人生一度きり「Life of one-time」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事は約 5 分で読めます。

こんにちは。
突然ですが、「人生一度きり」って、英語でなんて言うかご存知ですか?

私のブログ名でもある、「Life of one-time」なのです。

今日はちょっと初心に帰るべく、当ブログについてお話していきます。

私はもともと人生なんてどうでも良かった。

いや、それを言ってしまうと今もブレブレです。

私の人生には、タラレバを言いたくなるようなことが多く、そう、もしあの時こうだったら、こうしてれば…で、きっと人生も大きく変わってました。

幸か不幸か仕事を失い、引越しも重ね、やっと生活が出来たら、精神疾患を発症。

実際、私には、前向きになれる強さもなかったし、出来ることなら、明日なんて来なければいいと思っていました。

無駄に言い聞かせてた「生きていればいいことがある」という言葉。

正直、それは今でも言い聞かせてるだけなのかもしれません。

ただ、間違いなく私は、いつからか夢も希望もなく、漠然と毎日をしのぐために生きていたんです。

取り戻せないのは「時間」

飲める込めるほどの趣味もない私は、割と多趣味で色んなものに手を出します。

漠然と生きてきた中でも、振り返ってみると、歳だけとっていて、何か形として得たものが無いんです。

私にとっては、波乱万丈と言えば波乱万丈、お金にも困ったし、精神的にも辛かったし、安定した人生とは言えませんでした。

だから、ある意味アングラな世界に触れたり、知りたくないことを知ってしまったり、人生としては、学ぶことは多かったように思います。

それでも、形として得たものというのが、私には無かったんです。

なりたかった「私」

もしも願いが叶うなら、夢が叶うなら、なりたい自分っていませんか?

私は強くなりたかったし、堂々とカッコイイ女性になりたかった。

こなす事はきちんとこなして、有意義な時間を過ごせる人になりたかった。

出来るならケアンズに住んで、オーストラリアについての記事を書く、そんな仕事がしたかった。

多趣味な私の趣味が誰かの役に立つような、そんな仕事がしたかった。

私は誰かに雇われるのではなく、やりたい事をやりたいようにやって生きていきたかった。

私は、私の力で生きていける女性になりたかったんです。

なら、好きに生きたい。

結論ですが、私が導き出した答えです。

病気になってしまった私は、おそらく体力的に正社員での勤務は難しいでしょう。

というよりも、なりたい正社員は無いし、今更私は世間の目を別に気にしては居ません。

とりあえず生きていくための収入をパートで得て、あとは自分のやりたいことをしていこうと思いました。

多趣味な上に、そんなにアクティブに出歩けない私にとって、ネットという環境は、本当にありがたい場所です。

ゲームが攻略出来たら、それを皆に発信すればいい。

新しいことを始めたら、それも発信すればいい。

どんな小さなことでも、些細なことでも、誰か一人のためにでも、なにか役に立てればいいんです。

承認欲求が強いだけ?w

でも、それでもいいから、私が私だけの力でやって、それを誰かの役に立てたかったんです。

そして、自分のためにも頑張りたかったんです。

努力は報われると信じたい

色んなことに手を出しては、続けられない、それが私です。

私のブログって、カテゴリが沢山。
自慢じゃないけど、どれも途中で放棄されてるものばかり。

ただ、もしもそれを続けられていたら、それなりにはなれたかもしれない。

努力をしていれば、結果が出たかもしれない。

私は、努力をしたことがない人間だから。

努力をしたその先にあるものを、見てみたい。

きっと、努力は報われるんだと信じたいのです。

楽しかったのは「ケアンズ」だった。

一度目は短期留学、二度目はハネムーンでケアンズへ行きました。

人生を振り返った時、私が楽しかったのは、このケアンズなんです。

その時痛感したこと。
それは、英語力の無さでした。

住みたいとさえ思ってるのに、まともに英語が話せない。

随分情けない話ですよね。

これが私の努力を続けられない性格を、的確に物語ってくれています。

何度もやろうとした英会話習得。

やろうとした数だけ続きませんでした。

楽しかった場所に帰りたいのに、続けられない。

これが私の弱さです。

「続ける努力」から始める。

私が最初にブログを立ち上げたきっかけでもあります。

何かを人に伝えたいのなら、まずは、伝えたいことを続けること、そして、伝えること自体も続けること。

だれかのためでありたいと思いながらも、自分のためにも始めたブログです。

何も続けられない私が、続けられるようになる姿を見てほしい気持ちもありました。

人生は一度きりだから

たった一度の人生を、ダラダラと過ごしていくか、有意義なものにしていくか。

ダラダラしてきた私には、ほんの少し、遅すぎたのかもしれないけれど、今の私は有意義な人生にしていきたいんです。

後ろを見るなら前を見たい。

できるだけの努力はしたい。

やりたいことはやれるだけやりたいし、続けたい。

いつか、後になって、過ぎてしまった時間が取り返せないものだと気付いた時の後悔を知っているから。

さて、頑張りましょうか。

なんだか精神論のようなブログになってしまいましたが、今後ともよろしくお願い致します。

スポンサーリンク

レゴ マインクラフト グッズ LEGO 21115 The First Night
マインクラフトケシゴム スターターセット01 アイアンスティーブとサバイバルパッ...
マインクラフト エンダーマン アクセサリ
マインクラフト アニマル 6パック
Minecraftを100倍楽しむ徹底攻略ガイド [ タトラエディット ]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
-->

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. amicidibeppegrilloselliamarina より:

    どうもありがとうございました!

    1. さちゃ より:

      こちらこそ、コメントありがとうございます。

コメントを残す

*