アイビスペイント

ウォーターマークって何?作り方は?【アイビスペイント】

こんにちは、はっちです。

今回は作者の著作権を守り、盗用を防ぐためのウォーターマークについての記事になります。

ウォーターマークとは何?

ウォーターマークとは簡単にいうと、自分が撮った写真や自分が作成した画像につける「透かし」のことです。

「この画像は私がつくりました」ということが明示できれば良いので、画像につけるウォーターマークは、文字でも記号でも画像でも大丈夫です。

ウォーターマークをつけるメリットは?

ウォーターマークをつけることによって得られるメリットは次のようなものです。

  • 著作者であることの明示が出来る
  • 盗用を防ぐことが出来る

画像検索をした時に、透かしが入っているイラストや写真が検索結果に出てくることがありますよね。

この透かしがあることで、この画像は自分の作った作品だということを表すことができます。

自分のオリジナルのウォーターマークを入れておけば、画像検索の検索結果を見ても、どれが自分の画像かというのが分かりますし、他者が見ても目を引きます。

Instagramなどでも、可愛らしいウォーターマークを入れて、画像をオシャレな雰囲気に仕上げている方もいらっしゃいますね。

そして何より、盗用を防ぐことが出来ます。(パクリ防止ということですw)

最近は自分が載せた画像が、簡単に他人が利用することが出来るような時代です。

個人が個人の著作権を侵害するということもありますが、企業が個人の作成した画像を勝手に使用したなんてことも当たり前のようにあります。

そこで、簡単かつオリジナリティの出るウォーターマークを作る方法をご紹介します。

アイビスペイントで作る「ウォーターマーク」の簡単な作り方!

アイビスペイントは無料のお絵かきアプリなのですが、無料とは思えないほど充分な機能が備わっています。

ウォーターマークに限らず、他の加工でも使えるアプリなので、今回はアイビスペイントでの作り方を解説します。

「文字のウォーターマーク」の作り方!

まずは自分のアカウント名やブログ名など、文字をウォーターマークとして入れるときの作り方です。

さっそくアイビスペイントの編集画面を開いてみましょう!

※基本動作を出来る前提で記事を進めています。基本動作については別記事を作成予定です。

(画像はiPadのアイビスペイントですが、スマホ版でも機能は一緒です。)

編集画面を開いたら、「T」マークから文字を入力していきます。

私はピンクにしましたが、もちろん好きな色や好きな大きさでOKです。

このままだと文字が透けていないので、文字を透かす作業をします。(透かしじゃなきゃいけないわけではないので、透かす必要がない方はこのままでOK)

レイヤーを表示し、文字を入力したレイヤーの不透明度を下げます。

何もしなければ100%の不透明度(文字がくっきり)なので、バーを左右にずらしてお好みの透明度まで下げていきます。

出来た画像を保存すれば、ウォーターマーク入りの画像の完成です。

基本はこの作り方で簡単に出来てしまいます。

手書きもイラストもOK!オリジナルのウォーターマークが作れる!

ウォーターマークと聞くと、文字を連想する方も多いと思いますが、いわばサインのようなものですので、手書きやイラストでも良いわけです。

最後に不透明度のバーをいじるので、まず画像とは別にレイヤーを用意してください。

新しいレイヤーに好きな文字やイラストを描きます。

描き終わったら、先ほどと同じようにウォーターマークにしたいレイヤーの不透明度を下げていきます。

ウォーターマークそのもののデザインを好きなように出来るので、オリジナリティの溢れるウォーターマークも作れてしまいますね。

ウォーターマークを画面いっぱいにリピートさせる方法!

ワンポイントでウォーターマークを入れるのではなく、画面いっぱいにウォーターマークを入れることもできます。

商品化されている画像やイラストなどが、こんな風にウォーターマークで埋め尽くされていることがありますよね。

画面の一部分でさえもパクることができない状態にすることが出来ます。

ウォーターマークが表示されているレイヤーを選択し、「十字矢印マーク」をタップします。

レイヤーに描かれたものを移動したり、変形したりすることが出来るのですが、「パース変形」という項目があるので選択肢、リピートを「全面」にすると、画面全体に自動的に配置されます。

このようにして、自分の好きなようにウォーターマークを作ることが出来ます。

ウォーターマークだけを作って「透過PNG保存」で保存をすれば、透過度がキープされたまま画像保存されるので、次からは自分の作った画像と合成するだけでOKです。

ウォーターマークを使用するだけでも、幾らかの無用なトラブルを避けることが出来るので、自分流のウォーターマークを作ってみても楽しいかもしれないですね。

それでは最後まで閲覧ありがとうございました。

続きを読む

【貯金達成シート】色塗りしながら目標、貯金125,250円!【シート配布】

こんにちは。
皆様は新年いかがお過ごしでしょうか?

