オンライン英会話「Native Camp」

オンライン英会話「Native Camp」無料体験⑰

オンライン英会話「Native camp」無料体験レッスン17回目のレビューです。

現在ネイティブキャンプでは1週間の無料体験レッスンをおこなっています。

受け放題なので、時間さえあれば何十回でも1週間の間に受けられオススメです。

Native Campのサイトはこちら↓


レッスン13~16までの復習

17回目のレッスンでは、13回目~16回目までのレッスンの復習を行いました。

リンクより各回記事へ飛べます。

13回目は「Can you~?」
14回目は「Can I ~?」
15回目は「don’t have~」
16回目は「don’t have to~」

今回のレッスンで、そのまままるごと覚えておきたい表現をいくつか習いました。

続きを読む

英会話「Native Camp」無料体験⑯don’t have to

オンライン映画「Native camp」無料体験レッスン16回目のレビューです。

現在ネイティブキャンプでは1週間の無料体験レッスンをおこなっています。

受け放題なので、時間さえあれば何十回でも1週間の間に受けられオススメです。

Native Campのサイトはこちら↓


前回のレッスンでは、「have to(~しなければならない)」を習いました。

前回記事では、「have to」の正しい使い方や、「must」との違いについても触れているので、良かったら確認してみてください。

前回レッスン記事

今回は「don’t have to」を使い、「~する必要はない」というフレーズを習いました。

「~する必要は無い」don’t have to

have to ⇔don’t have to
しなければならない⇔する必要はない

という考え方ですね。

いくつかフレーズを確認していきましょう。

続きを読む

英会話「Native Camp」無料体験⑮have to

オンライン英会話「Native Camp」の無料体験レッスン15回目のレビューです。

今回はテキスト単元「~しなくてはならない(have to)」を選択しました。

現在ネイティブキャンプでは1週間の無料体験レッスンをおこなっています。

受け放題なので、時間さえあれば何十回でも1週間の間に受けられオススメです。

Native Campのサイトはこちら↓


「~しなければならない」have toとmustの違い。

ネイティブキャンプのレッスンでは「have to」という言い方についてだけを習ったのですが、せっかくなので、「must」との違いを確認していきます。

「~しなければならない」という表現には2通りの言い方があります。

まずはhave toを使ったもの

 
I have to study English.
私は英語を勉強しなくてはいけない。

そしてmustを使ったもの

 
I must study English.
私は英語を勉強しなくてはいけない。

日本語の訳は一緒です。
また、中学で習う際には「同じ意味」として教えられます。

「have to」と「must」には次のような違いがあります。

「have to」自分の意志とは無関係の状況による「~しなければならない」。

「must」自分の意志による「~しなければならない」。

上記の例文2つのニュアンスの違いとしては、

 
I have to study English.
私は(したいわけではないけれどテストもあるし)英語を勉強しなくてはいけない。
 
I must study English.
私は(自分の夢を叶えたいから)英語を勉強しなくてはいけない。

といった感じです。

続きを読む

英会話「Native Camp」無料体験⑭Can I

オンライン英会話「Native Camp」無料体験レッスン14回目のレビューです。

今回はテキスト単元「許可を得る/Can I〜?」を選択しました。

現在ネイティブキャンプでは1週間の無料体験レッスンをおこなっています。

受け放題なので、時間さえあれば何十回でも1週間の間に受けられオススメです。

Native Campのサイトはこちら↓


「〜してもいい?」!許可を得る「Can I〜?」

前回のレッスンでは、「Can you〜?(あなたは〜出来ますか?)」という表現を習いました。

同じ理屈でいくと、「Can I〜?」は、「私は〜出来ますか?」となります。

つまり、「私〜してもいい?」という 許可を求める時に使える表現になります。

実はこの表現、私が以前短期留学をしていた際にホストファミリーに多用していました。

I
Can I use the washing machine?
洗濯機使ってもいい?
I
Can I eat this?
これ食べていい?

2日目あたりから「この家のものは好きに使っていいし、好きに食べたり飲んだりしていいから、聞かなくて大丈夫だよ。」的なことを言われてしまいましたがw

私は一度覚えた表現を馬鹿の一つ覚えみたいに使いまくるところがあります。

ただ私たちのレベル(初心者クラス)では、留学先の学校でも「Can I〜?」は流行ってましたね。

 
Can I follow you?
ついてっていい?
 
Can I use your pen?
ペン使ってもいい?

