Minecraft PE

【統合版マイクラ】湯気の出るお風呂の作り方!【焚き火】

こんにちは。はっちです。

マイクラのアップデートが行われる前に、私は「湯気の出るお風呂」を作る方法として、暗黒石に火をつけて湯気を出す記事を作成しました。

もはや、あまり意味もメリットもないため、リンクは貼りませんw

今回は、もっともくもく湯気の出るお風呂の作り方について書いていこうと思います。

動画でパパッと見たい方は下記より動画をご覧いただけます。

OPで画像サイズを間違えてしまい、画質が荒く見えますが、本編のゲーム画像は通常通りですので、是非動画の方のご視聴とチャンネル登録頂けると幸いです。

音声実況動画になります。

さて、それでは早速本題へまいりましょう。

暗黒石と焚き火の違い!

暗黒石に火打ち石と打ち金で火をつけると、メラメラと炎が出てきますが、その際に小さなポコポコとした湯気が上がります。

上記画像左側の小さな点がその湯気です。

そして、上記画像右側の方が焚き火なのですが、あきらかに湯気がもくもくと上がっていますね。

湯気というより煙ではあるのですがw

なかなか暗黒石の方の煙は見えにくく、その点焚き火の煙は量も多いので、その点でも焚き火の方が湯気の表現はしやすいです。

暗黒石にはあって、焚き火にはないもの。

ご存じの方も多いかとは思いますが、暗黒石によって作られた炎は延焼します。

近くに置いてある木材などの可燃物は一定の距離内で炎が燃え移ってしまいます。

炎に直接接していなくても燃え移ってしまうので、お風呂や暖炉を作るときには石材のような燃えないものをおかなくてはならず、最悪おうちを家事にしてしまうこともあるので、リスクもありました。

ですが、焚き火は燃え移ることがないので、自由にブロックを置くことができます。

延焼がないというのは、マイクラで建造するには影響が大きいですよね。

さっそく、焚き火でお風呂を作ろう!

まず、焚き火の上には、半ブロックも通常ブロックも置くことが出来ます。

先程も言った通り、延焼がないので、好きなブロックを置くことができ、しかもブロックを透過して煙も上がってくれます。

水が漏れないようにガラスで囲っています。

仕組みとしては、上記のように、一番下に焚き火を配置し、その上にバスタブの床になるブロックを置き、水(お湯)を置けばOKです。

湯船が1番上に来たときに下に2ブロック分お風呂の材料となるものを置くということです。

基本的には、お風呂は上記の画像のように高い位置には無いので、地面の上に水を張りたい時には2ブロック分の穴を掘ればいいわけですね。

浴槽のサイズとお風呂の湯船の位置に合わせて、穴を掘っていきます。

そして、底の部分に焚き火を設置していきます。

すみません、焚き火を設置した画像を撮り忘れました。後で追加しておきます。

画像が無いので分かりにくいのですが、3×4くらいの穴であれば、3つ程度の焚き火で充分な量の煙が出ます。

むしろ、全面に敷き詰めると煙まみれで、ほとんど見えなくなります。

こちらが3つ焚き火を配置したものです。

煙…湯気が大きいので、この大きさなら3つの焚き火でも充分ではないかと思います。

配置や量はお好みで変えることも簡単です。

水を張ってみました。

湯気とは言っても煙なので、色が真っ白でないのはちょっとばかり残念ですが、かなりいい感じ。

暗黒石の時とは違い、しっかりと湯気が出ているのが分かりますね。

湯気の高さを変えたいときは?

焚き火の煙の高さは、焚き火の下に干し草を置くことで変えることが出来ます。

左から順に、焚き火を置いただけのもの、干し草を1つ置いたもの、そして2つ、3つと干し草を増やしてみました。

pc版だと干し草の量でもっと差が出るようなのですが、統合版マイクラのスマホの方では、干し草を置いたものと置いてないものでは差がありましたが、1個おいても3個置いても、干し草の量では煙の高さは変わりませんでした。