私は今年こそ、貯金を頑張ろうと思っております。

そこで今回は、楽しく塗り絵をしながら貯金出来る、【貯金達成シート】を作成してみました。

1円〜500円を貯金するだけ!貯め方は自由に!

今回作った、貯金達成シートでは、イラストの周りに1〜500までの数字が振ってあります。

1円〜500円までの金額をそれぞれ貯金していくと、トータルで貯まるのは125,250円。

単純に1日1回どれかしらの金額を貯金に回せば、500日で達成できます。

でも、498円とか、449円とか、お財布に入っていることって、あんまり無いですよね。

なので、足し算を楽しみつつ、マイペースに貯めて頂けたら嬉しいなという思いもあり、自由な貯め方をおすすめしています。

と言うのは、例えば10円を貯金する時に、1円+2円+3円+4円=10円という考え方で、1〜4までのイラストの色を塗るのもありです。

たまたま200円貯金できそうな時、145番と55番の色を塗って貯金ってのもあり。

もちろん細かいのがあれば、素直にその数字の色を塗るのもありです。

なので、お小遣いがあまって、1000円貯金できそうな時も、複数の数字の色を塗れば良いので、500+498+2=1000なんてやり方も出来ちゃうわけです。

自由に、そしてマイペースに楽しく塗り絵感覚で、白黒のシートがカラーになるのを楽しんで頂けると嬉しいです。

ちなみにですが、イラストのネタに困り、苦戦している様子はこちらから見れますw

ダウンロードの方法

貯金達成シートのダウンロードの仕方についてです。

このシートはA4サイズで作成しています。

スマホアプリのアイビスペイントで作成しているので、印刷出来ないという方も、デジタルで色塗りしやすくなっています。

アイビスペイントX

アイビスペイントX
開発元:ibis inc.
無料
posted with アプリーチ

パソコンをお使いの方は、そのまま下記シートを「画像を名前をつけて保存」で、保存できます。

スマホの方は、下記シートを長押しして、「イメージを保存」で、端末内に保存出来ます。

Twitterでもシートの配布をしていますので、そちらからも保存できます。

スマホのみをお持ちの方で、印刷をしたい方はネットプリント等で、コンビニで印刷する事も可能です。
その際にはA4サイズで印刷してくださいね。

何かお困りの事があれば、コメント頂ければと思います。

それでは、今回も閲覧して頂き、ありがとうございました。

続きを読む

アイビスペイントを使ってスマホだけでLINEスタンプを作ろう!

今回は私がLINEスタンプを作る上で欠かせないアプリでもある「アイビスペイントX」の使い方について、ご説明いたします。

最低限、これだけ出来ていれば、問題ないというレベルの使い方です。

1作目もアイビスペイントで作成しました。

1作目
野菜と果物のほんわか日常スタンプ
2作目
小馬鹿にしてくる野菜と果物スタンプ
3作目
使いやすいアニマルスタンプ
4作目
生意気な事を言う野菜と果物スタンプ

アイビスペイントにはLINEスタンプ用のサイズがある。

LINEスタンプに必要なイラストの枚数や大きさについては、上記記事でご確認ください。

アイビスペイントX - お絵かき イラスト ペイント 無料 アプリ

アイビスペイントX – お絵かき イラスト ペイント 無料 アプリ
開発元:ibis inc.
無料
posted with アプリーチ

アイビスペイントをインストールしたら、まずは開きましょう。

新規作成をしたい場合、既存のイラストを編集したい場合には、「マイギャラリー」を選択します。

life-ib1

左下の「+」で新規作成が出来ます。

life-ib2

サイズは「LINEスタンプ用」のサイズを選択すると、後々の透過やリサイズがやりやすくなります。

life-ib3

ここまでで、新規作成の準備が整いました。

アイビスペイントでスタンプの線イラストを描く

次に、色塗りをする前の線の状態のイラストを完成させていきましょう。

一番最初に設定しておきたいのは、手ブレ補正です。

スマホで描くので線がブレブレになりますが、なめらかな線に補正してくれます。

タッチペンがあるとかなり書きやすくなります。

右上の「指差しマーク」を選択し、手ぶれ補正を設定ます。(10がMAX)
life-ib4

それではさっそく描いてみます。

life-ib5

ペンの太さは3~5が、描きやすいです。
私は3.7にしました。

透過は必要が無ければ、100のままで問題ありません。

ペンマークが「ペン」であることを指しています。

色は真ん中の黒い部分です。今は黒を使っているので黒でオッケーです。

続きを読む

<--ピンタレスト--> 0