100均のネイルシールでネイルアートを楽しもう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事は約 6 分で読めます。

こんにちは。

皆様はネイルシールというものをご存知ですか?

100均でも手に入るネイルシール。

今回は、それを使って、ネイルアートに挑戦してみました。

ダイソーに売っている和柄のネイルシール

ダイソーに限らず、セリアにもネイルシールは売っています。

柄も様々で、可愛いものが沢山あります。

私が今回購入したのは、和柄のシールと同じくダイソーに売っている爪ヤスリ。

img_2224

時期がお正月間際ということもあり、派手にしてしまおう!と思い立ったのです。

百均のものなので、あまり期待はせず、挑戦していきたいと思います。

使い方は簡単で、爪ヤスリをかけた後、シールを貼り、適宜カット、最後にトップコートを塗るだけです。

それでは早速、やっていきましょう。

まずは下準備として、爪を磨く

極論ですが、この作業あってもなくてもいい気がします。

シールの説明書には「爪を磨く」という指示があります。

多分これって、表面を平にすることでシールを剥がれにくくすることが目的だと思うんですよね。

だから、とことん平にしたいなら、爪を磨く→ベースコートを塗るという段階を踏んだ方が、より綺麗に仕上がるのではないでしょうか。

私は面倒臭がりな性格なので、爪なんて磨かなくてもいいんじゃーん?なんて思いましたが・・・それでも一応初めてだし、説明書通り、爪ヤスリはかけることにしました。

img_2226

何もする前よりは輝きが出ましたが、百均のヤスリだからか、私の磨きが足りないのか、まだ少し表面にデコボコが残っているような気もします。

何度か磨き直しましたが、あまり変わらなかったので、先に進むことにしました。

ネイルシールを貼るのは難しい?

爪の形って人それぞれ違いますよね。

様々な方に対応出来るように、シールは爪よりも少し大きめに作られています。

まずは爪の中心に、シールの中心を合わせます。

この時、甘皮から1mm位離してシールを貼ると良いそうです。

シールの中心部分だけを、縦に貼り付けます。

img_2228

※後から気づいたのですが、私これ貼る方向が逆かも・・・。

貼り直しも出来ますが、粘着力が下がるのを防ぐためにも、貼り直しは控えた方が良いでしょう。

縦に貼り付けたら、中心から両脇に向かって、空気が入らないようにゆっくり貼っていきます。

img_2229

これが地味に難しい。

私のように丸みを帯びている爪だと、ピタッと綺麗に貼りつかず、ところどころ折り目が出来たり、浮いたりしていしまいます。

手直しは後でするとして・・・、まずは爪の形にカット。

ハサミではみ出た部分をカットしてから、爪ヤスリを掛けて、爪の淵に合わせて削り取ります。

img_2231

説明書には、「ハサミでカット」という記載は無いのですが、ハサミを使った方が早く出来ました。

img_2232

でもこれ・・・、近くで見るとかなり汚い!!

img_2234

浮いてぼこぼこになっているし、折り目でぐしゃぐしゃだし・・・。

爪の構造上、どう考えても上手く貼れないということは分かっていたのですが、これじゃあまりにも酷い。

いやこれ、きっと器用な人ならもっと綺麗に貼れると思います。

私の力量だとこうなってしまったわけですね。

百均だけど、いざ貼ってみると、柄はとても可愛いので、綺麗に仕上げられたら、だいぶ凝ったネイルアートに見えるはずです。

諦めたくないので、試行錯誤。

結構見落としがちなのが、シールの幅が爪よりも広くなっていて、少し指の肉に貼られてしまっていること。
特に根元の部分に何個かありました。

この余分な部分をカットするだけでも、かなり改善されました。

ヤスリだと難しいので、慎重にハサミで切り落としていきます。

浮いている部分は、硬いものでグリグリ押して、無理矢理にでも貼り付けました。

あまり激しくやると、シールが破けてしまうので注意です。
(私は何回か破きました・・・)

