【節約術】結婚式を格安であげるために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事は約 6 分で読めます。

こんにちは。
ブログの更新が滞っていましたが、結婚式の準備でドタバタしておりました。

挙げることなんて出来ないと思っていた結婚式ですが、格安料金で挙げることが出来たので、今回は【結婚式格安であげるための節約術】を。

結婚式を諦めていた方も、諦めないでくださいね!

結婚式の相場ってどのくらい?最安値で挙げるには?

私が様々な会場で見積もりを出してもらった時の話になりますが、親戚10人ほどの少ないゲストを呼んでも、大体が100万前後という見積もりになりました。

無理です、私たちに100万の結婚式なんて無理です。

その時の見積もりは残っていないので、記憶だけの話になりますが、覚えている見積もりは下記の通り。

司会者・・・5万程度
ドレス・・・30~50万程度
タキシード・・・3~5万程度
食事・・・1人1万程度(10万程度)

その他、引き出物やケーキカットなどでトータル100万前後になりました。

結論から言うと、結婚式を安くあげるなら【小さな結婚式】に限ります。

小さな結婚式サイト

小さな結婚式では、67,000円(最安値)で挙式を挙げられます。

オプションや会食などで、お金は掛かりましたが、25万ちょっとで済みました。

小さな結婚式については、また別の記事で詳しく書かせていただきます。

この25万が見積もりで出た時、正直言って、「なんだかんだ、20万近くプラスで掛かっちゃったな・・・」と思ったのですが、実際、25万で会食込みの挙式を挙げられるところなんて、他には無いと思います。

出来る限り、金額は抑えたくて、様々なところを探しましたが、結局、小さな結婚式以外見つからないというのが現状でした。

会場にお任せするもの。自分で用意するもの。

他の会場は分かりませんが、小さな結婚式では、自分たちで用意しなければならない物があります。

ブーケ、ブートニア
ブライダルインナー
ウィングカラーシャツ(男性用)

ですが、この3つは、会場で購入(またはレンタル)することも出来ます。

ブーケ、ブートニア・・・5,400円
ブライダルインナー・・・12,600円位
ウィングカラーシャツ・・・レンタル3,240円

私達は、ブーケ・ブートニアは手作りにし、ブライダルインナーはネットで購入、ウィングカラーシャツだけレンタルしました。

※上記記事では100均の造花を使いましたが、結局義母がハンドメイドの先生をしてることもあり、良い造花を用意してくれ、式では別のものを使いました。

会場で購入(レンタル)出来るものに関しては、ネットで購入or手作りするのが、かなりのコスト削減に繋がります。

ネットで購入するもの

今の時代、ネットで購入するのが大体1番安いです。

そして1回しか使わないからこそ、それを逆手に取って、多少の妥協があっても、安く済ませるのもポイントかと思います。

例えばブライダルインナー。
私は3,240円でネット購入しました。

詳しくは「小さな結婚式」についての記事に書きますが、ランクアップしたかったアクセサリーや、用意されていないタイプのグローブも、ネットで購入しました。

アクセサリーは、イヤリング(ピアス)+ネックレスのセットで1,680円。

グローブは、送料込みで1,480円。

よーく見てみると、アクセサリーは石の位置が少しズレているのですが、ぶっちゃけかなりギラギラしているので、凝視しなければ気が付きません。

グローブも多少ほつれはありますが、そういうのは直せます。

そして、挙式後にネット購入したのは、内祝。

正直、御祝儀の予測がつかなかったので、お返しは挙式後決めることにしました。

イヤらしい話ですが、ソフトバンクユーザーで、Yahoo!プレミアム会員の私は、ヤフーショッピングで買い物すると、ポイント16倍になったりします。

30,000円位の物を買っても、後々Tポイントが、4,800円ほど付き、実質25,200円で変えてしまうんですよね。

それだけでもお得ですが、びっくりしたのがカタログギフト。

カタログギフトも10~40%割引しているものがネットにはあります。

私はそれで35,600円相当のカタログギフトを22,000円位で購入することが出来ました。

多くの御祝儀を頂いたので、なるべくお返しはきっちりしたかったのですが、お得に変えるのなら、それに越した事はないと言うのが本音です。

届くものが同じなら尚更。

もっと時間があれば、もう少しネットで購入出来るものもあったかもしれません。

手作りするもの

時間の余裕やハンドメイドが好きかどうかも関係しますが、席札や招待状位は手作りしておきたいものですね。

ちなみに私達は、ブーケ・ブートニアの他にも、ウェルカムボードやウェディングツリー、記念品も手作りにしました。

結婚式ウェルカムボード

ウェルカムボードは100均のコルクボードを使って。

ウェディングツリー

ウェディングツリーは、印刷したものを綺麗に切り抜いて、色紙に貼りました。

ネームインポエム

記念品のネームインポエムは、ここだけの話ですが、アイビスペイントで描いたものを写真印刷し、写真立てに入れました。

席札

席札は、普段の呼び名で手描きにすることで、アットホームな感じと、温かい感じになったと思っています。

招待状

手作りって割と大変ではありますが、自分たちの好みの柄やイラストを入れられるので、楽しかったです。

その他、節約出来るところ

小さな結婚式の会場では、出歩きや写真撮影がOK。

私は弟にカメラマンを頼みましたが、母親たちもスマホでパシャパシャやってくれたので、400枚近くの写真が集まりました。

プロのカメラマンは上手に撮ってくれるのかもしれませんが、400枚もあれば、十分です。

そして、今はスマホも動画が撮れるので、動画もいくつか集まりました。

様々な面で抑えるところは抑えましたが、会場がとても綺麗なので、まったく安さを感じるところもなく、良い式を挙げることが出来ました。

小さな結婚式では、挙げようと思えば、本当に67,000円で式を挙げられます。

私たちのように、結婚式を諦めていた方にも、ぜひ諦めないで欲しいです。

それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

レゴ マインクラフト グッズ LEGO 21115 The First Night
マインクラフトケシゴム スターターセット01 アイアンスティーブとサバイバルパッ...
マインクラフト エンダーマン アクセサリ
マインクラフト アニマル 6パック
Minecraftを100倍楽しむ徹底攻略ガイド [ タトラエディット ]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
-->

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*