エクセルの「SUMIFS関数」家計簿にも♪これは便利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事は約 5 分で読めます。

前回家計簿の記事でお話をしましたが、家計簿をつけていると、だんだん欲が出てくるんです。

例えば私の場合、お買い物時に買った商品を手書きの家計簿につけていました。

何のためかって、「4月1日購入のピーマンは野菜で100円」とかいう情報を、Excelの「4月1日の野菜」の欄に打ち込むためです。

私の家計簿は見ての通り、食費の内訳がとても多いのです。

life-kakeibo-zentai

レシートに書かれた金額を別のセルにでも入れたら、該当する日付の分別先に自動で飛んでくれないかと夢を見ました。

そしたら、そんなに難しくなく、Excelで出来たのです。

「sumifs関数」なんて便利なんだろう。

簡単に言ってしまうとこの関数はこういうことです。

 
〇〇の値が△で、□□の値が☆なら、×の合計を足してあげるね。

エクセル風に言えばこういうことです。

 
日付の値が4/1で、部類の値が野菜なら、4/1に買った野菜の金額を足してあげるね。

なんて優しいのでしょうw

1点注意事項として、結合セルでやるとエラーになりますので、気をつけてください。

sumifs」を使って、家計簿に役立ててみよう。

一応例として、このような画像を用意してみました。

life-sumifs1

左側は家計簿、右側は購入リストです。

何がしたいかと言うと、「5/2に買ったピーマン」の金額を、左側の家計簿の「5/2の野菜欄」に自動的に挿入させたい」のです。

life-sumifs2

ここで関数が必要となります。

まずはエクセルの上部メニューより、関数の挿入を選択してください。

life-sumifs3

すると関数選択画面後出るので、sumifsを選択します。

life-sumifs4

sumifではなく、sumifsですよ。

sumifはひとつの条件なのに対し、sumifsは複数条件を入れることができます。

すると、まず色々入れるように指示されますが、合計対象範囲とは「足したい数」の事をさしています。

life-sumifs5

life-sumifs6

今回合計にしたいのは、購入リストの金額の部分なので、列Jを選択します。

5/1の主食の部分から指定していきましょう。

次に条件の指定です。

指定したい条件は2つですね。
日付」、そして「部類」です。

日付から設定していきましょう。
life-sumifs7

life-sumifs8

条件の範囲は購入リストの日付部分なので、列Gを指定します。

life-sumifs9

合計はB2(5/1の主食)のセルにいれたいので、条件は5/1であること。

もしくはA2(5/1)であること。

条件の指定はセルの選択でも構いませんし、直接5/1と入れても構いません。

ただし直接値を入れる場合には”5/1″と半角のダブルクォーテーションマークで囲う必要があります。

関数を挿入している途中にも計算はしてくれているので、計算式を見つめていれば、どこを拾っているのかは分かります。

スポンサーリンク

出来ましたでしょうか。

同じやり方で、部類もいってみましょう。

life-sumifs10

条件の範囲は、購入リストの部類なので、列Iを選びます。

細かい範囲なら、セル毎に指定することも出来ます。

条件は、主食であることなので、”主食”と入れるかA2のセルを選択します。

※大きな表でやると、ひとつひとつ入れるのではなく、そのままドラッグでコピーをしたくなりますよね。

オススメなのは、日付はセルで指定、部類は直接”野菜”等で値を打ち込むことです。

理由は後述します。

エクセルがある方は、一緒にここまで進めてみてください。

ちょっとおさらいとして、実際に購入リストに書いてある「5/2・ピーマン・野菜・100円」のデータが、きちんと飛ぶようになっているか見てみましょう。

合計範囲は列J。

条件1は購入リスト日付の列G。

条件はA3(5/2)。

条件2は購入リスト部類の列I。

条件は”野菜”。

=100にもなっていますね。

life-sumifs11

私はエクセルに詳しい人間ではないので、もっと楽な方法があるのかもしれませんが、ドラッグするにあたり一番楽なのは、5/1部分だけを作ってしまうことです。

関数はドラッグすると、指定範囲がドラッグした数だけずれていきます。

5/1まで作ってしまい、それをそのまま下にドラッグすれば、日付は下にドラックされても問題ありません。

ただ部類は、条件をセルで(A2)のように指定すると、下にドラッグした時にA3にズレます。

ならば最初から部類は”主食”と値を指定してしまうことです。

逆に日付を値で指定すると、ドラッグしても延々と5/1のままなのではないかと予測しています。

説明していることが分からなかったら、とりあえずポイントとして、以下の点を抑えてください。

①合計指定範囲は購入リストの金額

②条件範囲1は購入リストの日付

③条件1は家計簿の日付が入ったセルを指定

④条件範囲2は購入リストの部類

⑤条件2は部類の値を直接入力→”主食”

主食、野菜、蛋白までの関数を5/1の行まで完成させれば、3セル掴んでドラッグして下までずらせば、関数も気持ちよくズレてくれます。

life-sumifs12

life-sumifs13

そうすると見ての通り、購入リストに値を入れると、望んだ位置に数字が移動します。

私の家計簿で構わなければ、関数付きのものをダウンロード出来るようにしますので、コメントやツイート等でお申し付けください。

さて、それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

レゴ マインクラフト グッズ LEGO 21115 The First Night
マインクラフトケシゴム スターターセット01 アイアンスティーブとサバイバルパッ...
マインクラフト エンダーマン アクセサリ
マインクラフト アニマル 6パック
Minecraftを100倍楽しむ徹底攻略ガイド [ タトラエディット ]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
-->

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*