お風呂という点では、干し草を置かなくても充分な高さかもしれないですね。

煙突などを作る際に参考になれば幸いです。

それでは、今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

統合版マイクラで「地下への隠し扉」の作り方

こんにちは。
今回はマイクラPEで、地下へと続く隠し扉の作り方をご紹介します。

普通に地下に階段を作っていっても良いのですが、入口がレバーで開閉できる床になっているのも面白いですよね。

この記事はver.1.10のアップデートにも対応していますが、変更点があります。

地下への隠し扉の作り方

まずは地下へと続く階段を掘ります。

1

次に粘着ピストンを設置します。

2

理屈としては、この横向きになった粘着ピストンが、ピストンの先にある土を動かすことで、階段部分を隠したり出したりします。

ピストンを横向きに置くには、1度土を撤去して、設置したい場所の壁をタップすると良いです。

土があるままだと、ピストンがどうしても真上を向いてしまいます。

ピストンの設置後、土(隠し扉に使いたいブロックでもOK)を再度設置します。

ピストンの設置が完了したら、回路を繋いでいきましょう。

3
2016年8月の時点の画像になります。

※1 連続したピストンを作動させるには、レッドストーン反復装置を並べる必要があります。

※1 ver1.10.0では、反復装置を置かず、ダイレクトにレッドストーンを置いても、連続したピストンが作動するようになりました。(反復装置を置いても作動するかはまだ未検証です。)

※2 ピストンの真後ろに反復装置を設置し、反復装置の後ろにレッドストーンを繋いでいきます。

※2 ver1.10.0では、ピストンの真後ろにレッドストーンを繋げばOKです。

レバーを置きたい位置の真下まで、回路をもってきます。

念の為にレバーを動かして動作確認をしておきましょう。

4

小まめに動作確認をしておくと、あとになって「動かない!」と慌てることが減ります。

きちんと動いたら、右側同様、左側も同じように回路を繋いでいきます。

5

これで隠し扉自体は完成しました。

ただ、回路とピストンが丸見えなので、隠してしまいましょう。

私は建物を建てて、隠してみました。

6

隠すためのブロックを設置する際に、レッドストーン回路を遮ってしまうことがあるので、回路を作動させたまま作業をすることをおすすめします。

隠しきったら、きちんと扉の開閉が出来るか、確認しましょう。

7

きちんと開きました。

建物と建物の間に地下扉って、なんだかお洒落ですよね。
ピストンや回路の上に、木を建ててみるのも面白いかもしれません。

ぜひ、参考にしていただければ光栄です。

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

マイクラPEで温泉みたいに湯気の出るお風呂の作り方

こんにちは。

今回はマインクラフトPEでの「湯気」が出るお風呂の作り方をご紹介します。

最近はもっぱらサバイバルで遊んでいる私ですが、クリエイティブの方で作っていた家に、湯気が出るお風呂をつけてみました。

アップデートにより、仕様が変わったため、こちらの記事を推奨します。

of1

湯気の色は黒ですが、一応湯気みたいにモクモクとなっています。

家の作成過程の記事はこちら↓

動画で確認したい方はこちらから。

OPの画像サイズを間違えてしまい、出だしの画質は悪いですが、ゲーム画面は通常です!

※YouTubeの方もアップデートに伴い、最新版の動画に差し替えました。

ぜひ、チャンネル登録お願いします。

ネザーラックを使ってマイクラPEでお風呂に湯気を出させる

理屈としては以下の理屈で作ります。

of11

ネザーラック(火をつけると永遠に燃え続ける)に火を付け、その火から出る煙を湯気に見立てます。

of2

まずは、お風呂の枠組みを作ります。

of3

上から順に、水・不燃ブロック・炎・ネザーラックの順にする必要があるので、水を張りたい位置から4マス目にネザーラックを敷きます。

of4

火打ち石で火を付けます。

of5

火は木・羊毛などを燃やしますので、お風呂の周りには燃えるものを置かないように気をつけましょう。

私は、お風呂を作っている際に、半径3ブロック分位を一気に燃やしました。

家の柱や床を木材で作っていたからです。

上記のように離れていても燃え移りますので気をつけてくださいね。

火を消さないように気をつけながら、不燃ブロックを置きます。

of6

燃えないものなら何でも大丈夫です。

of7

水を張ります。

お風呂が完成したので、ちょっと入ってみました。

of8

私の脇に2つモクモクと湯気が出ています。

以上で湯気の出るお風呂の完成です。

松明を使って、湯気を出す事は出来ないの?

もう少し身近なもので簡単に作れないかと思い、「松明」を使う方法も考えてみました。

of9

床に松明を立てても良かったのですが、より上に置きたかったので壁につけてみました。

of10

ハーフブロックを置いてみると、わずかながら煙が見えています。

でもここで問題が発生したのです。

ハーフブロックの上に水が流せない・・・というか、水が貯まらずに流れ出てしまうのです。

だったら、ハーフブロックじゃなくて、ネザーラックを使った時の、 炎と同じ位置に松明を置いて、1マスブロックを置けばいいじゃないかと思い挑戦しました。

(炎と松明が入れ替わっただけということです。)

