海底神殿をスポンジで水抜きしていく!

コンジットがあれば、水中での不安は大幅カットされますが、水中歩行の効果はないので、神殿内に水は無い方が探索はしやすくなります。

歩いて駆け巡った方が楽チンです。

小部屋を作って水抜き。

部屋を土ブロックなどで区切ることで、水抜きされた部屋を作ることができます。

ここにベッドを置いたり、たいまつを立てたり、かまどを設置したり…と拠点のような部屋に出来るわけですね。

じゃあ、出る時はどうするの?

水が入ってくるじゃん!

と言うことで、ボタンをクラフトしておくと、役に立ちます。

ボタンで水を食い止める!

仕切りにしていたブロックを壊す際に、壊した部分の側面にボタンや看板を設置することで、水の侵入を食い止めることが出来ます。

上からの水は食い止めたものの…

上記のような状態にした時には、水中では無くなったことにより、上へ行くには階段を設置しなくてはいけないことに気をつけてください。

私はこれをした時、あれ?どうやって上に行くのwと一瞬呆れました。

海底神殿で欲しいアイテムだけを探すのであれば、コンジットの力で泳いで探索しても、問題はありません。

ただ、私の拠点から近いということもあり、ガーディアントラップを踏まえての水抜きでもあります。

スポンジ部屋や金のお宝!

海底神殿と言えば、海のランタンや、やっぱりスポンジが名物ですよね。

スポンジ部屋は、実はこの神殿には無さそうなのです。

隠れていることが多いようなのですが、どうも見当たらない…

そして、シルクタッチもないので、海のランタンも回収出来ない。。

ただ、金のブロックは見つかりました。

独特な形。

このような形のものを見かけたら、中を開けてみましょう。

神々しいね!

金ブロックが詰まっています。

これは、取りこぼしたくないですね。

コンジットが無かったらどうするの?

コンジットが無い場合の探索法としては、いくつか方法があります。

まずは海底神殿一体を囲って、水抜きをしてしまう方法です。

砂などを使い、地道に海底神殿全体を水抜きしていく方法ですが、建物の中の水も抜く事を考えると、というか、そうでなくても、かなり労力を使う方法になってきます。

私たちが元々やろうとしていたのは、水中関係のエンチャントやポーションを作り、所々にサトウキビを設置するという方法。

サトウキビが設置されている所では、陸扱いになるため、呼吸が出来ます。

水中装備やポーションとサトウキビのコラボで、中の探索は割としやすくなるのではないでしょうか。

海底神殿に挑む時は、いずれにしても、それなりの用意が必要となってきます。

埋もれた宝から海の中心を見つけるのが先か、水中でも対応出来る装備やツール、ポーションを確保するのが先か、どっちが早いかはなんとも言えないところですね。

私たちが運良く、コンジットを作れる環境にあったということもありますが。

ただ、コンジットがあるのなら、絶対的にコンジットの使用をおすすめします。

それでは今回も閲覧して頂き、ありがとうございました。

続きを読む