イラストACで稼ぐ。中間報告と見えてきた稼ぐコツ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事は約 9 分で読めます。

こんにちは。
なんとなく趣味で描いているイラストで、どうにか稼ぐ手段は無いかと思った私は、前回「イラストAC」についての記事を書きました。

今回は中間報告と共に、そこで見えてきた稼ぐコツについてお話します。

アクセス0PV。なぜ?

私だけなのかもしれませんが、イラストACにおいて、イラスト管理ページイラストを確認すると、アクセス数が0のまま。

そもそもとして、どういうカウントの仕方なのかが分からないのですが、ダウンロードを1されたら、同時にアクセスも1になるような気がするのだけど・・・。

ダウンロードはしないで、単に覗いた人がアクセス数としてカウントされるのでしょうか。

ただ、いずれにしても、レポートを見ると、アクセスはきちんとされているようなのです。

どのイラストがどれだけアクセスされているのかを確認したい私にとっては、アクセス数が表示されていないのは、なかなか辛いところです。

イラストAC側の不具合なのでしょうか。
それともアクセスという概念を、私が勘違いしているのでしょうか。

んー、謎なところです。

※現在問い合わせ中です。

先程「レポートを見ると」と言いましたが、ランキング画面から、デイリーレポートをメールで受け取る設定が出来ます。

これがなかなか面白いんですよ。

デイリーレポートをメールで受け取り、自分のイラストを自己評価してみる。

前回記事にてお話した、私の実験。

実験内容は下記の通りです。

①ダウンロードされやすい「フレーム」や「セット」の素材を作る。
②タグ付けをしっかりする。
③季節物や人気のあるキーワードのイラストを描く。
④イラストを増やしていく

上記の①~④をこなしたら、アクセス数はアップするのか?

それではさっそくデイリーレポートを取り始めた、4月1日~4月6日までの6日間の変化を見てみましょう。

4月1日時点
●イラスト掲載数:23点
4月6日時点
●イラスト掲載数:29点

→イラストはこの6日で6枚増やしました。

4月1日時点
●EPS/AI掲載数:0点
4月6日時点
●EPS/AI掲載数:3点

→EPSのファイル形式を3点増やしました。

4月1日時点
●ダウンロード数:55回
4月6日時点
●ダウンロード数:79回

→55回→79回なので、6日間で24回のダウンロード。
1日平均、4ダウンロード。

4月1日時点
●ページビュー:285PV
4月6日時点
●ページビュー:381PV

→285PV→381PVなので、6日間で96PV。
1日平均、16PV。

私のイラストのうち、ダウンロード率が高いものは、「桜」を用いたもの。

日数が浅いので何とも言えませんが、でもやっぱり季節物は強いような気がします。

現段階だと、トータルアクセス数しか確認出来ないので、どのイラストが多くアクセスを集めているのかが分からないので、フレームやセットだとアクセスされやすいのかどうかは、判断がしがたいところです。

ただ、この時点でも確実に言えること。

それはイラストを増やせば、アクセス数も増えるということ。

28点のイラストがあって、1日あたり16PVなので、全くアクセス数されていないイラストも存在しています。

だけどイラストAC復帰前は、2点しかイラストがありませんでした。

その時は半年以上放置しても、ダウンロードは12回。

単純に考えたら、1ヶ月に2回しかダウンロードされていない計算ですよね。

今あるイラストは28点。
26点イラストを増やしたら、1日約4回のダウンロードです。

稼ぐ稼がないで考えると、まだまだ稼げてはいませんが、少しずつ成果は出てきていますね。

そして、実はEPSファイルは、4月6日から導入しました。

それについては次の見出しでお話します。

AI/EPS形式のイラストを入れた方が良い。

そもそも、AIだとかEPSだとか言われても、何のことだか私は分かりませんでした。

スマホアプリでイラストを描いている私にとっては、JPEGとPNGしかお馴染みではないのです。

だけど、ランキング上位の方は皆様大体、AI/EPSのイラストをアップロードされていたんです。

このAI/EPSというのは、illustratorで開くことの出来るファイル形式。

AIはillustratorに対応している形式ですが、EPSはillustrator及び他のソフトにも対応しています。

イラストACでもAI/EPSアップロード箇所に、注意書きとして「illustratorで開けるもの」という指示があります。

つまり、ダウンロードをしたい方の中には、illustratorの利用者が多いという事なのだと思います。

実は私がそんな事を気にし始めたきっかけが、きちんとあります。

イラストACには「リクエスト」という機能があります。

ダウンロードをする方が、欲しいイラストが無い時に、リクエスト出来るという機能です。

そのリクエストの中に「AI/EPSをあげている人とJPEGのみの人の扱いを変えた方がいい」というリクエスト(イラストのリクエストではないけれど)を見つけてしまったんです。