ここまでか・・・と、自分が納得出来たところで、トップコートを塗ります。

img_2235

トップコートを塗っても、デコボコのカバーは出来ませんでした。

う~ん。

迷った挙句、ラメ入りの透明マニキュアに頼ることに。

ラメが入っていると、ちょっとぼかしてくれるような印象があったので。

img_2236

どうでしょうか。

よーく見ると、まだまだおかしなところは沢山ありますが、だいぶ見れるようにはなってきたと思います。

自分でやっているので、どこがおかしいか、どこが汚いかというのが分かってしまうものですが、割と遠目で見ると気付かれません。

img_2237

結構爪の先端なんかは、シールが剥げているのですが、和柄という柄が「赤、黒、白、金」を使っているので、剥げていてもあまり目立たないです。

12月30日に貼って、現在1月3日ですが、「自分でやったの?」と驚かれることはあっても、「変だよ」と突っ込まれることはありませんでした。

よく見ると汚いんだよーと、見せるのですが、ネイル自体に興味がない人からすると、あまり良くわからないそうですw

私はネイルに興味津々なので、人のしているネイルは遠くからでも凝視してしまうんですが、よくよく考えてみたら、そんなに長い時間、人の爪を凝視する事はあまり無いですね。

1回目だし、多少の失敗も仕方ない・・・。

ただ、こんな可愛い柄を自分で描くなんて無理だし、手間と労力を考えたら(シールを貼るのにも労力は使ったけれど)、コスパはかなり良いですね。

初めてやる方は、2時間位見といた方が良いです。

20分、30分そこらで終わるほど簡単ではありません!
↑私が甘く見てただけ。

ちなみに楽天でも、ネイルシールが売られていますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便OK】First Kiss(ファーストキス) Nail Dress ネ…
価格:540円(税込、送料別) (2017/1/4時点)

ネイルシールってどうやって剥がすの?

実は、私がネイルシールに惹かれた理由の一つが「剥がし方」にあります。

なんと、シールの端っこをめくって、ゆっくり剥がしていくだけなんです。

除光液を使うのって面倒臭いし、これは楽チンだと思いました。

ただ逆に、それってイコール剥がれやすいということなんじゃないかと思いましたが。

説明書には「お湯に浸すとより剥がれやすくなります」と記載があります。

ということは、お風呂の中に指を入れたら剥がれちゃう・・・?

と思い、湯船には指を浸らせないようにしました。

ブログ的には、お風呂に浸けて、剥がれるかを試すべきなのでしょうがw

シャワーや洗髪はいつも通り行って、それでも現在5日はもっています。

実際のところ、30日に貼り付けて、正月をこれで越せればいいや、と思っていたので、これはかなり嬉しいです。

洗い物をしてると先端は少しずつ剥げてきてはしまいますが。

かなりピタッと貼り付いてくれているので、まだもちそうな気はします。

ただ、本当に近くで見るときたない部分が多々あるので、自分がそれに嫌気を指して、剥がしてしまうんじゃないか・・・という心配はあります。

自分のネイルって、やたら目に付くんですよね、当たり前といえば当たり前なんですけど。

柄も可愛いし、コスパも良いので、また今度は別の柄で挑戦したいと思っています。

そして慣れてくれば、もっと綺麗に貼れるのかなーとも思ったり。

私は器用ではないので(不器用ってわけでもないけれど)、器用な人ならちゃちゃっと綺麗に貼れるかもしれません。

器用でない人でも、シールを貼るだけなので、ぜひぜひオススメな商品ですよ。

ネイルアートに興味がある方は、百均でご購入されてはいかがでしょうか。

それでは、今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

レゴ マインクラフト グッズ LEGO 21115 The First Night
マインクラフトケシゴム スターターセット01 アイアンスティーブとサバイバルパッ...
マインクラフト エンダーマン アクセサリ
マインクラフト アニマル 6パック
Minecraftを100倍楽しむ徹底攻略ガイド [ タトラエディット ]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
-->

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*