そうすると、松明の煙の強さ的に、湯気は水の中でモクモクしているだけで、表面上には出てきてくれませんでした。

しかも水の中の煙を撮影しようと連写でスクショを撮ってみたのですが、どうしても上手く煙を撮ることが出来ずw

確実に湯気を水の上まで出したいのであれば、ネザーラックを使うのが良いですね。

ぜひお試しください。

それでは、今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

「マイクラPE」家具や家電の作り方

こんにちは。

マイクラPEで結構難しいのが、内装・・・・・・(私だけでしょうかw)

そこで今回は、内装を作る際に使える、家具や家電の作り方をご紹介します。

思いつき次第、どんどん追加していきます。

カフェっぽい、テーブルとイスの作り方

IMG_1623

シンプルで場所も取らずに作ることが出来るインテリアです。

イスは階段ブロックで、テーブルはフェンスとカーペットを組み合わせて作ることが出来ます。

カーペットの色を変えることでガラッとお部屋のイメージ変わります。

ソファの作り方

IMG_1624

階段ブロックとハーフブロックで作ることができます。

背もたれ部分を普通の1マスブロックにすれば、座る部分が狭いソファになります。

ソファもブロックの種類を変えることで様々な色のソファが作れます。

ただ、レンガブロックを使うと、ソファとは違った雰囲気になります。

テレビ、テレビ台の作り方

IMG_1625

下に2マス本棚を置き、上に2マス好きなブロックを置きます。

上の2マスに絵画を貼ることで、テレビに見立てることが出来ます。
2マスの絵になるまで貼り替えていきましょう。

テレビ台は本棚が私的にはしっくり来て好きです。
ジュークボックスを置いても良いかもしれません。

冷蔵庫の作り方

IMG_1626

冷蔵庫は、ネザークォーツブロックを2段積み上げるだけで完成します。

ドアの取っ手として、ボタンの設置をしてみましたが、なんだかボタンがど真ん中に付いてしまい、ちょっと違和感を感じたので、私はボタンを付けませんでした。

キッチンに置いてあれば、内装の雰囲気で「これ冷蔵庫だから!」という強引に理解させようという作戦ですw

棚の作り方

IMG_1627

引き出しの付いたシンプルな棚です。

好きなブロックを置き、ボタンを設置しただけの簡単なものです。

本棚を置き、その隣に木ブロックと木のボタンで引き出しを付けると、自然な雰囲気になります。

ローテーブルの作り方

IMG_1628

階段ブロックとハーフブロックで作ることが出来ます。

階段ブロックを逆さまにすることで、ローテーブルの脚を表現しています。

逆さまに置くのがコツを掴むまで大変でした。

間接照明の作り方

IMG_1629

フェンスで棒を立て、その上にグロウストーンを置き、トラップドアで周りを囲みます。

好みでグロウストーンをジャック・オ・ランタンに変えても良いですし、トラップドアを付けなくても良いですね。

トラップドアが付いていた方が、少しシックな印象になります。

テーブルの作り方

IMG_1630

1番最初に作ったテーブルと考え方は一緒です。

フェンスを床に並べていき、その上にカーペットを乗せていきます。

足を入れるスペースは無くなってしまいますが、カーペットで様々な色のテーブルが作れるので、表現の幅が広がります。

シャンデリアの作り方

IMG_1631

天井にフェンスを置いていきます。
フェンスの上に松明を立てることでシャンデリアに見立てることが出来ます。

フェンスの組み立て方次第で、もっとゴージャスなシャンデリアにすることも可能ですね。

いかがでしょうか。
是非、参考にして頂ければ光栄です。

それでは、今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

マイクラPEで大型建築!地下を岩盤まで繰り抜いてみた。

こんにちは。

先日、マイクラPEにて、 ネザーで迷子になってしまった時の(ならないための)対策と対処の記事を書かせて頂きましたが、自分の記事を教訓とし、無事2回目のネザー長旅は成功致しました。

IMG_1433

上記記事の、黒曜石と火打ち石を持っていく作戦でネザーへ繰り出したのですが、さすがにネザーの8倍の距離ということだけあって、地上から戻るのにかなりの時間を費やしました。

