英会話「Native Camp」無料体験⑧行動の頻度2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事は約 4 分で読めます。

オンライン英会話「Native Camp」無料体験レッスン8回目のレビューです。

無料体験レッスンそのものは1ヶ月期間だったので、もう終わってしまいましたが、レッスン内容はメモしてあるので、受けたレッスンまではレビューを行っていきたいと思います。

8回目のレッスンにて、私は初めて男の先生を選んでみることにしました。

基本的に性別にはこだわっていなかったのですが、なんとなく女性の先生の方が柔らかい雰囲気を持っている見た目の人が多いんですよねw写真的にですがw

ちなみにネイティブキャンプは現在1週間無料キャンペーンをおこなっております。

Native Campのサイトはこちら↓


先生も夜中だと疲れてしまうよね。

今回の先生は、発音を物凄く直してくれる先生でした。

授業が進まなくなってしまうのではないかと言うほどw

他の先生に比べて笑顔があんまり多くなく、発音の訂正もどことなく強い言い方をされている感じがしたのですが、レッスン自体は真剣に教えてくれているという印象を受けました。

私は夜中にレッスンを受ける事が多く、深夜になってしまうと、いくら時差があってもフィリピンも夜中になってしまいます。

昼間の時間帯にレッスンを受けた事はあまりないのですが、夜が更けていくほど、先生の疲れた感が結構伝わってくることが多いです。

今回の先生も、なんだかそういった疲れみたいなのが、言葉や態度に出てしまっているような感じでした。

そんな小さな事を気にしているのも、私が日本人でそして神経質なのかもしれません。

日本に住んでいると、日本人がいかに真面目なのかっていうのを実感します。

いい意味でも、悪い意味でも。

仕事とは言え、先生も人間ですからね、疲れるときは疲れます。

私も仕事に私情が持ち込んでいることが多々あるので、その辺は気になってしまっても、割とどうでも良いといえばどうでも良いのです。

疲れた結果、レッスンを手抜きされたわけでもないですしね^^

スポンサーリンク

「四六時中」「朝に1回」「2日ごとに」英語で頻度を表す。

今回のレッスンではテキスト単元「行動の頻度②」を選択しました。

行動の頻度①は5回目のレッスンで受けています。

頻度というと「always(いつも)」とか「sometimes(時々)」とか、中学の授業で教えられたことを想像してしまうのですが(5回目のレッスンはそうでした。)、今回はまたちょっと違った頻度です。

頻度を表す言葉と例文を合わせてごらんください。

all the time
四六時中・いつも

I send him messages all the time.
私はいつも彼にメールをしています。

once in the morning
朝に1回

once at night
夜に1回

We talk once in the morning.
私たちは朝に一回話します。

twice a day
1日に2回

I brush my teeth twice a day.
1日に2回歯を磨きます。

every 2 days
2日ごとに

every 3 days
3日ごとに

We talk on the phone every 2 days.
私たちは2日に1回(2日ごとに)電話で話します。

こういった言い方を覚えてしまえば、自分の日常での行動をより正確に相手に伝える事が出来るようになりますよね。

そんなに難しい事が言いたいわけではないのに、なんだか上手く言えないことってよくあります。

そういう時は本当にもどかしくてしかたないんです。

今回のレッスンで習った内容も、別に疑問を抱く事もなく簡単に頭には入ってきましたが、いざ英語で伝えるとなったら、きっとスラスラは言えないと思います。

繰り返し繰り返し練習するのみですね。

練習・復習のためにも、オンライン英会話は自分用に録画しておくことをオススメします。

さて、それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

Native Campのサイトはこちら↓


レゴ マインクラフト グッズ LEGO 21115 The First Night
マインクラフトケシゴム スターターセット01 アイアンスティーブとサバイバルパッ...
マインクラフト エンダーマン アクセサリ
マインクラフト アニマル 6パック
Minecraftを100倍楽しむ徹底攻略ガイド [ タトラエディット ]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
-->

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*