あれ、AI/EPSってそんなに需要あるの?と思った私は、すかさずランキング上位の方のイラスト形式をチェック・・・という流れに至ったわけです。

そして、よくよく調べてみると、セット素材なんかは特に、JPEGやPNGだと、素材の加工が大変なようなのです。

私はillustratorを持っていないので分からないのですが、どうやら、EPS形式だと、セット素材の中身をいちいちトリミングしたりしなくても加工出来るみたい。

と考えると、JPEGやPNGのセット素材って、ダウンロードされにくいんじゃ?という結論になりますよね。

illustratorで作業をする方にとっては、AI/EPSは必要不可欠なファイル形式なのでしょう。

こうなるともう、AI/EPS素材も増やしていくしかないですよね。

とは言っても、スマホでイラストを描くと、必然的にJPEGかPNG形式でしか保存が出来ないのです。

スマホで描いたイラストをEPS変換するやり方については、また別記事でお話します。

ちなみにですが、下記の「ハート尽くしセット」ですが、AI/EPS形式を載せる前は、ダウンロード0回でした。

タイミングもあったのかもしれませんが、AI/EPS形式も追加してアップし直したら、1日で3回ダウンロードをしていただきました。

セット素材はイラストの中でも人気がある素材です。

EPSに変換する手間を掛けてでも、描いておきたい素材ですね。

人気キーワードを漁る。だけど人気キーワードって、競争率が高い。

今の時期、やっぱり「桜」というキーワードは人気キーワードとなっています。

人気キーワードの確認はトップページのサイドバーで出来ます。

きっともうすぐ、「子供の日」「梅雨」「アジサイ」なども人気キーワードになってくる時期ですよね。

だけどこういうキーワードって、もう何人も先駆者がいます。

「桜」というキーワードだけでも、イラストの枚数は莫大な量です。

人気キーワードだけを攻めても、競争率は高くなるだけだし、何枚もある中から自分のイラストを選んでもらうというのは大変ですよね。

なので、人気キーワードの中でも競争率が少なそうなものを選ぶというのも一つの手です。

季節の物+競争率が低そうな人気キーワード(あくまで人気キーワードです)のイラストをあげていくと良いかと思います。

季節の描く人が多いため、イラストはどうしても競争率が高くなってしまいます。

それでも、ダウンロードをする人の数も多いので、描いておくべきです。

自分の描きたいイラストだけじゃダメ。

闇雲に、自分が描きたいイラストだけを描いていても、なかなかダウンロード率はあがりません。

先ほどの「人気キーワード」をよく見ると言うのもそうですが、ダウンロードする方が何を求めているのかを知ることがとても大切です。

そして、その中でも人気のイラストの特徴を見るというのも大事なことです。

今の時期は、入学シーズンというのもありますが、ネームタグなどになりそうなセット素材が人気になっています。

また、私の中の印象ではありますが、華やかで可愛いものよりも、シンプルで可愛いものの方がダウンロードされている気がします。

個人的に使う時には華やかな物を私は求めますが、確かに外へ向けて使う時には、シンプルな物を求めるかもしれません。

ダウンロードをする方は、デザイナーや学校の先生、ブロガーなど、様々な方がいます。

万人受けするものの方が需要があるのでしょう。

私が作った複数のフレームもそうですが、シンプルなものの方がダウンロードされています。

チリツモの不労所得を目指したい。

一番初めにイラストレーターとして、イラストACに登録したのは、もう半年以上前のことです。

その時、何も考えずに投稿した2枚のイラスト。

何日経ってもダウンロードはされなくて、半月位した頃、やっと1ダウンロード。

こんなんじゃ、一ヶ月経ったって、ジュースの1本も買えやしないと、私のモチベーションは下がりました。

誰かに自分のイラストを使ってもらえたら嬉しいという、割と純粋な気持ちで投稿したイラストなのに、ダウンロードされていないのを見て、咄嗟に売上を気にしてしまった自分にも、心底ガッカリしました。

だけど、よくよく考えてみたら、売上を気にするというのは、別に悪い話ではないんですよね。

ダウンロードされやすいイラストを描こうとする(売上をあげようとする)=ダウンロードする側が何を求めているか、それを考えている

ということでもあり、むしろ売上をあげたいと思うのであれば、ダウンロードしたいと思うような作品を一生懸命作れという話でもあります。

そして、ダウンロードをする方たちは「何を求めているのか」というのを考えながらイラストを投稿していった結果、売上よりも単純なダウンロード数の方が気になるようになりました。

結局その後、売上も気になってしまうのですがw

1日5ダウンロード。
お金に換算したら、15円ちょっとですね。

イラスト数が倍になったら、単純に1日10ダウンロード・・・という話でもないのでしょうが、それでも着実にイラスト数に応じて、ダウンロード数も上がっていくと思います。

まずは1日10ダウンロードを目指します。
1日32円、1ヶ月で960円。

それが達成できたら、1日20ダウンロード。

そうやって繰り返していくうちに、どんどん不労所得が増えていくかもしれません。

「ジュース1本も買えやしない」と私は思ったと言いましたが、今やっと、1週間でジュース1本買えますw

そのうち1日でジュース1本買える日が来たら・・・夢みたいですね。

楽して儲けようなんて、別にそうじゃなくて良いから、チリは積もれば山となるで結果が残せれば嬉しいです。

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

レゴ マインクラフト グッズ LEGO 21115 The First Night
マインクラフトケシゴム スターターセット01 アイアンスティーブとサバイバルパッ...
マインクラフト エンダーマン アクセサリ
マインクラフト アニマル 6パック
Minecraftを100倍楽しむ徹底攻略ガイド [ タトラエディット ]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
-->

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*