でも、戻ってくることは出来たので結果オーライでしょう。

さて現在は、拠点の移動を兼ねて大型建築の作成をしています。

建てた家の下を岩盤まで繰り抜いてみた。

IMG_1434

割と大きめのお家を建ててみたのですが、何を思ったのか、この家の真下は全て空洞になっています。

地上部分は(まだ内装は完成していませんが)、普通に実用性のない見た目意識の内装にするつもりです。

地下部分を拠点や施設として使えるように繰り抜いたのです。

上から見るとこんな感じです。岩盤まで掘りました。
IMG_1438
下からみると、はるか上に地下一階の床が見えます。

IMG_1441

地下一階は、倉庫にしてみた。

空洞を作った後、自宅脇から中に入れるようにし、階段を先に作りました。

IMG_1435

この階段を降りて行くと、地下一階部分にたどり着きます。

階数ごとに床材を変えていきたいとは思っているのですが、とりあえず見た目も綺麗で大量にある石レンガで地下一階の床と壁を作っています。
IMG_1436

まだまだチェストを置くスペースが沢山ありますが、後々持っている物を前の拠点から移動させていくつもりです。

前の拠点は女の子らしさを追求し、可愛くしようとしてみましたが、今回は実用性重視です。

前拠点記事

ブロックに出来るものはブロックにし、出来ないものは額縁に貼り付けて、どこに何が入っているのか分かるようにしています。

今回の倉庫は大きいので、細かく分けてみました。
IMG_1437

今後の建築に備えて、自分に「●●を1ラージチェスト集める」といった試練を与えてみようか考え中ですw

岩盤の高さは植林場、最下層から2番目はブランチマイニング場に。

最下層から高さ10~15部分には、ダイヤが眠っています。

なので、その部分はブランチマイニング場にすることにしました。
IMG_1440

ブランチマイニング場の真下にある岩盤付近の階は、植林場です。
IMG_1439

というのも、結局ブランチマイニングをする時に必要なのって、つるはしやシャベルなんですよね。

なので、木材補給のための植林場です。

ここの床材は石の半ブロックを2段重ねてあります。

ダイヤがもしかしたら埋まっているかと思い、このスペースは一旦全て岩盤まで掘りました。

6個ダイヤが見つかりましたが、そのあと別の岩盤付近でマグマがあり、マグマダイブでロストw

ブランチマイニング場の階には、空腹対策のために小麦畑を移動してこようかと考えています。

この小麦畑がきちんと入るかどうかの設計まで考えていないので心配ではあります。

地下2~ブランチマイニング場の上の階まで(確か7,8階層あったはず)の内装は思いついていません。

かぼちゃ畑や、サトウキビ畑も移動してこようか・・・と考えています。


マイクラPEは楽しみ方が沢山あって良いですね。

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

マインクラフト Minecraft: Pocket Ed.

マインクラフト Minecraft: Pocket Ed.
開発元:Mojang
¥840
posted with アプリーチ

続きを読む

【マイクラPE】ネザーで迷子に!対策と対処方法は?