許可を得ようとすること自体はとても簡単なのです。

なぜなら、「Can I +動詞の原形〜?」で聞けてしまうから。

この表現も覚えておきたい表現ではありますが、合わせて覚えておきたいのは、相手に許可を求められた時の対応の仕方です。

続きを読む

英会話「Native Camp」無料体験⑬人の能力

オンライン英会話「Native Camp」の無料体験レッスン13回目のレビューです。

今回はテキスト単元13「人の能力(Can you~)」を選択しました。
よく使える表現なので、ぜひ使いこなしたいです。

現在ネイティブキャンプでは1週間の無料体験レッスンをおこなっています。

受け放題なので、時間さえあれば何十回でも1週間の間に受けられオススメです。

Native Campのサイトはこちら↓


「Can you~?」の使い方

人の能力を尋ねる「Can you~?」の表現は、中学1年生で習う基本的な表現です。

そもそも「Can」は「~できる」という助動詞です。

助動詞は、その名の通り、「動詞を助ける品詞」になります。

通常のくせのない一般的な肯定文であれば、文章の語順は「主語+動詞~」となります。

助動詞は、動詞を助けるため(私が生徒にそう言ってるだけw)、動詞の前に入り、語順が「主語+助動詞+動詞の原形~」という形になります。

今回は「Can」についてだけお話しますが、肯定文であれば以下の様な形です。

一般的な普通の肯定文

 
I speak English.
私は英語を話します。

 
I can speak English.
私は英語を話す事が出来ます。

助動詞を使った疑問文の場合の語順は「 助動詞+主語+動詞の原形~?」です。

つまりこうなります。

 
Can you speak English?
あなたは英語を話すことが出来ますか?

まさに今回のレッスン内容ですね。

~◯◯(人)はできますか?」と聞く時には、この形変わらないので、使い回しがきく便利な表現です。

例)

 
Can he play the piano?
彼はピアノを弾くことが出来ますか?

 
Can they sing this song?
彼らはこの歌を歌うことが出来ますか?

便利ですね、使いこなせたら、かなり会話の幅が広がりそうです。

続きを読む

英会話「Native Camp」無料体験⑫現在形の復習

オンライン英会話「Native Camp」無料体験レッスン12回目のレビューです。

今回はテキスト単元12「現在形の復習」を選択しました。

今回は前回までのレッスンの復習ということで、テキストもいつもとは違う仕様になっていました。

現在ネイティブキャンプでは、7日間の無料体験レッスンをおこなっています。

受け放題なので、時間のある7日間を選んで登録すると良いですよ。

Native Campのサイトはこちら↓


先生、私あなたに指示された長文読んでるの分かってる?

今回は復習というお話をしましたが、いつものように会話文をロールプレイするわけではなく、今回は、長文を読み上げるということをしました。

いきなり読むのではなくて、1回目は先生の後に続いて1文ずつ読んでいき、そのあと一人で読みます。

学校の授業を思い出しましたw

いつものレッスンが、大体対話している状態なので、1人で黙々と英文を読むという事はレッスンを受けていて初めてでした。

発音は大丈夫なのか、イントネーションが淡々としているけどおかしくないのか、何か自分の英語に変なところはないだろうか、と気になりつつ頑張って読んでいたのです。

基本的にネイティブキャンプは先生と画面越しにカメラを通してレッスンを行うので、私が英文を読んでいる姿はもちろん、先生が「聞いている姿」も丸見えなのです。

ちょこちょこ目に入ってくる先生が、よそ見したり、飲み物を飲み出したり、何か書き出したり・・・。

I
え?私今、読んでるんだけど・・・聞いてるよね?
何か書いているのは指摘するためのメモかな?

ん~英文を読み終えたら、「Okay.」と一言で締めくくられてしまい、何だか寂しい気持ちになりましたね。

この先生、可愛らしい人気のある先生なんですよ。

だからなんだって話ではないのですが、話をしていると雰囲気もいいし、気になったのは本当に私が英文を読んでいる間だけの話なのですが。

頭に来るとか、不愉快だとかそういうことではなくて、ただ寂しかった印象が強いです。

私としては一生懸命やっているつもりなんだけど、なんだかあんまり相手にされていないというか、そんな気分になってしまいました。

続きを読む

英会話「Native Camp」無料体験⑪When,How much

オンライン英会話「Native Camp」の無料体験レッスン11回目のレビューです。

10回目は疑問詞の「Who」「Where」を習いましたが、今回は「How much」「When」です。

10回目記事

ネイティブキャンプでは、現在1週間の無料キャンペーンをおこなっています。

1週間って短いような気もしますが、ネイティブキャンプは「受け放題」なので、お得ですよ!

詳しくはネイティブキャンプサイトへ↓
Native Campのサイトはこちら↓


「How much」「When」は何を聞きたい時に使う?

中学の授業でも習いますが、「How much」「When」は以下の事を聞きたい時に使います。

How much」 金額を尋ねたいとき

 
How much is it?
それいくらしたの?
When」いつなのかを尋ねたいとき

 
When are you playing the game?
いつゲームをしているの?