マイクラPEの醍醐味の1つでもある「ネザー」ですが、コンパスも使えませんし、延々とネザーラック(暗黒石)が続いているだけなので迷子になりやすいんですよね。

ネザーにはグロウストーンやネザークォーツのような魅力的なものが沢山あります。

先日私はネザーにある、そんな魅力的なものたちに釣られて、ネザーへ行ってきました。

ネザーで私を待ち受けていたものは、「迷子」だった。

方向音痴の私は、方向音痴にも関わらず、つるはしだけを持ってネザーへと向かいました。

目の前にあるグロウストーンやネザークォーツに夢中になっていると、帰る道が分からない状態に・・・

既に4時間以上さまよいました。

プライドをすてて、ピースフルにもしました。

どうにかこうにか戻れるためにさまよい続けながら、グロウストーンやネザークォーツの誘惑に負けて、沢山沢山材料を集めました。

だけどどんなに探しても、ネザーゲートの面影さえ見えませんでした。

もうちょっと私に根性があれば、あと数時間ネザーをさまよったかもしれませんが、私にはそんな根性はありません。

そんな絶望的な状況で最後に選ぶ選択は自決です。

私はそうするしかありませんでした。

ネザーゲートから戻る事を諦めてしまったら、もう最後。

ネザーでの出来事は諦めて、自決するしか無いのです。

私はマグマダイブをしました。

今回は、そんな私のような事態にならないために書いた記事です。

ネザーで迷子にならないために!目印を設置する。

ネザーで迷子にならないためには、もう目印な置くのが得策です。

松明なり、石なり、何かしらゲートへと戻れるための道標を置きましょう。

同じような地形が続いているので、方向音痴な私が言うのもなんですが、自分の記憶だけを頼りにしていると十中八九迷います。

ネザーで迷子になった時のために黒曜石と火打ち石を持っていく。

念には念をいれるなら、万が一迷子になった時のために新たなるゲートを作る材料を持っていくのも対策の1つです。

地上にさえ戻ってこれれば、コンパスが使えるようになります。

もし手元にコンパスがなくても、地下を掘り進めて、鉄とレッドストーンさえ手に入れてしまえば、コンパスを作ることができます。

ネザーの中をうろうろとさまよい続けるよりは、まだ地上に戻ってきたほうが生き残れる可能性はあります。

ネザーで迷子になってしまったら?チェストに荷物を封印する。

目印もない、黒曜石もない、もうネザーをさまよい続けるしかない・・・

そんな時にはチェストを作って、拾ったものを突っ込んでいきましょう。

チェストさえあれば、拾ったものを捨てることにはなりませんが、これはあくまでその場しのぎになります。

次にネザーにきた時に、またそのチェストの場所にたどり着けるかも分かりませんし、見つかれば奇跡といったところでしょう。

私は先述しましたが、木材を1つも持っていきませんでした。

しかも新しいネザー要塞を見つけたにも関わらず、チェストがそこには無かったのです。
(こんなことってあるのかしら?)

要塞を見つけた時には「チェスト」に巡り会えると一喜一憂したのに、結局何も保管できませんでした。

最後に。

ネザーで「戻る道が分からない」「保管するチェストもない」となると、最後の最後には自決という悲しい選択を余儀なくされます。

こんな事にならないように、皆様もネザーへ行く時には万全な対策をしていきましょう。

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

マイクラPE!かぼちゃ・すいかの自動収穫・回収機を作ろう。

前回記事にて、 サトウキビの自動収穫機を作りましたが、今回もまたピストンを使って、かぼちゃ・すいかの自動収穫・回収機を作ってみました。

サトウキビの収穫機

育ったかぼちゃを上に押し上げて、アイテム化したかぼちゃを水流に押し込む!

今回は、収穫だけじゃなく、回収も自動で出来ます。

育ったかぼちゃを押し上げて収穫する回路、アイテム化したかぼちゃを水源に押し込んで回収する回路の2つの回路を使います。

pe

ちょっとこの図解が私の限界でしたw

かぼちゃ・すいかの自動収穫・回収機の作り方

まずは、回収するためのチェストとホッパーを設置するために、水源+回収機の穴を開けます。

pe1

チェストとホッパー2つを並べるために、2段×3マスの穴を掘ります。

そして1段部分は水源になるので、育てたいかぼちゃやすいかの数だけ穴を掘ってください。

※あまり長くすると、レッドストーン反復装置が必要になりややこしくなります。

次にチェストとホッパーを設置します。
pe2

ホッパーの設置のしかたについては、下記記事で確認できます。

水源を確保するために、チェストの隣のホッパーの上に土を置きます。
pe3

先ほどの水源スペースの両サイドを2段掘ってから、粘着ピストンを設置します。
pe5

粘着ピストンを設置したら、その上に土を乗せます。

草付きのブロックを乗せてしまったため分かりにくいですが、水源の両サイドが上に押し上がるようにします。

水源は、ホッパーに向かって流れるように水を流しましょう。

pe4

水源から1マスあけた所に、かぼちゃのタネを蒔きます。

pe6

タネを蒔いたら、作業をしやすくするために、少し作業スペースを広げると良いです。

pe7

裏側にまわって、タネを蒔いた部分の真下1マスを掘ると、先ほど設置した粘着ピストンが見えてくるはずです。

粘着ピストンの手前に、レッドストーン反復装置、レッドストーンを配置していきます。
pe8

完了したら、また水源側に戻ってきて、タネを撒いた部分の真上に普通のピストンを設置します。

水源に向かってピストンが作動するような向きです。
pe9

先ほどの粘着ピストン同様、上に設置したピストンにも、レッドストーン反復装置、レッドストーンを配置していきます。

pe10

水源の両サイドとも完成させると、このようになります。

しっかり、下の回路と上の回路がレバー(ボタン・感圧板)と繋がるようにしましょう。

その都度確かめると、ミスが減ります。

pe11

きちんとかぼちゃも育ってくれます。

pe12

が、育つのを待っていられなかったので、ジャック・オ・ランタンを置いてみました。

これで収穫の準備は整いました。

pe13

取りこぼし発見。

pe14

今回は12個のかぼちゃの回収を試みましたが、8個だけの回収となりました。

pe15

そのまま真横からかぼちゃを押すだけのシンプルな回路も試したのですが、回収率がとても悪かったです。

私の中では、この「押し上げてから押し込む」タイプのものが1番回収率が高いような気がします。

回路をどうにか下にしまいたかったのですが、なかなか上手くいかず・・・。

フェンスや木材でちょっと隠してみました。

pe16

ここまで囲ってしまうと、レバーの位置も変えたほうが使いやすいですね。

中まで入らなくても、チェストの中身まできちんと取り出すことが出来ます。
pe17

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

マイクラPE!サトウキビの自動収穫をしよう!