今回のレッスンでは、質問することももちろんなのですが、答え方についても勉強しました。

続きを読む

英会話「Native Camp」無料体験⑩Who,Where

オンライン英会話「Native Camp」の無料体験レッスン10回目のレビューです。

現在ネイティブキャンプでは、1週間の無料体験レッスンをおこなっています。

ネイティブキャンプは受け放題なので、無料体験を試すなら、時間のある1週間に狙いを定めるのが良いと思います。

Native Campのサイトはこちら↓


今回はテキスト単元「Who,Where」を選択しました。

英語で英語の説明をする。

今回のレッスンでは、疑問詞「Who」「Where」を使った疑問文で会話をするというレッスンでした。

レッスンを始めると、先生にいきなり『「Who」ってどんな時に使うの?』と聞かれました。

I
When I want to ask “people” “human”・・・

と、要は「誰なのか?」という「人物」を聞きたい時に使うということを伝えたかった私は、上記のような答え方をしました。

先生が教えてくれた解答の仕方はこうです。

teacher
When we want to know the person,we ask the question “Who“.

英語で英語のことを説明するって難しいですね。

簡単な英語でさえも、説明となるとなかなか難しいものです。

では忘れないうちにもう1つ、「Where」を使う時はどんな時なのか、答えてみましょう。

皆さんもぜひ挑戦してみてください。

 
When we want to know the place, we ask the question “Where”.

いかがでしょうか。

英語を勉強する時には、英和もしくは和英辞書ではなく、英英辞典を使うと良いという話を聞いた事がありますが、なんだか分かるような気がします。

日本語の伝わらない環境下では、英語で何事も説明しなくてはならないですもんね。

英語で英語のことを説明するのは英語を習得するうえで、とても役に立つ気がします。

続きを読む

オンライン英会話「Native Camp」無料体験⑨感情

オンライン英会話「Native Camp」の無料体験レッスン9回目のレビューです。

9回目はテキスト単元「感情」を選択し、レッスンに挑みました。

今回2回目の男性の先生を選んでみましたが、とても優しくて好青年な先生でした。

現在ネイティブキャンプでは1週間の無料体験レッスンをおこなっています。

Native Campのサイトはこちら↓


褒められるとやる気の出る生徒心

私はとにかく甘ちゃんなので、基本的に怒られるという事が嫌いです。

怒られるのが好きな人はなかなか居ないとは思いますが、私はもう典型的な「褒められて伸びるタイプ」なのです。

今回のルーイ先生は、とにかく褒め上手な先生でした。

間違えた発音はきちんと直してくれるのですが、綺麗に発音出来たものも「発音が凄い綺麗」と褒めてくれます。

問題に正解しても褒めてくれます。

大人になっても、やっぱり褒められるのは嬉しいものですね。

続きを読む

英会話「Native Camp」無料体験⑧行動の頻度2

オンライン英会話「Native Camp」無料体験レッスン8回目のレビューです。

無料体験レッスンそのものは1ヶ月期間だったので、もう終わってしまいましたが、レッスン内容はメモしてあるので、受けたレッスンまではレビューを行っていきたいと思います。

8回目のレッスンにて、私は初めて男の先生を選んでみることにしました。

基本的に性別にはこだわっていなかったのですが、なんとなく女性の先生の方が柔らかい雰囲気を持っている見た目の人が多いんですよねw写真的にですがw

ちなみにネイティブキャンプは現在1週間無料キャンペーンをおこなっております。

Native Campのサイトはこちら↓


先生も夜中だと疲れてしまうよね。

今回の先生は、発音を物凄く直してくれる先生でした。

授業が進まなくなってしまうのではないかと言うほどw

他の先生に比べて笑顔があんまり多くなく、発音の訂正もどことなく強い言い方をされている感じがしたのですが、レッスン自体は真剣に教えてくれているという印象を受けました。

私は夜中にレッスンを受ける事が多く、深夜になってしまうと、いくら時差があってもフィリピンも夜中になってしまいます。

昼間の時間帯にレッスンを受けた事はあまりないのですが、夜が更けていくほど、先生の疲れた感が結構伝わってくることが多いです。

今回の先生も、なんだかそういった疲れみたいなのが、言葉や態度に出てしまっているような感じでした。

そんな小さな事を気にしているのも、私が日本人でそして神経質なのかもしれません。

日本に住んでいると、日本人がいかに真面目なのかっていうのを実感します。

いい意味でも、悪い意味でも。

仕事とは言え、先生も人間ですからね、疲れるときは疲れます。

私も仕事に私情が持ち込んでいることが多々あるので、その辺は気になってしまっても、割とどうでも良いといえばどうでも良いのです。

疲れた結果、レッスンを手抜きされたわけでもないですしね^^

続きを読む