こんにちは。

今回は導入されたばかりのピストンを使って、サトウキビ自動収穫を作ってみました。

life-pe-1

左側は「回路がむき出し」のもの、右側が「回路が地下に隠れている」ものになっています。

サトウキビは水源の隣のブロックにしか生えず、高さ3段まで育つ植物です。

砂糖にしたり、紙にして地図を作ったり、使い道が様々ありますよね。

1番下の段を残しておくことで、再収穫が可能なので、今回の収穫機では下から2段目をピストンで押す装置になっています。

回路むき出しのサトウキビ自動収穫機の作り方

回路自体はとてもシンプルなものになっています。

サトウキビの2段目の高さにピストンを設置し、同じ段にレッドストーン反復装置を置き、レッドストーンを敷いていきます。

life-pe-2

レッドストーン反復装置を置くことで隣り合ったピストンを全て綺麗に作動させる事が出来ます。

ピストンの作り方【レシピ】

piston

「木の板3枚」「丸石4つ」「鉄インゴット1つ」「レッドストーン1つ」で作ることが出来ます。
意外とリーズナブルですね。

レッドストーン反復装置の作り方【レシピ】

rs

「石3つ」「レッドストーン1つ」「レッドストーントーチ2つ」で作ることが出来ます。

レッドストーントーチの作り方【レシピ】

rst

「木の棒1本」「レッドストーン」で作ることが出来ます。

回路を地下に隠して見栄えの良い収穫機を作ってみる。

回路自体がシンプルなので、地下に隠す方法も簡単に出来ます。

life-pe-3

地下に隠したいので、下からレッドストーントーチで動作を上に作動させていきます。

画像で少し隠れてしまっている部分は、以下の様な仕組みです。

life-pe-4

ブロックとトーチを交互に置くことで、レッドストーン回路の動作を上へ持っていく事が出来ます。

小麦の自動収穫でもこの方法を使いました。

出来上がった回路を並べてみると、画像の様になります。

作り方のベースは、むき出しの回路と同じです。

life-pe-5

穴が空いたままなのもなんなので、埋めて綺麗にしておきましょう。

life-pe-6

地下のレッドストーンの途切れた部分の真上にレバーを設置します。

そして、レバーを押すと、見事にサトウキビをふっ飛ばしてくれます。

ボタンでも大丈夫です。
life-pe-8

(あいだの水源を利用して、自動回収も試みたのですが、飛び散ってしまってダメでした。)

走り回って回収します。

そのまま装置を置いておいてもスタイリッシュな雰囲気になりますが、羊毛などで囲ってみても可愛いです。
life-pe-9

フェンスで囲ってみるのも面白いかもしれないですね。
life-pe-7

ピストンが導入されたことで、マイクラPEの遊びの幅もますます広がりますね。

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

ブレイズトラップの作り方!マイクラPE<ネザー編>

今回はブレイズトラップを作成してみました。

ネザーでブレイズのスポーンブロックを見つけたら、彼らは厄介ですし、上手いことブレイズロッドの製造機&経験値に化けさせましょう。

動画も作りました。

ブレイズトラップの仕組み

今回作りたいトラップがどんなものなのか、簡単に図にしてみました。

pe-br1

スポーンブロックから湧いたブレイズが下に降りてきて、最後には1箇所にまとまるという仕組みです。

それでは、早速作り方に進みましょう。

ブレイズトラップの枠組みを作る。

まずはブレイズの湧き潰しをします。

本当にブレイズは厄介で、1マスでも明かりがないとそこに湧きます。

なので慎重に湧き潰し。

IMG_1119

9×9の床にします。

pe-br2

縦は上下共に2マスずつ掘ります。

pe-br3

※この下に更に漏斗形の穴を作ります。

下は2マス~4マスくらいまでなら、この下に漏斗状(▽)の穴を掘っても、下に行った時にブレイズがきちんと湧いてくれます。

漏斗の分も含めて、スポーンブロックから下に13マスの大きな穴を掘ると楽です。

bure

この時、湧きつぶしをした床は、まだ残しておきましょう。

取り外すとブレイズが湧いてとんでもないことになるので、小さな穴を空けて松明を横につけて穴を掘るか、別の横穴を設けて下の穴は掘る方が良いでしょう。

かなり大変な作業になりますw

私はブレイズが湧いて落ちてくる様を眺めたかったので、漏斗部分は床を広めに取っています。

ブレイズが1箇所に集まるように漏斗の枠を作る。

縦2マスずつの正方形を作りながら、どんどん正方形を縮めていきます。

これが本当に重労働です。

私は直上に床を建てながら、それを足場にし、地道に漏斗を作りました。

IMG_1170

上から順に9×9,7×7,5×5,3×3,1×1の計5段の穴が空いた正方形が出来るはずです。

私は最初に穴を空ける方法でやりましたが、空間察知能力が高い方は、最初から漏斗の形に掘り進めても良いかもしれませんね。

最後の1×1マスの穴を、私は1×3の穴にしました。

というのも、1×1だとブレイズがなかなか落ちてきてくれないのです。

下に半ブロックのスペースを空けておきましょう。

IMG_1185

憎きブレイズを一方的に攻撃出来ます。

周りは見栄えを良くするために、石レンガで壁を作りました。

IMG_1184

見栄えもそうですが、下に掘り進めるので、大きな穴が出来ていたりすることがあります。

ガストに見つからないためにも、しっかり塞いでおいた方が良いです。

ブレイズの湧き潰し部分を撤去する。

枠組みは出来たので、脇潰しをしている床を撤去して、ブレイズを発生させます。

私は変なこだわりがあるので、絶対にピースフルにはしたくないと思っていたのですが、心が折れてピースフルにしましたw

何体ものブレイズとまともにやり合うのは、私には非常に困難でした。

ピースフルにしない場合は、裸で何度もやり合うか、ダイヤフル装備でガチで戦うか、頑張ってください。

ブレイズを発生させたら、きちんと漏斗の中に落ちていくか、下から確認してみましょう。

IMG_1178

作業中に知らないうちに開けてしまった穴や、埋め忘れていた穴が見つかる場合があります。

1マスあるだけでも火を飛ばしてくるので、しっかり漏斗に漏れがないようにしましょう。

私のトラップでは、元気なブレイズを剣で倒すタイプです。

また、延々に湧き続けます。

スイッチのオンオフで湧きを止めるように出来るともっと便利になりますね。

まだまだ改善点はありますが、しっかり動作はしてくれています。

スポーンするところを見るのも面白いですよ。

IMG_1183

余談!途中、誘惑に負けてガストにも負けて全ロスト。

こちらは余談になりますが、途中下に穴掘りをしていたら、ぽっかり空いた穴の先にグロウストーンがありました。

IMG_1168

誘惑に負けた私は、そのままトラップ用の荷物を持って、グロウストーンの採集に。

ズドーンとガストに撃たれ、そのままマグマダイブ。

皆様も誘惑に負けそうな時は、大切なものをチェストに入れるのを忘れないようにしましょうw

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

動画はこちらから見れます。

続きを読む

マイクラPEで小麦の自動収穫・自動回収機を作ろう!

マインクラフトPEで、小麦の自動収穫機を作ってみました!

IMG_1081

まだ周りの装飾がきちんとは出来ていませんが、ボタンを押すことで、発射装置から水が出て、小麦を自動で刈り取ってくれます。

IMG_1082

流された小麦は、ホッパーを通して、チェストへと運ばれる仕組みです。

f83f8db4-e3aa-45a8-91fa-9b0681490275

こちらのサイト様のやり方を参考にさせて頂きました。

こだのまいくらブログ

私の場合は、畑の様子を上から眺めたかったので、地中に畑を作っています。

マイクラPE!小麦自動収穫機の仕組み

角にある発射装置から水が出て、小麦を流します。

dandan-setumei

◆発射装置
中に発射させたい物を入れると、動力が加わった時に発射される装置です。
今回は水入りバケツを入れて、水を発射させます。

発射装置の設置を1箇所に抑えるために、畑は正方形の段々畑にします。

私は10×10の畑にしました。

そして水の行き着く先にホッパーを設置し、チェストへ小麦を移します。

◆ホッパー
チェストに設置することで、ホッパーの上に乗ったものをチェストに自動でいれてくれます。

それでは早速、作り方を確認していきましょう。

畑の大きさを決めて、ホッパーとチェストを設置しよう。

まずは、畑の大きさを決めましょう。

私は10×10にしましたが、目安として何かブロックを並べておくと分かりやすいです。
IMG_1084

(クリエイティブでの撮影なので金ブロックですが、サバイバルでは羊毛を使いました。)

仮置きなので、なんでもありです。

畑は水がきちんと流れるように、段々畑にする必要があります。

私のは10×10で3段の畑になっています。

ホッパーの位置=畑の最低位置です。

私の畑みたいに上から覗けるようにしたいのであれば、最高位置を普段の地面の高さにする必要があるので、ホッパーの位置も掘り下げて下にする必要があります。

今回はクリエイティブモードでの説明なので、最低位置を普段の地面の高さにしています。

作業しやすいように角に穴を開け、ホッパーを置きたい位置から 2マス下にチェストを設置します。

IMG_1086

ホッパーを2つ縦に並べて設置します。

チェストにホッパーを付ける際には、チェストの背面を触ります。

そのまま触るとチェストが開いてしまうので、十字キーの真ん中をダブルタップして設置をします。

IMG_1087

IMG_1088

チェストとホッパーの作り方

チェストは木材8つで作れます。
IMG_1111

ホッパーは鉄インゴット5つとチェストで作れます。
IMG_1110

レッドストーン回路を設置しよう。

発射装置に動力を加えるために、レッドストーン回路を敷いていきます。

表から繋いでも良いのですが、中に埋まっていたほうが見栄えが良いので、中に埋めていきます。

今回使いたいレッドストーン回路は、簡単に言ってしまうとこのような回路です。
IMG_1093

実際の距離は長くなるので、間に「レッドストーン反復装置」を設置する必要が出てきます。

そして、発射装置は段々畑の最上部にあるので、レッドストーントーチを置いて、上への接続もおこなう必要があります。

ボタンを押してスイッチを入れると、水が流れます。
IMG_1094

ものの見事に回路ごと吹き飛ばしてくれましたが、水はちゃんと出ましたねw

チェストの隣から、発射装置へと向けてレッドストーン回路を設置していきます。

ダイアモンドブロック(水色)のラインが道筋になっています。

IMG_1090

脇にも道を作って置くと作業がしやすいですし、後で直しが出た時に動きやすいです。
IMG_1095

IMG_1097

距離が長いので、レッドストーン反復装置を設置するのを忘れないようにしましょう。
IMG_1096

試運転は絶対にしたほうが良いです。

私は何度もしたにも関わらず、かなり失敗しました。

試運転の際には水が流れるとレッドストーンごと流されてしまいますので、中には何も入れずに、レッドストーントーチの光で確認をします。

下記の上下の写真を見比べてみてください。
IMG_1097

IMG_1098

スイッチのオンオフで、レッドストーントーチの光も付いたり消えたりします。

「ボタン」を使うと一定時間でスイッチが切れてしまうので、試運転の際には「レバー」を使ったほうが良いです。

もちろん本番で「レバー」を使ってもOKです。

発射装置の作り方

弓は棒3本とひも3本で作ることができます。
IMG_1112

発射装置は弓1つとレッドストーン1つと丸石7つで作ることができます。
IMG_1113

自動収穫機の水源と段々畑の設置をする

レッドストーン回路の設置が終わったら、畑の作成をしていきましょう。

畑の大きさにも寄りますが、私は3段にしています。
IMG_1102

畑には水源が必要なので、きちんと水源の設置も忘れないようにしましょう。

少し見難いですが、段々の角部分に穴を空けて、水源を設置していきます。
IMG_1101

真ん中の水色部分は、先ほど設置したレッドストーン回路なので、そこには水は置きません。

レッドストーン回路を先に設置したのは、後から回路を設置しようとすると、地中に穴を掘っている際に、畑に設置した水源部分に穴を空けて水が流れて来ることがあるからです。

というか私は何度も懲りずにそのミスで回路ごと流しました・・・・。

畑と水源の設置が終わったら、発射装置から水を発射した時に、外にもれないように、ブロックで囲います。
IMG_1103

囲い用に置くブロックは1マスブロックを使いましょう。

フェンスなどで囲うと、作物がフェンスに引っかかってきちんと流れてくれませんでした。

発射装置に水バケツを設置!水を流してみよう。

作物を植える前に、一回水を流してみましょう。

このように・・・水が途中で止まりましたw
IMG_1105

こんな時はブロックが長すぎるので、1マス短くしてみます。

今度は無事に成功しました。

IMG_1106

作物が自動で回収されていく様子。

試運転での回収では、小麦である必要はないので、お花畑にしてみました。
IMG_1107

水を流していくと、どんどん花が流れていきます。
IMG_1108

しっかりホッパー部分に花が乗ったのを見届けてから水を止めましょう。

でないと、畑に花が浮いたまま残ります。

チェストを開けてみて、きちんと回収されているかを確認します。
IMG_1109

大丈夫、回収されていますね。

小麦の段々畑も綺麗ですし、回収されていく様もとても楽しいです。

自動で植えることは出来ないので、そこは面倒ですが、自動で回収されるだけでもとても便利ですよね。

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

続きを読む

<--ピンタレスト--> 0